アイフォン ストレージ 容量 増やす。 iPhoneの空き容量(ストレージ)を増やす方法は3つしか無い

【2020年版】iCloudストレージの空き容量を増やす方法

アイフォン ストレージ 容量 増やす

使わないアプリのデータを自動的に取り除いてくれる「非使用のAppを取り除く」という設定を使いましょう。 もちろん消えるのはアプリのデータのみで、利用データ等は残ってます。 ですので再ダウンロードで以前の利用状況のまま普通に使うことができます。 アプリのデータが削られたアプリは、アイコンだけがホーム上に残りこのよう雲のようなマークが表示されています。 再度使いたい時は普通にアプリのアイコンをタップすればOK。 ダウンロードしてまた使うことができますよ。 そうすることで空き容量 ストレージ は劇的に空きます。 しかしながら普通に使うと音楽データを自動的にダウンロードされてしまいます。 Apple Musicの場合 実はこのデータ量は設定可能です。 そうすることで、容量が自動的に使われてしまうのを防ぐことができます。 AmazonのPrime Musicの場合 Prime Musicの場合はキャッシュサイズで調整することができます。 できれば100MBにしておくといいでしょう。 ここで容量を確保してしまいましょう。 そうすることでほとんどの人は数十GBは空き容量を確保できるハズです。 無料ならGoogleフォト 一切お金をかけずに容量を増やしたいのならGoogleフォトがオススメです。 全ての写真と動画をGoogleのサーバーにアップロードしてくれますよ。 しかもiPhoneに入っている写真の全て削除する機能もあります。 私のiPhoneには現在29,853枚の写真が入っているのですが、Googleフォトを使えばそれを全て削除することが可能です。 (もちろん削除しなくてもOK。 ) Googleフォト経由で削除をした場合「最近削除した項目」に写真が入るので、そちらでも削除してください。 関連: 答えは…めちゃくちゃ良いです!ただ…弱点があります。 Googleフォトの弱点 無料で無制限に写真と動画をアップロードできるGoogleフォトですが、アップロードしたデータは若干圧縮されます。 とは言え、Googleの技術を最大限に使った圧縮方法なので人の目には分からないレベルの変更なのでご安心ください。 写真に詳しい方はいくらか気になるかもしれません。 関連: 毎月コストをかけても良いならiCloudがオススメ 多少お金をかけてもいいなら絶対にiCloudで写真を使うことをオススメします。 なぜなら、放っておくだけで勝手に全てをやってくれるからです。 もちろんアップロードした写真データはそのまま保存されます。 みてください。 私のiCloudの写真の使用量は250GBほどあります。 それなのにiPhone上で使用しているストレージの容量はわずか6GBです。 つまり「必要な分だけ」の写真データがあるだけで、必要ない分は全てクラウド上にあると言う訳です。 ちなみにアプリのダウンロードでiPhoneのストレージが減ると、自動的にiPhone内のiCloud写真のデータ量を調整してくれますよ。 詳しくはコチラをご覧ください。 それは費用がかかるという点です。 50GB:130円• 200GB:400円• 2TB:1300円 200GB以上であれば、家族と共有できるのである程度は割安となるかもしれません。 個人的にはiCloudの利用を強くオススメします。 とにかくラクになりますよ。 実際にiCloudを使ってみよう! 「iCloud写真」を利用すると、 iPhone内の写真ファイルを圧縮して容量を節約することができます。 設定で 「iPhoneストレージを最適化」を利用すれば、オリジナルサイズの写真はiCloudにアップロードし、代わりにiPhoneではサイズを圧縮した写真が残るようになるので、 キレイな写真を残しつつiPhoneの容量を簡単に節約できちゃいますよ! 写真容量がこんなに変わる! 以下は「iCloud写真」を利用して、 中身がまったく同じ状態になったiPhoneともう一つのiPhoneの写真アプリ。 中身が同じなので容量も同じだけ消費されているように思いますが……。 なんと容量は以下のとおり。 オリジナルの写真が入っている iPhoneが3. 7GBなのに対し、圧縮したデータが入っている別の iPhoneの方は1. 2GBと、かなり容量が少なくなっています! 「iPhoneストレージを最適化」を選択すると、 他の端末で撮影した写真が「iCloud写真」で同期される時にここまで容量を節約してくれます! もちろん撮影したiPhoneでも写真のアップロードが完了後、自動的にストレージの量を調整してサイズの軽量化を図ってくれるのでご安心ください。 また、写真は 閲覧時にオリジナルのデータがダウンロードされ、きれいな状態で見れるようになります。 というわけで「iPhoneストレージを最適化」の設定をしてみましょう。 設定画面でプロフィールをタップして、「iCloud」から「写真」を選択して… iCloud写真がオンになった状態で「iPhoneストレージを最適化」をタップしましょう! 以上で設定は完了です。 これで他端末で撮影した写真が同期されても、無駄にiPhoneの容量を圧迫することはなくなります! iCloudの容量を使うことで これだけ容量に差がでるのには驚きました。 容量にお悩みの方はぜひ設定を見なおしてみてくださいね!! まとめ 写真をクラウドに預けて使わないアプリのデータは自動的に削除、そして音楽データを最小限に抑えることで 数十から数百GBは節約できるハズです。 これらの方法を実行することで大半の方は空き容量に悩むことはなくなるはずです。 iPhoneの写真(カメラ)の関連記事.

次の

iCloudの容量を増やす二つの方法

アイフォン ストレージ 容量 増やす

使わないアプリのデータを自動的に取り除いてくれる「非使用のAppを取り除く」という設定を使いましょう。 もちろん消えるのはアプリのデータのみで、利用データ等は残ってます。 ですので再ダウンロードで以前の利用状況のまま普通に使うことができます。 アプリのデータが削られたアプリは、アイコンだけがホーム上に残りこのよう雲のようなマークが表示されています。 再度使いたい時は普通にアプリのアイコンをタップすればOK。 ダウンロードしてまた使うことができますよ。 そうすることで空き容量 ストレージ は劇的に空きます。 しかしながら普通に使うと音楽データを自動的にダウンロードされてしまいます。 Apple Musicの場合 実はこのデータ量は設定可能です。 そうすることで、容量が自動的に使われてしまうのを防ぐことができます。 AmazonのPrime Musicの場合 Prime Musicの場合はキャッシュサイズで調整することができます。 できれば100MBにしておくといいでしょう。 ここで容量を確保してしまいましょう。 そうすることでほとんどの人は数十GBは空き容量を確保できるハズです。 無料ならGoogleフォト 一切お金をかけずに容量を増やしたいのならGoogleフォトがオススメです。 全ての写真と動画をGoogleのサーバーにアップロードしてくれますよ。 しかもiPhoneに入っている写真の全て削除する機能もあります。 私のiPhoneには現在29,853枚の写真が入っているのですが、Googleフォトを使えばそれを全て削除することが可能です。 (もちろん削除しなくてもOK。 ) Googleフォト経由で削除をした場合「最近削除した項目」に写真が入るので、そちらでも削除してください。 関連: 答えは…めちゃくちゃ良いです!ただ…弱点があります。 Googleフォトの弱点 無料で無制限に写真と動画をアップロードできるGoogleフォトですが、アップロードしたデータは若干圧縮されます。 とは言え、Googleの技術を最大限に使った圧縮方法なので人の目には分からないレベルの変更なのでご安心ください。 写真に詳しい方はいくらか気になるかもしれません。 関連: 毎月コストをかけても良いならiCloudがオススメ 多少お金をかけてもいいなら絶対にiCloudで写真を使うことをオススメします。 なぜなら、放っておくだけで勝手に全てをやってくれるからです。 もちろんアップロードした写真データはそのまま保存されます。 みてください。 私のiCloudの写真の使用量は250GBほどあります。 それなのにiPhone上で使用しているストレージの容量はわずか6GBです。 つまり「必要な分だけ」の写真データがあるだけで、必要ない分は全てクラウド上にあると言う訳です。 ちなみにアプリのダウンロードでiPhoneのストレージが減ると、自動的にiPhone内のiCloud写真のデータ量を調整してくれますよ。 詳しくはコチラをご覧ください。 それは費用がかかるという点です。 50GB:130円• 200GB:400円• 2TB:1300円 200GB以上であれば、家族と共有できるのである程度は割安となるかもしれません。 個人的にはiCloudの利用を強くオススメします。 とにかくラクになりますよ。 実際にiCloudを使ってみよう! 「iCloud写真」を利用すると、 iPhone内の写真ファイルを圧縮して容量を節約することができます。 設定で 「iPhoneストレージを最適化」を利用すれば、オリジナルサイズの写真はiCloudにアップロードし、代わりにiPhoneではサイズを圧縮した写真が残るようになるので、 キレイな写真を残しつつiPhoneの容量を簡単に節約できちゃいますよ! 写真容量がこんなに変わる! 以下は「iCloud写真」を利用して、 中身がまったく同じ状態になったiPhoneともう一つのiPhoneの写真アプリ。 中身が同じなので容量も同じだけ消費されているように思いますが……。 なんと容量は以下のとおり。 オリジナルの写真が入っている iPhoneが3. 7GBなのに対し、圧縮したデータが入っている別の iPhoneの方は1. 2GBと、かなり容量が少なくなっています! 「iPhoneストレージを最適化」を選択すると、 他の端末で撮影した写真が「iCloud写真」で同期される時にここまで容量を節約してくれます! もちろん撮影したiPhoneでも写真のアップロードが完了後、自動的にストレージの量を調整してサイズの軽量化を図ってくれるのでご安心ください。 また、写真は 閲覧時にオリジナルのデータがダウンロードされ、きれいな状態で見れるようになります。 というわけで「iPhoneストレージを最適化」の設定をしてみましょう。 設定画面でプロフィールをタップして、「iCloud」から「写真」を選択して… iCloud写真がオンになった状態で「iPhoneストレージを最適化」をタップしましょう! 以上で設定は完了です。 これで他端末で撮影した写真が同期されても、無駄にiPhoneの容量を圧迫することはなくなります! iCloudの容量を使うことで これだけ容量に差がでるのには驚きました。 容量にお悩みの方はぜひ設定を見なおしてみてくださいね!! まとめ 写真をクラウドに預けて使わないアプリのデータは自動的に削除、そして音楽データを最小限に抑えることで 数十から数百GBは節約できるハズです。 これらの方法を実行することで大半の方は空き容量に悩むことはなくなるはずです。 iPhoneの写真(カメラ)の関連記事.

次の

iPhoneの空き容量がなくなったときにすぐ試したい容量を増やす方法4選

アイフォン ストレージ 容量 増やす

[メッセージ iMessage ] アプリが容量を占めている場合: 会話内容、送受信した写真や動画を削除することによって、iPhone上の容量を確保することができます。 [写真]アプリが容量を占めている場合、iPhone上の保存されている写真をパソコンにバックアップし、iPhone本体から削除することによって容量を確保することができます。 又、写真を高画質のままiCloudにバックアップし、代わりに低画質の写真をiPhone上に保存することによって少しでも容量を削減できます。 [その他アプリ] YouTube, Facebook, Twitter, InstagramなどのSNSアプリがストレージを占めている場合、全く使わなくなったアプリはアンインストール 削除 しましょう。 その2:iPhoneの不要なバックアップデータを整理 [iCloud]を設定すると、5GB分のストレージを無料でご利用いただけます。 iPhoneがネット環境下にあり充電されている場合、iCloudに自動的にバックアップが開始されます。 [iCloud] のストレージがいっぱいになると、いつもの「ストレージの空き領域がありません」と警告が出ます。 もううんざりと思ったあなた、下記の手順で解決!• iPhoneで[設定]を開く• もし、昔使っていたiPhone 4やiPhone 5の必要のないバックアップデータが残っていた場合、それらをクリックし[バックアップ削除 Delete Backup ]をタップ。 iPhoneを長く使っていく事で、アプリの起動が遅かったりと動作が重く感じる事があると思います。 それらの原因は普段目にする事がない「キャッシュ」や「クッキー」と呼ばれるゴミが原因です。 iPhoneを使っていると自然にそれらが蓄積していき、ストレージを占めてしまいます。 iPhoneのストレージがまだあるにもかかわらず、「ストレージの空き領域がありません」と警告が出る場合は「キャッシュ」や「クッキー」と呼ばれるゴミを消す事で解決されます。 [Safari]が重くてページを表示しないなど「重い」と感じたら、一時的に溜まったキャッシュ」や「クッキー」を削除しましょう。 手順は以下と通りです。 下の方にスクロールさせると「履歴とWEBサイトデータを削除」をタップ. 上記で話したiPhoneの容量不足の解決法にはいくつかのデメリットがあります。 以下の通り:• iPhoneに保存されているメールや写真を1つ1つ消していくのはすごく面倒くさい!• iCloudアカウントに今お使いのデバイスだけが接続されている場合、iCloudストレージの容量買い足ししか方法がありません。 iPhoneの[設定]から要らないファイルだけを選び、消す事ができないため、間違って大事なデータを消してしまう恐れがあります。 しかし、時間が経つにつれて、買い足したストレージがいっぱいになります。 そうなると200GBもしくは1TBのプランにアップグレードできますが、月額400円 200GB もしくは月額1300円 1TB とお金もその分掛かります。 その5: これ1つですべて解決! パソコン用に作られたソフトウェア[ ]または[]を使うと、独自に開発された25以上もの分析テクノロジーを駆使してあなたのiPhoneを分析し、ワンクリックでiPhoneの容量不足を解決します。 このソフトウェアを使えば、瞬時に何がどのくらいの容量を消費しているか一覧で見る事ができます。 更に、自分で消したいファイルもしくはアプリなどを画面上から選び削除することが出来ます。 もちろんワンクリックで消すことも出来ます。 30以上の不要ファイル アプリのログやキャッシュを含む をワンクリックで削除。 余分なデータや一時ファイルを削除し大容量確保。 高画質を維持したまま写真を圧縮&写真を削除し75%以上のストレージを確保できます。 ファイルサイズが5MB以上のものを自動で選別し削除します。 データサイズ順にアプリをリスト表示化&使われていないアプリを選別し削除します。 圧縮&削除する前に全ての写真や動画を自動でパソコンにバックアップします。 便利なソフト [iMyfone Umate]を使えばiPhone上の余分なデータを分析し、1KB残らず削除し最大限にiPhoneを活用することができます。 [iMyfone Umate] はWindows と Macに対応!フリートライアルもあるので是非、お試しください。 [iMyfone Umate]を使って不要なデータを削除する方法は以下の手順に従ってください。 5つのうち、どの方法がベストでしたか?もし、この他に使える方法がありましたら、コメント欄にて教えて下さい。

次の