ブリーチ やちる 正体。 【ブリーチ】更木剣八の斬魄刀・野晒の卍解と草鹿やちるの正体

草鹿やちるの正体は何者?最後はどうなったのか(BLEACH)

ブリーチ やちる 正体

風貌も言動もかなり荒々しい更木剣八は、護廷十三隊の最強戦闘部隊である十一番隊隊長であり代々最強の死神に与えられる『剣八』の名前を受け継いだ人物です。 右目の眼帯と左顔面の大きな傷、11本に束ねた髪と髪についた11個の鈴が特徴です。 この鈴をつけるのに3時間以上かかりますが、その原因は一番てっぺんの位置につける鈴を最後につけようとしているからだと思われます。 圧倒的な威圧感を持っているために一部の護廷十三隊席官からも恐れられています。 しかしその反面、班目一角が涅マユリの粛清を受けそうになった時などに助けに入ったり、アニメオリジナル版『バウント篇』では更木剣八のやり方について行けない一之瀬真樹の事を気にかけたりと部下思いな一面を持っています。 そのためか、十一番隊の隊士は更木剣八を尊敬し慕っているようです。 忠義や大義名分など関係なく闘いを楽しめればいいという考えの持ち主のため、東仙要からは嫌われています。 涅マユリや朽木白哉とも仲が良くないのですが、一緒に行動をとる事が多く、度々面白い掛け合いを見せてくれています。 目上の者へ対する敬意は無く、総隊長の山本元柳斎をじじいと呼んだりしますが、四番隊隊長の卯ノ花烈とは因縁があるためか、作中では彼女に対して一歩引いた態度をとるところがあります。 隊規にも定められた正式な隊長選出方法の決闘で、前十一番隊隊長を倒して入隊試験を受けずにいきなり隊長の地位に就いた人物でもあります。 そのため、歴代全隊長の中で唯一卍解を修得しておらず、最近になるまで斬魄刀の名前さえ知りませんでした。 滅却師が瀞霊艇に強襲をかけてきて応戦した時に初めて始解を披露しました。 始解していない状態の斬魄刀で勝ってこれたのは、それだけ更木剣八の実力がもともと高かったことが要因でした。 眉毛もないので、かなりの強面 草鹿やちるとの出会い 草鹿やちるは、ピンク色のショートヘアが特徴で人懐っこい性格の小さな女の子です。 周りから恐れられる更木剣八を恐れる事なく行動を共にしています。 更木剣八にいたっても、彼女を大切に思っている描写が度々描かれています。 更木剣八と草鹿やちるの出会いは、更木剣八が死神になるかなり以前にありました。 更木剣八がまだ名前も持たず、流人として北流魂街80地区『更木』から79地区『草鹿』を歩いていた時でした。 殺されそうになっていた幼い小さな女の子の周りにいた男たちを切り殺した時でした。 恐れもせずに男の持つ刀にハイハイしながら近づいて刀をペタペタと触りにっこり笑う少女に男は名前を聞きますが、少女に名前はありませんでした。 長い間、名前がない苦痛を味わっていた彼は、彼女に自身の尊敬する人物『やちる』の名前を与え、自身には最も強い死神が名乗る剣八と名乗る事を決めます。 いつ殺されてもおかしくない現状から救ってくれた上に、名前を付けてくれた剣八にやちるは恩義を感じて、それから行動を共にしていました。 この2人の絆はとても深く強いものでお互い孤独だったことも関係して親愛関係が築かれたのだと思われます。 更木剣八の斬魄刀・野晒は、千年血戦篇に入ってからやっと判明した名前です。 更木剣八の霊圧によって、刃の部分がボロボロに欠けた長刀で柄と鞘にサラシが巻いてあります。 過去に更木剣八自身の霊圧が高すぎて封印出来ないような節の話があったり、更木剣八と戦った黒崎一護から斬月と同じという節の話があった事で、読者は更木剣八の斬魄刀は斬月と同じ『常時解放型の斬魄刀』であると定着したところで、あっさり覆され星十字騎士団最強の滅却師グレミィ・トゥミューとの戦闘で始解を披露しました。 「呑め~」の解号で、野晒は更木剣八の体を遥かに凌駕するほどの巨大な大斧に変化します。 ハッキリとした能力の描写はありませんが、夢想家グレミィの想像で生み出した巨大な隕石を粉々にしてしまったり、宇宙空間からグレミィを真っ二つにしてしまうなど破壊力はかなり強大なものへと変化します。 最新刊の73巻でついに登場した更木剣八の卍解。 ジェラルド・ヴァルキュリーとの対戦で倒れた剣八の前に突然現れた草鹿やちるの右手から流れこんだチカラの驚いた剣八でしたが、そのチカラの名前を教えてくれたのはやちるでした。 解号も無く爆発的な霊圧を放った剣八の姿は驚くべきものでした。 肌は赤く染まり、額には2本の角とその姿は正に戦鬼そのものでした。 理性があるとは到底思えない表情の剣八に向かってジェラルドは武器では無くコブシで押しつぶそうとしますが、剣八はそのコブシに噛みつき腕ごとむしり取ってしまいます。 卍解後の斬魄刀・野晒に変化は見られない事や剣八の姿が変化した事などから考えて、更木剣八の卍解能力は剣八自身の戦闘能力強化だと思われます。 驚きの事実!やちる=野晒!? どちらが本当の姿なのか少し考察 過去、野晒を始解した同じ頃に姿を消した草鹿やちるが剣八のピンチに現れ卍解出来るだけのチカラをあたえています。 その後もチカラを解放しすぎて腕が裂けた剣八に向かって発している言葉などから考えて草鹿やちるは斬魄刀・野晒と考えて間違いないと思います。 それでは、今までやちるとして剣八のソバにいたのはどうしてなのか少し考察してみたいと思います。 まず、思い当たったのは当初のやちるには名前がありませんでした。 同じ名無しの流れ者だった剣八とやちる、斬魄刀として剣八と魂を分け合った野晒。 もしかすると、やちるは剣八に呼ばれる名前によってその立場と姿を変えているのではないかと考えられます。 剣八が名無し時代に出会った女の子のやちるは流れ者だった剣八に寄り添うために現れた持ち主不明の斬魄刀の具現化の姿だったと考える事が出来、初めて『野晒』と呼ばれた時に斬魄刀である事を思い出して『野晒』としての姿になったと考える事が出来ます。 真実は未だ判明していませんが剣八とやちるについての描写があることを願っています。 歴代の剣八たち 初代剣八・卯ノ花烈と更木剣八の過去 更木剣八の斬術を教えるという役目を現在の総隊長・京楽春水から命じられたのは治癒能力に特化した四番隊隊長の卯ノ花烈でした。 彼女の正体は、史上最強の初代護廷十三隊で十一番隊隊長を務め、今の護廷最強の戦闘部隊十一番隊の原型を築いた初代の剣八でもある卯ノ花八千流でした。 卯ノ花八千流が、闘いを求める自身の欲求を満たすために郎党征伐に治安の悪い北流魂街80地区を訪れたときに死体の山から現れた少年こそ後の更木剣八でした。 お互いに斬りあえる相手を探していた2人は一言も交わすことなく斬りあいを始めたのでした。 子供相手の斬りあいに喜びを感じる卯ノ花八千流と初めてチカラの拮抗する相手と遭遇した更木剣八の2人はただ斬りあいます。 卯ノ花八千流の胸に唯一残されたキズと更木剣八の顔に残るキズは、このときお互いにつけたキズでした。 このときに更木剣八は生と死のギリギリで戦う喜びを味わってしまいます。 そして、実力の拮抗した相手との戦いを楽しむために無意識のうちに敵と拮抗するように自分のチカラを抑えこんでしまうようになったそうです。 卯ノ花八千流は、少年だった更木剣八にそんな足かせをつけてしまった自分が不甲斐なく感じてしまいます。 この修行によって更木剣八の足かせを解いて、以前渡せなかった真の剣八の名前を譲る事を使命と考えた卯ノ花八千流は、更木剣八に致命傷を負わせては治癒することを繰り返すのでした。 2人の闘いは、アダルトな空気が漂ってとっても綺麗でした。 謎多き歴代の剣八たち 現段階で名前などが判明している『剣八』は、小説版を入れると5名になります。 1人ずつご紹介させて頂きます。 初代・卯ノ花八千流 うのはなやちる 今の名前は、卯ノ花烈で四番隊の隊長を務めていました。 その卯ノ花烈の過去が卯ノ花八千流で山本元柳斎にチカラを買われて、史上最強と言われる初代の護廷十三隊の中で十一番隊隊長を務めていました。 山本元柳斎の目にとまり隊長になる前の彼女は、尸魂界史上の大悪人だったそうです。 彼女の斬魄刀・肉雫唼の始解は、エイのような姿になった肉雫唼の体内で傷ついた者を治癒する能力でした。 卍解は、皆尽で周囲に血のような液体が流れ落ちて刀に集結しますが能力自体は詳しい描写が無かったため不明です。 みんなのいい兄貴分であり、京楽春水や浮竹四十郎と同期の死神で、その実力は、先代六代目剣八を一騎打ちで倒し、数百年もの間、七代目剣八の座を守っていて中級大虚のチカラを持つ人工虚のロカ・パラミアを始解することなく倒してしまったり、零番隊から昇進の話が舞い込んでいたほどでした。 斬魄刀・餓樂廻廊 がかくかいろう は、始解すると牙の生えた生物を召喚することが出来、この状態で卍解に匹敵するチカラを持っています。 卍解に至っては、名前は不明ですが半径数霊里の生物を含めまとめて粉々に出来るそうです。 一緒にいた隊士たちの事を考えて卍解を使用出来なかった刳屋敷剣八を倒して八代目になり、一族皆殺しの時に姉が目の前で亡くなったことがキッカケとなり卍解を習得しためずらしい経緯の持ち主です。 流魂街の人間の魂を改造し虚用の兵士にしようとした事で四十六室によって無間に閉じ込められてしまいます。 斬魄刀・雨露柘榴 うろざくろ の能力は、物質融合で始解の段階で空気中の大気との融合も可能だと思われ、卍解になると瀞霊廷全体の範囲と融合することが出来るようです。 そのため、刳屋敷剣八との試合では空気と融合して空中から刃を生み出して斬撃を行ったと思われます。 九代目・名前不明 八代目・痣城剣八が無間に捕らわれ事で、特例で後任の十一番隊副隊長が襲名したようです。 そのため、九代目だけは、護廷最強の人物では無かったようです。 十代目・鬼巌城剣八 流魂街の暴れ者で、護廷最強では無かった九代目を倒して剣八の名前を手に入れた運のいい人物でした。 更木剣八に試合で瞬殺された人物でもあります。 お酒が入った状態の七代目・刳屋敷剣八を倒して八代目になった痣城剣八です。 更木剣八の持論として、最強は最強を倒したいハズというものが存在しています。 そのため、一護にも本能的に闘いを楽しむ気質があると戦鬼としての本能が見抜いていて返した言葉のように感じました。 その後の本作で、黒崎一護が闘いが楽しいと認めている描写があったので更木剣八は、序盤からそれを感じてしまうほど戦鬼の嗅覚が強かった事がわかったセリフでした。 斬られて喜ぶ姿は、かなり怖いです。 負けを認めて死にたがるな! 死んで初めて負けを認めろ! 負けて それでも死に損ねたら、そいつはてめえがツイてただけのことだ そん時は生き延びることだけ考えろ! 出典:漫画『BLEACH』24巻206話 更木剣八と班目一角の過去での出来事で、まだ2人は護廷に入隊していませんでした。 一戦を交えた2人でしたが、敗北した班目一角は負けたものは死ぬという考えの持ち主だったため更木剣八に執拗に自分を殺せと迫ります。 そんな班目一角に向けて更木剣八が放ったセリフです。 当時から闘いが好きだった2人ですが、敗北についての考え方が違っていました。 過去の試合で実際に負けた班目一角が敗北についての考え方をガラリと変えたのは、この言葉があった事と更木剣八の強さに惚れ込んだ事が分かります。 この過去の闘いの時に綾瀬川弓親も現場にいた事を考えると現在の十一番隊は、上位席官がみんな入隊する前からの知り合いが集まって出来ている事が分かります。 それだけ、とても絆が強い事が分かります。 第三席・班目一角と第五席・綾瀬川弓親の2人も隊長、副隊長クラスの実力者です。 更木剣八を演じた声優「立木文彦」 ダンディなオジさま声優でも、実はダメなオジさま「立木文彦」とは 更木剣八を演じた立木文彦は、ダンディなオジさまを演じさせたら声優界では5本の指に入ると言われるほどの渋い声の持ち主です。 総合格闘技イベントPRIDEやなど奔放なナレーションとして有名な立木文彦は、バラエティに富んだ言葉を巧みに操る事から声優が特に好きでもない一般の民衆にも受け入れられたイベントには欠かせない人物です。 活躍の場は、イベント、テレビに留まらず音楽活動にも定評があります。 メンバー三松亜美とTAKADA BANDを結成してCDを発売していたり、2003年には森川智之と2HEARTSを結成して、CD発売やライブ活動などを行っています。 本作『BLEACH』のキャラクターソングでは、あの更木剣八が英語の歌詞をとてもうまく歌っていて驚かされました。 バラエティに富んだナレーションや歌が上手く、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ役や『ONE PIECE』の赤犬・サカズキなど渋いオジさま役が多い立木文彦ですが、実は裏で結構なダメっぷりを披露していて、銀魂の収録の休憩時間中にトイレに行って便座にお尻がハマって抜け出せなくなっていた事があったり、ヘビースモーカーに転進してみたところ喉を痛めてしまったなど、まるでダメなオジ様だったりします。

次の

草鹿やちる

ブリーチ やちる 正体

Contents• jp 人気少年漫画BLEACHには、謎の多いキャラクターがたくさん登場します。 十一番隊副隊長の草鹿やちるも、そんな謎多きキャラクターの一人です。 草鹿やちるといえば、ピンクのショートカットで幼い容姿、無邪気で人懐っこいキャラクターでBLEACHに登場する死神の中でも人気のキャラクターです。 更木剣八との出会い以外は、彼女についてあまり詳しくは語られておらず、BLEACHきっての何者!?というキャラなのです。 そんな草鹿やちるの正体について気になっている方が多いそうですね。 最後は死んじゃったのかという議論が交わされています。 そこで今回は正体を暴くべくBLEACHを読み返して調査してみました。 hatenadiary. com どうやら、やちるが何者かという議論は、やはり剣八の斬魄刀(=野晒)であると結論を出して良さそうですね。 そして、それが事実だとすれば、やちるは死んだわけではなさそうです。 本来の斬魄刀の姿に戻った、ということでしょうか。 しかしBLEACHファンとしては、作中ではっきりとした答えを出して欲しかったという気持ちもあるでしょうね。 剣八の卍解以後、最後までやちるの登場がなかったというのも、少し寂しい気がします。 剣八とやちるは良いコンビでしたからね。 どこかのタイミングで、真実や後日談が語られることを願うばかりです。 point 347 1.

次の

ブリーチ やちる

ブリーチ やちる 正体

このページの目次 OPEN• 1.やちるが斬魄刀だとされる理由とは? ブリーチには多くのキャラクターが登場しますが、その中でも謎が多いとされるのが、「 やちる」です。 十一番隊副隊長として、十一番隊隊長の剣八の近くにいつもいるものの、直接戦いに参加する場面はほぼありません。 他の副隊長は積極的に戦いに参加しているのに、やちるに限っては最後の方は登場するシーンすらなくなる始末。 そして最終回を迎えても、やちるに関して明確なことは何も分からず物語は終わってしまいました。 そんなやちるですが、実は剣八の斬魄刀ではないかとの噂が、ファンを中心に広がっているのをご存知ですか? 存在が謎なやちるが、斬魄刀だとする根拠について、ファンが考察しているものを以下から紹介しますね。 まだ剣八が流人として、流魂街を歩いていたとき女の子が殺されそうになっていました。 剣八は周りにいた男たちを殺し、女の子を救うのですが「 どこから来た?」の質問に女の子は答えず、刀を触っていたのです。 名前が無い女の子に対して、自分が一番尊敬する人物である「やちる」の名を与え、自身は剣八と名乗ることに。 スポンサーリンク 剣八は卍解ができず、日本刀のような形状のまま戦うという、隊長の中でも異例な存在。 その理由は自身が使っている刀の名前すら知らないからです。 このように、2人とも最初は自身の名前が無く、剣八は刀の名前すら知りませんでした。 こうした点は、やちるが斬魄刀とする一つの考察になっています。 次に考察されているのは、剣八が使う斬魄刀の名前が、「 野晒(のざらし)」であることが判明したところ。 剣八が、「呑め、野晒」と叫ぶと始解が始まり、斬魄刀の能力が大幅に向上しますが、ここで不思議な描写がされます。 それは剣八とやちるの出会いのシーンであり、互いに名前が無い点が強調されました。 そうした後に、ずっとそばにいて剣八の背中にしがみついていたやちるが、忽然と姿を消し行方不明になったのです。 斬魄刀の名前を思い出し、始解をしたらいきなり行方不明。 この繋がりから、やちるは斬魄刀が具現化したものとの考察をするファンは少なくありません。 もう二度と会えないと思っていた剣八は、やちるが現れたことに驚いていると、やちるは驚きの発言をしたのです。 「 剣ちゃんがあたしをちゃんと使えれば、斬れないやつなんていないよ」 スポンサーリンク その発言の後、やちるが剣八の手を握ると霊圧が流れてくることを、剣八は気付きます。 戸惑いを覚えた剣八にやちるは、「その力の名前はね、卍解だよ」と告げたのです。 剣八は隊長にしては異例に、卍解を得ていない存在だったので、やちるが卍解の力を説明したのにはファンは戸惑いを覚えたでしょう。 ここまでの一連の流れをかんたんにまとめてみますね。 剣八もやちるも名前を持っていない• やちるは剣に愛着を抱いている• 剣八が始解したらやちるが消えた• 剣八に卍解の力を与えるために姿を現わした 以上のことから、やちるは「剣八の斬魄刀の具現化」した存在であると考察できるのです。 2.やちるが斬魄刀と仮定すると浮かび上がる謎 ブリーチに登場するやちるが、斬魄刀が具現化したもので、剣八という死神と、武器である斬魄刀という関係という可能性が高いです。 本編で明確な発言はありませんが、卍解の力を与えて自身すら抑えられない力を手に入れた剣八ですが、能力によって腕が裂けてしまいました。 その時やちるは、「ごめん。 力を解放しすぎた」という発言をしているので、ますます 斬魄刀の具現化説が有力。 しかしその一方で、やちるが斬魄刀と仮定すると、とある謎(矛盾)が浮かび上がるので、以下からその謎と考察を紹介しますね。 他のキャラクターも斬魄刀を用いていますが、具現化された状態で死神のそばにいるのは、やちるだけです。 もし具現化が可能である世界であれば、他のキャラクターにもやちるのような存在がいたとしても不思議ではないですし、逆にいるべきでしょう。 どうして、剣八の斬魄刀だけは特別扱いなのでしょうか? この点に関して本編で明確な答えが出ることなく最終回を迎えてしまいましたので、謎は解決されていません。 しかし、考察として「 剣八だけは特別な存在」である点が、大きく関係しているとのこと。 前述したように剣八は、始解をせずに隊長になれる異例な存在であり、そのためやちるという具現化が必要だったとしています。 ブリーチの世界において、斬魄刀が斬魄刀を持つことがルール違反という描写はありませんから、やちるが斬魄刀を持っていたとしても違反ではありません。 ですが先ほどの謎と同じく、他のキャラクターでも同じ現象が起きてもおかしくはないでしょう。 それなのに、やちるという斬魄刀が、斬魄刀を持つという何でもアリな世界が誕生しているため、謎とされています。 やちるの斬魄刀は、「 三歩剣獣」という名前が本編で明かされているので、やちるが斬魄刀を所持しているのは事実。 この点の考察としては、「やちるだけは特別扱い」という点を挙げるしかありません。 3.ブリーチに登場するやちるはその後どうなった? ブリーチのやちるですが、卍解の力を剣八に与えてから、一緒に戦い強力な力を発揮するも、剣八の腕が裂けてしまいました。 その後にやちるがコメントを発していますが、それを最後に最終回まで出番はなく姿を消したまま。 結局やちるが何者だったのか、その正体が作中で明かされることはなく、 読者の判断に委ねられることとなったのです。 最終回まで出番はなく、死んだような描写もないため、死んだと結論付けることはできません。 やちるは、ここまで指摘した通り「野晒」が具現化したものという形でとらえるのが一番のため、死ぬという概念はないと認識できます。 野晒が壊れることで、具現化能力が消滅するか、あるいは具現化をしなくなった段階で、読者が考える「死」になる可能性はあるでしょう。 その後については謎が多いですが、少なくとも「死んだ」という証拠は無いので、断定はできないというのは事実。 4.やちるが斬魄刀だという決定的な証拠 ブリーチの登場人物の中でも、謎が多く人によって解釈が異なるやちるですが、ここまでの流れから「やちる=斬魄刀」という線が濃厚であると理解できました。 ところが、ファンが最初からブリーチを読み返したところ、とんでもない伏線が本編に紛れ込んでいたと騒がれているため紹介しておきます。 それは、剣八がやちるを助けたとき、「どこから来た?」とやちるに質問するも、やちるは何も答えず 剣八の剣に近づきタッチします。 普通に読んでいれば何気ないシーンなので、そのまま飛ばしてしまうかもしれません。 ですが「どこかから来た?」の質問に、やちるが"刀を触って回答した"と考えるなら、恐ろしい伏線だと感じませんか? つまり、やちるは刀を触ることによって、剣八の「どこから来た?」の質問に答えたことになるのです。 ここから、やちるが野晒から来た、つまり斬魄刀の具現化であるという決定的な証拠だと言われ、ファンを中心に大きく騒がれています。 まとめ ここでは、 ブリーチに登場するやちるに関する謎やその考察、実際は何者だったのかなどについて紹介していきました。 やちるは謎が多い存在で、最終回を迎えても明確な回答は出ず、読者の想像に任せるスタンスを取っています。 それでも本編の流れや、剣八との出会い、さらにはやちるの発言などを総合的に判断すると、やちるは斬魄刀が具現化したものであるとの結論に達するのです。 ブリーチの本編は終了しましたが、もしかしたら番外編や外伝などの形でネタバレがあるかもしれません。 海外でも人気が高いので、新しい情報が入らないか今後もブリーチ関連に注目していきましょう!.

次の