嫌 らしい 意味。 らしいの意味

中国語で「アホらしいこと」、「気難しい」は何と言う?

嫌 らしい 意味

…埃〜。 いたずら〜。 しかし、B先行語がマイナスの言葉ではないこともある。 …白〜。 理屈〜。 このBの場合、Aの『マイナスの意味の言葉がくる』というコアの部分が先行して先行語にもマイナスの評価を下してしまう。 他のを見る 「らしい」との比較 次に「らしい」 以下ラシイ との比較だ。 このポイはラシイと比べられる。 何が違うのか。 男という言葉自体にはマイナスの意味はない。 しかし、上述の通り意味がマイナスになってしまうのだ。 つまり、ポイを使うとマイナスの評価になるのだ) 高そうだ・高っぽい では、「この時計は高そうだ」の意味で、「高っぽい」とは言えないのか。 値段が高いというのは誰にとっても嫌な事である。 という事はポイが使えるのではないか。 そもそもポイはそれ自体が持つ本来の性質・状態を超えた〜の状態を持っている、という意味であるから、「安っぽい」というのは安い物には言わない。 高い時計なのに見た目が安くて嫌だ、という意味で使うだろう。 つまりマイナスの評価をしている。 一方「高っぽい」はどうだろう。 言うとしたら、まずは高いものには言わないだろう。 安い物に言うはずだ。 安い時計なのに装飾などが高価そうだ、という意味になる。 笑いっぽい、泣きっぽい、はダメなのだろうか。 ポイは「そうあってはならない状況にも関わらず、過剰なまでにそうなる傾向がある」という意味である ・年を取って、忘れっぽくなった 忘れっぽくなる事は誰も望まない。 しかし、笑う事や泣く事(は人や状況にもよるが)を嫌がる人はいないため、それらとポイを共に使う事ができないのだ。 それぞれの詳しい説明 参. 参. 例文 上記の通り 目次 あ行〜わ行• ナビゲーション•

次の

【嫌】の例文や意味・使い方

嫌 らしい 意味

何が自分かを理解しているならば、わざわざこの地球で生きている意味はどこにあるのやら。 自分らしく生きるとは、どんな意味なのでしょうか? 現状の自分であることに不満や不納得があれば、自分を自分として認めず、何か別の自分を求めようとするかもしれません。 その際の言葉が、「私らしくない」「本当の自分ではない」などです。 自分らしいとは、本当の自分であることや、理想の自分などの今とは違う別の何かなのかどうか。 らしくあるためには、本当の自分も理想の自分も大切ですが、何よりもエゴが大切になります。 自分のことをより知る一助となることを願い、自分らしさにある本当の意味をご覧ください。 自分自身で自分を受け入れることで認識することは、 自分らしいとは何かを教えてくれる方法になります。 自己肯定をする場合の自分らしいとは 他との比較によって自分を認識する際、ほんの少しだけややこしくなります。 どちらも自分であることには変わりありませんが、自分を見出す動機が、自分のためなのか、他人のためなのかが違います。 例えば、 過去の自分と比較する場合には、対象は自分で、目的も意味も自分のためです。 自分のために自分を見出し、自分らしくあるための材料にも理由にも動機にもなる認識作業です。 そして、 他人と比較する場合には、対象は他人で、自分を見出し、自分らしくある理由の目的も意味も他人のためになります。 他人のために自分を見出し、自分らしくあるのも他人から見てもらい、反応してもらい、評価してもらい、認めてもらい、褒めてもらうためです。 他人がいなければ自分を見出せないので、他人が主観になり、自分を見出すために他人を求めます。 自分以外が人生の主人公にはなることができないので、『主人公がいない他人目線の自分』という不思議な状態になります。 過去の自分との比較は、自分を認める材料となり、自分らしくあるための認識方法となる。 他人との比較は、他人によって自分を認める材料となり、自分らしくあるための認識方法となる。 共に自分らしくあることに変わりありませんが、 自分らしくありたいのが、自分のためか、他人のためかの違いがあります。 自己受容による自分らしいとは もう1つの自己受容による自分らしさはとてもシンプルです。 そして、今この瞬間が対象なので、過去の記憶も含まれず、今この瞬間の自分のみです。 そうなると、 今生きている自分がいて、考える自分がいて、感覚を感じる自分がいて、気持ちを感じる自分がいれば、それが自分らしいそのものとなります。 ただ、自分を見たり、感じたりすることで自分を認識して、自分を見出すのは自分のためで、自分らしくあるのも自分のためで、理由も意味も動機も全て自分のためです。 自分らしいとは自己肯定も自己受容も全て これまでの内容から、「自分らしい」とは他人を含めない認識行為かと思うかもしれませんが、他人と比較することも全て自分らしさを見出すことに変わりありません。 そのため、 『この人が私だ!』と思うかどうか、それが自分らしいとはの意味になります。 少しわかりにくいかもしれませんが、 自分らしいとは、「自分が自分のことを認識するかどうか」に全てがかかっています。 言い方を変えると、自分らしい状態が常にあり、自分が存在しない人は一人もいません。 しかし、自分を認識しようとせず、「こんな私は自分らしくない」と思うことで、自分らしい標準状態を見ないように消します。 自分らしいなんてない 自分らしいとは今の自分そのものです。 それが、過去の自分や他人との比較でも、自分の受け入れでも、自分で自分が認識できていれば自分らしさそのものです。 それは、「今、ドーナツ食べている私」と思えば、それだけです。 「あいつ、ハンバーガー変な食べ方している」と発言している自分を知っていれば、自分らしいです。 ごみの空き缶を拾って捨てるのも、「なんでちゃんと捨てないんだよ」と思うのも、「地球のために綺麗にできて嬉しい」と思うのも、全部自分らしいそのものです。 良いことするのが癖で、おばあちゃんの荷物を持って階段を昇ってあげることも、「なんでこんなことしなきゃならないんだよ」と言うのも、自分らしいそのものです。 自分の肉体があり、脳があり、心があり、五感を働かせ、思考を巡らせ、記憶を使用し、感情を感じ、気持ちを感じている以上、自分らしくないわけがありません。 自分らしいのが標準で当たり前の状態、それしかない 自分らしいもらしくないも本当はありません。 無意識に空気吸っているので、「今、私は空気を吸っている」と認識しないことと同じです。 しかし、自分を認識しようとしない場合、自分らしくない状態を作ります。 認識しないことで自分らしくなくなる 自分の行為や言動に対して、何を言っているか、感じているか、思っているか、想っているかわからず、自分を認識しなくなった時、自分らしくない状態が生まれます。 私は自分らしくないと思わなければ、自分らしいと思うことができません。 言い方を変えると、 自分らしいとは、自分らしくないと認識することです。 本当は自分らしいも何もありません。 生きている以上は今の自分そのものが自分らしい以外にはありません。 拒否をすることで自分らしくなくなる 「受け入れない、認めない」と現実を拒否することで、自分らしくなくなります。 すると、「自分らしくありたい」「これは私らしい」と言うようになります。 自分らしくないと思わなければ自分らしいが生まれないので、「自分らしさ」を求める場合は自分らしくない状態です。 拒否とは、目を瞑ることです。 事実を見ないことでして、曲げたり、偽ったり、なかったことにすることです。 長くなりましたが、自分らしいとはの意味です。 自分らしい人の特徴 自分らしい人の特徴を見てもらうことで、自分らしいとはの意味がよりわかりやすくなると思うので、順番にご覧ください。 自分らしい人の特徴7選 1、自分らしいと言わない 「自分らしい、私らしい」と言うことはまずありません。 自分らしいことが前提としてあり、今、「よいっしょ」と言いながら腰を上げたことを認識しているので、自分であることを知っています。 どんな時でも自分であることが当たり前の認識があり、自分らしくないと思うこともありません。 2、他人と比べない 自分らしい人は他人と自分を同じ比較対象として見ません。 そのため、一人一人を個々の存在として捉えて接します。 3、人に依存と執着をしない 自分らしい人は一人で生きていけます。 人と関わっても一人でも大きな違いはなく、人それぞれの性格や目的や生き方に沿わせて人と共存したり孤立したりと、さまざまなスタイルになります。 例えば、楽しいことをして生きていきたい場合、一人で生きる以上に他人と関わることで楽しみが増大するのであれば、共存環境を選びます。 自分が主観で主人公なので、「自分のため」という意志が初めにあり、人に依存や執着をして人を利用することをしません。 自分のための意志があることで、自分で自分を認識することが主体で、自分勝手やわがままという、他人に依存や執着をして自分だけ得をするような、他の存在が必要不可欠な生き方をしません。 4、過去の話をしない 自分らしい人は、他人だけでなく自分の過去に対する依存や執着もしません。 そのため、好んで自分から過去の栄光や甘い記憶を人に話すことはなく、思い返すこともしません。 しかし、聞かれたり望まれる場合には、人のためや娯楽や喜びのために一つの物語として思い出したり話したりをする、そんな具合です。 5、他人にそんなに興味がない 完全にない訳ではありません、そんなにない感じです。 他に干渉をせず、自分は自分、他人は他人と思います。 しかし、それは尊重としての不干渉で、他の世界にズカズカ入り、思い込みや決め付けにて押し付けたり、口出しをして邪魔をしません。 他への干渉や同情ではなく、共感や共有という形で他と関わりので、関わるスタイルが決まっていたりします。 6、「私は~だけどね」と言わない 自分を主張したり、自分の意見は言っておこうという概念がありません。 自分は自分でしかないので、相手に自分のことを知ってもらおうとは思わず、「私はこう思う」と言われると、「ふーん、なるほど」という具合で聞きます。 相手に意見を聞かれれば自分の考えを答えるが、相手の主張があっても、「自分の意見を否定されている」とは思わず、もしそう思われていても何も気にしません。 押し付けや決め付けを一切受け付けず、遠回しな否定や押し付けはテキトーにかわすので通用しません。 7、攻撃性がない 他を否定・批判・非難をしません。 口が悪いかどうかは関係なく、真意として攻撃性がないので、口が悪くても攻撃ではなく、自己表現や娯楽としてです。 実際に相手からエネルギーを奪い取ろうとしたり、「嫌な思いをさせてやろう」という意志はなく、「ふざけんなよ」と笑いながら言うような具合です。 以上が、特に目立った自分らしい人の特徴でした。 エゴのない状態とは幼少期の自分のことでして、自分で自分を認識する自己受容をします。 スピリチュアルな本当の自分は自我がない状態 さらにスピリチュアルな理解になると、自我意識という自分を認識する源すらもない状態が本当の自分になります。 ワンネスという、宇宙全体や万物全ては一つの意識と繋がり、誰しもが繋がって一つの状態から派生して個々になっている現状の見方があります。 スピリチュアルでも何でも、本当の自分がいますが、自分らしいとは別物。 自分らしくあるためにはエゴが大切 本当の自分と全く違う理由は、自分らしくあるためにはエゴが重要だからです。 これまでお伝えしたとおり、自分らしいという概念は存在しません。 なぜならば、意識状態は一つで、今生きている自分のことしか私達は認識できないからです。 私がそうでした。 「小さな頃はもっと素直で、可愛くて…」「こんなのは私じゃない!」と、まるで化け物のようなヘドロのような紫系の顔をしてギャーギャー言っていました。 えぇ、自分を見失う一方で、期待とか予想の空想をして、現実を生きることから離れていきました。 ですがある時、仮面を被って自分を見失い、普段は良い人の振りをして、上司にこびへつらっているのに、一人一人とプライベートな話をする時には、メチャクチャ文句を言ってキャラが変わる私を、「おもしろい」と言ってくれる人達がいることに気付きます。 それが、自己肯定でも自己受容でも何でも、今の自分を認め、自分らしくないと認識する状態が少し剥がれた瞬間でした。 自分らしくない状態があることで、自分らしさを認識する概念が生まれます。 自分らしくないと思うかどうかは本人にしか決められません。 そして、それをするのがエゴです。 エゴがあることで自分らしさが生まれます。 エゴがあることで自分を認識する意志が強まり、自分を他人と区別して比較することで、より自分らしさを認識しようとする糧にもなります。 そして、自分で自分を認識しようとすることで、自分らしい在り方や生き方が生まれます。 自己受容にて自分を認識する際には意識をすることがほとんどなく、意識できるのが、自分を新しく知った時です。 それ以外は、自分であることが当たり前なので、「今蛇口をひねった私が私ね」と自覚することはありません。 ですが、エゴや他人と比較する自分は、自覚する意識を持ちますので、自分らしくなるためのチャンスです。 エゴを理解することで自分を理解する 自分らしい生き方には、エゴの自分を理解する方法があります。 今の自分が自分であることに正解も間違いもありません。 しかし、エゴがあることで、他人の顔と自分の顔を比べたり、テレビの中の人の性格や生活と自分を比べたり、友人や知人のオシャレさと自分のセンスを比べたりして、「あは、私の方がカワイイ」「ズーン、私って何…」「へへへ、あの服ダサい、私はどうよ」「こんな顔じゃ、明日会社に行きたくない、だって新人のあの子は…」となります。 自分らしくない状態を作りますので、エゴを理解するチャンスです。 顔を比較する自分、性格、洋服、お化粧、筋肉量、ニキビ、歯並び、ほくろの位置、数、配置など、さまざまな材料を基に気にする自分はエゴですので、その自分を自分として受け入れることです。 その自分が自分らしいんです。 まさに自分らしいそのままの自分です。 それ以外に、自分らしさは現実としてどこにもありません。 自分を受け入れることで自分らしさを認める エゴでも何でも、今の自分を受け入れることで自分らしさを認識します。 「これは自分じゃない」と現実を拒否して自分らしくない状態を作る自分を認めることです。 それは、現実をただ受け入れることです。 拒否は目を瞑る行為ですので、自分らしいのに見えなくなります。 目を開くと自分らしくなります。 ですが、他人と比較したりエゴが強いことで、そんな自分を見たくないと怖れます。 すると、自分を偽り、目を瞑りながら自分らしくない状態を作り続けますので、自分らしくなることができません。 どんな自分でも自分であることには変わりありませんので、目を開けることで始まります。 自分らしいとは まとめ 以上、自分らしいとはの意味についての話でした。 私は自分を見失い、偽り続けの人生でした。 自分らしい生き方を探し続けましたがさっぱりわからず、逆に彷徨い続ける道に入ってしまっていることにも気付かずでした。 その後、奮闘の中で初めに本当の自分を見つけました。 本当の自分にはエゴがないので、なんというかキラキラしています。 羽が生えそうな気分になり、いっつも笑顔で愛に溢れます。 すると、愛とエゴの区分けが綺麗に見えるようになり、どちらも偏ることで自分を見失うことを知ります。 言い方を変えると、今を認識することは、過去の自分の経験も学びも記憶も全てが積み重なって構成される自分に焦点を合わせるため、時間の概念を超越した、自分の全ての集結(歴史)を見ることになります。 何はともあれ、今の自分は過去の全ての結晶で、最高の状態です。 自分を大切に、気楽に自分らしく行きましょう。 自分らしさを知る一助であることを願い、自分らしいとはの意味についての話を終了します。 最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

次の

らしいの意味

嫌 らしい 意味

接尾語として 1 …としての特質をよくそなえている、いかにも…の様子である、…にふさわしい、などの意を表す。 「男らしい」「子供らしい」「学者らしい」など。 2 …という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す。 「ばからしい」「もっともらしい」「わざとらしい」など。 「可愛らしい」は(1)の用法ですね。 その他助動詞として (1 なんらかの根拠や理由のある推量を表す。 …と推定される。 「この車は山田さんのらしい」 2 判断の結果を断定せず、婉曲に表現する。 …であるようだ。 …だと思われる。 「その会は2時かららしいよ」 3 …にふさわしい様子である、…によく似た状態である、などの意を表す。 「この絵は写真らしく仕上っている」 以上、辞書から抜粋しました。 ユーザーID:• 便乗させて 「結構かわいい」って? 「かわいい」は「かわいい」ことそのものだけど「かわいらしい」というのは「かわいい様子」という意味を含む気がします。 「かわいらしい」も「かわいい」も概ね同じ意味なのだろうけど「かわいらしい」の方が「幼いもの」や「愛玩されるもの」に使うような気がする。 赤ちゃんそのものや、その動作。 物だったらフリフリだったり色がピンクだったり。 かわいい<かわいらしい の方がより子供っぽく、甘いイメージというか。 「かわいらしい」には特にネガティブな意味はないと思います。 でも、私と同様に「かわいらしい」から子供っぽさをイメージしたり、下に見られている印象を受けたり、「かわいい」んじゃなくて「かわいいっぽい(様子)」ってこと?と感じる人もいるのかな? ・・・感じ方には個人差があるのであくまでも私の印象なんですが。 >急にこの「可愛らしい」という言い方が増えた気がする とは特に感じたことないけれど・・・。 ユーザーID:• そうは思いませんが 可愛い、も可愛らしい、も使いますが どちらもどんな世代の人にも使えると思います。 あと、赤ちゃんとか小さい子供とか若い女性にも言いますよね。 そんな時は顔がどうこうより、笑った時とか ユーモアがあったり、悪戯っぽい?事を言ったりした時ですね、今思うと・・。 ユーザーID:• 曖昧な言葉.

次の