チャレンジタッチ1年生 口コミ。 チャレンジイングリッシュ口コミ暴露小学講座のデメリットとは

チャレンジ1年生のコースは「チャレンジタッチ」が良いと思う理由

チャレンジタッチ1年生 口コミ

ちなみに赤ペン先生とは? 進研ゼミの添削問題を採点してくれる先生です。 赤ペン先生は 担任制になっており、毎回同じ先生が答案を採点してくれます。 赤ペン先生のもんだい 提出についての素朴な疑問 提出方法は? 基本的には、 毎号ごとに郵送で提出しますが、 まとめて提出することもできます。 ちなみに、 4年生~6年生は、赤ペン提出カメラというアプリを使って、ネットで提出することもできます。 ただしその場合は、ネット返却になります。 ネット提出では、約3日で返却されます。 早く採点結果がみたい方におすすめの提出方法となっています。 郵便料金は? 郵便料金は、 各家庭が負担します。 82円切手を常備しておくと、すぐにポストに投函できるので便利です。 まとめて提出する場合には、重さによって料金が変わってくるので注意が必要です。 25gまで82円• 期限はいつまで? 赤ペン先生の問題にある、提出目標日の部分に、その答案の採点期限が明記されています。 2018年6月号の採点期限、努力賞ポイントの付与期限は、2021年3月31日ゼミ受付分となっていました。 と説明がありました。 けっこう長めに設定されているものなんですね。 ただ、 提出目標日から1年以内をめやすに提出することを推奨しているようです。 いつ届く?返却までの日数 我が家の場合、赤ペン先生の問題をポストに投函してから、返却までに、4月号、5月号ともに 約2週間程かかりました。 ベネッセのお客様サポートページによると・・・ 提出日(投函日)から3週間を過ぎてもお手元に戻ってこない場合は、お手数をおかけいたしますが、会員向けお問い合わせ窓口にご連絡ください。 と説明がありました。 2週間だと、問題を解いた記憶が薄れるころに戻ってくるイメージなので、希望としては、 もう少し早く届いてくれると嬉しいのですが・・・ 先生が一枚一枚採点してくれていることを考えると、返却までに2週間というのは、妥当なラインなのかもしれませんね。 赤ペン先生とのコミュニケーション 赤ペン先生のやる気サポート伝言板 赤ペン先生のもんだいの表面、一番上の部分に「赤ペン先生のやる気サポート伝言板」という、 保護者向けのコーナーがあります。 4月号では、• お子さまの呼び方• チャレンジの入会時期• 赤ペン先生からの指導にご要望があれば教えてください という質問がありました。 我が家は、要望の欄には特に何も書きませんでしたが、少し厳しめにお願いしますとか、お子さんの性格に合わせて要望が出せるようですね。 5月号では、• お子さまの習い事や、ご家庭でがんばっていることを教えてください とありました。 赤ペン先生は、この伝言板で得た情報を、 指導の参考にしているようです。 赤ペン先生となかよくなろう! 同じく、赤ペン先生の問題、裏面の最後に、「赤ペン先生となかよくなろう!」という 子供向けのコーナーがあります。 ここでは、子供と赤ペン先生が交流できるようになっています。 好きな食べ物• 好きな遊び• 学校で楽しかったこと など、先生から子どもへの質問があったり、• 先生の誕生月• 先生の好きな色• 好きな動物 など、先生のことが少しずつ分かるようになっています。 答案の返却までに2週間かかる分、こういった 先生が身近に感じられるような仕組みがあるのは嬉しいですね。 口コミ。 チャレンジ1年生の赤ペン先生は優しい?厳しい? 4月号の問題が、初めて返却されてきた時の印象。 はなまるが多めで、とても和みました。 一年生になってから、ひらがなの字形などを先生に直されたりして、じゃっかんお疲れ気味だった娘ですが、 赤ペン先生の採点は甘めで、優しい印象を受けました。 ところどころに小さなはなまるがついており、 娘も答案をみて 嬉しそうにしていました。 先生も人間なので、多少の違いはあるとは思いますが、ベネッセとしては、 基本的には褒めて伸ばすスタンスなのだと思いました。 5月号の赤ペン先生の問題には、こらしょがこいのぼりを持っている絵が書かれていました。 「せんせい、こらしょ上手すぎ!」と娘が言っていました。 5月号の国語の問題で、一ヶ所間違えてしまいました。 娘は一瞬「あ~やっちゃった」って顔をしていましたが、これからテストで間違えるのにも慣れていかないといけないと思うので、 いい経験になったと思います。 赤ペン先生の効果アップ!その他のサービス 努力賞ポイント 何と言っても、この努力賞ポイントが、 子供のモチベーションアップにつながっていると思っています。 努力賞ポイントは、赤ペン先生のもんだいを提出するともらうことができます。 ポイントをためると、すきな賞品に交換することができます。 娘はすでに、少ないポイントでもらえる賞品に目星をつけていて、早々と賞品に交換する予定でいます。 賞品をもらえるハードルが、低くから設定されているのも良いですね。 やっぱり何か楽しみがないと、なかなかモチベーションってあがりませんからね。 こういうご褒美サービスが、あらかじめ用意されているところが、親として、とてもありがたいです。 赤ペンごほうびシール チャレンジ1年生の 4月号から7月号の赤ペン先生のもんだいを提出すると、「赤ペンごほうびシール」がもらえます。 シールは、返却された赤ペン先生のもんだいをしまうことができる「赤ペンファイル」の表紙に貼り付けられるようになっています。 4ヶ月連続1年生スタート応援プログラム 4月号から7月号まで、4ヶ月連続のプログラムです。 各号の赤ペン先生の問題を 決められた期日までに提出すると、 特別なプレゼントがもらえる仕組みになっています。 4月号では、 においけしゴムがもらえました。 赤いけしゴム「やるきのにおい」は、柑橘系の香り、 青いけしゴム「すっきりのにおい」は、ミント系の香りでした。 がんばれレターは希望した人だけがもらえる仕組みです。 私は、まだ希望をだしていないのですが、せっかくだから応募しようかなと思っています。 6月号では、 「うきうきにじめがね」&赤ペン先生から 「ほめほめはなまる」がもらえます。 7月号では、 特別なコラショのイラストと 表彰状がもらえるようです。 4月はとくに、入学したばかりでモチベーションが非常に低かったので、 「においけしゴムがもらえるよ~」と励ましつつ何とか乗り切る事ができた感じだったので、とても助かりました。 赤ペン先生通信 会員向けに赤ペン先生通信というサイトがあります。 赤ペン先生のもんだいが返却されると、ウェブで「赤ペン先生のふくしゅうばっちり!もんだい」に取り組むことができます。 赤ペン先生の問題が、100点だと応用問題ができるようです。 問題は、 国語と算数で各5問ずつありました。 まとめ• 問題は、基本的に毎月ごとに郵送するが、まとめて送ることもできる• 郵送料金は、各家庭が負担する。 問題の提出期限は結構長めに設定されている• 問題が返却されるまで、2週間程かかる• 赤ペン先生は基本的には優しい• 担任制の添削指導なので、一人ひとりにあったサポートが期待できる• 子供が目標をもって取り組めるように、努力賞ポイントや、特別プレゼントのサービスがある• 問題を提出すると、復習問題に取り組める 今回は、チャレンジ1年生の赤ペン先生のもんだいについてレポートしました。 私も小学生のころ、進研ゼミをやっていたことがあったのですが、 赤ペン先生は、今も昔も変わらないなぁと、懐かしく思い出しました。 機械でチャチャと採点するのとは違って、 手書きならではの温かみを感じることができました。 まだチャレンジ一年生を始めて3ヶ月目なので、これからどうなるか分かりませんが、せっかくなので、赤ペン先生を効果的に活用して、 子供のやる気アップにつなげていきたいと思っています。 入会をご検討中の方は、無料体験教材を取り寄せてみるのもおすすめです。

次の

チャレンジ1年生応用コースの効果は?ウチの口コミと評判!

チャレンジタッチ1年生 口コミ

1か月のみのご受講はできません。 (ただし、キャンペーン時除く) 検討中のパパママへ読んでほしい記事<2選>• チャレンジタッチに期待する効果は「学習の習慣づけ」 なぜなら 学習ってものはコツコツとした積み重ねが一番重要だからです。 学習の基本って記憶です。 もちろん理解力とかもありますが、ベースにあるのは記憶。 ルールや常識、基本の型など、将来に通じるものから、 歴史の年号、人の名前、公式…など、勉強のためのものまで。。 そして、 記憶というものは、 その覚えたい事柄に触れる頻度がどれだけ多いか、が その覚えたい事柄に触れる一回当たりの時間の長さよりも、重要になってきます。 つまり、 頻度を多くすればするほど忘れないということです。 それが例えば、一回当たりの時間が10秒だったとしても大丈夫。 なので、繰り返し勉強すること(つまり復習や予習)が重要だと言われているのです。 一夜づけの8時間より、 毎日10分の勉強の方が効果的というわけですよね。 んで、 なぜその「学習習慣を身につけさせるために チャレンジタッチが有効と考えているのか」 っていうと、 勉強をキライにならない工夫がいっぱいされているから。 キライにならなければ、 続けられる。 例えば、 「トイレ行ったら手を洗う」は 習慣づいている私にとっては、 好き嫌いではなく習慣です。 別に、学習(勉強)を好きにさせる必要はないと思っていて、 毎日ちょこちょこの学習をキライにさせなければ、 必然的にそのうち習慣になる って考えてます。 興味をもたせて、その時間が嫌な感じじゃなければ 少しづつ習慣になっていくってわけ。 なんで、チャレンジタッチのタブレット学習を うまく活用して「習慣化」、狙ってます。 チャレンジタッチの勉強をキライさせない工夫とは? 1日約10分の勉強量 小学1年生は国語と算数を各5分程度で終わる内容になっているので、 チャチャって終わるイメージがあるので、ムスコもおっくうがらずに続けられています。 アニメや動画を使った説明 タブレットなんでね、アニメが動画を活用しながら教えてくれます。 だから、わからないところで手が止まるストレスが少ないし、 正解の時に「せいかい!」ってコラショが言ってくれるので、 成功体験の積み重ねと考えても、 モチベーションの持続につながります。 他にもゲーム性のある学習コンテンツとかご褒美とか色々あるけど、 私が考えるいいところってだいたいこんなところです。 ) 親がやるにしても、共働きの我が家には、 そんなスキルも時間もない。

次の

進研ゼミ・チャレンジタッチ1年生を受講したので口コミ!効果あり?

チャレンジタッチ1年生 口コミ

私の娘は現在小学1年生で、春からチャレンジイングリッシュを受講しています。 チャレンジイングリッシュには、「オリジナルスタイル」と、「ハイブリッドスタイル」と、「チャレンジタッチ」があり、現在は、いつ退会しても損をしない オリジナルスタイルで受講中です。 チャレンジイングリッシュを入会するか迷っている方へ。 私の個人的な口コミになりますが、ぜひ参考になさってください。 チャレンジイングリッシュ受講の条件とは チャレンジイングリッシュを受講するにあたって条件が2つあります。 進研ゼミ小学講座とは連動していないので、チャレンジイングリッシュのみの受講でもOKです。 チャレンジタッチの方は、チャレンジパッド専用のマイクとカメラを購入する必要があります。 私の場合は、ノートパソコンにカメラとマイクが内蔵されていて、受講条件をクリア出来たので、早速申し込みをしました。 春に申し込みをして、こんなにたくさんの資料が届きました! ヘッドフォンマイクは必要ありませんでしたが、無料でプレゼント期間中だったので、一応いただきました。 届いてすぐに、早速レベルチェックをやってみました! レベルチェックをやってみた感想 レベルチェックアンケートの内容はかなり難しいです。 3択問題が25問ぐらいありましたが、6歳の娘がまともに答えられたのは5個以下でした。 なのに、レベルチェックの結果は「レベル3でちょうどいい」という判定結果になりました。 レベル3って道を聞かれて答えられるレベルなんですよ!いや、絶対無理だから。 難しすぎると挫折するおそれがあります。 レベル2は、「Yes I do」とか「Yes I am」で質問に答えられるレベルです。 いや、それもかなり厳しいと思うんだけど。 と思いましたが、こどもちゃれんじ経験者の娘はレベル2から始めることにしました。 後から考えてみたら、レベル1からやればよかったです。 1レベルには12ステップあるのですが、1ステップ上がるごとに努力賞ポイントが2ポイントもらえます。 ということは、 レベル1をやらないと24ポイント損することになります。 こんなの簡単すぎる!自分で出来る!ほめられる!100点取れた!という満足感により毎日継続して続けることもできますしね。 スローペースで難しくなっていくほうが身に付くと思います。 積み重ねや日常的な取り組みが大事なので、まずは簡単すぎるぐらい簡単なレベルから始めましょう。 チャレンジイングリッシュをやってみて感じたデメリット3つ レベル2ステップ1の最終テストまでやってみたデメリット レベル2のステップ1には29個のステージがあります。 2、3秒ぐらい待たされます。 たまに10秒ぐらい待たされます。 レベルが上がると更新中の画面になりますが、これは1分ぐらい待たされることもあります。 レベルはしょっちゅう上がらないので問題ないですが) iPhone愛用でサクサクとネットを開く私にはちょっと遅い。 と感じています。 当の娘は、なにも気にしていないようです。 待たされる間の飛行機が飛んでいる画面をワクワクしながら待てるようですので許容範囲とします。 あーつながらない!!とイライラすることはないですが、10秒以上待たされると「遅っ!!」とつぶやいちゃいます。 (WIFIが弱いのかも) チャレンジタッチも無料体験したことがありますが、これも開くのが遅いなーと思いました。 英語教室とは違い、曜日も時間も決められていないので、気が向いた時にやればいいやと思うと、いつまでたってもやらない日が続いてしまいます。 しかし、オンライントークがあるので救われます。 オンライントークは事前に予約を取りレッスン内容も自分で決めるので、オンライントークのレッスンまでに予習をしようと心がけることができます。 推奨は、2〜3日に1回15分程度進めていきましょうとなっていますが、宿題もあるし、小学講座もあるし、習い事もあるのでなかなかそんなに頻繁にはパソコンに向かえません。 私の場合は、 習い事のように毎週水曜日の19時から英語の時間と決めています。 オンライントークもその時間帯に予約を入れています。 そうすると忘れることもないし、 定期的に英語に触れ、ミッションを進めることができます。 オンライントークは1回15分です。 他社のオンライントークは、平均的に25分で500円ぐらいのコースが多いので、チャレンジイングリッシュのオンライントークは、他社より高めです。 追加チケットは、1回が800円から900円(税抜)なので、コスパ的には高めと感じます。 しかし、15分というのは小学生の子供の集中力が途切れない、 ほど良い時間設定なのでいいと思いますが、もう少し安いといいなと思います。 私の場合は、オンライントークは、今のところ月に1度で満足していますので追加チケットは購入していません。 チャレンジイングリッシュの進め方 こちらがホーム画面です。 毎回取り組む時には、上の真ん中にある「Todays Lesson」をクリアしましょう。 左の絵の「MAPマップへいく」をクリックしてもOKです。 マップへいくと、Todays Lesson分は 赤、すでにレッスンが終わったものは オレンジ、次に挑戦するものは 紫色になっています。 色がついていないものは選べません。 次に取り組まないといけないのが一目でわかるので、とってもわかりやすいです。 「Select Lesson」は、今のレベルが難しいと感じたり、復習するときに、低いレベルを選ぶことが出来ます。 ただし、低いレベルをクリアしてもポイントはもらえません。 1日1回、ログインしレッスンを1回するごとに、「World Tour」のコインがもらえます。 コインがもらえたら、サイコロを振って世界中を旅することが出来ます。 日本からスタートし、韓国から中国へ旅をして次はフィリピンに向かっています。 次の国に向かっている途中で、友達が増えます。 友達はレベル3やレベル5の年上のお友達だったりします。 お友達になったからといって、メールが送れたり、お話しが出来るわけではありませんが、一緒にサイコロを振ってくれます。 娘の出したサイコロの目と、お友達が出したサイコロの目を足した数を進むことが出来ます。 フレンドカードを増やすと、いろんなお友達がサイコロを振るお手伝いをしてくれます。 娘も友達が増えることを喜んで楽しんでいます。 「Reward」についてですが、ミッションが5つあるのでクリアするとバッジが完成するというものです。 それぞれのレベルには12ステップあるのですが、1ステップに29レッスンがあります。 ミッション1は、ステップ1のテストに合格してクリアすると宝石がもらえます。 ミッション2は、 いきなりステップ3のテストに合格しないともらえません。 ミッション3はステップ6、ミッション4はステップ9、ミッション5はステップ12のクリアが必要となります。 かなり萎えます〜。 1ステップごとにご褒美がほしいです。 29レッスンも頑張ったんだから!! 12個宝石集めてバッジを完成させればいいじゃないですか!あえて5個にしなくても・・・。 ここは改良してほしいですね。 ただし、ステップアップテストに合格するごとに努力賞ポイントが2ポイントもらえます。 メールが来るだけでこの画面では 現在のポイント数が見えないのも改善してほしいです。 娘は見えないポイントより、見える宝石がほしいんです。 この努力賞ポイントは、小学講座の赤ペン先生を出すともらえる努力賞ポイントと合算して使えます。 しかし、この努力賞という名前もいまいちですね。 1等賞、2等賞、3等賞・・・・・努力賞 っていうイメージがありますけど 笑)努力賞ってもらってもあんまり嬉しくないような・・・。 「Online Talk」を押すと、Web(ブラウザ)が開いてくれます。 毎月1枚オンライントークのチケットがもらえるので、月末までにオンライントークを1回予約します。 使い方はこどもチャレンジイングリッシュの時よりシンプルで、とても簡単でした。 を参考にしてください。 パソコンに不慣れでも大丈夫です。 「マイページ」はプロフィールを入力します。 これが、ワールドツアーの自分のカードに反映されます。 「メールボックス」は親から励ましの応援や、キャラクターからのメールやベネッセからお知らせが届きます。 親は携帯からメールを送ることが出来ます。 送るとすぐに反映されますのでタイミングを見計らって送ることもできます。 ちょっと疲れてきたかなーと思ったらすぐに送ります。 「おうちのかたからメッセージ」が届くと気分転換にもなり、またやる気を見せてくれたりします。 気持ちを盛り上げてくれる工夫がしっかりとされています。 実際にわかる単語がかなり増えました。 単語はレッスンごとに毎回違っていて、1回だけのレッスンで覚えれるのかなと不安になるのですが、テストになると覚えているもので、ちゃんと答えられています。 わかりやすい絵と、単語の文字と、耳で聞く発音をセットにして覚えられる仕組みになっているので定着するようです。 こどもチャレンジイングリッシュの時は、4,5人しかいなかったのに、チャレンジイングリッシュになると、40人以上いました。 こどもチャレンジイングリッシュの時にお世話になった先生もおられました。 先生がたくさんいるので、予約はかなり取りやすいです。 キャンセルも1時間前まで出来るので、突然予定が合わなくなっても当日でも予定が変更できるのも助かります。 ただ、新しい先生で緊張していたようで、恥ずかしがってしゃべらない場面もありました。 先生選びは、毎回同じ先生がいいと思います。 どの先生が人気なのかまだわかっていませんが、娘がなかなか答えられなくても辛抱強く笑顔で対応してくれる先生なら誰でも大丈夫だと思います。 逆に待ってくれずイラつく先生はやめておきましょう。 15分は短いようですが、内容としては3〜4セクターに分かれていて挨拶・キーフレーズ・ゲーム・クイズなど 盛りだくさんです。 初めての先生とは、終始笑顔で楽しめた様子でした。 楽しいゲームもおもいっきり日本語で書いてあるし・・・。 戸惑うことなくできました。 評価 英語はたとえ幼少期に一生懸命やっても、使わなくなったらすぐに忘れてしまいます。 子供は覚えるスピードも忘れるスピードも早いです。 長期間少しづつでもいいから英語に触れさせてあげたほうがいいです。 英語教室のように送り迎えもありませんし、 まわりのみんなに合わせずに自分でどんどんレベル上げができるのもいいなと思います。 それでいて、外国の先生とも月に1度トークが出来るのも画期的です。 そしてなんといっても安い! 長期的に見た場合、英語教室に通う費用と、チャレンジイングリッシュの費用を比べたら、格段にチャレンジイングリッシュが経済的です。 実際にチャレンジイングリッシュを受講してみて、英検を取りたい!ビジネス英語が使えるようになってほしい!このような夢を短期で叶えることはチャレンジイングリッシュではできないと思いました。 ただ、今後学校は英語に力を入れていくので、私たちが習ってきた英語よりも難しくなってくるのは間違いありません。 その時に苦手意識なくすんなり英語の勉強に取り組めるような土台作りとしては最適だと思いました。 なによりも 楽しみながらゲーム感覚で進められるので、子供も嫌がらず取り組めます。 大人になっても英会話に通いたいと願う人がたくさんいます。 大人になってからだと費用もかかるし、時間を作るのも大変ですし、伸びるのも遅いです。 小さいころから英語に親しんでおくことで英語に自信がつけさせてあげましょう! たとえば、留学したい!とか英語の先生になりたい!とか将来の夢の幅を広げてあげることが出来ると思います。 チャレンジイングリッシュは自分で好きなだけ好きなペースで進めていくので、申込後に冊子などが届いた後はなにも届きません。 しかし、小学講座も一緒に受講すれば、受講料も安くなりますし、月に一度小学講座の教材が届きますので、思い出すことができ、やらなくなってしまってそのまま フェイドアウトしちゃう心配も回避できます。 しかも、小学講座のポイントと、チャレンジイングリッシュの ポイントは共通なので、努力賞プレゼントのポイントがどんどんたまってくれます。

次の