今年の夏至は何月何日。 春分、夏至、秋分、冬至のそれぞれは何月何日か教えてください!!

昼間が一番長い日!2020年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

今年の夏至は何月何日

「夏至」とは? 夏至は二十四節気の一つ 夏至は 「二十四節気」の一つで、 昼間が一番長い日のことを言います。 二十四節気というのは、1年を二十四等分し、その区切りとなる日に名称をつけて目安としたもの。 その中でも有名なところでは、夏至を含め次の4つでしょう。 夏至(1年で一番昼間が長い日)• 冬至(1年で一番昼間が短い日)• 春分(昼と夜の長さが等しい日)• 秋分(昼と夜の長さが等しい日) ちなみに他の国でも「夏至」はあり、英語では 「the summer solstice」と言います。 無理やり訳すと「夏に至る日」となりますね。 【関連記事】• 2020年の夏至はいつなの? 今年の夏至は・・・ 2020年の夏至の日は、 6月21日(日)です。 昔は1年の丁度半分になる日が、夏至と定められていました。 今も多少違いはあるものの、この日の前後が夏至となります。 また夏至には、 夏至の瞬間というものがあるんです。 その夏至の瞬間が「1年で一番昼間が長い時」と言えますが、その瞬間を含めた日が、現在において「夏至の日」となっています。 2020年の夏至の瞬間は、日本時間で 「6月21日午前6時44分」となります。 夏至の瞬間の基準 夏至の瞬間は、どういう基準で決められているのでしょうか。 実は学術的な意味での夏至は、 『夏至点』という点を太陽が通過する瞬間の事を指します。 その黄道と、赤道上のラインとが一番離れて通過する地点というものがあり、それが 「夏至点」といいます。 この 夏至点を通過する瞬間が「夏至」であり、 通過する日を「夏至の日」と言います。 ちなみに冬至は「冬至点」というポイントを通過する瞬間の事を指し、通過する日を「冬至の日」としてます。 【関連記事】 ・ 夏至の日の算出方法 夏至の日は6月20日・21日・22日のいずれかになりますが、実は 2020年から2055年までは6月21日が夏至となっています。 2056年以降になれば、 西暦を4で割った余りで判別する方法がありますが、当面は6月21日と覚えておけば間違いないですね。 夏至に食べるものと言えば? 関西のタコ 関西では夏至から半夏生までの10日前後の間に、 「蛸(タコ)」を食べると元気になれるという言い伝えがあります。 タコの八本足のように農作物が大地に根付くよう神様に奉納したのが、この風習の始まりだと言われています。 実際タコには疲労回復効果があるので、タコを食べるのは理にかなっていますね。 【参考記事】• 関東では焼き餅 関西では夏至にタコを食べますが、関東では 「小麦粉を混ぜた焼き餅」を食べる風習があります。 関西でタコを神様に奉納したように、関東では収穫した小麦で餅を作って奉納したのが始まりなんです。 いずれにしても、神様に差し上げた後に自分たちで食べて、神様のちからを取り入れる考え方は面白いですね。 愛知の「いちじく田楽」? 愛知県周辺の尾張地方では、夏至に 「無花果田楽(いちじくでんがく)」を食べる風習があります。 いちじくといえば果物ですが、それを味噌をつけて食べる「田楽」にするなんて驚きですね。 作り方は次の通りですが、本当に 田楽の作り方そのものですよ!.

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】この間何日? 今日は何日目?

今年の夏至は何月何日

2020年の夏至の日にち 2020年の夏至は、 『6月21日(日)』。 父の日と同じ日です。 夏至の日にちは毎年6月21日というわけではなく、年によって1日前後します。 6月21日であることが多いですが、たまに今年のように22日になったりすることがあるのです。 さて、今回はこの夏至にはどんな意味があるのか、どういう基準で定められているのかなどを詳しく説明していきます。 夏至の意味 夏至は簡単にいえば 季節の一つです。 夏至の他にも有名なものとしては冬至や立春・立夏・立秋・立冬などです。 ではこれら二十四節気にはどんな意味があり、どういう基準でに割り当てられているのでしょうか。 それは 『地球と太陽の位置関係』が関係します。 太陽と地球の位置関係と二十四節気の割り当て 地球は自転と公転を繰り返しています。 1日周期で地軸で1回転し、1年周期で太陽の周りを1回転しているということです。 後者の公転により地球と太陽の位置関係は変動しているのです。 この変動を分かりやすく説明するために地球を一点に固定すると、太陽は以下のように地球の周りを回っていると考えることができます。 太陽は黄道を約一年かけて一周(360度)しますが、360度をほぼ24等分した点をそれぞれ1年の季節の名称に割り当て、太陽の黄道の位置の点よって季節が定まっています。 つまり、太陽が15度進む毎に(約15日経過の度)、新しい24節気の季節がやってくるのです。 簡単に言うと、 1年をほぼ24等分して季節の名称を割り当てているということです。 そして夏至は上図の一番右に太陽がある日を指します。 このような位置関係になる日にちは年によって異なるため、夏至の日付けが変動するのです。 また、黄道と地球の地軸はズレているため、これにより季節による 日照時間や 気温が変化します。 そして夏至は 北半球における日照時間が最も長くなる日です。 夏至は日照時間が最も長い 夏至の日の太陽の光の当たり方は上図のようになります。 この状態で地軸に沿って1回転すると、光の当たっている時間(1日の日照時間)は北半球では長くなり、南半球は短くなることが分かると思います。 これは緯度が高くなるほど顕著になり、北極付近では一日中太陽は沈まず(白夜)、南極付近では一日中太陽は昇りません(極夜)。 太陽と地球の位置関係により最もこの性質が見られる日が夏至なのです。 ちなみに、日本の夏至の日照時間は、高緯度の北海道では16時間40分程度、低緯度の沖縄では13時間50分程度とされています。 2020年の二十四節気 他の二十四節気の日にちについてまとめます。

次の

【2020年】今年の夏至の日にちはいつ?意味や由来・日照時間について

今年の夏至は何月何日

先日カレンダーを見ていて、夏至の項目に目が留まりました。 夏至は1年で最も昼の時間が長くなる日。 ハッキリ数字にしてみてビックリしました。 夏至は北半球側の太陽の高度が一番高くなる日なので、反対の南半球では太陽の高度が低く、昼がとても短くなるんですね。 逆に冬至の時は、昼が短いのが北半球、昼が長いのが南半球になります。 スポンサーリンク 実は期間がある 夏至というと、2020年では6月21日の1日間だけを夏至というイメージがありますが、実は『 夏至の期間』もあります。 (毎日夏至の日と同じ時間ではなく、日の出・日の入りは数秒ほどずれています) 2020年の夏至の期間は、 6月21日~7月6日の16日間。 16日間って意外に長いですよね? 1か月の半分ですものね。 なぜ16日間もあるの?と言うと… この『夏至の期間』が二十四節気の1つだからです。 二十四節気とは? 1年(365日)を24に分けてそれぞれに名前をつけたもの。 1つの区切りはだいたい 15日前後。 日本の家庭では、夏至に行う風習は特にないようです。 というのも、昔からこの時期は田植えなどで忙しくそれどころではなかった、というのも理由の一つのようです。 ただ、家庭での風習はなくても、夏至祭として 三重県伊勢の二見輿玉神社が有名です。 太陽が最も高く昇る夏至の日の早朝、夫婦岩の間から昇る朝日を浴びながら、海で身を清めるという禊の行事です。 夏至の頃の夫婦岩の間から昇る朝日の写真と、夏至祭の様子の動画はこちら!.

次の