キンカチョウ。 キンカチョウの特徴は?手乗りや鳴き声は?販売価格、飼育のポイントは?

キンカチョウの飼い方!手乗りになる?注意すべき病気とは? | ペット総合情報ブログ

キンカチョウ

昔は巣引き下手と言う意味でキンカ鳥がよく持ちだされましたが、昨今では多くの愛好家たちの努力で巣引きができないキンカ鳥は少なくなりました。 ちなみに、仮母と言う物を誤解されているようですので。 そもそも仮母は、キンカ鳥が産卵したタイミングでちょうどよく同じ時期に抱卵している十姉妹などのペアの卵とすりかえることです。 十姉妹は巣引きがうまいのでそういう方法がとられることが多かったのですが、この方法をとる場合は、最低でも3ペアほどの十姉妹がいないと難しいです。 もしくは十姉妹が産卵したら産卵した卵はすべてを偽卵と呼ばれる偽物の卵に変えて抱かせておいて、キンカ鳥が産卵したら偽卵とすり替え抱卵してもらう方法もありますが、親鳥によってはある一定抱卵して孵化しないと全部巣の外に出してしまう子もいますので、こう言うペアの場合はあまり時期がずれると途中で抱卵中止されてしまう危険性があります。 この場合、キンカ鳥の産卵に合わせて常に抱卵させておく必要があるため、大量の十姉妹の雛が生まれることになります。 これが仮母の最大の問題点でしょうか。 以上の事から、そもそも2世帯住宅鳥かごと言う状態での仮母での雛をとる方法はまず難しいでしょう。 そもそもくっついた環境でのカゴは抱卵中も気が散りやすく、十姉妹でも抱卵を中止してしまう場合もあります。 孵化には適しません。 一部致死遺伝子を持っているカナリヤではこういう話が出ますが、全く次元の違う話です。 有精卵になるかどうかは、いいペアを得ることです。 相性がよく、健康状態もよくて精神的にも安定しているペアからはほぼ100%の有精卵が生まれるでしょうが、雄が雌の上に乗るのが苦手だったり、ペア自体あまり仲がよくなかったりすると無性卵の確率の方が高くなります。 しかし難点は、いいペアを得ると言う事は四六時中繁殖されてしまうと言う事ですから適正に離さないと2年後3年後にはキンカ鳥が100羽近くになっている可能性があると言う事です。 もしキンカ鳥の繁殖が目的ではなく、手乗りにできる雛を探しているのでしたら趣味でキンカ鳥を繁殖されている方もいますからそういう方に頼みこんで雛を譲ってもらう方が安易です。 もし繁殖させるのでしたら、大繁殖も覚悟の上でなさってみてください。 経験上ですが、キンカ鳥は今は比較的容易に巣引きが出来ます。

次の

キンカチョウの性別判断。

キンカチョウ

キンカチョウの平均寿命は? キンカチョウの平均寿命は5年~7年と言われています。 ひと昔前までは、3年生きれば十分長生きと言われていたそうです。 飼育下だと、中には10年以上生きる個体もあります。 飼育下であっても、5年生きれば、かなり高齢だと思ったほうがよいそうです。 キンカチョウの寿命と長生きするコツ キンカチョウの平均寿命は5年~7年です。 中には、12-15年以上生きる個体もいます。 キンカチョウの寿命を伸ばし長生きさせるポイントは、「適切な施設や器具を選ぶ」「機材や環境を整えてあげる」などが挙げられます。 キンカチョウの施設や環境については、鳥かごや庭箱を使う方法と、大型の小鳥小屋を利用する方法があります。 小鳥小屋は、観賞用にはよいとされていますが、なるべくキンカチョウが落ち着いて過ごせる木製の庭箱を選ぶのがおすすめです。 鳥箱の位置は、人間の目の高さくらいにして、安定感のある場所に置きましょう。 草や木もいっしょに置いてあげることで、自然環境に近い環境を与えることができるので、キンカチョウはリラックスできます。 繁殖するときのキンカチョウは、鳥かごでの飼育はむずかしいと言われています。 キンカチョウは、1日のほとんどを止まり木で過ごします。 止まり木をエサ入れに近い場所に置いたり、排泄物などがかかりやすい場所に置いてしまうと、大変なストレスがかかりますので、注意してください。 キンカチョウの多くが水浴びを好みます。 飲み水とは別に、水浴びができる状態を整えてあげると安心です。 Sponsored Link キンカチョウのかかりやすい病気は? キンカチョウのかかりやすい病気は、「ウイルス性羽毛疾患」と「メガバクテリア症」が挙げられます。 ウイルス性羽毛疾患は、ウイルスによって羽毛の変形や脱毛が見られる病気です。 重症化すると、内臓や免疫系にまで影響を及ぼすので、最悪、死に至ることもあります。 特に3歳ごろまでは発症しやすいと言われているため注意が必要です。 メガバクテリア症は、マクロラブダスというカビが原因で起こる病気です。 マクロラブダスは、鳥類の胃の中に生息するものであり、感染したからといってすべての鳥に影響するわけではありません。 キンカチョウは、環境の変化や免疫力の低下が原因で、この病気にかかりやすいと言われています。 キンカチョウのかかりやすい病気のサイン キンカチョウのかかりやすい病気のサイン 症状 を覚えておくことはとても大切です。 まず「ウイルス性羽毛疾患」の症状は、ウイルスによって羽毛の変形や脱毛が見られます。 「メガバクテリア症」の症状は、マクロラブダスというカビが原因で、食べても痩せる、食欲不振や血便などの症状が出ます。 早期発見によって薬で完治する病気ですが、最悪命を落とすこともあるので、日頃から様子を観察するなどして気をつけましょう。 気づきやすいサインは、嘔吐だと言われています。 キンカチョウがいつもよりも元気がなかったり、嘔吐がひどい場合には、すぐに動物病院を受診しましょう。 病気の予防法と対処法 キンカチョウのかかりやすい病気の対処法・予防法をご紹介します。 キンカチョウは「ウイルス性羽毛疾患」と「メガバクテリア症」にかかりやすいです。 ウイルス性羽毛疾患の症状としては、ウイルスによって羽毛の変形や脱毛が見られます。 重症化すると、内臓や免疫系にまで影響を及ぼしてしまい、最悪、死に至るケースもあるそうです。 キンカチョウは、とくに3歳まではこの病気にかかりやすいと言われているため、日々の体調チェックによって、不調のサインを見逃さないことが大切です。 メガバクテリア症の症状としては、マクロラブダスというカビが原因で、食べても痩せる、食欲不振、血便などの症状が出ます。 残念ながらキンカチョウは、環境の変化や免疫力の低下が原因で、この病気にかかりやすいと言われています。 上記の症状が見られたときは、すぐに病院に連れて行くようにしましょう。 早期発見であれば、薬の治療によって完治は可能だそうです。 キンカチョウの老化のスピード 野生下の平均寿命は5年くらいと言われるキンカチョウですが、正しい環境で飼育してあげることで、中には10年以上生きる個体もいます。 仮に10年生きたとしたら、人間と比較すると約8倍の老化速度となります。 人間の歳に換算すると、1年で8歳を取ることになります。 しかし、寿命は環境によっても変化するものなので、中には13年も生きたキンカチョウだっているそうです。 キンカチョウの老化に伴う外見の変化 キンカチョウは、5年生きるだけでも、結構な高齢と言われています。 小鳥は具合が悪くなっても悪い様子を見せることはないため、飼い主さんが日頃からキンカチョウの様子を注意して観察してあげることが大切です。 劣化や病気によって、羽が多く落ちたり、嘴が変形するなどの症状は出てくるとも言われています。 Sponsored Link ストレスをかけないために飼い主が出来ること キンカチョウは神経質だと言われているため、「適切な施設や器具を選ぶ」「機材や環境を整えてあげる」ことが大切です。 なるべく、自然の環境と近くなるように、木製の木箱を選びましょう。 鳥箱の位置は、人間の目の高さくらいにして、安定感ある場所に置きましょう。 そのとき、草や木もいっしょに置いてあげると、キンカチョウはリラックスしやすいです。 キンカチョウが繁殖するときは、鳥かごでの飼育はむずかしいと言われているため、禽舎飼育となります。 キンカチョウは、ほとんどの場所を止まり木で過ごします。 そのため、止まり木を餌入れに近い場所に置いたり、排泄物がかかりやすい場所に置くのは避けましょう。 止まり木が汚れていると、ストレスで体調を崩してしまうこともあります。 キンカチョウは水浴びが好きなので、飲み水とは別に、水浴びが十分にできる状態を整えてあげると良いです。 キンカチョウの寿命に関するまとめ 小さくて、色合いが美しくて、飼育しやすいと人気のキンカチョウは、上手に飼育すれば、10年以上は生きられます。 キンカチョウが少しでも長生きできるよう、鳥小屋のスペースや、止まり木の置き場所には気をつけるようにしてください。 キンカチョウは、とくに3歳までは、メガバクテリア症になりやすいため、普段の生活の中でのちょっとした変化に気づけるようにしてあげると安心です。 いつもよりも元気がなかったり、餌を食べなかったり、食べているのに痩せたり、嘔吐した場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

次の

キンカチョウの飼い方/鳴き声・種類・寿命・値段/価格総まとめ

キンカチョウ

キンカチョウの平均寿命は? キンカチョウの平均寿命は5年~7年と言われています。 ひと昔前までは、3年生きれば十分長生きと言われていたそうです。 飼育下だと、中には10年以上生きる個体もあります。 飼育下であっても、5年生きれば、かなり高齢だと思ったほうがよいそうです。 キンカチョウの寿命と長生きするコツ キンカチョウの平均寿命は5年~7年です。 中には、12-15年以上生きる個体もいます。 キンカチョウの寿命を伸ばし長生きさせるポイントは、「適切な施設や器具を選ぶ」「機材や環境を整えてあげる」などが挙げられます。 キンカチョウの施設や環境については、鳥かごや庭箱を使う方法と、大型の小鳥小屋を利用する方法があります。 小鳥小屋は、観賞用にはよいとされていますが、なるべくキンカチョウが落ち着いて過ごせる木製の庭箱を選ぶのがおすすめです。 鳥箱の位置は、人間の目の高さくらいにして、安定感のある場所に置きましょう。 草や木もいっしょに置いてあげることで、自然環境に近い環境を与えることができるので、キンカチョウはリラックスできます。 繁殖するときのキンカチョウは、鳥かごでの飼育はむずかしいと言われています。 キンカチョウは、1日のほとんどを止まり木で過ごします。 止まり木をエサ入れに近い場所に置いたり、排泄物などがかかりやすい場所に置いてしまうと、大変なストレスがかかりますので、注意してください。 キンカチョウの多くが水浴びを好みます。 飲み水とは別に、水浴びができる状態を整えてあげると安心です。 Sponsored Link キンカチョウのかかりやすい病気は? キンカチョウのかかりやすい病気は、「ウイルス性羽毛疾患」と「メガバクテリア症」が挙げられます。 ウイルス性羽毛疾患は、ウイルスによって羽毛の変形や脱毛が見られる病気です。 重症化すると、内臓や免疫系にまで影響を及ぼすので、最悪、死に至ることもあります。 特に3歳ごろまでは発症しやすいと言われているため注意が必要です。 メガバクテリア症は、マクロラブダスというカビが原因で起こる病気です。 マクロラブダスは、鳥類の胃の中に生息するものであり、感染したからといってすべての鳥に影響するわけではありません。 キンカチョウは、環境の変化や免疫力の低下が原因で、この病気にかかりやすいと言われています。 キンカチョウのかかりやすい病気のサイン キンカチョウのかかりやすい病気のサイン 症状 を覚えておくことはとても大切です。 まず「ウイルス性羽毛疾患」の症状は、ウイルスによって羽毛の変形や脱毛が見られます。 「メガバクテリア症」の症状は、マクロラブダスというカビが原因で、食べても痩せる、食欲不振や血便などの症状が出ます。 早期発見によって薬で完治する病気ですが、最悪命を落とすこともあるので、日頃から様子を観察するなどして気をつけましょう。 気づきやすいサインは、嘔吐だと言われています。 キンカチョウがいつもよりも元気がなかったり、嘔吐がひどい場合には、すぐに動物病院を受診しましょう。 病気の予防法と対処法 キンカチョウのかかりやすい病気の対処法・予防法をご紹介します。 キンカチョウは「ウイルス性羽毛疾患」と「メガバクテリア症」にかかりやすいです。 ウイルス性羽毛疾患の症状としては、ウイルスによって羽毛の変形や脱毛が見られます。 重症化すると、内臓や免疫系にまで影響を及ぼしてしまい、最悪、死に至るケースもあるそうです。 キンカチョウは、とくに3歳まではこの病気にかかりやすいと言われているため、日々の体調チェックによって、不調のサインを見逃さないことが大切です。 メガバクテリア症の症状としては、マクロラブダスというカビが原因で、食べても痩せる、食欲不振、血便などの症状が出ます。 残念ながらキンカチョウは、環境の変化や免疫力の低下が原因で、この病気にかかりやすいと言われています。 上記の症状が見られたときは、すぐに病院に連れて行くようにしましょう。 早期発見であれば、薬の治療によって完治は可能だそうです。 キンカチョウの老化のスピード 野生下の平均寿命は5年くらいと言われるキンカチョウですが、正しい環境で飼育してあげることで、中には10年以上生きる個体もいます。 仮に10年生きたとしたら、人間と比較すると約8倍の老化速度となります。 人間の歳に換算すると、1年で8歳を取ることになります。 しかし、寿命は環境によっても変化するものなので、中には13年も生きたキンカチョウだっているそうです。 キンカチョウの老化に伴う外見の変化 キンカチョウは、5年生きるだけでも、結構な高齢と言われています。 小鳥は具合が悪くなっても悪い様子を見せることはないため、飼い主さんが日頃からキンカチョウの様子を注意して観察してあげることが大切です。 劣化や病気によって、羽が多く落ちたり、嘴が変形するなどの症状は出てくるとも言われています。 Sponsored Link ストレスをかけないために飼い主が出来ること キンカチョウは神経質だと言われているため、「適切な施設や器具を選ぶ」「機材や環境を整えてあげる」ことが大切です。 なるべく、自然の環境と近くなるように、木製の木箱を選びましょう。 鳥箱の位置は、人間の目の高さくらいにして、安定感ある場所に置きましょう。 そのとき、草や木もいっしょに置いてあげると、キンカチョウはリラックスしやすいです。 キンカチョウが繁殖するときは、鳥かごでの飼育はむずかしいと言われているため、禽舎飼育となります。 キンカチョウは、ほとんどの場所を止まり木で過ごします。 そのため、止まり木を餌入れに近い場所に置いたり、排泄物がかかりやすい場所に置くのは避けましょう。 止まり木が汚れていると、ストレスで体調を崩してしまうこともあります。 キンカチョウは水浴びが好きなので、飲み水とは別に、水浴びが十分にできる状態を整えてあげると良いです。 キンカチョウの寿命に関するまとめ 小さくて、色合いが美しくて、飼育しやすいと人気のキンカチョウは、上手に飼育すれば、10年以上は生きられます。 キンカチョウが少しでも長生きできるよう、鳥小屋のスペースや、止まり木の置き場所には気をつけるようにしてください。 キンカチョウは、とくに3歳までは、メガバクテリア症になりやすいため、普段の生活の中でのちょっとした変化に気づけるようにしてあげると安心です。 いつもよりも元気がなかったり、餌を食べなかったり、食べているのに痩せたり、嘔吐した場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

次の