ドコモ id。 dアカウントとは

dカード

ドコモ id

支払いは後払い式• おサイフケータイで利用できる• 利用可能な店舗が多い などが挙げられます。 まずはiDの基本情報について見ていきましょう。 iD=ポストペイ(後払い)の電子マネー 電子マネーにはプリペイド型 前払い式 とポストペイ型 後払い式 の2種類があり、iDは後者の電子マネーです。 Suicaなどはプリペイド型 プリペイド型では事前に現金やクレジットカードでチャージをする必要があり、残高が不足していると使えません。 Suicaへのチャージを思い出していただければイメージしやすいと思います。 残高不足で改札に引っかかってしまうなんてことは誰しもが経験したことがあるはずです。 代表的なものには「Suica」の他に「nanaco」、「WAON」などがあります。 プリペイド型の電子マネーでは、 チャージをする際にクレジットカードを使うと、チャージする際にクレカに、使った時に電子マネーにポイントが付与されるためポイントの二重取りをすることができます。 ポストペイ型じゃないiDもある iDは基本的に後払い式ですが、一部のカードではプリペイド型、デビット型になります。 プリペイド型iD ソフトバンクカード・チケットレストランタッチ・d CARDプリペイド デビット型iD SMBCデビット 計画的に使いたい人はこれらのiDを検討してみてもいいでしょう。 使える店舗がたくさん! iDは日本全国の飲食店やコンビニ、ファーストフードに百貨店、ドラッグストアなど様々なお店で利用することができます。 iDが使えるお店は店頭やレジにてiDのシールや利用できる旨の表示がなされているので普段良く使うお店で利用できるか、一度確認してみるのもいいでしょう。 使える店舗を一覧にまとめてみました。 3・例外としてdカードminiがある 上記いずれの方法でもiDに対応しているクレジットカードが必要でしたね。 しかし例外として「dカードmini」というドコモが運営しているアプリで、 クレジットカードがなくても簡単な登録と設定でiDが使えるようになるサービスがあります。 使い方はおサイフケータイの時と一緒です。 特徴は以下の通り。 利用可能店舗は全国にたくさんあり、スムーズに決済できる。 iDを使う方法は「iD搭載クレジットカード」「おサイフケータイ」「dカードmini」の3とおり。 次項からはiDを使うメリット&デメリット、そしてiD連携におすすめのクレジットカードをご紹介します。 電子マネー「iD」を使う3つのメリット&デメリット それでは次に電子マネーiDを使うメリットとデメリットについて解説していきます。 1.サインや暗証番号の手間なくスムーズに決済できる キャッシュレス決済の主流な方法はクレジットカードであり、ポイントサービスや保険制度などが電子マネーよりも充実しています。 サインレスのスムーズな決済がうれしい電子マネー。 iDはポストペイ型なので、チャージの手間すらありません。 クレジットカードのポイントも貯まるので現金よりもオトクです。 ただし、多くのネット通販では使えない・プリペイドではないので使いすぎるリスクもある、といったデメリットも心得ておきましょう。 iD利用におすすめのクレジットカード4選 では最後にiDを利用したいと考えている方にぜひともおすすめしたい4枚のクレジットカードを紹介します。 iDはそれ自体に特別なポイントサービスや補償がないので、 紐づけるクレジットカードはiD対応する中でもポイントサービスや補償内容、年会費などのバランスが自分にあったカードを選ぶことが大切です。 ドコモユーザー必見 dカードゴールド• 通常1. dポイントが貯まるので交換先に困らない• 年間利用額に応じてクーポン獲得• 国内主要空港ラウンジを無料で利用可• 海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険は利用付帯• カードにiD搭載、Apple Pay等も利用可• 年会費は一般的なゴールドカード水準• 人気が高いためステータス性は低め• ドコモユーザーしか受けられない恩恵も多い• つまり、これらの店舗で1,000円購入した場合は50円相当がお得になります。 dカード• 通常1. Amazon等の大手ECサイトで2. 数多くの共通ポイント、JALやANAマイル、Amazonギフト券など交換先が多種多様• iDとQUICPayを両方搭載する稀有な一枚• Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可• ETCカードや家族カードを無料で発行可• 審査基準が比較的やさしい 学生や主婦も可• 券面がブラックで高級感がある• 還元率アップ対象の実店舗はない• ポイント有効期限が1年と短い• 旅行保険は付帯されない• Amazonより楽天派は楽天カードの方がお得 オリコカードはポイント還元率が高いということで有名なのですが、ほかにもおトクなことが盛りだくさんです。 とりわけオリコカードザポイントは 年会費無料なのにも関わらず1. オリコモール経由で+0. Amazonや楽天などでネットショッピングをする時に、 オリコモールを経由すると購入額の最大15%のオリコポイントが付与されます。 オリコポイントとはオリコモールを利用した際に貯まるポイントのことです。 そして、オリコポイントとは別にオリコカードの支払いにより貯まる「暮らすマイル」ポイントも同時にたまります。 しかも オリコモール利用の際はカードのポイント還元率が通常の1. つまり オリコモール経由でショッピングをすると購入金額に対して「オリコポイント」と「暮らすマイル」合わせて最大16. 引っ越し直後で家具を揃えないといけないなど、出費が多い時期に合わせてカードを発行すると効率よくポイントが貯められそうですね。 信頼度が高く一般カードの中では高いステータス性• ネット申込なら初年度の年会費が無料になる• 学生は在学中はずっと年会費無料• ポイントUPモール経由の買い物で最大20倍のポイント• ANAマイルや各種共通ポイントなどポイント交換先も豊富• iDやWAON、Apple Payなどキャッシュレス決済にも強い• 裏面に顔写真を入れられたり、ネットショッピングの認証など強固なセキュリティ• 基本ポイント還元率は0. よく理解せずにリボ払いの罠に陥りやすい• 国内の旅行保険は付帯していない• ETCカードや家族カードは、二年目以降は年に一度も使わないと年会費がかかる 初年度は無料 クレジットカードを発行するカード会社の中でも大手の三井住友カードは早い時期からiDと提携している会社の1つです。 そのためか 三井住友カードではiD利用によるポイント還元率upや三井住友iDへの新規入会によるキャッシュバックなどの期間限定のキャンペーンが頻繁に行われます。 CMでもお馴染みの三井住友VISAカードの他に、航空会社からショッピングモール、大学に芸能人や歌手、アニメ、ゲームなど幅広いコンテンツや企業と提携し数多くのカードを提供しているので自分にあった一枚を探すことができるでしょう。 イオン銀行キャッシュカード、電子マネーWAONが一体化• WAONへのオートチャージができポイントも貯まる• 年会費無料ゴールド「イオンゴールドカード」の招待あり• イオン銀行の預金金利やATM手数料が優遇される• 券面デザインが豊富• Apple Payや楽天ペイも利用可• 家族カード、ETCカードを年会費無料で発行可• 通常ポイント還元率は0. 敷居は低めなのでステータス性はない• 旅行保険は付帯されない• 届くまで少し時間がかかる 仮カードは即日発行可• このカードもiDに対応していますが、 おサイフケータイのみで利用できるイオンiDという形で提供され、クレジットカード一体型やiDカードを発行することができないため、おサイフケータイでiDを使いたい方にオススメのカードとなっています。 また、イオン銀行と紐づいているので、WAONをオートチャージすることができます。 オートチャージの設定をしておくとWAONの残高が設定金額よりも少なくなった場合、勝手にチャージしてくれます。 その他にも以下のような特徴があります。 年会費が無料• イオン銀行の普通預金の金利が年最大0. 15%とお得である• 電気代や水道代など各種公共料金をイオンカードセレクトでの支払いにすると1件につき毎月5ポイント付与される• イオン銀行を給与振込口座にすれば毎月10ポイント付与される• カードをディズニーデザインにできる まとめ いかがでしたか?今回は ドコモの電子マネー「iD(アイディー)」のメリットやデメリット、連携におすすめのクレジットカードをまとめました。 おさらいとなりますが、iDに紐づけるクレジットカードを選ぶ際はカードのポイントサービスや補償など総合的に確認して自分にあった一枚を選ぶようにしましょう。 便利なiDを使いこなして日々の生活を充実させましょう!.

次の

ドコモ光ご契約IDとアクセスキー確認方法とプロバイダ認証IDとの違い

ドコモ id

機種変更をする際、故障で修理に出す場合、メールの再設定をする時、料金プランやオプションサービスの変更手続きをしたい場合など、様々なシーンでドコモのID・パスワード・暗証番号などが必要になります。 ただ、そんなID・パスワード等があまりにも種類が多すぎて、何がなんだかわからなくなってしまっており、完全に混乱してしまっている人が、実は非常に多いのではないでしょうか。 実は私もその中の一人で、暗証番号はほとんど覚えておらず、気が付けばどこにどんな暗証番号を設定していたかまったくわからなくなってしまうことも非常に多いです。 暗証番号は確実に項目別に分けて、いつでも正確にわかるように管理しておく必要があります。 ということで、ドコモのID・パスワード・暗証番号をまとめてみました。 ネットワーク暗証番号(NW暗証番号)とは何か ネットワーク暗証番号(NW暗証番号)とは、ドコモの回線契約を実施した際、もしくは名義変更などを行った際に設定している4桁の番号のことを指します。 設定した番号は自分でも調べることができず、忘れてしまった場合には変更手続きを実施するしかないという、非常に厳しく設定されている暗証番号です。 利用用途としては、ドコモショップやインフォメーションセンター、またはドコモオンライン手続きなどで、各種手続きを実施する際などに 本人確認のために必要となります。 同じ4桁の番号ということで、iモードパスワード/spモードパスワードと混同されやすいという側面を持っています。 さらに、同じ4桁という特徴を逆手に、NW暗証番号とiモードパスワード/spモードパスワードを同じ数字に設定することもできるようになっていますが、セキュリティ上の問題からNW暗証番号とiモードパスワード/spモードパスワードは必ず別の数字にしておいた方がいいでしょう。 ・NW暗証番号は4桁の数字 ・利用用途:本人確認、他のID・パスワード設定での利用、各種サービスでの利用 ・3回連続で間違うとロックがかかる ・ロックがかかるとドコモショップに足を運ぶしか解除方法がない iモードパスワード/spモードパスワードとは何か ドコモのiモードパスワード/spモードパスワード(以下、まとめてspモードパスワード)は、NW暗証番号同様、4桁の数字で設定されています。 通常、特に自分で変更手続きをしていない状態であれば、初期状態で「0000」が設定されています。 そのため、初期状態のまま実際にspモードパスワードを利用しようとした場合、初期状態から別のパスワードに変更する画面に遷移します。 その変更画面で、NW暗証番号による認証を経て新しいspモードパスワードの設定が完了すると、そのまま各種手続きが可能となります。 spモードパスワードの利用用途としては、メールアドレスの変更や迷惑メール設定など、「ドコモメール設定全般」だったり、spモードコンテンツ決済サービス利用時などに必要となります。 spモードコンテンツとは、いわゆるドコモ外部の有料サイトのことで、そうしたコンテンツ契約時及び廃止時にspモードパスワードの入力が求められます。 NW暗証番号と大きく異なる点としては、ロックがかかった場合の動きについてです。 NW暗証番号の場合、ロックがかかってしまった時は、ドコモショップに契約者本人が出向かないと解除することができませんが、spモードパスワードの場合は仮にロックがかかったとしても、日が変われば自動的に解除される仕組みとなっています。 そのため、理論上、日数をかけさえすれば、何度でもチャレンジすることが可能となります。 ・iモードパスワード/spモードパスワードは4桁の数字 ・NW暗証番号と同じ数字でも設定可能だが、セキュリティ上はおすすめできない ・利用用途:メール設定時、spモードコンテンツ決済サービス利用時・廃止時 ・3回連続して間違うとロックがかかる。 ただし、翌日午前0時にそのロックは自動解除される。 ・My docomoやドコモショップでspモードパスワードを初期化すると当日でもロックを解除することができる dアカウント・パスワードとは何か ドコモによると、dアカウントの定義は以下の通りです。 『dアカウントとはスマートフォン、タブレット、パソコンなどでdポイントやdマーケット等のサービスを利用する時に必要なお客様ID』 以上の表現が、端的で最もわかりやすいのではないでしょうか。 つまり、自分のドコモ契約とdアカウントを紐づけておくことによって、ドコモの3G/LTEを通らない状況(Wi-Fi)であっても、ドコモで契約しているサービスをそのまま利用することができるというわけです。 もう少しかみ砕くと、たとえばdマガジンを利用していた場合に、通常通りドコモ回線(3G/LTE)から利用すればドコモ側でユーザーを認証することができるわけですが、Wi-Fi利用時になるとそうはいきません。 ドコモの契約とそのままでは紐づかないのです。 そこで登場するのがdアカウントです。 詳細は別記事にて解説しています。 それ以外は、こまごました部分にはなりますが、中には非常に重要なものもありますので続けて解説していきます。 ドコモアプリパスワード ドコモのスマートフォンやタブレットの、ドコモの各種アプリを利用する際に必要となることがあるパスワードです。 iPhoneを除くドコモのAndroidスマートフォン・タブレットで設定されており、初期状態が「0000」となっています。 特に自分で変更設定をしなければそのまま「0000」で利用することが可能ですが、任意で4桁から16桁の英数字に変更することが可能です。 おそらくもっとも利用頻度が高いケースとしては、「ドコモ データコピーアプリ(旧バックアップアプリ)」を利用してデータのバックアップをしたり復元をしたりする際がもっとも多いと思われます。 もしこのアプリパスワードを忘れてしまうと、2013年夏モデル以前の機種を利用している場合には、「 データの初期化」を選択するしかありませんので要注意です。 スマホのすべてのデータを消して、一からやり直しということになります。 ただ、それではさすがにドコモアプリパスワードを忘れてしまった場合の救済措置がなさすぎると思われたのか、2013年冬モデル以降の機種からは、 事前に設定した秘密の質問への回答だったり、 ドコモショップへの来店によってドコモアプリパスワードのリセットができるように変更になっています。 PINコード PINコードは、聞いたことはあるけれどもよくは理解できていない、という人が非常に多いのではないでしょうか。 PINとは「 Personal Identification Number」のことを指し、そのまま訳すと「 個人識別番号」となります。 PINコードがSIMカードに関わっているという文脈が理解できていれば、個別に識別可能な番号、と読み取ることができると思います。 PINコードには厳密にはPIN1コードとPIN2コードが存在します。 PIN1コードは第三者による無断使用を防ぐためのコードで、設定をしているとSIMカードを端末に差し込むたび/または電源を入れるたびに入力を求めてくる4桁から8桁の番号のことです。 PIN2コードは、ユーザー証明書利用時、発行申請、積算料金リセットを行なうときなどに使用する4桁から8桁の暗証番号のことを指します。 利用頻度としてはPIN1コードの方が多いと思います。 PINコードも初期の状態は「0000」で、端末から任意の番号に変更することが可能です。 一般的に4桁と思い込んでいるケースもあるようですが、実は4桁から8桁までの数字で設定できるため、PINコードは4桁、という先入観は持たないようにしましょう。 NW暗証番号などと同じく3回連続で間違うとロックがかかります。 このPINロックを解除するためには、「PINロック解除コード(PUK)」を入力する必要があります。 このPINロック解除コードはどこにあるのかというと、購入時に書面もしくは電子帳票にて渡されているはずです。 もし見つからない場合には、My docomoの「ドコモオンライン手続き」にて確認することもできます。 dカード/dカード GOLDの暗証番号 ドコモの / にも暗証番号があります。 入会時に決めたはずの暗証番号で、生年月日や住所、電話番号などわかりやすい数字が選択できないため、別の4桁の数字を設定してあると思います。 クレジットカードとして買い物に利用する際に必要になったりしますが、一般的にはあまり暗証番号を必要とするケースは多くありません。 何よりApple Payも始まってますし、iD決済機能を搭載しているdカード/dカード GOLDなので、クレジットカードとして利用せずとも、iD決済対応店舗であれば暗証番号不要のiD決済を積極的に利用していくことも可能です。 ドコモ以外のID・パスワード ドコモ関連のID・パスワードだけでも非常に多いのに、それに加えてAndroidのスマートフォンの場合は Googleアカウント、iPhoneなら Apple ID、さらにはそれぞれのアプリのID・パスワードなど、数えきれない暗証番号等が存在しています。 例えばLINEなら登録メールアドレスとパスワード、Facebookも同じくメールアドレスとパスワードなど。 到底すべてを把握することは難しいため、できる限り書類やデータとしてまとめておき、いつでも確認可能な状態にしておきたいところです。

次の

【簡単】ドコモIDとパスワードを忘れてわからない時の確認方法|アラサー営業マンブログ

ドコモ id

支払いは後払い式• おサイフケータイで利用できる• 利用可能な店舗が多い などが挙げられます。 まずはiDの基本情報について見ていきましょう。 iD=ポストペイ(後払い)の電子マネー 電子マネーにはプリペイド型 前払い式 とポストペイ型 後払い式 の2種類があり、iDは後者の電子マネーです。 Suicaなどはプリペイド型 プリペイド型では事前に現金やクレジットカードでチャージをする必要があり、残高が不足していると使えません。 Suicaへのチャージを思い出していただければイメージしやすいと思います。 残高不足で改札に引っかかってしまうなんてことは誰しもが経験したことがあるはずです。 代表的なものには「Suica」の他に「nanaco」、「WAON」などがあります。 プリペイド型の電子マネーでは、 チャージをする際にクレジットカードを使うと、チャージする際にクレカに、使った時に電子マネーにポイントが付与されるためポイントの二重取りをすることができます。 ポストペイ型じゃないiDもある iDは基本的に後払い式ですが、一部のカードではプリペイド型、デビット型になります。 プリペイド型iD ソフトバンクカード・チケットレストランタッチ・d CARDプリペイド デビット型iD SMBCデビット 計画的に使いたい人はこれらのiDを検討してみてもいいでしょう。 使える店舗がたくさん! iDは日本全国の飲食店やコンビニ、ファーストフードに百貨店、ドラッグストアなど様々なお店で利用することができます。 iDが使えるお店は店頭やレジにてiDのシールや利用できる旨の表示がなされているので普段良く使うお店で利用できるか、一度確認してみるのもいいでしょう。 使える店舗を一覧にまとめてみました。 3・例外としてdカードminiがある 上記いずれの方法でもiDに対応しているクレジットカードが必要でしたね。 しかし例外として「dカードmini」というドコモが運営しているアプリで、 クレジットカードがなくても簡単な登録と設定でiDが使えるようになるサービスがあります。 使い方はおサイフケータイの時と一緒です。 特徴は以下の通り。 利用可能店舗は全国にたくさんあり、スムーズに決済できる。 iDを使う方法は「iD搭載クレジットカード」「おサイフケータイ」「dカードmini」の3とおり。 次項からはiDを使うメリット&デメリット、そしてiD連携におすすめのクレジットカードをご紹介します。 電子マネー「iD」を使う3つのメリット&デメリット それでは次に電子マネーiDを使うメリットとデメリットについて解説していきます。 1.サインや暗証番号の手間なくスムーズに決済できる キャッシュレス決済の主流な方法はクレジットカードであり、ポイントサービスや保険制度などが電子マネーよりも充実しています。 サインレスのスムーズな決済がうれしい電子マネー。 iDはポストペイ型なので、チャージの手間すらありません。 クレジットカードのポイントも貯まるので現金よりもオトクです。 ただし、多くのネット通販では使えない・プリペイドではないので使いすぎるリスクもある、といったデメリットも心得ておきましょう。 iD利用におすすめのクレジットカード4選 では最後にiDを利用したいと考えている方にぜひともおすすめしたい4枚のクレジットカードを紹介します。 iDはそれ自体に特別なポイントサービスや補償がないので、 紐づけるクレジットカードはiD対応する中でもポイントサービスや補償内容、年会費などのバランスが自分にあったカードを選ぶことが大切です。 ドコモユーザー必見 dカードゴールド• 通常1. dポイントが貯まるので交換先に困らない• 年間利用額に応じてクーポン獲得• 国内主要空港ラウンジを無料で利用可• 海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険は利用付帯• カードにiD搭載、Apple Pay等も利用可• 年会費は一般的なゴールドカード水準• 人気が高いためステータス性は低め• ドコモユーザーしか受けられない恩恵も多い• つまり、これらの店舗で1,000円購入した場合は50円相当がお得になります。 dカード• 通常1. Amazon等の大手ECサイトで2. 数多くの共通ポイント、JALやANAマイル、Amazonギフト券など交換先が多種多様• iDとQUICPayを両方搭載する稀有な一枚• Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可• ETCカードや家族カードを無料で発行可• 審査基準が比較的やさしい 学生や主婦も可• 券面がブラックで高級感がある• 還元率アップ対象の実店舗はない• ポイント有効期限が1年と短い• 旅行保険は付帯されない• Amazonより楽天派は楽天カードの方がお得 オリコカードはポイント還元率が高いということで有名なのですが、ほかにもおトクなことが盛りだくさんです。 とりわけオリコカードザポイントは 年会費無料なのにも関わらず1. オリコモール経由で+0. Amazonや楽天などでネットショッピングをする時に、 オリコモールを経由すると購入額の最大15%のオリコポイントが付与されます。 オリコポイントとはオリコモールを利用した際に貯まるポイントのことです。 そして、オリコポイントとは別にオリコカードの支払いにより貯まる「暮らすマイル」ポイントも同時にたまります。 しかも オリコモール利用の際はカードのポイント還元率が通常の1. つまり オリコモール経由でショッピングをすると購入金額に対して「オリコポイント」と「暮らすマイル」合わせて最大16. 引っ越し直後で家具を揃えないといけないなど、出費が多い時期に合わせてカードを発行すると効率よくポイントが貯められそうですね。 信頼度が高く一般カードの中では高いステータス性• ネット申込なら初年度の年会費が無料になる• 学生は在学中はずっと年会費無料• ポイントUPモール経由の買い物で最大20倍のポイント• ANAマイルや各種共通ポイントなどポイント交換先も豊富• iDやWAON、Apple Payなどキャッシュレス決済にも強い• 裏面に顔写真を入れられたり、ネットショッピングの認証など強固なセキュリティ• 基本ポイント還元率は0. よく理解せずにリボ払いの罠に陥りやすい• 国内の旅行保険は付帯していない• ETCカードや家族カードは、二年目以降は年に一度も使わないと年会費がかかる 初年度は無料 クレジットカードを発行するカード会社の中でも大手の三井住友カードは早い時期からiDと提携している会社の1つです。 そのためか 三井住友カードではiD利用によるポイント還元率upや三井住友iDへの新規入会によるキャッシュバックなどの期間限定のキャンペーンが頻繁に行われます。 CMでもお馴染みの三井住友VISAカードの他に、航空会社からショッピングモール、大学に芸能人や歌手、アニメ、ゲームなど幅広いコンテンツや企業と提携し数多くのカードを提供しているので自分にあった一枚を探すことができるでしょう。 イオン銀行キャッシュカード、電子マネーWAONが一体化• WAONへのオートチャージができポイントも貯まる• 年会費無料ゴールド「イオンゴールドカード」の招待あり• イオン銀行の預金金利やATM手数料が優遇される• 券面デザインが豊富• Apple Payや楽天ペイも利用可• 家族カード、ETCカードを年会費無料で発行可• 通常ポイント還元率は0. 敷居は低めなのでステータス性はない• 旅行保険は付帯されない• 届くまで少し時間がかかる 仮カードは即日発行可• このカードもiDに対応していますが、 おサイフケータイのみで利用できるイオンiDという形で提供され、クレジットカード一体型やiDカードを発行することができないため、おサイフケータイでiDを使いたい方にオススメのカードとなっています。 また、イオン銀行と紐づいているので、WAONをオートチャージすることができます。 オートチャージの設定をしておくとWAONの残高が設定金額よりも少なくなった場合、勝手にチャージしてくれます。 その他にも以下のような特徴があります。 年会費が無料• イオン銀行の普通預金の金利が年最大0. 15%とお得である• 電気代や水道代など各種公共料金をイオンカードセレクトでの支払いにすると1件につき毎月5ポイント付与される• イオン銀行を給与振込口座にすれば毎月10ポイント付与される• カードをディズニーデザインにできる まとめ いかがでしたか?今回は ドコモの電子マネー「iD(アイディー)」のメリットやデメリット、連携におすすめのクレジットカードをまとめました。 おさらいとなりますが、iDに紐づけるクレジットカードを選ぶ際はカードのポイントサービスや補償など総合的に確認して自分にあった一枚を選ぶようにしましょう。 便利なiDを使いこなして日々の生活を充実させましょう!.

次の