韓国 旅行 どうなの。 【2020年最新版】韓国旅行は大丈夫?反日デモの状況は?

韓国旅行前必見!日本人観光客が避けるべき10個の事

韓国 旅行 どうなの

スポンサーリンク 韓国旅行に行ったら気になる「水」の問題があります。 もともと、水道水が飲めるのは15か国と言われていて、 アジアでは、日本とアラブ首長国連邦だけです。 最近でこそ水を買うようになりましたが、昔は、日本でも 水道水からお鍋に入れて水を沸かしお茶を作ったりしていました。 では、韓国の水はどうなっているのでしょうか。 水道水は基本は飲まない 韓国のお友達に聞くと、水道水を飲むという概念はないようです。 しかし、昔、20年くらい前、田舎のほうでは井戸水だったり 水道水を飲むこともあったと聞きました。 小学校の時、喉が渇いたときは水道水を飲んでいたよ、と言っていた 韓国人もいました。 一般的には、水道水をそのままコップに入れて飲むという習慣はなく 水を買う、もしくは浄水器などでろ過して飲みます。 韓国のシクタン(食堂)と言われる場所に行くと、このように水を ろ過できる機械がおいてあります。 水道水を、このような機械でろ過して出しています。 空港にも、このような機械があり、水を自由に飲むことができます。 歯磨きは問題ない? スポンサーリンク 韓国だけに限らず、水の問題で気になるのが「歯磨き」です。 私は、歯磨き程度なら水道水でも問題ないと思って、歯磨きは水道水で するのですが、気になる人はミネラルウォーターで歯磨きするほうが いいでしょう。 現地に住んでいるなら、水道水で歯磨きでしょうが、旅行に来てまで お腹を壊したりして辛い思いをするのであれば、ミネラルウォーターで 歯磨きするほうが気にならなくていいかもしれません。 ただ、韓国でもレストランや食堂で、食器を洗うのは水道水ですし 歯磨きが気になるのであれば、韓国で洗った食器やコップなども 使えないことになってしまいますね。 料理に使う水は? 韓国料理でも、チゲなど鍋料理が多いですが、このときの水は どうしているのでしょうか。 正直にお伝えすると、こちらはお店によって違います。 ペットボトルのミネラルウォーターを鍋に入れてチゲを作る という習慣はないようで、水道水をそのまま鍋に入れて沸かしてから チゲを作るお店もあります。 また、さきほどの写真のように浄水器がある食堂では、ホースのような ものをつないで、そこから鍋にうつして作っているのを見ました。 韓国では、水道水をそのまま生で飲むという習慣はないものの、 沸かして飲めば大丈夫、という概念はあるようです。 お店に聞いてみた返事は? 韓国語を勉強して、初めて韓国に行ったときは「水」の問題が とても気になって、シクタン(お店)に聞いてしまいました。 浄水器の水は、どうしているのか? 水道水をそのまま入れているのか? など聞きましたが、浄水器の中に「ろ過」できる紙が入っているので 飲めるようになると言っていました。 水道水をそのまま飲むことはありえないと答えていたので 少し安心しました。 みなさんも、韓国の水道水は飲まず、ミネラルウォーターで楽しい旅行にしてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

韓国旅行は売春ツアー?

韓国 旅行 どうなの

1 まずは韓国語の基本挨拶 挨拶は世界どこでも、人間の基本!! しっかり覚えていきましょう。 旅行での会話では最低5つあれなんとかなります。 これひとつでオーケー簡単ですよね。 韓国人は本当に悪かった時にしか使わない言葉ではあります。 こちらは答える時の返事の仕方です。 食堂やショッピングはもちろん、人に何か尋ねたいとき、呼び止める時などに重宝します。 韓国では店員さんにも、おじさんという言葉を使えます。 韓国語ドラマでよく使う お兄さんという意味の オッパがありますが これは実の兄はもちろん、仲のいい年上の男性や恋愛中の男女で使う言葉なのであらぬ誤解を受ける場合があります。 韓国語初心者の場合使わないほうが無難です。 皆さんが韓国に旅行に行った際 オンニ~と呼びかけられる場合が多いと思いますし、 女性の店員さんに会話するときにつかえる言葉です。 おばさんという アジュモニ という単語もありますが 万国共通でおばさんよりお姉さんのほうが嬉しいものですよね。 正確にはオンニは年上の女性につかうものですが、店などでは 韓国人も年下の店員にオンニをよく使うので覚えておきましょう。 3 食事するときに使える会話 韓国料理は最近日本でもブームですよね。 韓国旅行で役立つ韓国語を確認してみましょう。 普通席に着くと定員さんが来てくれますが、 もし忙しい場合、呼ばないと来ない場合もあります。 大きな声でよんでみましょう。 チョギヨ~と合わせて使ってみましょう。 注文する場合、メニューを指さしながら言っていましょう。 レジのほうに行ってから言ってみましょう。 トイレはどこですか? ファジャンシルがトイレという意味、 オディヨ?がどこですか? どこですかは道を尋ねる時にも使える会話文です。 直訳したら苦労してください、という意味。 お疲れ様ですというニュアンスで使われます。 店を出る時の挨拶として定着しています。 指さしながら言ってみましょう。 着てみてもいいですか? 服も韓国では試着できないものも多いのでまず聞いてみましょう。 他のサイズはありますか? サイズを色に変えて、 タルン セッカル イッソヨ?で 他の色はありますか? もよく使います。 あわせて覚えておきましょう。 いくらですか? といいながら電卓を出せば入力してくれます。 外国人観光客が多いソウルでは電卓を店員さんがだしてくれる場合も多いですよ。 たくさん買えば値切れる確率が高くなるので、挑戦してみましょう! これが韓国のショッピングの醍醐味だと個人的に思います~ 愛嬌たっぷりでいけば成功する確率が高いかも!? 長距離でない場合ですが、韓国語がわからなかったらバスに乗るより、タクシーを利用するほうが安心でしょう。 ただし出勤、退勤時間はかなりこみますし、週末も時間によっては全く車が動かないってことも!! 時間を確認しながら利用するようにしましょう。 わからなかったら地図や住所を見せて、カジュセヨ、いってください。 といえばいいでしょう。 ソウルのタクシー運転手さんは外国人慣れしていますので、大丈夫ですよ。 途中で降りたい場合はこのように言うといいでしょう。 6道を聞く時の会話 初めての土地へ旅行するなら道に迷うこともあると思います。 そんなときにつかえる会話文を確認してみましょう。 どうやって行ったらいいですか? 地図などを指さしながら訪ねてみましょう。 答えを聞いてもわからないと思うので、簡単にまとめてみると、、、、 【交通手段】• テクシ 택시 タクシー• ポス 버스 バス• チハチョル 지하철 地下鉄• コロソ 걸어서 歩いて 【方向】• トッパロ、コッチャン 똑바로,곧장 まっすぐ• オルンチョグ 오른쪽 右側• ウェンチョグ 왼쪽 左側 この単語を拾いながら、あとはアドリブで頑張ってみましょう 笑 韓国人も親切なのでケータイを利用しながら教えてくれたりする人も多いですよ。 私は、到着場所まで案内してもらったことが2~3回あります。 韓国語のこそあど言葉を覚えていけば 旅行の会話の幅が広がると思いますよ! 余裕のある方は覚えていってくださいね。 イ(이) この ク(그) その チョ(저) あの オヌ(어느) どの 【 イ カバン (このかばん)・ く シンバル (その靴)・ チョ シゲ (あの時計)】 イゴッ(이것) これ クゴッ(그것) それ チョゴ(저것) あれ オヌゴッ(어느것) どれ ~チュセヨ ~ください の前につけてみると イゴッ チュセヨ クゴッ チュセヨ チョゴッ チュセヨ ですね。 8 まとめ 旅行で使える超基本韓国語会話を紹介してみました。 まだわかっていればいい会話文は山ほどありますが、基本の基本だけ紹介しました。 実際韓国にいってみて「こんな言葉も言ってみたかった!」と思えば韓国語を勉強したいなって思うはずです。 韓国語は、日本人にとって世界の言語の中で一番習得しやすい言語だと思います。 でもでもやっぱり言葉ができなくて不安、、、という方は ズバリ WiFiレンタルしてみましょう! 今は優秀なアプリがたくさんあるので、Wifiがあるだけで心強いですよ! でもレンタルなんてどうするの?? 私も経験がありますが• 現地に行ってレンタルするのは言葉ができないから出発まで不安だったり• 上手くレンタルできたとしても、スムーズに返却できるのか?• もしかして詐欺にあったり、トラブルがあった場合どうしたらいいの? などなど不安は尽きませんよね。 特に初めての韓国旅行だったりするとどうしていいのかわからないものです。 ネットで予約して、事前に受け取り可能!• 簡単返却ポストに投函でオーケー(しかも往復宅配送料無料!!!)• 同時に5台まで接続可能なのでお友達との旅行に最適!•

次の

[韓国旅行・観光マナー]日本人が韓国でやりがちなNG言動5つ!間違うと日本人の好感度を下げる恐れも…

韓国 旅行 どうなの

韓国旅行前必見!日本人観光客が避けるべき10個の事 1. つねに緊張感を まず初めに注意をしておいてほしい点は、韓国に行って 外国だという緊張感を忘れないということです。 見た目も同じアジア人ということで、ハングルの違和感さえなければついつい似たような雰囲気で外国にいることを忘れがちです。 安全に楽しい旅にするためには常にどこかに緊張感を持つことを忘れないようにしましょう。 韓国では日本人観光客はすぐにばれる! 何度も行けば分かるのですが、すごくよく似ているとされる日本人と韓国人でも、実は 慣れている人が見ればほぼ確実に見分けがつきます。 特に韓国の観光地にいて日本人観光客を相手にお店やサービスをしているような人からすると一目瞭然です。 自分はなじんで目立たないつもりでも日本人観光客は街中で十分目立っていますので、旅行中はそういう意識を持って過ごして頂ければと思います。 空港のタクシーは要注意! すべてのタクシーというわけではありませんが、特に気をつけていただきたいのが 空港で出会うタクシーです。 最近はパックツアーではなく格安チケットとネットで予約したホテルで行く人も多いと思います。 そういう人はまずご注意です。 飛行機を降りてゲートから出てくると、その人を遠巻きに厳しい目で見つめているおじさんが何人かいるのに気付きます。 ツアーで来ている人なら、プラカードを持っているガイドさんとすぐ合流するので大丈夫なのですが、それ以外の個人で訪れた日本人観光客を見つけると、彼らは巧みな日本語で話しかけきます。 このタクシードライバーですが、滞在中ずっと案内をすると行って「3日間でいくら」と値段交渉を持ちかけてくる人もいます。 メーターを動かさず固定料金で案内をする、帰りもホテルまで迎えにいって空港まで送ってくれるというパターンが多いです。 実は良心的な人もいるのですが、自分の知り合いの店に連れて行って高額な商品を交わせたりするパターンもあるので注意してください。 一人で観光するという人なら、ソウルは地下鉄もバスも便利で安いし安全です。 なお、韓国のバスや地下鉄事情については以下に詳しくまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。 夜のタクシー タクシーですが、韓国は夜遅くでも買い物ができたり、食事ができたりと遅くなることもあります。 日本人観光客が多いようなところ(特に東大門市場や明洞など)はたくさんのタクシーが溜まっていて現地の韓国の人もよく利用します。 しかし夜遅くとかだと、中途半端な日本語で話しかけてきて、 固定料金でホテルまで行くからと声をかけてきて高い料金を要求してくるタクシーがいます。 メーターを回していてもわざと遠回りをするケースもあるので、土地勘ないところでは怪しいタクシーには声をかけられても乗らないようにしましょう。 2割ほど割高ですが 黒の模範タクシーと呼ばれるタクシーは、ぼったくり行為をしない登録されたタクシーですので、混んでいてもそちらを選んで乗るようにしてください。 なお、現地でのタクシーの乗り方については以下に詳しく記載しているので、ぜひ一読してみてください。 コピー商品、偽ブランド品 露天商などの市場でよく「本物と同じニセモノあります」と声をかけてくるお店があります。 最近は取り締まりも厳しくてわざとブランドのロゴをはずして渡す直前に取り付けたり、よく見ないと分からないような部分に本物と違うポイントをつけていたりと、実に巧妙にごまかしています。 でも、所詮ニセモノはニセモノ。 うっかり購入して日本に持ち帰ると犯罪者扱いになりますのでご注意ください。 お店の中には、「特別なものを見せるから」と怪しい部屋に連れて行こうとする店もありますので深入りしないことが大事です。 物乞い 地下鉄やバスの公共機関の乗り場の近くや繁華街に座り込んでいる物乞いがまだ少なくありません。 わざと同情を誘うような風貌で、大きな音を鳴らして注意を引いてきたりもします。 でも現地の人もそうですが目をあわさずに無視をしましょう。 安易に近づくと、つかまれたりしつこく付きまとって来たりされます。 荷物のおきっぱなし スリ 人通りの多いところではスリは現地の韓国の人も注意をします。 それだけ日本が平和だということですがまだまだ韓国でも油断してはいけません。 特に 日本人観光客は現金をたくさん持っていると思われているので狙われやすいです。 ちょっとしたカフェでの休憩、買い物中のバッグ、食事中のバッグなど、ちょっとした隙を狙ってきますので、常に身に着けておいて床やいすに置きっぱなしにするのは避けましょう。 なお、ソウルの治安については以下で詳しく解説していますので、一読してみてください。 屋台での衛生面 韓国では買い物や観光のスポットやホテルの周りにはオレンジ色のテントを張った屋台をたくさん見かけます。 もちろんそういった屋台グルメを味わうのも韓国グルメの醍醐味ですが、衛生面には注意が必要です。 特に生ものです。 海産物もおいしい韓国ですが、調味料が辛くてスパイシーな分ちょっとした味の変化に気づかず食べてしまい、後から具合が悪くなるということがあります。 屋台では火を通したものにして、生ものを食べるのは控えましょう。 食事中の写真撮影 これはちょっとしたことなのですが、今日本ではおしゃれな食事やSNSへの掲載のために出てきた食事の写真を撮りますよね。 もちろん韓国でもする人は多いのですが、現地の人が多くいるようなお店では出来るだけやめましょう。 たいていは日本人観光客だからと大目には見てもらえますが、夜お酒が入る時間帯とかになると、たまに年配の人が注意しに来たり、口論に発展したりすることがあります。 観光客を専門にサービスをしているようなところはともかく、現地の人が一緒に食事するお店では、マナー・気配りの1つと心得ておきましょう。 トイレ事情 韓国のトイレは、お店によっては便器に紙を流してはいけない仕様のものがあります。 最近は日本と同じように紙を流せるトイレが増えましたが、韓国の元々のトイレ事情として、紙は便器に捨てず備え付けのゴミ箱に捨てる文化がありました。 なので、場所によってはうっかり流してしまうと詰まって壊してしまうなんて事になりますので注意してください。 現地でトイレを探すときに使えるフレーズを以下にまとめましたので、ぜひ読んでみてください。 まとめ いかがでしたか? 気軽に行けてショッピングもグルメも楽しめる身近な国の韓国ですが、ちょっとの油断でトラブルに発展する、他の国と同じ「外国」であることを決して忘れないでください。 せっかくの楽しい旅が台無しになってしまいますよ。 韓国はあなたが想像する以上に楽しい国です。 自分が「外国人」として見られていることを軽視せず、安全で楽しい時間をここで過ごしましょう! 韓国旅行前必見!日本人観光客が避けるべき10個の事 1. つねに緊張感を 2. 韓国では日本人観光客はすぐにばれる! 3. 空港のタクシーは要注意! 4. 夜のフリーのタクシー 5. コピー商品、偽ブランド品 6. 物乞い 7. 荷物のおきっぱなし スリ 8. 屋台での衛生面 9. 食事中の写真撮影 10. トイレ事情.

次の