あいのり アフリカンジャーニー その後。 あおにゃんが語る♡「あいのりアフリカンジャーニー『私たちのその後・・・』」|あおにゃん|note

あいのりアフリカンジャーニー22話最終回ネタバレ!2カップル成立おめでとう!

あいのり アフリカンジャーニー その後

タカヤ&おかん• ホリー&あい• いのっち&とも• ジュン&京子• 金ちゃん&ミドリ• ひさし&マリコ• GYO&みゆき• ハル&ユキ• 千ちゃん&デヴィ• 藤原くん&なお• ゴウ&エリ• ささやん&ユウコ• ケン&ケイコ• タカシ&オグ• 陽生&アッキー• ダイスケ&なっちゃん• 関ちゃん&優香• トビ&ビビ• タイガー&めぐ• TAKA&ミカ• 圭介&おすぎ• ダイジョー&ゆり• コータ&みほ• カズくん&ゆかちん• ドボクン&サキ• DAI&ガチャピン• 隼人&ゆーみん• 幸栄&美紀• ドミニク&カジ• 稜&樹莉• イッチー&瀬里葉• 裕くん&りこ• 袋ロー&おーせ• 嵐&あや• スーザン&MIE• タチ&じゅん子• 植っき&ちゃき• ISSY&なぎさ• モリケン&くぅ• リョウ&Remi• こーすけ&よっこ• 梅男&桃• ゴーヤ&姫.

次の

あいのりハスキーのインスタとジョイとのその後は?目撃情報と本名、過去の闇についても

あいのり アフリカンジャーニー その後

2019年11月21日(木)にNetflix で放送された『あいのりアフリカンジャーニー』第12話。 前回の11話では、ハスキーとヒデは険悪なムードから一転良い雰囲気となり、しゅうまいの喝を受けた王子がコウへの好意を明らかにするなど、これからの恋の始まりを予感させる内容が満載でした。 また、新メンバーとしてダンサー ゆいな、見習い忍者 JOYくんが合流。 ゆいなは「しゅうまいは面白い。 もっと喋りたい」と好感を抱いている様子。 これから、しゅうまいとゆいなが、どのような関係になるのかも気になります。 そんな『あいのりアフリカンジャーニー』12話のネタバレや感想を紹介していきます。 『あいのりアフリカンジャーニー』第12話「アフリカの奇跡」のネタバレ 『あいのりアフリカンジャーニー』第12話のメンバーは? 現在あいのりの旅に参加中のメンバーを紹介します。 王子(女子力高めな美容系営業)• しゅうまい(22年間彼女ナシの早大生)• ヒデ(34歳のレジェンド)• JOY(見習い忍者)• ハスキー(ハスキーボイスの関西娘)• コウ(ロックミュージシャン志望)• ゆいな(ダンスインストラクター) ハイテクな国ルワンダ 新メンバーの合流とコウの復帰により、ようやくメンバー全員が揃ったラブワゴン。 新メンバーに興味津々のメンバー達。 特にJOYくんは忍者ネタで質問責めにされ、車内は盛り上がります。 そんな一行が到着したのは「カフガイ病院」という小さな病院。 診察待ちをする人々や車椅子を押す看護師の姿が映し出されます。 ラブワゴンから降りたメンバー達は、空の向こうから病院に向かって飛んでくるドローンを見つけます。 メンバーが見つめる中、ぐんぐんと近づいてくるドローン。 病院の上空まで近づいたドローンは、赤い箱を落とすと、あっという間に去っていきました。 驚くメンバーを横目に箱を回収する病院のスタッフ。 開封するとなんとそれは輸血用の血液でした。 交通インフラが整っていないルワンダでは血液の高速輸送になんと飛行機型ドローンを活用しているのです。 このシステムを導入したのはルワンダが世界初であり、既にルワンダ国内では21の病院がこのシステムを導入しています。 これまで3時間以上かかっていた輸送が現在では20分に短縮され、より多くの命を救うのに役立っているといいます。 ルワンダのハイテクで先進的な一面を目の当たりにし、メンバー達は驚きが隠せない様子でした。 王子からのプレゼント 翌朝、スタッフが男子メンバーを朝食に呼び出しますが、王子は必要ないと断ります。 昼食時も王子は1人だけ注文をせず、メンバーが食事する姿をただ見つめます。 なぜ、王子は食事をとらないのか。 そこには食事を我慢してお金を節約することで、コウへ退院祝いのサプライズをプレゼントしたいという計画がありました。 王子はメンバーには内緒でプレゼントを買いに行き、コウをホテルのプールサイドに呼び出します。 王子がプレゼントに用意したのは、ラズベリーケーキただ1つ。 退院祝いとしてケーキを紙袋から取り出し、コウに手渡します。 驚きながらも「 やったー」と声を上げ、頬を赤く染めるコウは喜びを隠せない様子。 早速その場でケーキを口にし、そして次の1口は王子へ。 王子はコウがいなくなった期間は物足りなかった。 「 昨日帰って来た時モースト(とても)嬉しかった」とコウに打ち明けます。 「 嬉しい、嬉しい」と返すコウもまんざらでもない様子。 その夜、王子は 「恋してからなんかほんとに可愛くて、好きな子と話しているのはしゃべるのは本当恥ずかしい」 とスタッフに明かします。 コウへの想いがどんどん膨れあがっていく王子でした。 ルワンダの悲しい歴史 翌日、一同が到着したのは町のはずれの一軒の教会。 戸惑いながら中に入った一同の目には、積み上げられたボロボロの衣服が飛び込みます。 この衣服はなに?と早速問いかけるヒデ。 案内人のレオンさんは、この服は教会で殺された人たちがそのとき着ていたものだと答えます。 アフリカの奇跡と呼ばれるほど急速な発展を遂げたルワンダですが、僅か25年前そこは凄惨な虐殺の現場でもありました。 19世紀に始まったベルギーによる植民地統治時代、ルワンダ国民は政策にによりツチ族とフツ族という2つの民族に分割され支配されます。 その政策のもとではツチ族にのみ主導権が与えられ、その結果フツ族はツチ族に対して憎しみを募らせていきます。 ベルギーがルワンダから撤退した後、フツ族はツチ族から政権を奪取しますが、その後フツ族系大統領が暗殺される事件が発生します。 これをツチ族による犯行と断定したフツ族は、すべてのツチ族を対象とし、国家ぐるみでツチ族の虐殺を開始しました。 この虐殺は後にルワンダ大虐殺と呼ばれ、国民の10分の1にあたる100万人が殺害され国外逃亡者は200万人、レイプ被害者は25万人にも及び、史上稀に見る大虐殺となりました。 「許す」ということ メンバー達は次に実際に虐殺から生存したロランスさんを訪問します。 ロランスさんとその子供は虐殺から生き延びましたが、夫を失った話をします。 するとそこに1人の男性が訪ねてきて、「 元気にしていたかい?」と声をかけます。 ロランスさんと親しげな様子の男性は、なんと25年前にロランスさんの夫を殺した犯人だといいます。 驚きを隠せないメンバー達。 男性は大虐殺の後8年間服役した後出所し、現在はロランスさんの近所に住んでいるといいます。 「ふつう、胸ぐらつかみたくなりませんか?」 とヒデはたまらず尋ねますが、ロランスさんは 「憎しみからは何も生まれない」 と答えます。 その男性は刑務所を出所した後、自身の罪の全てをロランスさんに告白し謝罪したといいます。 そんな男性をロランスさんは 「夫を失った悲しみから逃れるには許すしかなかった」 とメンバーに話します。 植民地政策によるひずみにより発生したこの大虐殺では、多くの加害者側の民間人がツチ族を虐殺しなければ自分が殺されてしまうという状況に追い込まれていました。 そうした背景もあり、現在では政府の後押しの中で、虐殺の被害者の多くが加害者を許し、共に協力しながら生活しているとのことでした。 その夜、戸惑いながらも、今日の出来事を話すメンバーたち。 答えのない難しい問題について、悩みながらも一生懸命考え、「 自分は絶対に許したりできない。 」など素直な気持ちをぶつけ合いました。 ルワンダの持つ凄惨な歴史について、そして「許す」ということはどういうことか、深く学ぶことができたメンバー達でした。 『あいのりアフリカンジャーニー』第12話の感想 あいのりアフリカンジャーニー第12話のネタバレはいかがだったでしょうか。 今回は王子のコウへの好意がより明確になり、そして彼らが訪れたルワンダの凄惨な歴史について深く学ぶことができた回でした。 王子のコウへの気持ちは明白ですが、進んでケーキを王子の口に運ぶシーンなどからも、コウも満更でもないのでは?と思いました。 また、ルワンダ大虐殺についてはあいのりメンバー同様、一視聴者である私にとっても驚きの内容でした。 理解することは難しいですが、こうした機会に今では考えられないような凄惨な事件があった、ということを知ることがまず大事なのでは、と感じました。 素直な気持ちで想いを話しあったメンバー達の距離感も、今回の学びと話し合いを通じて近くなった様に見受けられました。 次回、第13話のタイトルは「モテキ」となっています。 一体どのメンバーにモテキが訪れるのか非常に気になりますね。 第13話にも引き続き注目していきましょう!.

次の

あいのりアフリカンジャーニー13話ネタバレ!女子メンバーが全滅した?

あいのり アフリカンジャーニー その後

ここでは、Netflixのあいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)の 【第22話最終回】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。 さて先週は、ヒデがキリマンジャロ登頂にリベンジしたことでリタイア宣言。 みんなに惜しまれながらも一人で日本へ帰って行きました。 一方、ジェノベはあおにゃんに告白。 ハスキーはJOYくんに今まで話せなかった辛い過去の話を打ち明けることを決意したのでした…。 ご注意下さい。 まずは22話最終回のオープニングのワンシーンから。 ホテルのロビーに一人JOYくんがやって来ます。 スタッフから「さっき、ジェノベが告白しました」と聞かされると 「えっ?誰にですか?ハスキー?」と戸惑います。 しかし「あおにゃんに告白…」と聞かされると、JOYくんは「あぁ〜。 あおにゃん!?ビビった…(笑)」と安心します。 JOYくんは未だにジェノベはハスキーが好きだと思っていたようです…(笑)。 ごめんなさい!からの…? ジェノベがあおにゃんに告白した翌日。 運命の朝を迎えました。 昨日降り続いた雨はやみ、空は青く澄み渡っています。 緊張で一睡も出来なかったというジェノベは、昨日と同じ勝負服を来て登場します。 もちろんすぐそばにはトイレがありました(笑)。 そこへ!あおにゃんがやって来ます。 果たして、あおにゃんはジェノベにとってのトイレになってくれるのでしょうか? まずはジェノベから「おはよう…。 まぁ、昨日も言ったけど、めっちゃ好き。 マジで。 一緒に日本に帰っぺ?返事聞かせて下さい」ともう一度告白します。 それに対してあおにゃんは…。 「昨日は、気持ちを伝えてくれてありがとう。 本当にビックリしたし、すごいうれしかった。 たくさん…昨日も考えた。 キリマンジャロでは、ステキな石のお守りをくれて、私も登ることが出来て、私のこのあいのりの旅が楽しくなったのも、ジェノベのおかげだなって思ってる。 でも…。 ごめんなさい…。 私はジェノベのトイレみたいな存在にはなれません。 正直最初、男子メンバーの中でも恋愛対象に見れないって思ったし、絶対に無理だなって思う気持ちとかが強くて、日本で一緒にいること全然想像出来なくて…」 ここであおにゃんは、「ふぅ〜」と息を吐きます。 するとジェノベがここで猛アタックするのです。 「変わったべ、今は?俺だってそうだよ?俺だって一緒。 大丈夫!新たな自分見つけよう?俺もそうやし」 するとあおにゃんが「う〜ん…」と悩み始めます…。 ジェノベは 「帰ろう!?信じてくれ」とたたみかけます。 うつむいたまま「う〜ん…」と悩むあおにゃん…。 ジェノベ「勝負服だべそれ?」 あおにゃん「違うよ(笑)」 ジェノベ「ちげぇの?え?一緒に写ろうよ?ラブワゴン」 あおにゃん「ちょっと待って?」 あおにゃんは「う〜ん…」と目をしかめて、本当に悩んでいるようです…。 ジェノベはゴクッとつばを飲み込みます。 ジェノベ「大丈夫だよ!」 あおにゃん「ちょっと待って!」 ラブワゴンで見守るメンバーたちも「ん〜?どうなんだろ?わかんない…」と心配になります。 ジェノベ「本当に幸せにするし、ずっと守るし、もう…あおにゃんは、俺のそばで笑ってくれてれば…それ以外はもう何も求めない。 ずっと俺のそばで笑ってて下さいっ!」 するとあおにゃんが「ウンウン」とうなずいたのです。 そして…。 絶対向き合うこととかなくて。 でも…ジェノベの家族のことすっごい大事にしてるとことか、いいところ、ステキなところ、たくさん知ることが出来て…」 ジェノベ「帰ろっ?マジ信じて?人は見かけじゃないって。 チェンジ・ザ・ワールドだよ!」 すると、ずっとうつむいていたあおにゃんが、急にモジモジし始めます。 ラブワゴンで見つめるメンバーたちも「えっ!?どっち?どっち?わかんない」と困惑します。 そしてついに…! あおにゃん「さっき…私はジェノベのトイレみたいな存在にはなれないって言ったけど、まだまだジェノベのことたくさん知りたいし、 これからも一緒にいたいって…思った」 ジェノべは 「っしゃぁ〜〜!!イェ〜〜〜イ!!」とガッツポーズ。 あおにゃん「本当に守ってくれる?」 ジェノベ「本当に守ります。 おいで」 あおにゃん「ほんと?ハハハッ(笑)」 二人は嬉しそうに抱き合います。 ジェノベは「絶対無理だと思ってたぁ〜〜!!」と照れながらも大声で叫びます。 見守っていたラブワゴンのメンバーたちもハイタッチをして大喜び。 ジェノべはキスを前に「リップ忘れた。 絶対フラれると思ってたから」と急にカワイイことを言い出します(笑)。 そして二人はそっとキスをするのでした…。 そして別れの時です。 ジェノべはJOYくんとハグをすると耳元で 「頑張ってね。 次はあなただから。 ガツンと。 ねっ」と背中を押します。 別れ際、ハスキーが「いやぁ〜読めへんかったな最後までほんまに」と言うと、ジェノベもあおにゃんも「分かんなかったもん」と口をそろえて話していました。 ハスキーがどうしても話したかった事 翌日。 メンバーたちは次の町へ船で移動します。 船に乗ること2時間。 到着した島は「ザンジバル」というコバルトブルーのインド洋に囲まれた小さな島でした。 別名「アフリカのハワイ」とも呼ばれているそうです。 さっそくラブワゴンを探すメンバーたち。 すると見つけたのはラブワゴンではなく、幼稚園バス…。 実はこの島、自動車は1週間に2回しか運べないらしく、ラブワゴンは置いてきたのです。 代わりに、この島では日本から輸入されて来た幼稚園バスがラブワゴンとなります。 実はこのザンジバルでは、日本のスクールバスが現地の人たちの重要な交通手段になっているのです。 走ること10分。 やって来たのは「ストーンタウン」。 かつてポルトガルやイギリスなど様々な国に支配され、独特の街並みが色濃く残っています。 その迷路のような街全体が2000年に世界遺産へ登録されたのです。 あいにくの雨の中を走る幼稚園バス。 車内では両想いのJOYくんとハスキーが隣同士で座っていました。 くだらない話で盛り上がる二人…。 なんかもう辛いのは自分だけでいいし… そんなハスキーでしたが、JOYくんの存在と、キリマンジャロの朝日が、ハスキーに鎧を脱がす決意をさせたのです。 その日の夜。 ハスキーは決意を固めてJOYくんを呼び出します。 「今日はちょっと…話たいことっていうか…。 たぶん自分のつらい話とか、あんま人にしたことないなって思って。 それを、まぁ…知ってて欲しいなって思って。 う〜ん…マジでたぶんうまく話せる自信ないし、たぶん絶対泣くし。 時間かかると思うねんけど…」 JOYくんは「いいよ、いいよ」と優しく微笑みます。 辛い表情とか、人に見せるの得意じゃなくて…。 人に甘えるのも、そんなに得意じゃなくて。 結構ずっと人の顔色を伺うことがすごい多くて…(泣)。 たぶん、一番のそうなってる根本みたいなんが、 結構家庭環境が複雑やって…(泣) お父さんの話してたけど、パパ美容師みたいな。 で、そのお父さんも、ほんまのお父さんちゃうくて。 で、前もお父さんおってんけど…、その人もほんまのお父さんちゃうくて。 自分がなんとなくちっちゃい頃に、この人がお父さんやろうな?って思ってた人がおってんけど。 その人も実はほんまのお父さんじゃないって、半年前ぐらいに知って。 えっ?みたいな。 幼い頃、ハスキーはお父さんに甘えたいと思っていました。 しかし、ハスキーには誰も甘えられる人がいませんでした…。 父親が変わるたびに、周りの顔色を伺うようになったハスキー…。 表向きは明るく元気な女の子…。 しかし、本当は甘えたいのに甘えられない女の子だったのです。 ハスキーは続けます。 ほんまのお父さんじゃないから、私もなんかうまく仲良くなれへんくて。 常に家が荒れてて。 何回も死にたいって思ったことあったし(泣) ほんまに小学校3年生の時とか、なんかもう…普通にマンションのベランダから飛び降りたいなとか。 思ったこととかもあって(泣)。 それで…なんか結構いまだに前の父親にこう…なんか…。 う〜ん…ひどいことされる夢とかめっちゃ見てしまうのよ。 首しめられたりとか。 そんなん実際ないで?なかってんけど、なんかたぶん怖すぎる夢を結構見てしまう、いまだに。 でも全然今は家族すごい仲良いし、なんかむしろ今はそういうのがあったから、今のこういう自分がおるなってめっちゃ思うし…。 お父さんが悪者になるのは嫌とも思うし。 私も悪かったからな…。 一通り話を終えたハスキーは、ようやく笑みがこぼれます…。 「ほんまは超弱い(笑)メンタルめっちゃ弱いから…。 甘えたりとかはしたい…ほんまは」 そして「聞いてくれて、ありがとう」とお礼を言うと、ハスキーはその場を去ります。 一人残ったJOYくんは、姿勢を正し、キリッとした表情で前を見ていました。 JOYくんがスタッフに話した内容ジェノベが怖くなって 背中向けて逃げました まぁよくヘタレって言われるし、女々しいとか男らしくないみたいな ずっと言われてて…この人生 そして作業開始から6時間後。 「よっしゃー!出来たぁ〜!」 ハスキーへ贈る特大のサプライズは、手作りブランコでした。 そして、JOYくんはその足で、ラブワゴン…ならぬ、幼稚園バスへと向かいます。 日本行きのチケットをもらったJOYくんは、いよいよハスキーに想いをぶつけます。 ハスキーを呼び出したJOYくんは「今日ちょっと見せたいもんがあって」と浜辺へと案内します。 ハスキーは「何?え、めっちゃ服ボロボロになってへん?」と笑います。 そして、JOYくんが作ったサプライズのブランコを前に、ハスキーは 「えっ?これ?待って!すごくない?凄すぎへん?」と驚いてくれます。 そしてJOYくんは「見てこれ!」とハスキーに手作りの看板を見せます。 JOYくんはハスキーが乗り物好きだと言うのを知ってて「ほんとはジェットコースターとか作りたかったけど(笑)無理だから」と笑います。 そして仲良くブランコに乗るJOYくんとハスキー。 ハスキーは「最高!このオーシャンビュー。 もぉ〜たまらん。 超テンション上がってる今」と大喜びです。 JOYくんは「よかったぁ〜」と一安心でした。 JOYくん、告白へ 日が沈み、夕闇に包まれる空…。 インド洋から昇った月が二人を照らします…。 「俺は昨日かな?印象に残ってんの。 聞けてよかったし。 絶対誰にでも出来る話じゃないしさ。 なんか全部をさらけ出してくれたっていうか、俺に言ってくれたっていうのが、やっぱうれしかったし。 それ踏まえてじゃないけど、今日は俺が話したいことがあってさ…」 そう言うと、JOYくんはハスキーの前にひざまずきます。 ハスキーは「なになに?(笑)」と嬉しいような恥ずかしいような、照れながら笑います。 「昨日さ?ハスキーは甘えるのが苦手で、自分の弱い部分を見せるのも苦手みたいな言ってて。 昨日話聞いて、俺はそんなハスキーの全部を受け止めたいなと思って。 甘えられる存在でありたいし、思いっきり素を出せられるような存在になりたいし。 自分の弱い部分とか悩みとか全部を打ち出せるような存在になりたいし。 (ハスキーが)思いっきりわがままを言えるような存在になりたい。 てか…なる!」 ハスキーは涙ぐみながら、笑顔でJOYくんの話を聞いています。 そして…。 「俺はハスキーの事が好きだから、俺について来て欲しい」 JOYくんはそう言うと、ポケットからチケットを取り出し、「一緒に日本に帰ろう!」と言ってハスキーに渡します。 ハスキーは笑顔で、泣きながら受け取ります。 JOYくんが立ち去ると、ハスキーは「めっちゃいろいろあった…」と感極まってここでも号泣してしまうのでした…。 ハスキー。 質問形式の答えは? そして翌日。 運命の朝がやって来ました。 きれいな朝日が差し込む浜辺に、JOYくんがやって来ます。 JOYくんの表情は晴れやかで、キリッとしています。 それはもう、ヘタレで弱いJOYくんではありませんでした。 そしてハスキーもやって来ます。 まずはJOYくんからしゃべります。 JOYくん「おはよう。 伝えたいことは昨日全部伝えたつもりだけど。 多分これからいろんな事があって、(ハスキーの)気持ちとか心とかが、昨日のブランコみたいに揺れることがあるかもしんない。 その時は俺が柱になって支えるから。 俺について来て欲しい。 一緒に日本に帰ろう!」 ハスキー「昨日ほんまに嬉しかった。 ほんまにずっとテンション上がってたし、よう覚えてたなって思ったし。 キリマンジャロ登る道中で言った話やのに。 覚えててくれてめちゃくちゃ嬉しかった」 するとここで、ハスキーが「質問していい?(笑)」といくつかJOYくんに質問します。 でも表情はニッコニコです(笑)。 とってくれますか?(笑) JOYくんは「もちろん」と笑顔で答えます。 許してくれますか? JOYくんは「許しますっ」と笑顔で答えます。 もう離さん!」と笑顔で答えます。 わがまま言っていい?このチケットで私と一緒に日本に帰ろ?(笑) JOYくんは「帰る!ハハハハ(笑)」と笑います。 ハスキーは 「それが私の、最初のわがまま!一緒に日本に帰って下さい」と笑います。 JOYくんは「よかったぁ〜」とホッとします。 そして二人は恥ずかしながらもキスを交わすのでした…。 別れの時。 アフリカンジャーニー解散 JOYくんとしゅうまいは「寂しい。 めっちゃ楽しかった!」と抱き合って別れを惜しみます。 そしてハスキーはしゅうまいに対して最後の「ズバリ言うわよ」を伝えます。 「ここにおる女の子三人はあかんかったかもしれへんけど、日本帰ったら絶対しゅうまいのことめっちゃええと思う人、めっちゃおると思うほんまに。 日本帰ってもダイエット頑張って。 絶対ムダにせんようにな」 そして、JOYくんとハスキーは最後にラブランコに乗ります。 ハスキー「フラれると思った?」 JOYくん「フラれると思ったわ」 ハスキー「私も告白しようと思っててんで?」 JOYくん「マジ!?」 ハスキー「私もJOYくんの事が好きです」 JOYくん「アハハハ(笑)よかった」 あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第22話最終回の感想 あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第22話最終回のネタバレはいかがだったでしょうか? いやぁ〜。 最後の最後に2カップルの成立するとは。 もうちょっと小出しにして欲しかったです(笑) まずジェノベ&あおにゃん。 私もかれこれ長いことあいのりを見させて頂いてますが、最後の告白でこんなどんでん返しがあったのは記憶にありません。 もうこれは、 「さすがジェノべ!」としか言いようがありませんね。 これこそ 押しの一手!って感じでした。 諦めなければ、何かが起こるということを証明してくれたと思います。 いやぁ〜、すごいっ!ジェノベには日本に帰ってもあおにゃんを本当に大事にして欲しいと思います。 あと、JOYくんとハスキーはもう安心して見てました(笑)。 ハスキーは複雑な家庭環境で、本当に辛い時期を過ごしたんだなぁと、私も涙が溢れました。 でもきっと優しいJOYくんなら、全てを受け止めてくれると思います。 なんとなくですが、ハスキーはこれからガンガンわがままを言ってきそうな気がするので、JOYくんが心配です(汗)。 今頃別れたりしてなきゃいいのですが…。 遠距離というのも心配です。 思い返すとハスキーは、なんだかんだ言って「恋多き女」だった気がします。 ヒデ、ジェノベ、JOYくん…。 本命はやはりヒデだったような気がしますが、ちょっと性格が合わなかったですね。 こればっかりは仕方ないと思います。 やっぱりハスキーにはJOYくんのような優しい男の子の方があってると思います。 ジェノベでもなく、JOYくんで正解だったのではないでしょうか。 ついにアフリカンジャーニーが終わってしまいました。 う〜ん、今回はちょっと盛り上がりにかけたかなぁという気がしないでもないです。 ジェノベには楽しませて頂きました(笑)。 はり坊とすぅすぅの時はだいぶキュンキュンさせて頂きましたが…。 でも、またシーズン2やって欲しいなぁと思います。 コウがかわいそ過ぎたので…。 いつもありがとうございます。 見逃したあいのりが7日間無料! 今だけ!888円コースが2週間無料のキャンペーン中!.

次の