保育士 転職。 保育士求人・転職サイト おすすめ比較ランキング!好条件求人で自分らしい保育をしよう!

保育士求人・転職サイト おすすめ比較ランキング!好条件求人で自分らしい保育をしよう!

保育士 転職

ページコンテンツ• 別の職場で保育士を続けたいと考えている人のほとんどは、現在の職場に人間関係などの不満があるので転職を考えています。 そこで、職場選びに失敗しないよう、 よりよい条件の求人を選ぶには、「待遇」「人間関係」をチェックすることが非常に重要です。 求人票に書かれていることを読むだけでなく、自分でしっかりリサーチすることが大切です。 求人サイトの中でも、 保育士や保育士の資格を活かせる求人が豊富な転職エージェントを利用すると、 保育士の求人が多く、職場の内情や待遇について詳しい情報も得られるのでおすすめです。 保育士から異業種転職におすすめの転職サイト 幅広い業界の求人を扱っている総合転職サイトがおすすめ 正直なところ、 保育士から全く別の異業種に転職するのは、かなり厳しいです。 一般の人は保育士の仕事の内容を知らないことが多いので、即戦力とみなされにくいからです。 異業種に転職したい場合はまず、 未経験可の仕事を選ぶことが前提になります。 その上で、 保育士の経験を活かせる仕事を選ぶのが転職成功のポイントです。 子どもと接する業種や、事務処理で得たスキルを活かせる業種を選ぶと、保育士の経験をアピール材料にできます。 求人サイトは、 幅広い業界の求人を数多く扱っている求人サイトを利用するのがおすすめです。 さまざまな業種の求人から選べて、転職成功のためのサポートも受けられます。 リクナビNEXT 国内NO. 1で、 転職者の8割が利用していると言われるほどの大手転職サイトです。 30万人以上の転職に成功している実績があります。 リクナビNEXTにしかない限定求人が87%あり、他の求人サイトでは見られない求人に応募できます。 様々な企業の 新着・更新求人が毎週1000件以上掲載されているため、自分の探し求めている求人を見つけられます。 保育士への未経験転職におすすめの転職サイト 保育士求人サイトのコーディネーターに相談しよう 未経験から保育士に転職したい場合は、 保育補助からスタートし、働きながら保育士資格の取得を目指す形が現実的です。 未経験で保育補助として採用されるには、 今までの経験を、保育士の仕事の中でどう活かせるかをアピールできるかがカギとなります。 他の業種で保育士として活かせる経験やスキルには、 事務処理能力・接客・体力面などがあります。 求人探しは、 未経験可の求人がある、保育士専門求人サイトの利用がおすすめです。 保育士の求人が多く、転職成功のためのサポートも受けられます。 保育士転職サイト・転職エージェントおすすめランキング 保育士転職サイト・転職エージェントおすすめランキング Best10• マイナビ保育士 保育関連求人情報シェアは、圧倒的NO. お仕事の内容ももちろんですが、 給与体系や待遇なども詳細に掲載されていて、自分の希望の園を見つけやすいと思います。 面接にはキャリアコンサルタントが同席し、条件など聞きにくいことを質問してくれたり、転職サポートは手厚いです。 現在、 紹介した人もされた人も最大現金15,000円プレゼント中です。 求人情報は全国対応:主に首都圏や都市圏の求人情報が充実しています。 保育園・幼稚園の求人ならジョブメドレー ジョブメドレーは、 医療介護福祉業界の日本最大級の求人サイトですが、 保育系だけでも常時全国約8万件の求人情報を掲載しています。 希望すれば担当キャリアサポートが仕事探しをサポートして、今の職場より希望の条件に合った求人案件を多数比較することができ、マッチする仕事に応募できます。 キャリアサポートとはLINEで連絡が取れます。 プロフィール経歴を登録しておくと、 事業所からのスカウトメールを受け取ることもできる機能があります。 すべての求人案件は契約事業所の正規求人情報で直接事業所に応募するのでスムーズに転職・復職できます。 今なら転職・復職した皆さんにお祝い金を贈呈中です。 人間関係に悩まない保育エイド 教育・福祉の分野に特化した 株 サスシードの運営する、 非公開求人がほとんどの保育士転職サイトの保育エイドでは 人間関係のよい保育園を厳選、仕事を紹介した保育士から現場の雰囲気や人間関係についてフィードバックを得ており、職場環境を把握した上で紹介しています。 ピリピリしていない雰囲気の良いムードの職場で働けて社員の研修やアフタフォローも万全です。 保育エイドは面談から 仕事の紹介までコーディネーターとのやり取りは電話やスカイプで可能です、忙しい人にはおすすめですね。 幼稚園教諭・小学校教諭の求人もあるのでベテラン転職もコーディネーターが対応します。 保育・介護・看護に強いニッソーネットが運営しています。 関東、関西、東海、中国、九州エリアに優良求人を多く保有しており、専任のコーディネーターが、希望条件などのヒアリングもじっくり行ってくれるサイトです。 保育園以外にも 院内保育、プリスクール、幼児教室、ベビーシッターなどの求人もあります。 登録すると 保 育士向けのセミナー「バルーンアートセミナー」や「赤ちゃん・子どもの救急救命講習会」に無料で参加できます、入職後も利用できるサービスでスキルアップに役立つ大きなメリットです。 仕事上でのお悩みやキャリアアップのご相談などアフターフォローも万全です。 夜間登録会や土日登録会の他に居住地の近くで登録面談をしてもらえる場合もあります。 ハローキティのキャラクターの保育FINE! 日本最大級の保育に特化した求人サイト。 日本全国の保育士、教諭、幼稚園教諭、栄養士、調理師、看護師、学童指導員等の求人情報から希望する勤務期間、勤務地、職種、特徴などを組み合わせて条件にぴったりのお仕事探せます。 保育士さんの待遇改善を後押しする目的で、 お給料の他にサポート金として最大毎月5万円x3ヶ月が支給されるシンデレラ保育士求人があります。 転職成功のお祝い金の豪華版だと思いますが、嬉しい特典ですね。 さらに FINEは夜間の保育専門学校も運営していて学費はナント最大無料です。 昼間は働いてお給料をもらい、夜間のFINE保育スクールで「保育士資格」も取得できちゃう。 キャリアアップに最適です。 保育士転職ナビ 保育職に特化した全国各地の求人情報を掲載している、転職エージェント型の転職サイトです。 非公開求人も業界トップクラスで、専門のキャリアアドバイザーが転職・就職活動を完全サポートしています。 初めての転職、業界未経験の方や「保育士資格を持っているけれどブランクがある」という方や「保育士未経験だけど保育に携わりたい」方にもアドバイザーが丁寧なカウンセリングでミスマッチのない転職を実現できます。 事業所の採用担当者から直接の求人案件が多いので、いち早く選考に進むことができスムーズに転職活動が行なえます。 面接や書類選考に不安があっても、キャリアアドバイザーのサポートがあり安心です。 保育のお仕事 保育士・幼稚園教諭専門の転職エージェントです。 専任のキャリアコンサルタントが転職相談〜入社後フォローまで転職支援サービスを行っています。 「施設形態」や「こだわり条件」で希望の職場を探し、 キャリアコンサルタントが園の雰囲気や保育方針なども考慮してマッチングしてもらえます。 地域ごとに専属コンサルタントが在籍していて地域の動向にも詳しいので話がスムーズです。 保育士・保育園メディア保育士BOOKの転職サポート 【保育士BOOK】は、 全国約650の保育士養成校に設置しているフリーペーパーで、ご存知の方も多いと思います。 最新の保育やトレンド、特徴のある園の取り組み、定着率の良い保育園の内情など、業界全体がより明るくなるコンテンツや、保育士という仕事の地位向上を目指し情報発信をしている、 保育園や関連施設への取材とネットワークと情報提供を強みとする転職サポートです。 カウンセラーは保育士さんの幸せを第一に考えています。 「保育業界を良くしたい」「子ども達に貢献したい」という想いに共感したスタッフのみが運営しています。 現在対応地域は、「東京都内、大阪府大阪市、福岡県福岡市、千葉県内、埼玉県さいたま市」です。 保育士コンシェルの運営は、保育園と保護者を結ぶ連絡伝言板システム「安心伝言板」を展開する、株式会社プログレート … 保育士の転職に役立つ転職サイト・転職エージェント12社の比較表 転職サイト・エージェント 求人数 特徴 保育士バンク 50,000件以上 ・保育士専門では最大手 ・質の高い求人が多く、保育士の不満を解決できる求人が見つかりやすい ・職場の内情を詳しく把握している ・エリアごとの検索は地域の保育事情が書かれていて便利 ・こだわり条件では検索しにくい 約32,000件 ・保育事業を行う会社が運営 ・保育士・幼稚園教諭などが対象 ・学童やベビーシッターなど求人が幅広い ・保育士経験を持つコンサルタントが在籍 ・求人情報にコンサルタントのコメントが掲載されていて比較しやすい 約15,000件 ・保育士・幼稚園教諭のための転職エージェント ・調理師や看護師の求人もあり、「無資格」でも検索できる ・派遣や短期なども選べる ・面接にはコンサルタントが同席し、条件など聞きにくいことを質問してくれる 保育ひろば 約12,000 件 ・保育士・幼稚園教諭のための転職エージェント ・調理師・看護師の求人もある ・派遣・パートなども選べる ・対応がスピーディーで熱心 ・コンサルタントの押しが強いので、ゆっくり転職したい人だと負担になる 約10,000件 ・最大手の保育士転職サイト ・求人数が最多で全国対応 ・転職お祝い金が月に3万円、3ヶ月~最長12ヶ月もらえる ・検索条件はエリアしか指定できない ・転職エージェントと連携しており、エージェントに求人を探してもらうことも可能 約8,000件 ・保育士・幼稚園教諭のための転職エージェント ・看護師などの求人もある ・こだわり条件を「保育補助」で検索できる ・保育に役立つコンテンツが充実 ・掲載しているが募集していない求人があるなど、信頼度はイマイチ 約7,500件 ・保育士・幼稚園教諭を中心に、栄養士や看護師の求人もある転職エージェント ・保育に対するこだわりや希望条件を大事にしてくれる ・離職率が低い求人のみなので優良求人が多い ・転職を迷っている段階でも相談に乗ってくれる 約5,000件 ・転職エージェントとしての支援サービスもあるが、求人サイトとしての利用だけでもOK ・ほぼ、1都3県の求人のみだが、マイナビ保育だけの独占求人もある ・契約社員やパートなども選べる ・施設の紹介文が詳しく、様子が分かりやすい 約4,000件 ・保育園向けのシステム開発を行う会社が運営する、転職エージェント ・システム提供先の施設から、独自に求人情報を収集 ・職場の内部事情に詳しく、情報の確実性が高い ・都市部以外のエリアの求人が少ない 非公開 ・病院・企業の事業所内保育所への転職に特化したエージェント ・ワークライフバランスを重視したい保育士におすすめ ・幼稚園教諭・小学校教諭の求人もある ・電話またはSkypeでの面談・求人紹介が可能で来所不要 非公開 ・幼稚園教諭・小学校教諭の求人もある転職エージェント ・「人間関係で悩まない転職」を重視している ・交渉によっては職場体験が可能で、事前に職場の雰囲気を体験できる ・対応エリアは首都圏のみ 非公開 ・地方在住の保育士の上京支援と東京での転職支援を行うサービス ・家賃補助ありの求人や、面接1回で結果が出る求人など、地方から上京したい人に優しい求人がある ・不動産屋・引越業者の紹介もある ・上京を迷っていても相談可能 転職活動を始めて3週間で内定を獲得&年収アップ転職に成功した著者が、実際に使った転職エージェントと転職サイトを紹介します。 最速で内定を獲得するための転職エージェントの活用方法も解説しますので、これから転職活動を始める人は参考にしてください。 まとめ 保育士・幼稚園教諭の転職は、転職のパターンによって、おすすめの求人サイトが異なります。 ・保育士から保育士に転職: 保育士、保育士の資格を活かせる求人が豊富な求人サイト ・保育士から異業種に転職: 幅広い業種の求人が多い求人サイト ・未経験から保育士に転職: 未経験可の求人が多い、保育士専門求人サイト 転職成功したいなら、それぞれの目的に合わせた転職サイトやエージェントを選びましょう。

次の

【保育士】求人を選ぶコツ|転職サイト&エージェントランキング

保育士 転職

転職を考える保育士の多さ そもそも、転職を考える保育士はどれくらいいるのか? 多いのか?少ないのか? 保育士業界の転職同行から調べていくことにしましょう。 しかし、これだけ保育士の転職市場が賑わっているのを見ると、転職する保育士さんは多いのではないか…と私は考えています。 職業は変えたくないが職場は変えたい人が多い 保育士の多くが、収入などではなく、夢を持って保育士になっている人がほとんど。 でも、様々な理由で仕事に不満を持った時考えるのが、「職は変えたくないけど、職場を変えたい」ということ。 それにより、「転職しよう」という保育士が多くなるのです。 保育士の転職理由ランキング 続いて、保育士の頭に「転職」が浮かぶタイミング、きっかけを調べてみましょう。 どんな時、保育士は転職しようと思うのか。 どんな不満をいだいて保育士が転職するのか。 具体的な理由をランキング形式で調べていきましょう。 1位 給与の少なさ、仕事のきつさ 保育士の給与が少ないというのは、時折社会問題としてニュースで扱われることがあるほど。 働く職場に不満を覚えて、「転職しよう」と思う保育士が多いとしても、それは何も不思議なことではありません。 いまの職場が働きにくいとして転職する保育士は、つぎの職場を働きやすさという観点で探して下さい。 給与相場が高い職場、家賃補助が出る保育園など、働きやすい職場は探せば必ず見つかります。 2位 結婚、出産、ライフステージの変化 女性が全体の9割を超える保育士業界。 女性はライフステージの変化で転職することを強いられます。 退職まで行かずとも、もう少し時間に優遇が効く職場に転職したい…、なんて保育士も多いのです。 様々な事情で転職を考える保育士の数を合わせると、全体でみた転職する保育士の数は、決して少なくないはずです。 3位 体力が持たない 保育士の仕事は、外の人が考える以上にハードで大変な仕事です。 そんなきつい重労働に、保育士さんの方から「耐えられない」と転職する場合も多いです。 体力的な問題で転職する場合は、つぎの職場で「力仕事の少ない職場」を探して下さい。 4位 人間関係の悪化 女性特有の人間関係で働くことになる保育士。 男性が多い職場とは違う、女性特有の人間関係に不満を感じて転職に踏み切る保育士さんは多いです。 5位 他業種への関心 労働環境が悪いこともあり、多くの保育士が他業種への転職を行っています。 「もっと良い労働環境で働きたい」 「自分の力を活かせる場所を探したい」 という思いから転職を行う保育士はとても多いです。 他職種への転職を考えた保育士は、様々な業種、職種の求人を扱う転職エージェントで一度相談してみてはいかがでしょうか。 面接で転職理由を上手に伝えるコツ 面接において、様々な理由で転職を考えたはずです。 しかし、その転職理由を正直に言ってしまうと、採用担当に悪い印象を与えてしまいかねません。 保育士は人手不足で採用される確率が高いとはいえ、面接で下手な受け答えをしてしまうと採用されない…なんてことも十分ありえます。 不満ばかりの保育士はどこにいっても駄目だと思われる 面接において、不満ばかり言っている保育士は、採用担当に「うちに来てもまた不満ばかり言うのでは」と警戒されてしまいます。 それにより、転職成功確率が下がってしまいます。 面接では、ネガティブな言葉を使わず、ポジティブな未来を感じさせる言葉を使ってください。 ネガティブな理由をポジティブに言い換える 面接で大切なのは、ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換えることです。 ここで大切なことは、「嘘をつく」ではなくて「言い換える」というポイントです。 上手に言葉を言い換えて、採用担当に好印象を与えて、上手に採用されてください。 残業が多くて働きにくかったの言い換え 多くの保育士が、長い残業時間、不都合な勤務時間に苦痛を感じて転職を考えます。 しかしそれは、「もっと効率的に仕事して、無駄なく仕事したかった」と言い換えてください。 環境さえ整っていれば、自分はもっと短い時間で、効率よく働くことができた…。 そういう言い方をすることで、採用担当に「仕事ができるやつ」という印象を与えることが可能です。 人間関係が悪かったことの言い換え 人間関係の悪さに悩んで転職する保育士も多いです。 その場合は、「チームの連携を重視して仕事したかった」と伝えてください。 採用担当に「この人は仕事においてチームの連携に重きを置いている」と思わせればこちらのものです。 仕事に積極的であることをアピール 採用担当者に、転職理由を上手に伝えることで「この人は仕事に積極的だな」と思わせれば、採用される可能性が高くなります。 採用したらメリットがあると思わせる ポジティブな転職理由に言い換えることで、採用担当に「この人を雇ったらメリットがある」という印象を与えることができます。 人間関係はメリットとデメリットです。 ネガティブな言葉ばかり使う保育士からは、ポジティブなメリットを感じることができないですよね。 保育士の面接で見られていること 保育士の転職面接で見られる要件も知っておきましょう。 時間に正確か まず約束通り面接に来るかどうか、そこから見られています。 時間通りに来るのでは遅いです。 10分前、5分前に面接会場へ到着することを心がけておいてください。 保育士のしごとは時間に正確でないと務まらないものも多いです。 言葉遣い 子供を相手にする仕事とはいえ、いえ、子供と話すからこそ「言葉遣い」も大切です。 社会人としての最低限の言葉遣いのマナーはできているか、子供相手にも優しい言葉が使えるか。 その人の人間性というのは、話す言葉にあらわれてきます。 人間性 やはり採用担当も人間です。 面接を受ける保育士に対して好印象を覚えるかどうか、単純な好き嫌いの要件も採用率に関わります。 どれだけ仕事ができる保育士でも、人格的に問題がある人は採用されにくいと思っておきましょう。 面接が不安?それなら転職サイトで相談! 保育士専門の転職サイトに登録することで、専属のキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を行うことができます。 キャリアアドバイザーは過去多くの保育士を転職に導いてきたプロです。 保育士が面接で言うべき言葉など、基本的なアドバイスもすべて完璧です。 面接になにか不安点がある保育士はぜひ、保育士転職サイトのキャリアアドバイザーに不安点を相談してみましょう。 マイナビ保育士 人材大手マイナビ保育士はおすすめです。 豊富な求人、優秀なキャリアアドバイザー、過去の転職成功実績、どれをとっても一流です。 困ったらまずはマイナビ保育士に登録してください。 ほいく畑 ブランクあり、週3勤務など、働きやすい派遣保育士求人に強いのがほいく畑。 以前の職場より働きやすい保育士求人を探している保育士はぜひ、ほいく畑で転職活動を進めてください。 「他職種へ転職したい」と思う保育士におすすめの転職エージェント 多くの保育士が、様々な理由を胸に「転職したい」と考えるものです。 しかし他職種への転職は、それほど容易なことではありません。 それでも諦めることはありません。 現在日本は特に若手人材不足に悩む企業ばかり。 「転職したい」という強い意思さえあれば、問題なく転職できるはずです。 私は、 他職種への転職を考える保育士にはぜひ、「転職エージェント」で相談を勧めています。 転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談すれば、「今自分はどの職種に転職できるのか」を正しく知ることができます。 様々な転職理由で転職したい保育士におすすめの転職エージェントを具体的にご紹介します。 リクルートエージェント 転職エージェント最大手「リクルートエージェント」は保育士から他職種の転職におすすめです。 リクルートエージェントの強みはやはりなんといっても「豊富な求人数」。 あらゆる業界のあらゆる職種の求人を扱っているので、様々な転職理由で転職したい保育士の転職を助けてくれるはずです。 マイナビエージェント 若手の求人を多く取り扱っているのが「マイナビエージェント」です。 キャリアアドバイザーの対応にも高い評判があるので、特に若手で転職を考える保育士はぜひ利用してください。 保育士の転職理由ランキングまとめ いかがでしょうか。 保育士が抱く転職理由と、その転職理由を面接で正直に伝えるべきでないこと、わかっていただけたでしょうか。 面接のほか保育士が転職で成功させるカギを知りたいなら、保育士転職サイトへ登録してキャリアアドバイザーに聞いてみて下さい。

次の

保育士の転職理由ランキング!面接で転職理由をどのように伝えるべき?

保育士 転職

「子どもに携わる仕事の経験しかないけど、他の仕事に転職できるかな…?」と不安に感じている方もいるかもしれませんが、保育士から異業種へ転職している方はたくさんいらっしゃるんですよ。 まずは下記の図をご覧ください。 3 その他 就職していない等 10. 5 保育士以外の仕事を経験した人 63. 2 これは、大手保育士求人サイトが行ったアンケート結果を表したグラフです。 保育以外の仕事に転職した経験がある保育士さんは、なんと「63. 2%」と、6割以上の方が異業種を経験しているということがわかります。 つまり「保育士以外の仕事の経験がないから、他業種への転職に自信がない」と感じる必要はなく、保育以外への転職は十分に可能なのです。 資格や経験がなくても転職することができるため、就職するためのコストがかかりません。 さらに、実務経験を積んで「介護福祉士」という資格を取ると給料も上がります。 「前職の給料が安かった」と悩んでいた人は、夜勤がある施設を選べば年収が上がる確率も高いです。 日本はこれから高齢化がどんどん進んでいくので、ニーズが高まり待遇がよくなっていくことが予想されます。 介護職も将来性のある職業の1つと言えるでしょう。 オススメ転職支援サイト エリア 全国 全国 全国 首都圏 全国 保育士から他業種への転職はお早めに 保育士から異業種へのオススメ転職先をご紹介しましたが、ほかにも未経験者歓迎の仕事はたくさんあります。 保育士免許を持っていて、保育士の経験があるあなたは、もし「また保育士として働きたい」と思えるときが来たらいつでも復職することが可能です。 内定率• 「企業公開の内定率」と「筆者の東証一部企業での11年間の採用実績による内定率」により算出•

次の