ワイド ナ ショー 読解 力。 松本人志が提案した「日本の読解力低下を防ぐ」方法とは!?

日本の読解力が低下 ! 難問に松本人志が挑戦 ! 読解力調査問題2問 ! ~ 国立情報学研究所 読解力調査リーディングスキルテスト2問! ~【ワイドナショー】

ワイド ナ ショー 読解 力

問題 メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手であるが、その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ35%である。 メジャーリーグ選手の出身国の内約を表す図として適切なものをすべて選びなさい。 メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手であるが、 ここまでの文章からまず読み取れるのは、28%はアメリカ合衆国 以外の出身の選手(例:日本,中国,ドミニカ共和国…)そして、 72%(100%-28% はアメリカ合衆国出身の選手だということが判明します。 メジャーリーグの選手はアメリカ合衆国出身の選手とアメリカ合衆国出身ではない選手しかいないのですから。 図で表すとこうですね その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ35%である。 その出身国の『 その』とは何のことなのか?を正確に把握することがこの文意を図る大きなカギであると考えます。 その 出身国とは、 アメリカ合衆国以外の出身の選手の 出身国です。 この文章全体で話題にしているのは、アメリカ合衆国以外の出身の選手のことなわけですからね。 それ以外の対象が、 その(これまでに出てきており、同じ語句を使うと冗長なのでそのを使っている)の対象であるはずがありません。 アメリカ合衆国以外の出身の選手の出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ35%だったのです。 アメリカ合衆国以外の出身の選手の出身国は全体から見ると28%であるわけです、そのうち比率的に一番大きかったのがドミニカ共和国でおよそ35%だったということですから図に表すと以下のようになります。 35%というのが何に対しての35%なのかを正しく認識することが必要です。 アメリカ合衆国出身以外の選手の内の35%ということです。 アメリカが宗国出身以外の選手の割合は28%なわけですから、このドミニカ共和国出身の選手の全体の割合は0. 098 つまり ドミニカ共和国出身の選手の割合は約9. 8%なのです。 そしてアメリカ合衆国出身以外の選手で、かつドミニカ共和国でもない国は以下のようになります。 問題文では語られていないので、その出身国がベネズエラなのか日本なのか中国なのかはわかりません。 答えをもう一度みます。 ベネズエラが文章にない国が出現していますが、ここに問題での条件はないので関係はありません。 選択肢 A デンプン B アミラーゼ C グルコース D 酵素 これはここまでの文章から言えるのは、 デンプンと分かります。 しかしこの問題のおもしろいところは、「セルロースは()と形が違う」ここだけに注目すればなんでもありになることですよね。 とはいえ、 問題文の中身を理解するとこの比較対象として意味があるものと考えればデンプンになるのですが。 ちなみにこの問題に関する正答率はこちら。 検索してみつけた読解力の問題の中でも正答率がかなり低い問題だったようです。 まとめ 私の仕事で技術系なので、このような説明を理解する際に必ずと言っていいほど絵を書きます。 文章って物事を説明するための手段なんですよ。 絵や動画で見れば誰でも同じイメージになるのに、文字にすると書き手の文章力によってアウトプットが異なってしまいます。 ですから文章の内容を理解するために、 書き手がどんな絵を表そうとしたのかに立ち返る、つまり絵にしてみることが理解をする上で有効であることが経験上多くありました。 ワイドナショーの方々は気の毒だと思います。 あの状態で解答させられていましたからね、ペンと紙を渡してあげるべきだったのでは?と思います。 読解力を測定したいのだったら何を使っても良いと思いますのでね。 PSそもそもこの読解力がトレンド入りすることになったのはこの書籍からです。

次の

【読解力テスト解説】ワイドナショー<12月8日>の問題

ワイド ナ ショー 読解 力

ワイドナショーの読解力問題を解説 2019年12月8日放送の『ワイドナショー』で出てきた読解力問題。 ダウンタウンの松本人志さんをはじめ、出演者の方々はけっこう回答を間違えていました。 番組内では問題と解答はありましたが、解説はありませんでした。 そのため、番組を見てたけどよく分からないままという人もいるかもしれません。 松ちゃんは「なんでか教えてよ」と最後まで分かっていない様子でした。 ちなみに、問題は国立情報学研究所の新井紀子教授が行った読解力調査(リーディングスキルテスト)で使用したものだそうです。 「問題」と「解答」と「解説」を載せておきます。 ぜひご一読ください。 問題1(ドミニカ): 解説 問題文の不備 まず、前提として言っておきますが、そもそもの出題文が日本語としては不親切です。 「ドミニカ共和国が35%」と説明がありますが、何に対しての35%なのかが不明瞭です。 メジャーリーグ選手全体の35%なのか?• 外国人選手のうちの35%なのか? この点が曖昧です。 「(外国人枠の中では)ドミニカ共和国が最も多く(外国人枠の中で)およそ35%である」 とするのが素直な解釈かと思います。 「(メジャー全体で)ドミニカ共和国が最も多く(メジャー全体の)およそ35%である」 という解釈は、メジャーではドミニカ人よりもアメリカ人の方が多いので前半部分が矛盾します。 「(外国人枠の中では)ドミニカ共和国が最も多く(メジャー全体の)およそ35%である」 この解釈もなくはないです。 「メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手であるが、その出身国を見ると」 という前半部が 「ドミニカ共和国が最も多く」 にかかっています。 「およそ35%である」は宙に浮いた状態です。 冒頭で「メジャーリーグの選手のうち28%は……」とあるので、「(メジャー全体の)28%」、「(メジャー全体の)35%」のように、「割合=メジャー全体におけるパーセンテージ」という認識を持つ人がいても不思議ではないです。 しかし、「メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手」という記載があるので、メジャーの外国人比率は28%です。 「ドミニカ共和国の出身者がメジャー全体の35%」だとすると、「外国人比率は28%」という話と矛盾します。 つまり、Aパターンではないと判断できます。 そして、Bパターンの「ドミニカ共和国の出身者は外国人選手のうちの35%」だと間接的に判明します。 したがって、出題文の文章の書き方には問題があるといえます。 「真っ赤なリンゴとポルシェ」と書かれていた場合に• 「真っ赤なリンゴ」と「真っ赤なポルシェ」• 「真っ赤なリンゴ」と「色不明のポルシェ」 どちらの可能性もあります。 これでは読解力うんぬんの話ではなくなってきます。 日本語の不備とは無関係に回答は可能 出題文の日本語に問題があるのは事実ですが、それとは無関係に正解は導き出せます。 問題文に「メジャーリーグの選手のうち 28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手」とあります。 言い換えると、メジャーのアメリカ人比率は 72%です。 (720+280+35=1035) アメリカ人の比率は 69. 6%です。 暗算の能力が高くなくても真贋判定は可能です。 「ドミニカ共和国が35%」というのが「外国人選手28%のうちのさらに35%」という意味だったとしたら、ドミニカ共和国出身者はメジャー全体では 9. 8%になります。 35 = 0. 098) これも円グラフの情報と一致します。 6%となっているので明確な間違いです。 メジャーのアメリカ人比率は 72%です。 メジャーのアメリカ人比率は 72%です。 問題文に若干の不備がありますが、「ドミニカ共和国35%」という情報が• メジャーリーグ選手全体の35%なのか?• 外国人選手のうちの35%なのか? この点が不明なままでも、アメリカ人比率が72%という情報だけで回答が可能です。 補足 ただし、「適切なものをすべて選びなさい」という出題なので、「すべて適切ではない」という回答がありえます。 8%」という情報が正しいのかどうかを計算する必要があります。 そのためには、「ドミニカ共和国の出身者はメジャー全体の35%」ではなく、「外国人選手のうちのさらに35%」という判断をしなければなりません。 問題2(でんぷん): 解説 アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない。 出題文の前半 出題文の 「 アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解」 という部分から以下の情報が読み取れます。 アミラーゼはデンプンを分解する• デンプンはグルコースがつながってできている 出題文の中盤 出題文の 「 同じグルコースからできていても」 の部分から以下の情報が読み取れます。 デンプン以外の「何か」もグルコースからできている 出題文の後半 出題文の 「 形が違うセルロースは分解できない」 の部分から以下の情報が読み取れます。 「何かA」はセルロースと形が違う• 「何かB」はセルロースを分解できない 文章全体 「 アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違う セルロースは分解できない。 」 という出題文全体から、末尾の「セルロースは分解できない」の主語は、冒頭の「アミラーゼという酵素は」だと思われます。 簡潔に書くと 「アミラーゼはセルロースを分解できない」 となります。 読み取った情報を組み合わせる 出そろった情報を並べます。 アミラーゼはデンプンを分解する• デンプンはグルコースがつながってできている• デンプン以外の「何か」もグルコースからできている• 「何かA」はセルロースと形が違う• 「何かB」はセルロースを分解できない• アミラーゼはセルロースを分解できない 5番と6番• 「何かB」はセルロースを分解できない• アミラーゼはセルロースを分解できない 5番と6番は同じことですね。 「何かB」には「アミラーゼ」が入ることが判明します。 1番と6番• アミラーゼはデンプンを分解する• アミラーゼはセルロースを分解できない 1番と6番はセットです。 アミラーゼは「デンプン」を分解するけど、「セルロース」は分解できない。 「デンプン」と「セルロース」は対になる存在だと判明します。 2番と3番• デンプンはグルコースがつながってできている• デンプン以外の「何か」もグルコースからできている ここまでの流れから、「デンプン」と「セルロース」が対になる存在だと分かっています。 そのため、グルコースからできている「デンプン以外の何か」とは「セルロース」のことだと分かります。 整理した情報を並べ替える• アミラーゼは デンプンを分解する• アミラーゼは セルロースを分解できない• デンプンはグルコースからできている• セルロースはグルコースからできている• 「何かA」はセルロースと形が違う 「セルロース」と対になるのは「デンプン」です。 そのため、「何かA」には「デンプン」が当てはまります。 問題を振り返ると 「セルロースは( )と形が違う。 」 というのが出題内容でした。 つまり、( )には「デンプン」が入ります。 出題文を分かりやすく 出題文を分りやすい文章に直すと以下のようになります。 「デンプン」と「セルロース」はどちらも同じ素材で構成されるが、両者は形が違うからアミラーゼはセルロースを分解できない。 (アミラーゼはデンプンなら分解できる) という文章の要点を理解しているかを問う意味では「デンプン」が適切な回答になりますが、厳密にいうとすべての選択肢が正解だと思います。 「セルロースは( )と形が違う。 」のカッコに入る単語を選ぶ問題でしたが、 アミラーゼとセルロースは形が違うし、 グルコースとセルロースは形が違うし 酵素とセルロースは形が違います。 たとえば、「セルロースはグルコースからできている」ので「セルロース」単体と「グルコース」単体で見れば形は違います。 というわけで、正解率が低いのは仕方がない。 問題が悪い。 「メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手であるが、その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ35%である。 」 「メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手であるが、その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ9. 8%である。 」 どちらの書き方もありえます。 その数値が「外国出身者に占めるドミニカ共和国の割合」なのか「メジャーリーグの選手に占めるドミニカ共和国の割合」なのかは、文章構造からだけでは判断できません。 判断するためには文法的な理由ではなく、「35%は28%を超えるから、前者の解釈を採用しなければ不自然」という数値的な理由が必要になります。

次の

読解力テスト、をマジメに掘り下げてみる|しろたく|note

ワイド ナ ショー 読解 力

ダウンタウンの松本人志が12月8日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、自身がツイッターに投稿した〈学校の授業に大喜利を取り入れるのも良いかもよ。 マジで。 〉発言の真意を説明したのだが、ネット上では改めてツッコミが殺到している。 「3日に経済協力開発機構が、日本の子供の読解力が加盟国中15位に低下したことを発表しました。 クイズ番組があんまり好きじゃないのは、アホっていうのもあるんですけど、答えがあるものがボクはあまり好きじゃなくて」と語り、「自分の答えを出せるものが、そういうのを鍛えられる気がするんですけどね」と、改めて大喜利が読解力の向上に役立つのではないかと説明。 しかしこれに対してネット上では、〈読解力っていうのはそもそも答えがあるものを導き出すもののことだろ〉〈大喜利は読解力じゃなくて発想力では〉〈相変わらず読解力の意味を読解できてないな〉など、総ツッコミ状態となったのだ。 「しかも、番組では読解力を問う問題が2つ出され、松本は2問とも不正解。 『そういうことかなぁ…読解力って』と納得がいかないようでしたが、これにも失笑の声が巻き起こっていましたね。 しかも大喜利の名人とも言える松本が読解力テストに間違ったことで、奇しくも、みずから読解力と大喜利の能力は、あまり関係ないことを証明することになったと言えます」(前出・テレビウオッチャー) もちろん、読解力がどうかなど問題にならないくらい、人並み外れた発想力があるからこそ松本が芸能界に君臨できていることは今さら言うまでもない。 が、そんな松本も人の親。

次の