コピー機 印刷 ずれる。 コピー機で両面印刷・コピーするときの手順や注意点を徹底解説

【印刷物のかすれ・色むら・ずれ】コピー機・複合機のトラブルを簡単に解消する方法

コピー機 印刷 ずれる

エプソンのプリンターを使った際に、罫線や文字、絵などがぶれて印刷されてしまったことはございませんか。 そんな時は、「 ギャップ調整」というプリンターに搭載されている機能を活用してみましょう。 「 ギャップ調整」を行うと、印刷時に起こるズレ(ギャップ)を調整することができます。 本日はその「 ギャップ調整」についてご案内致します。 ギャップ調整の方法 ギャップ調整は、プリンターの操作パネルより行う場合と、パソコンから行う場合の2パターンあります。 プリンターの操作パネルよりギャップ調整を行う場合 使用しているプリンターに液晶画面がついている場合、操作パネルよりギャップ調整を行うことができます。 液晶画面で、縦筋が最も目立たない番号を選択したら、ギャップ調整は完了です。 パソコンからギャップ調整を行う場合 「 印刷設定」より「 ユーティリティ」のタブを選択し、「 ギャップ調整」をクリック ギャップ調整の案内画面が表示されるので、「 実行」を選択 ギャップ調整パターンが印刷されるので、それを元にギャップを調整していきます。 次に、 カラー印刷の紙送り調整パターンも印刷されるので、それを元に調整を行います。 最後に 罫線や文字、絵などがぶれて印刷されてしまった際には、「 ギャップ調整」の機能を試してみてください。 基本的に、どのプリンターでも上記方法でギャップ調整を行うことができますが、詳細につきましては使用しているプリンターの取り扱い説明書をご覧頂ければ幸いです。

次の

お悩み解決!コピー機で印刷するとずれてしまう時の適切な対処法

コピー機 印刷 ずれる

どの操作をしたときに黒い線が入るのか、問題の切り分けをしよう コピーや印刷をした時に黒い線が出てしまう場合、特定の操作をしたときだけ症状が出るということがよくある。 下図を参考に、どの位置で操作をした時に黒い線が出るのか、問題の切り分けをまずは行おう。 問題の切り分けができたら、次は清掃手順をご紹介するので試してみよう。 ケース1)鏡面コピーの時だけ線が入る場合 鏡面コピーをした時に黒い線が出る場合は、十中八九は下図の赤枠で囲ってある鏡面ガラスの清掃で改善する場合がほとんどだ。 メガネ拭きのような柔らかい布と揮発性の高いアルコールのようなもので清掃してみよう。 この時、 内部には高圧電流が流れているため非常に危険なので、ガラス面の表側だけを清掃すること。 表面だけ清掃しても直らない場合は、決してご自身では作業せずにサービスマンに清掃を依頼しよう。 ケース2)原稿送り装置を使った時だけ線が入る場合 原稿送り装置()を使ったときだけ黒い線が出るようであれば、下図の赤枠で囲ってある細長いガラス面を清掃しよう。 ガラス面近くで汚れが付着した場合、濡れた柔らかい布で汚れを拭き落としてから、しっかり乾拭きすれば修理可能だ。 まれに、セロハンテープの破片やのり等の見えにくい汚れでも線が出ることがあるため、指で触って確認してみよう。 それでも直らない場合、原稿送り装置内部にほこり・汚れがついている可能性が高いため、サービスマンに修理を依頼しよう。 ケース3)パソコンからの印刷や受信FAXの印刷の時だけ線が入る場合 コピーではなく、プリントアウトやFAXが届いた時だけ黒い線が出てしまう場合は、原因が内部部品である可能性が非常に高い。 まずは以下の動画の手順に沿ってご自身でクリーニングをしてみよう。 これだけでも大きく改善する可能性が高い。 上記動画のクリーニングで直らなかった場合、「ブレード」というパーツに劣化が起きている可能性が高い。 その場合はパーツ交換が必要となるため、サービスマンへ修理を依頼しよう。 ケース4)上記1~3以外で黒い線または白い線が入ってしまう場合 上記3つのケースどれにも該当しない場合、「結露」による症状の可能性がある。 結露とは、コピー複合機内部に寒暖の差が激しい冬季によく見られる現象で、部屋が極端に寒いときに暖房を入れたりすると外気とコピー複合機内部の温度差が生まれ結露が発生してしまう。 結露による症状の場合、ほとんどが時間経過(寒暖の差が無くなったら)いつの間にか解決していることもあるため、結露の可能性があったら少し時間を置いてみよう。 また、結露は内部のガラス面が曇るので、ケース3で紹介している動画のクリーニング手順でも解決できることがある。 カウンター保守契約を結んでいない場合は、『』などの修理サービスへ依頼してみよう。 有償だが出張訪問修理を依頼することが可能だ。 黒い線以外の症状が出る場合 以下のような黒い線以外の症状が出た場合は、内部のパーツ自体が劣化・故障しているため、残念ながらご自身で修理することは難しい。 黒い線ではない汚れがついたり、印刷物が手についたりする• 印刷物に色むらがあったり、触るとザラついたりする 再三になるが、このような場合もサービスマンを派遣しよう。 印刷不良時のスポット修理相場: 18,000円~.

次の

コピー機(複合機)の印刷物がぼやける・かすれるときの原因と対策!【お役立ち情報】

コピー機 印刷 ずれる

どの操作をしたときに黒い線が入るのか、問題の切り分けをしよう コピーや印刷をした時に黒い線が出てしまう場合、特定の操作をしたときだけ症状が出るということがよくある。 下図を参考に、どの位置で操作をした時に黒い線が出るのか、問題の切り分けをまずは行おう。 問題の切り分けができたら、次は清掃手順をご紹介するので試してみよう。 ケース1)鏡面コピーの時だけ線が入る場合 鏡面コピーをした時に黒い線が出る場合は、十中八九は下図の赤枠で囲ってある鏡面ガラスの清掃で改善する場合がほとんどだ。 メガネ拭きのような柔らかい布と揮発性の高いアルコールのようなもので清掃してみよう。 この時、 内部には高圧電流が流れているため非常に危険なので、ガラス面の表側だけを清掃すること。 表面だけ清掃しても直らない場合は、決してご自身では作業せずにサービスマンに清掃を依頼しよう。 ケース2)原稿送り装置を使った時だけ線が入る場合 原稿送り装置()を使ったときだけ黒い線が出るようであれば、下図の赤枠で囲ってある細長いガラス面を清掃しよう。 ガラス面近くで汚れが付着した場合、濡れた柔らかい布で汚れを拭き落としてから、しっかり乾拭きすれば修理可能だ。 まれに、セロハンテープの破片やのり等の見えにくい汚れでも線が出ることがあるため、指で触って確認してみよう。 それでも直らない場合、原稿送り装置内部にほこり・汚れがついている可能性が高いため、サービスマンに修理を依頼しよう。 ケース3)パソコンからの印刷や受信FAXの印刷の時だけ線が入る場合 コピーではなく、プリントアウトやFAXが届いた時だけ黒い線が出てしまう場合は、原因が内部部品である可能性が非常に高い。 まずは以下の動画の手順に沿ってご自身でクリーニングをしてみよう。 これだけでも大きく改善する可能性が高い。 上記動画のクリーニングで直らなかった場合、「ブレード」というパーツに劣化が起きている可能性が高い。 その場合はパーツ交換が必要となるため、サービスマンへ修理を依頼しよう。 ケース4)上記1~3以外で黒い線または白い線が入ってしまう場合 上記3つのケースどれにも該当しない場合、「結露」による症状の可能性がある。 結露とは、コピー複合機内部に寒暖の差が激しい冬季によく見られる現象で、部屋が極端に寒いときに暖房を入れたりすると外気とコピー複合機内部の温度差が生まれ結露が発生してしまう。 結露による症状の場合、ほとんどが時間経過(寒暖の差が無くなったら)いつの間にか解決していることもあるため、結露の可能性があったら少し時間を置いてみよう。 また、結露は内部のガラス面が曇るので、ケース3で紹介している動画のクリーニング手順でも解決できることがある。 カウンター保守契約を結んでいない場合は、『』などの修理サービスへ依頼してみよう。 有償だが出張訪問修理を依頼することが可能だ。 黒い線以外の症状が出る場合 以下のような黒い線以外の症状が出た場合は、内部のパーツ自体が劣化・故障しているため、残念ながらご自身で修理することは難しい。 黒い線ではない汚れがついたり、印刷物が手についたりする• 印刷物に色むらがあったり、触るとザラついたりする 再三になるが、このような場合もサービスマンを派遣しよう。 印刷不良時のスポット修理相場: 18,000円~.

次の