本当に住みやすい街大賞2020。 ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020を住まい選びMAPとして利用する

関西住みやすい街1位は尼崎 「芦屋より評価された」:朝日新聞デジタル

本当に住みやすい街大賞2020

今回は2019年12月に実施した「本当に住みやすい街大賞2020」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。 「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020」結果発表ページは>> 【本当に住みやすい街大賞2020 第1位「川口」】 総合評価4. 14点 <審査基準> 発展性 5. 0点 住環境 3. 9点 交通の利便性 3. 9点 コストパフォーマンス 4. 0点 教育・文化環境 3. JR京浜東北線の利用で、秋葉原・東京・品川から横浜方面まで乗り換えなしでアクセスが可能です。 「銀座商店街」の再開発によって更なる発展が期待されつつ、高いコストパフォーマンスを維持しています。 また、川口市では「防災本」という防災ハンドブックを市民に配布しており、大災害に備えた避難所や水深推定地区をまとめるなど防災に努めています。 【発展性:5. 0点】居住ゾーンの拡大と再開発で街全体が活性化 かつての工業エリアが居住ゾーンとして拡大したことで、駅利用客が埼玉県内3位となった川口。 「アリオ川口」や駅前の「キュポ・ラ」など核となる商業施設が複数あるほか、東口の銀座通り商店街の再開発も進行中。 さらに、商業施設を含む地上29階の複合タワーマンションの完成を2023年に控え、街の発展が期待できます。 銀座通り商店街の向かいでは再開発が進んでおり、繁華街と住宅地が明確に分かれています 【街の声】 「銀座通り商店街によく行くのですが、2023年に新しくタワーマンションができるそうで、再開発が進んでいるなと感じます」(70代女性) 【住環境:3. 9点】繁華性と閑静な住宅地のコントラストが魅力 繁華性高く利便施設が豊富な東口エリアがある一方で、西口エリアは駅前も閑静で暮らしやすいのが特徴。 アリオ川口、キュポ・ラなどの商業施設が充実し、「ララガーデン」などのショッピングモールも利用できるため、日常の買い物には困りません。 駅前商業施設キュポ・ラ 【街の声】 「駅からキュポ・ラなどの商業施設が一体になっているので、移動が楽で便利です」(60代女性) 【交通の利便性 3. 9点】乗り換えなしで主要駅へのアクセス可能 JR京浜東北線は東京方面から横浜方面まで、多くの主要駅に乗り換えなしでアクセス可能。 一つ隣駅の赤羽からは埼京線・宇都宮線・湘南新宿ラインが利用でき、通勤や通学には困りません。 電車のみならず、周辺沿線の駅に向かうバスも複数運行しているので便利です。 【街の声】 「職場が都内で埼京線をよく使います。 新宿や東京へ乗り換えなしで行けるのは便利ですが、混雑してるので、窮屈に感じることがたまにあります」(70代女性) 【コストパフォーマンス4. 0点】人気急上昇中のハイコスパエリア 川口は浦和や大宮に比べて東京都心に近いにも関わらず、マンションなどの住宅価格がリーズナブル。 少し前に比べて値段が上昇しつつありますが、都内に比べるとまだまだハイコスパです。 地元のマダムたちに愛されているケーキ店・シャンドワゾー 【教育・文化環境:3. 9点】公園や広場が多く、子どもがのびのび過ごせる街 川口西公園・リリアパークなど自然豊かな公園が点在しており、ファミリー層が楽しめる環境が整っているのも川口の魅力の一つです。 また、駅前のキュポ・ラには「川口駅前行政センター」があり、駅前で各種証明書発行などの手続きを行えてとても便利です。 「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020」結果発表ページは>> 川口の地域レポーター記事はこちら.

次の

ひばりヶ丘が9位にランクインしました~本当に住みやすい街大賞2020

本当に住みやすい街大賞2020

どうも千日です。 本当はすごく住みやすくて良い街なのに「あまり知らない」だけで最初の選択肢から外れてしまっているとしたら、すごく勿体ないです。 ただ、メジャーではないだけで、そこにはちゃんと人々の営みがあり利便性も良く、住めば都という地域がたくさんあります。 加えて、価格が抑えられているのなら、ぜひ検討に加えたいですよね。 住みやすさのポテンシャルは高い。 しかし、知られていないから安い。 こんな街のランキングがあるのです。 アルヒ株式会社が国内最大手の住宅ローン専門金融機関として、蓄積したデータを基に住宅専門家が厳選した「本当に住みやすい街」TOP10です。 関連動画• ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020とは? 住みたい街ランキングはよく目にしてきました。 高輪とか田園調布とかが上位にくるランキングです。 しかしそれって「でも住めない街ランキング」なんですよね。 そんな絵に描いた餅ランキングではなく、本当に住みやすい街ランキングを出すための選定基準が以下の5つです。 つまり、名ではなく、実を取るランキングです。 その土地や不動産に詳しい人が「実はあそこ良い街なんだよね」と高く評価する街のランキングです。 では順に見ていきましょう! 1位:川口(JR東北本線)前期4. 14P(1位) 2019年のランキング4位からイキナリ1位に躍り出ました。 銀座通り商店街の再開発が進行中、2023年には商業施設を含む地上29階の複合タワーマンションが完成予定、今後の更なる街の発展が期待できます。 かつて工場街だったのですが、工場が撤退した後に住宅地へと変化してきた経緯の街です。 東京まで23分の好アクセスで、街道町としての歴史があるため古くからの商店街もあります。 それに、川口駅西側の約3万㎡の公園も魅力ですね。 かつての工場街から住宅街というパターンでさらに今後大化けするポテンシャルを秘めている街です。 2位:赤羽(JR埼京線)前期4. 92P(2位) 赤羽は去年の1位からワンランクダウンの2位です。 しかし堂々の2位ですね、総合力の高さが評価されています。 路線図的には南北で品川と線対称に位置していて、どこに行くのにも便利なんですよ。 また、昭和37年に建設された総戸数3,373戸からなる大団地「赤羽台団地」が再生事業で「ヌーヴェル赤羽台」に建替えられ街の活性化が見込まれます。 3位:たまプラーザ(東急田園調布線)初登場3. 88P 初登場で3位にランクインしたのは、たまプラーザです。 田園都市線利用で再開発が進む渋谷・二子玉川・大手町へダイレクトにアクセス可能、東名川崎ICが近くにあり遠方への移動も便利です。 駅直結の「たまプラーザテラス」の誕生、美しの森・荏子田エリアの開発や団地建替えと今後も街の環境整備が進んでいくことが期待できますね。 4位:柏の葉キャンパス(首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス)前期3. 86P(4位) 前回5位から4位へのランクアップです。 つくばエクスプレス線で北千住駅や秋葉原駅へ約30分程でダイレクトアクセス可能です。 駅前に、「ららぽーと柏の葉」・複合施設「柏の葉 T-SITE」などの大型商業施設が充実しているため利便性が高い、国立がんセンターなど医療機関も充実しているのも魅力ですね。 5位:入谷(東京メトロ日比谷線)初登場3. 64P 初登場です。 山手線も徒歩圏内で、上野駅へも1駅、バス路線も整備されており 目的地に合わせて移動手段の選択が可能です。 浅草や上野などに隣接している下町情緒残るエリアですので、観光客の増加に伴い、今後街の活性化が期待できます。 6位:王子(JR京浜東北線)初登場3. 63P 初登場です。 京浜東北線・南北線・都電荒川線の3路線が利用可能で、東京駅まで約20分で アクセスができることから、都心への通勤や通学に便利です。 周辺エリアでマンションの供給が活発化、北区新庁舎建設計画も進行中で 街の将来性も期待できます。 7位:武蔵小金井(JR中央本線)初登場3. 62P 初登場です。 今年度超高層マンション3棟の建設が着手されて東京五輪後には選手村が5000戸を超える住宅に改修される計画です。 幹線街路環状第2号線の整備が進行しており、今後は都心への道路アクセスも向上するでしょう。 8位:小岩(JR総武本線)前期3. 58P(8位) 2019年の9位からワンランクアップの8位です。 南口の大規模再開発が進行中で、地上33階建の商業施設・オフィス含む複合施設が 完成予定であり、今後の街の賑わいが期待できます。 また、都心に近い(東京駅まで20分強)割に分譲価格が抑えられているのも魅力です。 9位:ひばりケ丘(西武池袋線)初登場3. 51P 初登場。 ベットタウンとして成熟しており、「イオンモール東久留米店」など 生活関連施設が整い良好な住環境が形成されています。 ひばりが丘団地で再生の取り組みと、駅周辺の再開発が進むことで 更なる発展が期待できます。 10位:東雲(しののめ)(東京臨海高速鉄道りんかい線)初登場3. 42P 有楽町線の「豊洲」駅や「辰巳」駅が徒歩圏で都心へダイレクトアクセス可能です。 再開発街区東雲キャナルコートなど商業・住宅が一体整備、24時間営業の 「イオン東雲店」などもあり生活利便性が高いのも魅力ですね。 まとめ~理想の家にたどり着くまでの地図 アルヒの「本当に住みやすい街」TOP10は住んで心地よい、移り住みやすい街のランキングです。 なので、見ていて「アレ?」と思うような意外性に溢れているんです。 激渋、ちょい渋を織り交ぜた本当に意味でクリエイティブなランキングでした。 不動産に掘り出し物などありません、全て価格に反映されています。 地域や道路への接面、駅からの距離、広さ、築年数などが代表的な要素ですが、街や最寄り駅の「ブランド」が価格に与える影響はかなり大きいですよね。 もちろんブランドにもお金を払う価値がありますが、それよりも本当の意味での住みやすさを求めるのであれば、ブランド価値が乗らない街に注目すべきでしょう。 自分にとって理想の家とは? その答えは自分の中にしかありません。 そこにたどり着くための地図もコンパスも自分で作って行かなければならないのです。 それが唯一の方法であり、また王道でもあるのです。 アルヒの「本当に住みやすい街大賞」はブランドに捉われず理想の家を探す人にとって非常に精度の高い地図を提供するものだと思います。 また、アルヒのweb事前審査では購入物件がピタリと決まっていなくても、パンフレットやチラシの情報を入力して受けることができます。 最短当日に結果が出ますので気になる物件があれば、先に審査に通しておくことをお勧めします。 《あとがき》 このところ、更新が少なくなっておりますが、来年1月か2月に出る本の校正をガリガリやっておりました。 今日は再校戻しという段階まで行い、そして「はじめに」と「あとがき」を提出しました。 来年には「念校」という段階でいよいよ完成形になっていきます。 本書は令和における住宅ローンの「取扱説明書」として書きました。 他の本よりも数字や理論、法律についての記述が多めですが、どれも少子高齢化社会に家を買う人にとって必要不可欠な知識です。 お勧め記事• 千日の住宅ローン無料相談ドットコムでは各年齢、年収ごとの様々な相談ケースについて広く質問に答えています• sennich.

次の

ひばりヶ丘が9位にランクインしました~本当に住みやすい街大賞2020

本当に住みやすい街大賞2020

今回は2019年12月に実施した「本当に住みやすい街大賞2020」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。 「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020 シニア編」結果発表ページは>> 【本当に住みやすい街大賞2020シニア編 第3位「平塚」】 総合評価3. 71点 <審査基準> 生活環境 4. 0点 レジャー環境 4. 1点 福祉医療環境 3. 1点 街の安全性 4. 0点 交通の利便性 3. 都心から少し離れているものの、始発電車が出る強みを活かし、東京・横浜方面へ座って移動できる場所となっています。 平坦な土地が多く、サイクリングを楽しんだり、高齢者でも暮らしやすい街づくりを実現しています。 駅直結のラスカ平塚 紅谷パールロード商店街 【生活環境:4. 0点】駅付近の商業施設が豊富で暮らしやすい街 誰もが暮らしやすい成熟した街で、海が身近にある開放的なエリアです。 もともと駅直結のラスカ平塚など商業施設が充実しており、飲食店も多い場所でしたが、そこに「ららぽーと湘南平塚」がオープン。 今までに比べてさらに生活利便性が向上しました。 【街の声】 「平塚市総合公園やららぽーと湘南平塚など遊べる場所が多いので、子育てするにはうってつけの街だと思います」(40代女性) 【レジャー環境:4. 1点】リゾートエリアに近接しており、日帰りも可能 海が身近で「大磯ロングビーチ」のある大磯などリゾートエリアが近接しています。 近場なため、日帰りで楽しむことも可能です。 また、海が近いことからマリンレジャーを楽しみやすい街となっています。 坂が少ない平坦な地域でサイクリングやジョギングにも最適です。 【福祉 医療環境:3. 1点】行政の支援が充実! 高齢者に優しい街 気候が温暖な場所なので、保養地としての歴史が長く、高齢者に対する行政の支援が充実しています。 駅周辺にはクリニックなどの医療関連施設が点在。 【街の声】 「駅前にスーパーや医療機関が充実しています。 ららぽーと湘南平塚にはいくつもの金融機関のATMが入っているので、銀行をはしごせずに済み助かっています」(60代女性) 雨の日の散歩で訪れる高齢者も多い「ららぽーと湘南平塚」 【街の安全性:4. 0点】閑静な住宅が多い落ち着いたエリア 歩道の整備された成熟した街並みで、高齢者でも暮らしやすい街となっています。 駅の近くは居酒屋や娯楽施設などの繁華街となっており、治安が少々心配な面も。 しかし、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、落ち着いた場所なので、住宅地の安全性は総じて高いと言えるでしょう。 【街の声】 「よくドライブをします。 海風が気持ちよく、愛犬を助手席に乗せて海沿いを走るのが好きです」(60代男性) 【交通の利便性:3. 1点】始発電車の強みを活かした利便性の高さ 東海道線利用で、東京・横浜方面へスムーズにアクセス。 湯河原・熱海などのリゾート地へも気軽に赴くことができます。 JR東海道本線が主要路線となり、始発電車が出る駅なので、東京・横浜方面へ座って移動することが可能。 その点が高く評価されています。 平塚漁港で獲れた新鮮な魚を提供している平塚漁港の食堂 「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020 シニア編」結果発表ページは>> 平塚の地域レポーター記事はこちら.

次の