莉犬bl。 歌い手さん

腐男子なメンバーに俺莉犬困ってます

莉犬bl

莉犬総受け 1• ただただ莉犬くんが喘ぎます。 苦手な人は気をつけて。 るぅとside _すとぷりハウスにて_ 今は次どんな動画を出すかなどの会議をしている最中だ そして莉犬が「トイレ行ってくる」 と席を立った時 さ「今日の莉犬さぁ…なんかエロくない?」 そう言い出したのはさとみくんだった な「すごいわかる」 ジ「それな」 なーくん、ジェルくんと次々に口を揃えて言う 実は僕もその1人だった もともとは可愛らしい彼だが、今日はなぜだか莉犬から色気が出ている 男にこんな思いをだくなんて変だと思いつつも、僕も共感してしまった こ「なんかさぁ…ムラっとくるよね」 ジ「生足だしなんかクるよね」 ころちゃんなに言い出してんの…! いや大丈夫なのこの会話… る「いや…なんですかこの会話…」 さ「るぅと純粋ぶるなって〜、あ、いいこと思いついた」 みんなが なになに? と騒ぐ 嫌な予感がする カチャ さ「りーぬ!」 り「わっ!?」 帰ってきた途端にさとみくんが莉犬に飛びついた さ「ねー、いまからいいことしようよ」 り「いいこと?」 さとみside り「いいこと?」 そう。 いいこと。 そう言って莉犬をお姫様抱っこで抱え、ベットに下ろした り「?!ちょさとみく、なにするの、…」 さ「いいことっていったでしょ」 こ「いいことってこーゆーことね、乗る」 ジ「莉犬が1番可愛いしねぇ」 俺はこの会議の前、みんなにお茶を出したのだが莉犬のにだけちょっとしたお薬を入れた まあ主犯は俺ってやつやな こんな時のためにバックには紙袋に包まれた玩具がたくさん入っている まあ莉犬が可愛いのがいけない。 そういうことにしとこう。 り「んうっ…」 俺は莉犬にキスをし、その開始の合図でみんなが動き出す ジェルくんは下に手をつけ、なーくんは上の突起物を弄る るぅとくんは遠くの方で僕達の方を見ていて、動き出す様子がなかった り「ん、は、ぁ…!?みんななして、ひうっ…!」 な「やっぱかわいいね、莉犬くん」 り「やだ、ぁ!や、ぁ、うぁ、〜!!」 びくっと体を揺らしながら莉犬はイった 莉犬がはぁはぁと肩で息を整えていた ジ「こっち解さないとだよね〜」 そう言ってジェルくんは自分の手にローションを垂らし、莉犬をうつ伏せにして、後ろに指を入れた り「ひ、!そこはむり、う、っ…」 そう言って涙目になりながら俺の方を見つめてくる まあ俺が主犯だから助けるもなにもしないんだけどね そうだ。 思い立った俺はずっと動いていなかったるぅとに声をかける さ「るぅと〜、莉犬の口がお留守だよ、来てやりなよ」 る「はぁ……僕は魔が差しただけです、そうです」 こ「なんだ、るぅとくんも我慢してただけなのか」 る「ころちゃん先生うるさいですよ」 そういいながらるぅとはベットの方に近づいて来る 莉犬side なんで なんでこうなってるの…! 実は僕がトイレ行ってる時のみんな会話が聞こえていた エロい、とかムラっとする、とか それを聞いた時はさすがにびびった そして今日、お茶を飲んでからはなぜか体が火照ってきていて、なんだかおかしいと思っていた きっと五人の中の誰かが仕掛けたんだろう。 予想は粗方ついてるけど。 そんなことを考えていると、 る「莉犬、ちょっとごめんね」 り「るぅとく、んぐ、!ん、うー!」 口にるぅとくんのものが入ってきた るぅとくんは見た目や声のわりに大きい なので全部口に入らず、苦しくて嗚咽感がする 頭を掴まれ、ゆっくりと出し入れされる その間にもジェルくんは僕の後ろを弄っていたが、あまり不快感はなかった り「ん、んぅ、!んん、ふぅ…」 そして、口の中にるぅとくんのが溢れてきた り「っ、けほ、っ…」 ジ「ん、もう解れたよ」 そういってジェルくんは後ろから指を引き抜いた さ「じゃあ俺最初にいれる」 こ「え、さとみくんずるいんだけど」 俺の気持ちなんか無視だと言うくらいに淡々と物事が進んでいく り「まって、気持ちの準備が、あ、ひぅ、ぐ…」 さとみくんが手馴れた様子で素早くゴムを取り出して付けて、俺の言葉を遮るようにして後ろにゆっくりと入れられた さ「きつ…痛い?」 り「い、たい…っ」 こんなとこ入れられたの初めてだ。 痛いに決まってる。 そう思ってると、なーくんがおもむろにキスをしてきた 舌を舐めとるような濃厚なキスで、蕩けていくような感じがした その間に、さとみくんが動き始めた り「っ!!ん、ん、ぅぁ…!」 さ「もっと力抜いて〜、あとなーくんありがと」 なーくんがしたキスは俺の力を抜かせるためだったようだ キスをされると、そっちに集中がいってどんどんさとみくんのモノが奥まで収まっていく り「は、あ、ぁ…!ひ、ぃアっ…!」 さ「全部入ったよ〜、動くね?」 り「まって、はやい、っ!ア、ひぃ!は、ぁっ…」 さとみくんのが収まりきった途端、休憩なしに動き始めた 気持ちいいのかどうかは分からない。 それでも不快感や異物感などはなかった 初めてなので痛みはあったが、案外すんなりと受け入れられたことに驚きを感じている り「ひ、は、ぁっ、!?そっちや、はぅ、っ…」 るぅとくんがおもむろに俺のモノを咥え、ころちゃんが耳に舌を舐め、そのまま中にねじ込まれる 薬を盛られたからか、耳だけでもかなり快感を得てしまっていた る「りーぬ、きもちい?」 り「い、やっ!あ、ふぅっ…ひ、っ!」 その間にもさとみくんはガツガツと中を貪ってくる そして前を弄られると、その気持ちよさで後ろでも快楽を感じてしまうようになった こ「莉犬、こっちもね?」 そう言ってころちゃんは俺の口にモノを突っ込んできた り「ん"っ、!んう、ぅぅっ…、〜〜、!」 そのまま俺はイってしまったのだが、かまわずさとみくんは後ろで動き続けている こ「、っ…だすよ」 り「ん、〜〜〜、っ!は、けほっ、…」 ころんくんが俺の口の中に出し、それと共にさとみくんも達していて中に暖かい感覚があった ずるっと中をからモノを引き抜かれた ジ「次は俺の番ね」 り「ひ、なま、っ!ぃっ、ふ、ぁっ…!は、ぁ…!」 そう言われてこんどはジェルくんのが生で入ってきた 休む暇もなく、幾度となく来る快楽に疲労感が溜まる り「あ、っあ〜〜!ひ、アっぅ…!」 ジ「かぁわいい」 キスをされ、それだけで頭がふわふわしてきた な「おれも楽しみたいなぁ」 そう言ってなーくんは俺の方に近付いてくる ジ「多分いけますよ、二輪挿し」 ____________ 続きます 今回も切り方やばすぎですねすみませんwww•

次の

腐男子なメンバーに俺莉犬困ってます

莉犬bl

こちら【アクリルスタンド】になります。 【内容】 すとぷり ストプリ ストロベリープリンス Strawberry Prince 生放送や動画投稿サイトで活動中の6人組男性ヴォーカル・ユニット。 莉犬、さとみ、ころん、るぅと、ジェル、ななもり。 の6名で構成。 保証ありでの発送やヤマト運輸、日本郵便にて販売されている専用の箱などをご希望の方は購入前にお申し出下さいませ。 保証をつけない場合や専用資材を使用しない場合の郵便事故や破損の責任は負えませんので、自己責任でお願い致します。 購入前にコメントを宜しくお願い致します。 こちら【アクリルスタンド】になります。 【内容】 すとぷり ストプリ ストロベリープリンス Strawberry Prince 生放送や動画投稿サイトで活動中の6人組男性ヴォーカル・ユニット。 莉犬、さとみ、ころん、るぅと、ジェル、ななもり。 の6名で構成。 保証ありでの発送やヤマト運輸、日本郵便にて販売されている専用の箱などをご希望の方は購入前にお申し出下さいませ。 保証をつけない場合や専用資材を使用しない場合の郵便事故や破損の責任は負えませんので、自己責任でお願い致します。 購入前にコメントを宜しくお願い致します。 出品者の他の商品.

次の

すtprのBL小説

莉犬bl

また、本名や年齢といった情報は公開されているのでしょうか?気になったので調べてみました! 調べてみて感じたのですが、莉犬はなかなかキャラが強くてユニークです! 例えるなら、こいろちゃんやモカラテのような、キャラを演出(?)していくタイプの配信者といえるでしょう。 【関連記事】 【関連記事】 今回は、調べた情報と一緒に、莉犬の魅力なんかも紹介していきます! sponsored link Contents• 莉犬(歌い手)の年齢や誕生日などプロフィール情報!本名は公開されている? 名前: 莉犬(りいぬ) 本名: 非公開 性別: 不明 年齢: 20歳 現住所: 東京都 誕生日: 1998年5月24日 莉犬さんはニコニコ動画の「歌ってみた」で人気の歌い手さんで、ツイキャスの配信なども行っています。 人気が一気に伸びたのはニコニコ動画の企画の「イケボ選手権」かきっかけのようですね! 本名は残念ながら公開されていませんでした。 本名がわかっていれば 後述する性別に関しての意見割れも出ていないはずですから、本名が流出していることはなさそうです。 住みは東京都内だそうですが、実家で家族と一緒に住んでいる様子から出身もおそらく東京なのでしょう。 私の勝手なイメージですが莉犬さんは身長はあまり高くない方なんじゃないかなと思っています。 【関連記事】 【すとろべりーぷりんす結成…!!!!! けちゃっぷ. かんな. しゆん. ころん. るぅと. さとみ. どちらの意見の方も「実際に見たことがある」「莉犬が自分で性別を言っていた」という点を根拠として挙げており、どちらの意見が正しいのか第三者からは判別不能な状況となっていました。 ですが女性派の意見からはこちらの画像のような物的証拠が出ていましたが、男性派からはこちらに勝るような証拠がないようですし、女性派意見のほうが有利なのかもしれません。 【ニコニコ動画】大嫌いなはずだった。 歌ってみた ver. そういったこともありますし、莉犬の性別を声で判断することは出来なさそうですね… どうしてもハッキリさせたい方は、莉犬さんの声が入ったデータを日本音響研究所に持ち込んで実費でご相談いただくしかないかもしれません。 なんとなくですが…私の個人的な意見としては、女性の可能性のほうが高いかなぁと思っています。 しかし、この噂について莉犬本人が発言した証拠は何もありません。 その発表の画像が下記にあります。 今回の発表では、医師の診断書が出ている正式な性同一性障害である旨も併せて発表されています。 この発表を聞いて好意を持つファンも、逆に離れていくファンもどちらもいると思います。 また、障害によって過去にはかなり辛い思いをしてきたことも告白しています。 莉犬本人は、今回の発表に相当な覚悟が必要だったことでしょう。 そして、莉犬と同じく性同一性障害を抱える人にとっても、これから莉犬がもし活躍できれば間違いなく励みになると思います。 できることなら、これを読んでいるあなたにもぜひこれからの莉犬を応援していただけたら嬉しいです。 そうやっていつの日にか、「障害」ではなく「個性」と呼ばれる日が来るといいですね・・・ sponsored link 莉犬の顔出し写真はある? 莉犬さんの顔出し写真はあるのだろうか?と探し回っていましたが普通に検索をしても出てきませんでした。 しかし、某サイトにて探してみたところ、このような画像を見つけました。 これが本人だと決定づける根拠はありませんが、一応貼らせていただきますね! るぅとさんの時と同様、こちらの画像でもコピーガードが機能しているためスマホのスクショでしか保存する方法がありませんでした。 そのため画質は良くないのですがご了承ください! また余談ですが、雑談たぬきでは莉犬さんは女性だとする意見が多数のようですね。 雑談たぬきは匿名掲示板ですからデマなども流れやすい環境ではあります。 しかし一方で、そこの主な住人であるアンチファンは相手に相当粘着していますので、かなりの情報通だったりもします。 「情報は得やすいが信憑性も高くはない」という点はしっかりと理解しておく必要があると思います。 sponsored link 莉犬のまとめ 上でも散々触れてきた莉犬さんの性別についでですが、莉犬さんはTwitter上のこの手の質問に対して一切返信をしていません。 もしかしたら莉犬さん自身もあまり答えたくない内容なのかもしれませんね。 だとすれば、ご本人にこの質問はしないほうがいいのかも…? あえてどちらかわからない状態にしておいた方がお互いの為かもしれません(意味深 質問をしても期待している返答が得られる可能性は低いので、どうしても確認がしたいのならイベントなどに参加してご自分の目で確かめてみるのが一番でしょうね。 まぁその実際見たという人の中でも意見が割れていますから、確実に満足できるような答えを得られるかというとそれは疑問ですが…w ネットの意見に振り回されている今よりも、自信が持てる可能性は高いといったところでしょうか。 その確認が行えるイベントとしての一つとしてはストプリのライブなどがあります。 チケットの再販売は15秒で完売致しました!ありがとうございました! ライブの際の注意事項の書かれたブログが投稿されたのでライブに参加する方は確認よろしくお願いします。 話は変わって、 私も、前にクラスメイトに悪口などを言われ、とても悩んでました。 私は、莉犬くん程では無かったです。 みんな クラスメイトなど 、悪口を言われたり、いじめられた人の気持ちなんか、1ミリも分からない。 そうやって生活してる。 私は、そういう目でみんなの事も見ていました。 だから、莉犬くんが今まで、どんだけ辛いことを乗り越えて来たのかが、十分に伝わりました。 私でも、結構辛かったのに…莉犬くん相当頑張ってたんだなあって。 今も頑張っているんだ。 莉犬くんも、私らと同じなんだ。 気持ちの分かる人 と思ったら、気持ちがぶわああって溢れて、涙が顎まで垂れるぐらいに泣きました。 元から、莉犬が「大好き」だったから、余計に感情が溢れてしまいました。 ただ、この気持ちをここに書きたくて、書きました。 なんなら、私の人生と、莉犬くんの人生、変わってあげたいです。 そんな辛い思いなんて莉犬くんさせたくないから、私なんかの方がよっぽど似合って? 大好きだよ。 w」などと言われる事があります…でも、僕より莉犬くんの方が辛い思いをしたと思うので、こんな自分のことはどうでもいいと思いますが…笑今後も莉犬くんの事を応援しますし、リスナーでいます!なので、頑張って欲しいなと思います!大好きですよ!!莉犬くん!! 長文、失礼致しました!.

次の