不毛 地帯 モデル。 フジテレビ/不毛地帯

不毛地帯 : 作品情報

不毛 地帯 モデル

不毛地帯のモデルは元伊藤忠商事の瀬島龍三 秋ドラマの発表がもう始まりました。 今のところ、観たいと思っている秋ドラマは、 山崎豊子原作、唐沢寿明主演の「不毛地帯」です。 このコンビで思い出すのは白い巨塔。 白い巨塔が面白かったから期待してます。 唐沢くんが演じる壹岐正のモデルはあの瀬島龍三氏。 2年前(2007年)95歳で亡くなられた元伊藤忠商事会長です。 壹岐の妻(和久井映見)のさんです。 瀬島龍三はすごい人です。 陸軍大学校をトップで卒業し、大本営参謀の一員として、陸軍の作戦立案していたエリート軍人。 終戦後は11年間もシベリアで抑留生活を送り、東京裁判ではソ連側証人として証言しました。 そして帰国後、伊藤忠商事に入社し伊藤忠商事の会長まで上り詰めた人です。 生前に、笑福亭鶴瓶と南原清隆の「新・平成日本のよふけ」に 出演されてたことがあったので、調べとYouTubeにインタビューがありました。 第3回「本分を守る」という話はいいお話しです。 フジテレビ開局50周年記念ドラマなので共演者も豪華絢爛。 唐沢寿明のライバル鮫島辰三は、エンケンさん(遠藤憲一)。 鮫島辰三は、日商岩井の元副社長、海部八郎がモデル) 妻役は和久井映見。 娘役は多部ちゃん。 唐沢の部下が竹野内豊。 他には、天海祐希、小雪、柳葉敏郎が出演します。 天海祐希のモデルはデヴィ夫人(インドネシアのスカルノ大統領夫人)らしい。 脚本は橋部敦子さん。 草なぎ君主演の「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」 「僕の歩く道」のいわゆる「僕シリーズ」を書かれた人です。 彼女は柔らかいイメージがあるので、山崎豊子さんと結びつかないです。 どんな風に料理されていくのかこれまた楽しみです。 が出版されました。 まるで朝ドラや大河ドラマみたい。 フジテレビの気合いが伝わってきます。

次の

不毛地帯

不毛 地帯 モデル

A ベストアンサー 私は金城武が目当てで、この映画を観たんですが、豊川悦司の方が光ってましたね。 でも観たのは、2年ほど前、1回きりなので、記憶が あやふやな所もあることを、お許し下さい。 天海が豊川に強く惹かれるところがあって、体を許したのではないでしょうか。 それともうひとつ、いったん心を許したと見せかけ、後で裏切ることで母を殺した事への復讐を図ったのかも、と思います。 右手のことは、確かこの右手で彼女の母を殺したのでその償いとして、切り落としたんだと思います。 が、結果的に彼女には裏切られてしまうんですよね。 豊川、かわいそうでした。 以上が私が思ったことです。 この映画は、いろんな風に取れると思うので正解なんてないかもしれませんね。 なんかもう1回観たくなってしまいました。

次の

【偉人伝】不毛地帯主人公から学ぶ!グローバル時代に必要な力はこれだ!

不毛 地帯 モデル

『 不毛地帯』(ふもうちたい)は、の。 からまで『』に連載された。 連載中に、、があり、偶然似た題材を扱った本作が話題になったが、実在するどの事件の概要とも異なるフィクション作品である。 単行本はから刊行されたが、に前半(4分冊の場合は1 - 2巻、2分冊の場合は上巻にあたる部分)が、1978年には残りの後半部分合わせて全4巻で出版された。 1983年11月から12月にかけて、同社から版が刊行された(のち、2009年3月には、5分冊に編成された)。 『山崎豊子全集』(新潮社)では12〜15巻に収録している。 登場人物の設定に特定のモデルは存在せず、複数のモデルからの取材をもとにした作者の想像の産物である。 当時の週刊誌や経済誌によって、主人公の壱岐正元はの元会長がモデルと繰り返されたが、山崎は瀬島がモデルそのものではなく、複数人のイメージを重ね合わせたものと断っている。 1976年には前半部分が映画化(監督、主演)され、には・系列で完全版として連続ドラマ化(主演)、10月より系列で開局50周年記念ドラマとして連続ドラマ化(主演)された。 あらすじ [ ] 主人公の壹岐正(いきただし)はで。 終戦の詔に対し、の命令書が出されていない以上武装解除に応じる必要がないと解する部隊の説得に努めた。 を犯して侵攻してきたに拘置され、一方的なの結果25年の刑を宣告されに送られる。 そこで11年の抑留生活をおくることになる。 帰国後としての経歴を大門一三に買われ大門が社長を務めるの近畿商事 に入社。 航空自衛隊の次期戦闘機選定争いの仕事で辣腕を振るうことになる。 その後大門に進言して「業務本部」を立ち上げ近畿商事を本格的なにするための努力を重ねるが、旧来の役員の反発を受ける。 社内の役員からの反発などを受けながら出世を重ね、後半部では日米の自動車会社の提携、中東(イラン)での石油発掘プロジェクトにも携わっていく。 イラン・サルベスタン鉱区での石油発掘に成功した壱岐は、近畿商事社長の大門に勇退を進言し、みずからも近畿商事を辞めてしまう。 そして、壹岐は第三の人生として、長期者の親睦団体である朔風会(さくふうかい)の会長となり、シベリアへ現地で死んだ日本人の墓参りと遺骨の収集に行く。 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 なお、山崎豊子の他の小説の舞台・登場人物がそのまま本小説にも登場している。 例としては、永田、大川一郎、阪神銀行、第三銀行など(「」にも登場)や浪速大学(の舞台)、佐橋(、華麗なる一族に登場)など。 出版 [ ]• 単行本• 『不毛地帯』1~4(1976 - 78年、新潮社)• 『不毛地帯』1~4(1983年、新潮社)• 活字が大幅に拡大。 『山崎豊子全作品』第9巻(1986年、新潮社)• 『山崎豊子全集』第12~15巻(2004年、新潮社) 英訳 [ ]• The Barren Zone 訳 1986• 『大地の子』と私• 山崎豊子 自作を語る(全3巻) 中国訳 [ ] ・ 劉小俊[LIU XIAOJUN] 2014 京都女子大学 教授 映画版 [ ] 不毛地帯 監督 脚本 製作 出演者 音楽 撮影 編集 配給 公開 上映時間 181分 製作国 言語 配給収入 5億7700万円 1976年 に系にて封切。 公開当時、原作が連載中であった事もあり、次期戦闘機選定までを映画化。 また、シベリア抑留の部分もかなり省略されている。 5億7700万円のを記録、(昭和51年)の邦画配給収入ランキングの第9位となった。 キャスト [ ] 近畿商事• 壱岐正 -• 大門一三社長 -• 里井専務 -• 小出航空機部員 -• 松本航空機部長 -• 与謝野外国部長 -• 山本繊維部課長 -• 兵頭繊維部員 -• 柳社長秘書 -• 田中繊維部員 -• 井田繊維部員 - 岩崎信忠• 塙ロスアンゼルス駐在員 -• 海部ニューヨーク駐在員 - 防衛庁• 川又空将補 -• 山城防衛庁長官 -• 貝塚官房長 -• 原田空幕長 -• 芦田二佐 -• 木村二佐 -• - 中津川衛 東京商事• 鮫島辰三航空機部長 - 政府関係・与党• 総理大臣 -• 大蔵大臣 -• 通産大臣 -• 久松経済企画庁長官 -• 三島幹事長 - 家族• 壱岐佳子 -• 壱岐直子 -• 壱岐誠 - 亀田秀紀• 川又久代 - 毎朝新聞• 田原記者 -• 政治部長 -• 資料室主任 - 警察関係• 警視庁捜査二課長 -• 警視庁捜査二課刑事 - 長島隆一、(ノンクレジット)• 所轄署刑事 -• 鑑識係 - 、(ノンクレジット)、(ノンクレジット) 旧帝国陸軍関係• 参謀総長 -• 関東軍司令官 -• 関東軍総参謀長 -• 石原司令官 -• 谷川報道部長-• 関東軍参謀 -• 関東軍参謀 - 保科三良• - 田村貫• - 後藤陽吉• - 三島新太郎• - 森川利一• 関東軍参謀 - 姿鐡太郎 アメリカ航空機メーカー関係• ラッキード社・ブラウン社長 -• - デヴィット・シャビロ• グラント社・コナーズ社長 - ジャック・ケリー ソ連関係• - ダニエル・クラブスキー• - ブラドミア・ホゴルボフ• - ロック・メイヤー• - ダヴィット・トロケトスビリィー• - チャールズ・ブラックマン• - アレキサンダー・マツサカ その他• 杉浦満州電々公社社員 - 河崎保• - 歌川千恵• - 五十嵐美恵子• - 桜川梅八• - アマボールデルバンド• ナレーター - スタッフ [ ]• 監督 - 山本薩夫• 脚本 -• 音楽 -• 製作 - 、、• 撮影 - 黒田清巳• 美術 - 間野重雄• 録音 - 西崎英雄• 照明 - 岡本健一• 編集 - 鍋島惇• 監督補 -• 助監督 - 松本勲• MA -• 現像 -• 協力 - 、、ブロンドハイムプロダクション 製作経緯 [ ] 脚本 [ ] 監督のは原作で長々と描写されているにはがあるとして興味を持たず 、原作にある買い付けを巡る構造汚職の描写に興味を持ち 、シベリアの場面を短くしてその部分を膨らませたいと提案し、と脚本を練った。 汚職事件はのさなかに起きた事件のため、を絡めて描きたいと原作にないシーンを組み入れた。 撮影 [ ] アメリカでのロケは、、とも撮影を拒否され 、やむなく民間の航空機修理工場でロケした。 アメリカロケは『』などで知られる。 本作は撮影中から話題を呼んだが、クランクインから3週間後の1976年2月にが発生。 映画はロッキード事件と伴走するように製作されたが 、山本は保守政党の腐敗の本質を映画に反映させようとロッキード事件に対する自身の考えを取り込もうとした。 山本は映画製作中にこの件を自身で調べ、が介在して飛行機の機種を決める会議にもと一緒に出ていたと分かったと、原作にはない、そういうシーンを映画で出した。 これが後に問題となった。 クレーム [ ] 完成試写後、原作者のが『』誌上の特集で、原作と映画の違いを発表。 映画版はシベリアにおける部分が少なくエピソードが友好的過ぎる、天皇の戦争責任に関して原作ではああいう型では扱ってない、山本が付け足したがに立候補する場面で、室の中で選挙資金が渡されるシーンに、白昼堂々と長官室で金のやりとりするなんて非常識なことするはずないなどのコメントを出し 、小説のイメージと同じくされては迷惑なので、原作者を原案にして欲しいと訴えた。 また1976年7月15日、が、登場人物である原田空幕長(演者:)が誤解を招くと抗議、のカットを要求してきた。 現金受け渡しシーンで"ラッキードとグラマンの間にはさまって~"とナレーションが入るため、「防衛庁から参議院に出るってのは俺しかいない。 原田はすなわち源田というのが明白だ」と怒り 、源田の秘書がとの、原作者の山崎豊子に抗議 、事実無根の中傷でありで訴えると伝えた。 山崎は「私の小説では、そんな所で金渡しをしてないし、原田は大変ヒューマニストに書いてあります。 映画は私は知りません」と解答。 山本が決定稿にかなり手を入れたため行き違いが起きた。 東宝と芸苑社とも「映画の始めに登場人物も全部であると謳ってあるから架空の人物」と、「削除する意思なし、真向対決する」と構えていたが 、結局上映問題などもあり源田が削除を求めた現金受け渡しシーンはカットされた。 これを受け源田側もを取り下げた。 山本が山崎の原作を映画化するのは『』(1966年)、『』(1974年)に次いで3本目で、前二作は何のクレームもなかったが、山本は「原作の非常につまらないところを、こっちが一生懸命考えてよくしたら怒られる。 今後は山崎さんとはやれない」などと不満を述べた。 本作の映画化権は東宝や芸苑社ではなく山本が持っていた。 しかしこれら一連の騒動は大きな宣伝になり、映画興行にとってはプラスとなった。 この節のが望まれています。 1979年 - にかけての制作によりで毎週水曜22:00から全31回放映された。 原作全編を映像化した最初の作品である。 放送話数も多く、映像化作品の中では、もっとも原作に忠実な物となっている。 また、の遺作となったテレビドラマ『』()の放送終了直後に放送され、脚本も同じが担当した事もあり、『白い巨塔』に出演した役者の多くが本作に出演しているのも大きな特徴となっている。 からにかけて全9巻が発売された。 キャスト [ ]• 壱岐 正 -• 壱岐佳子 -• 壱岐直子 - (少女期)、• 大門一三 -• 里井達也 -• 兵頭信一良 -• 塙 四郎 -• 海部 要 -• 小出 宏(元空幕・調査班長) -• 石原慎二 -• 丸山英夫(船舶担当常務) -• 正岡繊維担当常務 -• 堂本(鉄鋼担当)専務 -• 武蔵財務本部長 -• 角田良二(業務本部長代理) -• 峰 竜二(船舶部長) -• 伊原綿花部長 -• 平田ロスアンゼルス支店長 -• 綿花部次長 -• 山本繊維課長 -• 柳 社長秘書 -• 町田繊維部員 -• 糸川繊維部員(アメリカ近畿商事) -• 重役 -• 里井の秘書 -• 鎌刈得造(顧問弁護士) -• ハル(壱岐のメイド) - 東京商事• 鮫島辰三(航空機部長) -• 望月社長 -• 川上 孝(ロスアンゼルス支店駐在員) -• 一ノ瀬(鮫島の部下) -• 山岸 実(ロスアンゼルス支店駐在員) -• 上杉 修(中近東駐在員) - 防衛庁• 原田空幕長 -• 川又伊佐雄空将補(空幕・防衛部長) -• 芦田国雄二佐(空幕・防衛部計画班長) -• 木村一佐(空幕・防衛部運用課長) -• 小泉二佐(空幕・テストパイロット) -• 香川 守(香川大佐の息子) -• 尾崎省二・一尉(入間基地・警務分遣隊長)-• 楢橋二三雄(本庁防衛局計画室) - 秋津家• 秋津中将(大陸鉄道司令官) -• 秋津紀次(秋津中将の弟・二役) - 曽我廼家明蝶• 秋津千里 -• 秋津清輝 -• 紀次の妻 -• 丹阿弥泰夫(千里の見合い相手) -• 叶 頼山(陶芸家・千里の師匠) - 旧陸軍・シベリア抑留関係• 谷川元大佐(関東軍報道部長) -• 香川大佐 -• 丸長(壱岐の当番兵) -• 竹村少将(関東軍参謀副長) -• 寺田少佐 -• 堀 少尉 -• 安田 -• 水島 -• 抑留民主委員リーダー - 、、• 民主委員 -• 炊事係 -• 捕虜 - 、、、、 ソ連軍・シベリア関係者• ヤゼフ少佐 -• 久松清蔵(経済企画庁長官) -• 山城防衛庁長官 -• 大川一郎(保守党総務会長) - 映画版・TV版「」でも大川一郎を演じている。 貝塚参議院議員 - 金子信雄• 吉良 一(日本石油開発公社総裁) -• 久松長官の秘書 -• 吉良総裁の秘書 -• 田淵総理の秘書官 - 新聞関係• 毎朝新聞・政治部長 -• 栗山記者(東都新聞) -• 佐伯記者(press社) -• 記者 - 、• 井村一雄(業界紙記者) - 警視庁• 熊谷直樹(捜査二課長) -• 捜査二課警部補 -• 捜査二課部長刑事 -• 捜査二課刑事 -• 刑事(事故現場)- 家族• 川又久代 -• 鮫島倫敦 -• 鮫島美知子 -• 大門藤子 -• 里井勝枝 -• 海部美奈子 -• 海部 茂 - (少年期)、(青年期)• ジャクリーン(塙の妻) -• 小出幸江 -• 小出正一郎 -• 芦田りょう子 -• 小田君代(神森の見合い相手) -• 丸長桐江 -• 丸長武夫 - ラッキード社• ブラウン社長 -• ミル副社長 - グラント社• ジョー井上(極東駐在員) - 千代田自動車• 村山初蔵(営業担当専務) -• 小牧 章(技術担当常務) - フォーク自動車• フォークII世(会長) -• プラット(海外担当副社長) -• アーリックマン(海外担当重役) - オリオン石油• リーガン(社長) -• ジェームス(中近東駐在役員) - 五菱商事• 神尾伝平(石油担当専務) - 五井物産• 有田雄策(石油担当専務) - 第三銀行• 玉井 敏(頭取) - インドネシア華僑• 紅子 - (特別出演)• 黄 乾臣 - 国際ロビイストほか• 竹中莞爾(竹中政治経済研究所長) -• 安蒜(日東交易) - クラブ• 浜田京子(ママ・紅子の母) -• 羊子(ホステス・鮫島の女) -• よね子(ホステス) -• まち子(ホステス) -• みゆき(ホステス) -• ホステス -• バーテン -• 歌手 - 医療関係• 浅田博士(心臓血管研究所教授) -• 市川好一郎(東京成人病センター部長) -• 仁村和夫(東京成人病センター循環器部長) - イラン関係• ファークII世(国王) -• ドクター・フォルジ(国王側近) -• フォルジの執事 -• ドクターキア(石油公社筆頭理事)-• マイケル(イラン石油 INOCO 掘削主任技師) - リビア• ハバシュ(元石油大臣) -• メジェリフ(ハバシュの秘書) - 韓国• 李 錫源(元韓国陸軍総参謀長) - その他• 吉島 潔(洛北大学工学部教授) -• 鬼頭勘助(中京紡績社長) -• 菊本(政財界の黒幕) -• ウェーバー教授(ロスアンゼルス大学) -• アナウンサー -• ニュースキャスター -• 鮫島の運転手 -• 飲み屋・とり安の親爺 -• 旅館の女将 -• 料亭の女将 -• 料理屋の女将 -• 料亭の女中- 、• 空港グランドホステス -• 芸者 - 、、、、 スタッフ [ ]• 脚本 -• 演出 -• 音楽 -• プロデューサー -• ナレーター -• 技術協力 -• スタジオ -• 制作協力 -• 製作著作 - フジテレビ版(2009年) [ ] フジテレビ開局50周年記念ドラマ 不毛地帯 ジャンル 原作 脚本 演出 ほか 出演者 オープニング 作曲: エンディング 『』 時代設定 終戦直後 - オイルショック 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 木曜日22:00 - 22:54 放送枠 木曜劇場 放送分 54分 回数 19 からまで系列の枠・22:00 - 22:54()で「 フジテレビ開局50周年記念ドラマ」として放送された。。 2クール放送。 全19回。 初回は21:00 - 23:18の拡大版。 は「 剥き出しの人間たち。 」 同じ山崎豊子原作であり、同じフジテレビで2003年に放送された『』(フジテレビ開局45周年記念ドラマ)と同じく主演は、放送枠も同じ木曜劇場で2クールの放送となった。 原作全編を映像化した完全版であったが、視聴率は低迷したため当初の予定よりも放送回数が減らされた。 そのため後半は駆け足の展開となっており、予告編で流されながら本放送ではまるまるカットされたエピソードなどもある。 後に発売されたDVD版では、これらのカットされた部分が大幅に追加されている。 エンディングの出演者のは1976年の映画版のオープニングで行った。 映像配信サイトでは、第1話の特別編集版が10月12日から14日までの間、抽選によって限定300名に無料配信された。 キャスト [ ] 主人公 [ ]• 壹岐佳子 -• 川又伊佐雄(・防衛部長 空将補) -• 芦田国雄(空幕防衛部) - 大本営参謀・シベリア時代 [ ]• 梅津(参謀総長)• 谷川正治(報道部長 大佐) -• 竹村 勝(関東軍参謀副長) -• 矢田() -• 鈴木(関東軍参謀長) -• 堀敏夫 -• 木田(満州電電公社) - 秋津家 [ ]• 秋津紀武(大陸鉄道司令官) -• 秋津清輝 -• 秋津千里(清輝の妹・陶芸家) -• 秋津紀次 (千里の伯父) -• 丹阿弥泰夫(能役者・千里の見合い相手)- 政界 [ ]• 三島(自由党幹事長) -• 大川一郎(自由党総務会長) -• 貝塚道生(総裁) -• 山下建良(新総裁・貝塚の後任) - 毎朝新聞 [ ]• 田原秀雄 -• 政治部長 - クラブ「ル・ボア」 [ ]• 黄(浜中)紅子 - 東京商事 [ ]• 錨田(船舶部長) - 近畿商事 [ ]• 大門一三(社長) -• 松本晴彦(航空機部長) -• 不破秀作(業務本部 調査情報部長) -• 麦野久三(専務取締役)-• 堂本重人(鉄鋼担当専務取締役) -• 武蔵稔(財務本部長) -• 峯 (船舶部長)-• 武田(運輸部長)-• 伊原(綿花部長)-• 秘書(壹岐担当)-• 社員A(繊維部員) -• 社員A(業務本部員) -• 海部要(副社長) -• 八束功 -• スザンヌ(社長秘書) -• ハル江(メイド) - 近畿商事支店・事務所 [ ]• 東山(テヘラン事務所長) -• 早乙女(パリ支店駐在員) -• 黄乾臣(紅子の夫) -• 安蒜公一(日東交易社長)-• 竹中莞爾(国際) -• タイピスト(日東交易)- 千代田自動車 [ ]• 森(社長)-• 村山(営業担当専務取締役) -• 小牧(技術担当常務取締役)- 第三銀行 [ ]• 玉井(頭取)- 五菱商事 [ ]• 神尾(専務取締役)- 五井物産 [ ]• 有田(専務取締役)- 関東電力 [ ]• 永井(常務取締役)- 総会屋 [ ]• 林田正道 - アメリカ・フォーク社 [ ]• ヘイリー・フォーク2世(会長) -• プラット (アジア渉外担当) -• アーリックマン (東京派遣Gリーダー) -• ラディ -• トーマス -• リッカー -• ウォーレン - アメリカ・オリオン-オイル社 [ ]• リーガン(会長)- 韓国・政界 [ ]• 崔(大統領) - 韓国・光星物産 [ ]• 李錫源(会長) -• 李夫人 - イラン・国王側近 [ ]• ドクター・フォルジ - 家族 [ ]• 大門藤子(大門一三の妻) -• 里井勝枝(里井達也の妻) -• 鮫島倫敦(鮫島辰三の息子、直子の夫) -• 鮫島玲子(鮫島辰三の妻) -• 川又久代(川又伊佐雄の妻) -• 芦田智子(芦田国雄の妻) -• 谷川頼子(谷川正治の妻) -• 角田福子(角田保の妻、声のみ) - 警視庁 [ ]• 井上(捜査二課長)-• 刑事(捜査二課)- ()• 刑事(捜査二課)- 本田清澄• 警官(所轄署・事故現場)- とあるクラブ [ ]• アキ(ママ)-• ホステス -• ホステス - その他 [ ]• 叶頼山(陶芸家・千里の師匠) -• 久松長官(大臣)の秘書 -• ラッキード社の通訳 -• 救急病院の医師 -• 看護婦 -• ジョージ・岡 -• よね(秋津家 家政婦) -• 大田医師(里井の担当医)-• 個展ギャラリーの客 -• 株主総会の男(総会屋)-• 医師(里井の担当医)-• 寺田(元シベリア抑留の男)- スタッフ [ ]• 脚本 -• メインテーマ -• 音楽 -• エンディングテーマ - 「」• 演出 - 、、、• ナレーション -• プロデューサー - 、• 制作著作 - フジテレビ 放送日程 [ ] 各話 放送日 劇中の年代 サブタイトル 演出 視聴率 備考 第一話 2009年10月15日 昭和20年~ 昭和35年 物語 澤田鎌作 14. 平野眞 11. 澤田鎌作 11. 主演の唐沢寿明は第1話のシベリア抑留のシーンにあたり、7キロ減量した。 「成功しても失敗しても自分の責任」などと意気込みを語っている。 本作で秋津紀武役を務めた中村敦夫は、かつて毎日放送で放送された1979年版では鮫島辰三役を演じた経験がある。 脚注 [ ] []• 『不毛地帯』新潮文庫注意書き• 栗原裕一郎『盗作の文学史』新曜社• 2009年5月15日• 伊藤忠商事がモデル。 東宝邦画系での全国拡大(一般)公開はから。 作品の内容上航空自衛隊や航空機メーカーの協力が得られないため、ジェット戦闘機の登場するシーンは東宝の特撮部が担当し、セットと模型による特撮によって撮影された。 しかし、特撮に関わったスタッフは特技監督の川北を始めクレジットはされていない。 参考文献:川北紘一『特撮魂 東宝特撮奮戦記』(洋泉社)p. 124~125• 「シナリオメモランダム」『月刊シナリオ』日本シナリオ作家協会、1976年9月、83頁。 関連文献 [ ]• 編著『山崎豊子の『』事件:『不毛地帯』と『シベリアの歌』』(、) 関連項目 [ ]• 文官統制• 外部リンク [ ]• - (英語) 系 水曜22時台(の制作枠) 前番組 番組名 次番組.

次の