コロナ 怖くない 理由。 新型コロナが理由で会社を辞める・退職する人が増えている…

満員電車で最近見かける不思議な現象 大混雑でも「空席」コロナ怖くて座らない: J

コロナ 怖くない 理由

木村政美 [社会保険労務士] 1963年生まれ。 長崎県出身。 専門学校卒業後、旅行会社・セミナー運営会社・生命保険会社・人材派遣会社勤務を経て、2003年行政書士・社労士・FP事務所「きむらオフィス」開業。 2010年より独立行政法人労働者健康安全機構千葉産業保健総合支援センターにてメンタルヘルス対策促進員委嘱。 職場内におけるメンタルヘルス及びハラスメント対策に関してこれまで数多くの企業のコンサルティング、研修講師を行う。 公式ホームページ:• 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美 社員の離職問題、組織を壊すような「職場トラブル」の相談が増えている。 今、企業ではどのような問題が起こっているのか、その事例を紹介しながら、どのようにしたら解決したのか、あるいは会社としていい方向に動くようになったのかについて社労士の視点からヒントの一助になるものを提案したい。 <甲社概要> 地方大手の物流会社。 従業員数300名。 <登場人物> A:28歳。 大学卒業後に新卒入社。 以来総務課で経理を担当している(有休基準日・9月1日) B:45歳。 総務課長 C:35歳。 経理セクションの主任 D:甲社の顧問社労士 繁忙期に病欠した 社員がついた嘘 「今日から決算で忙しくなるというのに…」 B総務課長はそうつぶやくと深いため息をついた。 その理由は朝受けた1本の電話にあった。 「もしもし、Aですが…体調がまだ回復しないので、今日も会社を休みます」 Aは体調不良が原因で3月23日から会社を休んでいた。 B総務課長が理由を尋ねると、「喉が痛くて体がだるく微熱もあるみたいなんです」という。 コロナ騒ぎの真っただ中ということもあり、病院へ行き自宅でゆっくり静養するように伝えた。 しかし3月下旬になってもAの休みは続いていた。 Aの所属する経理セクションでは、甲社の決算日が3月31日であり、4月中までは日常の経理業務に加えて決算事務を行うため、今日から猫の手も借りたいほど忙しくなるのだ。 しかしAの病状が回復しないので他のメンバーも不安を募らせていた。 「Aさんの具合は心配だけど、これから忙しくなる上に、Aさんの穴を埋めるとなれば自分たちはますます忙しくなる。 一体どうなるんだ」 その日の午後、B総務課長は現在の病状を確認するためにAの携帯に電話をした。 状況次第ではAが抜ける穴を補うため、当分業務の組み換えが必要だと考えたからである。 電話に出たAは、モゴモゴとした声で答えた。 「はあ、そのぉ…調子は良くないです。 当分出社は無理そうです」 「そうですか…わかりました。 お大事にしてください」 そういって電話を切ろうとしたとき、AがB総務課長に尋ねた。 「今回の休みですが、3日間残っていた自分の有休を全部消化しようと思います。 それで残りの休みは傷病休暇を取得していいでしょうか?」 甲社には会社独自の特別休暇制度があり、病気、ケガが原因で会社を休む場合には傷病休暇として最高30日間基本給を100%支給されることになっている。 「わかりました。 それでは会社出社時に医師の診断書を添えて、傷病休暇の申請書を提出してください」 「医師の診断書ですか?」 「そうです。 傷病休暇を取得する場合は、医師の診断書が必要です。 その内容を確認して休暇の条件に当たるかどうか判断します」 「じゃあ、その診断書がないと傷病休暇は取れないんですか?」 「そうですね。 休暇を取るための条件とか申請方法は就業規則で決められているので読んでみてください」 しばらく沈黙が続き、やがてAが重い口を開いた。 「実は僕、病気じゃないんです」.

次の

新型コロナ感染にマスク不要の理由はなぜ?WHOの見解は?【新型コロナウイルス】

コロナ 怖くない 理由

それにより、 日本で唯一感染していない県は、「岩手県」のみになりました。 なぜ最後まで岩手県がコロナウイルスの感染者が0人なんでしょうか? ネットで書き込まれている情報をもとに理由をまとめてみました。 これは最新の都道府県別、人口・面積・人口密度ランキングです。 2020年4月1日現在の自治体構成 最新 引用: これをみてみると、 人口では鳥取・島根が47位・46位で岩手は32位ですが、 面積は岩手が2位という結果です。 人口密度でみるとなんと 島根が43位、鳥取が37位と岩手は46位! そして人口が少ないから検査する人が少ないから検査する人も少ないですね! 県内の帰国者・接触者相談センターへの相談状況は3日現在で計2399件。 県によると、県内の検査は7日午前1時10分現在、計104件で全員が陰性となっている。 厚生労働省などによると、本県の人口に対する検査人数(5日現在)は0・006%で全国最低。 次に低い神奈川県(0・012%)とも大きな差がある。 」という旨のツイートを見つけて不謹慎とはいえ、笑ってしまった。 真面目な話をするのであれば、都会に比べて医療資源が少ないから発症者が見つかってない可能性が高いと思う。 一関はほぼ宮城と一体、水沢と北上つながり弱く、 花巻と盛岡はつながりあるが弱く 三陸の釜石も独立だし。 そんな感じだから少ないのかな? 山陰 特に鳥取 は弱いながらつながり強いし 市町村ごとよ — 夕焼けアイスティー KiraU10 とうとう岩手県だけになったのか。

次の

【新型コロナ】全然怖くないことが判明!(5月まとめ)│Simply Love Canada

コロナ 怖くない 理由

コロナウイルスが怖い人と気にしない人 この記事を書いている2020年2月25日時点ではコロナウイルスが流行っています。 テレビでは毎日のように 「コロナ、コロナ」と騒がれており、SNSでもコロナウイルスに関するツイートも多くみられました。 こういった報道やSNSを毎日みるだけでもコロナウイルスって怖いなぁと思いますし、こういった世の中の煽りが毎年1万人が亡くなっているインフルエンザよりもコロナウイルスが怖いという人が多くなっている理由の一つだと思います。 しかし中にはコロナウイルスを気にしていない人たちもいます。 コロナウイルスが怖いと思っている人からすれば、 気にしていない人に対して憤りを感じるはずです。 逆にコロナウイルスを気にしていない人からすれば、 怖いと思っている人に対して気にし過ぎと感じるはずです。 私の意見を言わせてもらえば、どちらの気持ちも分からなくもないと思っています。 コロナウイルスが怖い人 こんな人に多い ・家族(子供)がいる人 ・金銭的に余裕がある人 ・家でも仕事ができる人 コロナウイルスは未だに正確な発祥源や感染経路は分かっていません。 また致死率なども正確じゃない状態です。 そんな 未知のウイルスを怖がるのは当たり前だと思うのです。 まだ コロナウイルスに効くワクチンも作られていませんし、発症後の受け入れ先もハッキリしていない状態。 誰だって不安になります。 発症源とされる中国だって正直信用できません。 だって武漢市の人口が1000万人もいるのに感染者は中国全土(人口14億人)で7万人ほどで、人数的には普通の肺炎とかインフルエンザと変わらないので、本当かよ?と思ってしまいます。 本当にその人数なら安心できる数字ではありますが、なんせ中国ですからね。 あまり安心はできません。 未知のウイルスであるコロナウイルスですが、仮に世界的な大流行になったときってどんなに予防しようが何しようがどうしようもないんですね。 しかも コロナウイルスを気にしていたら何もできなくなりますし、仕事に関しても時給で働いている人たちなんかは生活ができなくなります。 コロナを気にして何もできないよりだったら、気にせず仕事したり遊んだりした方がいいという人もいるわけです。 仕方なく働く人もいる こんな人に多い ・インフラ関係 ・官公庁関係 ・病院、介護関係 「コロナウイルス怖いけど、仕事の関係上行かないといけない」って人もいます。 「コロナ感染予防のため仕事を休もう」という動きが一部で起きていますが、 日常生活を行う上で誰かしら働かなければいけません。 水道・ガス・電気などはもちろん、こうやって使っているネット環境だって誰かが働いているからこそ使えるわけです。 鉄道関係だってどっかの駅員が感染しましたが、かといって全線運休なんかにしたらかなりの影響が起きてしまいます。 役所などの官公庁もコロナが流行ったからって休めず、情報収集などで常に動かないといけないと思います。 もちろん病院だってそうです。 医者が 「コロナだから病院閉めます」なんて言ったらどうしますか? このようにどんなにコロナが怖いと言っても、そう簡単に休めない人も多いのです。 確かにコロナウイルスは怖いですが、 気にし過ぎるのも良くないと思います。 【マスクの転売】が話題になりましたが、それも結局 コロナの怖さを煽ったからゆえの事態。 適度に気にする程度にしておけば、店から急に在庫が無くなることもなかっただろうし、転売屋が増殖しなかったと思います。 またSNSでは 「みんなで学校や仕事を休もう!」みたいな呼びかけも見られます。 でも母子家庭の人だったらどうですか? 小さい子供が家にいては仕事も出来ませんし、かといって働かないと生活も出来ません。 しかも学校はいいとしても、仕事をみんなで休んだら国として稼働しなくなります。 もちろんマスクの生産だって行われなくなりますし、それこそインフラや医療施設は止まります。 農家で無ければ食料の供給も止まるでしょう。 他には 「コロナなんて気にせず外出しよう!」というのもありましたが、これも間違っています。 気にしなさ過ぎて色んな所に菌をまき散らされるのは良くないですし、不要不急の外出が増え過ぎては感染経路の把握が困難になってしまいます。 適度な恐怖心と適度な冷静さが我々には求められているし、むしろコロナウイルスで試されているのかもしれません。 こういう非常事態だからこそ SNSを通して自分の考えを押し付けず、応援しあう励ましあうことが大事なんだと思います。 オマケ:私が思うコロナウイルス対策法(オカルト) 人類が誕生して早2500万年前~700万年(たぶん)が経つわけですけども、過去には色々なウイルスがあったと思うんです。 野生動物を食べていた歴史を考えると、今回が初めてじゃないような気もします。 今ほど医療も充実していなかっただろうけど、それでも人間たちは滅亡せず生き延びた。 なので 絶対何かしらの対策があるはずです。 私の勝手なオカルトで申し訳ありませんが、 不治の病ってこの世にないと思うんです。 意外と 普段から食べている食材などで対策できるんじゃないかなって思っています。 まだ効果がハッキリしていなかったり、知らなかっただけで。 2月25日時点で国内感染者は159人と言われていますが、私はたぶん何十万人何百万人という人が既に感染していると思っています。 それはただ 『何かしらの理由』で症状が出ていないもしくは風邪に似た軽症で済んでいるため。 その何かしらの理由というのが普段から食べている食事で、 実はコロナウイルスに効果がある食材があるかもしれないというのも無きにしも非ずなのです。 よく免疫を付けましょうという言葉を聞きますがたぶんその通りで、納豆やヨーグルトなどの発酵食品・魚や白米などをしっかり摂ることがコロナウイルス対策になると信じています。 人間ってそんな弱い生き物じゃないはず。 日々の食生活をしっかり整えることが今できるコロナウイルス対策なんだと思っています。 「楽観的過ぎるだろ!!」と批判を浴びそうですが、一つ言わせてください。 結局、誰も、コロナに勝てないのかよ! いつ誰に感染するかわからない新型コロナに恐怖に落とされ、絶望されながら、過ごすしかないのかよ! 戦争や災害の時代に戻ったみたいだし、特撮映画の世界に迷い込んだみたいだよ、1年に新型ワクチンが完成するまで、そんなに耐えられないよ! ワクチンがもっと早くも完成できないの! こうしてる間にたくさんの犠牲者が出てしまう、コロナの手術の成功の奇跡もなく、志村けんさんまで失った、これ以上、歴代のみんなの人気である希望 人物 を亡くしたら、この先、私たちは、どうやって、悲しみや不安を乗り越えて、未来や明日を信じて、生きて行けば、良いの?! それに、みんなの人気であるいろんな、かけがえのない希望 存在 を亡くしたら、誰が、みんなやファンを励まし、勇気づけてくれるのですか?! コメントありがとうございます。 志村けんさんの訃報は私も衝撃的でしたし、何かを失ってしまった気持ちになりました。 多くの人がショックだったと思います。 しかし残念な事に、そんな事があってからも多くの人が気にせず外出したり遊んだりしている状況です。 このままでは今後も同じような悲しい出来事が増える可能性もあります。 しかしまだコロナに負けていません。 人間が勝つかウイルスが勝つか、それは今後の我々の行動にかかっています。 日々ワクチンの開発・研究を行っている人や、治療を行っている医療従事者もいます。 無力な我々にできることは、彼らを応援することと足手まといにならないこと。 まだ希望はあります。 悲観せず、今できる事を続けましょう。

次の