ドライフルーツ いちじく 効果。 ドライいちじく[ギリシャ産]

いちじくが妊活中におすすめ!ドライ?生?いちじくがもたらす良い効果!

ドライフルーツ いちじく 効果

女性に嬉しい効果の多いことでしられているいちじくですが、旬の状態で食べるには期間や量に限りがあります。 そんなときは手作りのドライいちじくを作ってみましょう。 実は、生のいちじくから簡単に作ることができます。 今回はドライいちじくの作り方と、効果効能についてご紹介します。 ドライいちじくの作り方 ドライいちじくの作り方は様々ですが、まずはよく洗ったイチジクを 4等分にカットします。 それを 電子レンジで加熱したり、 オーブンレンジで焼いたり、してその後 10日ほど、ネットなどに入れて 自然乾燥させる方法です。 電子レンジやオーブンレンジで焼いたりせずにそのまま自然乾燥させることは可能ですが、天気や湿度によっては、カビを発生させてしまう可能性がある為、事前に熱をいれてある程度の水分を飛ばす方法が賢明と言えそうです。 ドライいちじくの効果・効能 実は、ドライいちじくは、生で食べる用りも効果効能は高くなります。 主な効果は、 便秘解消、美肌効果、ダイエット効果、高血圧予防、動脈硬化の予防、生活習慣病の予防、糖尿病の予防、整腸作用、老化防止、更年期障害の予防と改善、貧血予防、などなど、大まかにあげるだけでもこれだけの効果があります。 ところが、ドライいちじくは、生のいちじくに比べてカロリーや糖質もアップされます。 また適度に食べることで便秘解消になるいちじくですが、食べ過ぎることによって下痢や腹痛の症状を引き起こすことがあります。 多くても3個まで、カロリーや糖質に制限がある方は特に注意して、摂取量に注意しましょう。 スポンサードリンク まとめ ドライいちじくはスーパーやネットなどで、海外輸入ものなども販売され気軽に入手することができます。 ただし、海外輸入のものなどには虫の混入されていることもあるので注意しましょう。 毎日少しずつ食べて、健康維持に役立てるとよいですね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

ドライいちじくの栄養や効能は?効果的な食べ方とカビについて

ドライフルーツ いちじく 効果

ドライいちじくの食べ過ぎに注意 独特な甘みと触感がクセになるドライいちじくですが、 食べ過ぎると少し注意が必要です。 カロリーの摂りすぎになり、太る原因に• 糖質の摂りすぎになり、老化や糖尿病の原因に• 食物繊維の摂りすぎになり、下痢の原因に といった危険性が考えられます。 ひとつずつ見ていきましょう。 カロリーの摂りすぎになり、太る原因に ドライいちじくのカロリーは、一個あたり、 約20㎉になります。 少量食べる分にはそんなに気にするカロリーではありませんが、ついつい食べ過ぎてしまうドライいちじく。 気づけば10個食べ、200㎉も摂っていた!ということにならないよう、一日の食べる量を3個まで!などという風に決めておいた方がいいでしょう。 糖質の摂りすぎになり、老化や糖尿病の原因に 一方、ドライいちじくの糖質は、一個当たり約6gです。 これも同様に、数個であれば大した問題にはなりませんが、一日に10個も食べると、ドライいちじくだけで一日の糖質摂取量近くまでなってしまいますので、注意しましょう。 食物繊維の摂りすぎになり、下痢の原因に 便秘に効果のあるドライいちじく。 しかし逆に、食べ過ぎることによってお腹がゆるくなって下痢になってしまうことがあります。 このように、少量摂れば健康に良いドライフルーツでも、食べ過ぎは良くありません。 乾燥されているものですし、ゆっくり毎日少量ずつ楽しみたいですね。 ドライいちじくの効能・効果 便秘解消効果 まず、上でもご紹介したように、ドライいちじくには便秘解消効果があります。 いちじくには食物繊維が豊富で、特に腸の動きを活発にし整えてくれる作用があります。 この食物繊維、ドライいちじくは 他のドライフルーツと比べても多く含まれています。 便秘で悩んでいる場合は、たくさんあるドライフルーツの中でも、いちじくをおすすめします。 ダイエット効果 いちじくに含まれる フィシンという栄養素は、食べ物の消化を助けてくれ、脂肪をつきにくくしてくれます。 便秘解消してくれて、胃腸の負担を軽くし脂肪防止に役立ついちじくは、ダイエットに最適ですね。 肌荒れや生理痛、生理不順や更年期障害に効果 女性ホルモンのバランスを崩すことで起こる肌荒れ、生理痛、生理不順や更年期障害等の不調に効果的なのが、いちじくに含まれる 植物性エストロゲンです。 この植物性エストロゲンは、女性ホルモンに似た作用があり、女性ホルモンを整えてくれる効果があります。 最後に 今回ご紹介した効能・効果以外にも、栄養素をたっぷり含んだドライいちじくは、むくみ解消やがん予防など、たくさんの効果が期待できます。 一日の食べる量を注意しながら、美味しく健康に食べ続けたい食べ物ですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!•

次の

ドライいちじくの栄養・効果・効能は?生との違いと摂取量について

ドライフルーツ いちじく 効果

不溶性食物繊維は、 水には溶けにくく水分を含み膨張する特徴があります。 そのことにより、 便のカサが増え腸の中を刺激して 便を押し出してくれます。 そして、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の共通する特性に「 発酵性」があります。 ドライいちじくを摂ると、大腸内で発酵・分解が進み善玉菌の ビフィズス菌などが増え、 腸内環境は整います。 そう言えば娘が赤ちゃんの頃、ひどい便秘でお世話になった浣腸のネーミング。 確か…イチジクでしたよね!? ドライいちじくの便秘改善はうなずけます。 ドライいちじくで二日酔い予防 いちじくの実や枝、葉を折ると 白い液体が出ます。 その液体が フィシンです。 フィシンは、 タンパク質分解酵素のひとつ。 「いちじくを使用していると指紋が消える」と言われるほど、タンパク質の分解力は最強なんですよ! 恐るべし!フィシンのタンパク質分解力ですね。 肉料理でいちじくを使用されますが、これは、フィシンが肉のタンパク質を分解し柔らかく仕上げてくれるからなんですよ。 そして、フィシンには、 消化を促進する働きがありますので、食べ過ぎやお酒を飲んだ後にドライいちじくを食べることで、 胃のもたれや二日酔いを防ぐ働きがあります。 さらに、胃を丈夫にする働きもあるので、胃炎からくる 口の周りの吹き出物対策も期待できます。 ベストアルデヒドの働きで抗ガン作用 ベストアルデヒドとは、いちじくの果汁から取り出すことができる成分です。 まだ研究段階ではありますが、がん細胞を麻痺させることで抑制する… 抗ガン作用があると言われています。 ドライいちじくで女性ホルモンのバランスを整える ドライいちじくを食べたとき、プチプチとした歯ざわりの小さな種。 この 種に、 エストロゲンという 女性ホルモンに似た働きをする成分が豊富に含まれています。 更年期の不快な症状や、生理不順・不妊症など女性特有の悩みを緩和。 おやつや料理にドライいちじくを摂り入れて、つらい症状が少しでも改善されればいいですね。 ドライいちじくの効果的な食べ方は? ドライいちじくを美味しく食べるためにも、知っておきたいことは以下の3つになります。 ドライいちじくの保存方法は、乾燥しないように保存袋や容器に入れて、 冷蔵庫で保存します。 ドライフルーツなので、冷暗所(5度以下)での保管で大丈夫だと思いがちなのですが、家の中は思っている以上に高温多湿になっています。 そして、カビの原因にもなりますので、 冷蔵庫での保存が最適です。 ここで… 「冷凍ではダメなの…?」 「冷凍したら長期保存できそうだし…。 ですので 冷蔵庫での保存を心がけましょう。 ドライいちじく 一日の摂取量は? 栄養価や期待できる効果が高いドライいちじく。 しかし、気をつけていただきたいことが一つあります。 それは、 食べすぎないこと! 生のいちじくと比べると ドライいちじくはカロリーが高めになります。 こちらが生のいちじくとドライいちじくのカロリーを比べたものです。 どのくらい違いがあるのか見てみましょう。 ドライいちじくは、乾燥して水分が抜けているだけなので、 栄養素は凝縮されています。 美味しいからとついつい食べすぎると• カロリーオーバー• 糖質のとりすぎ• お腹を下す 原因になってしまいます。 そこで守りたいのが、ドライいちじくの 一日の摂取量。 ドライいちじくの白い粉は… いちじくの持つ糖分が結晶化し、表面に白い粉のようなものとして浮き上がっているからです。 身近なところで、干し柿や干し芋などにも白い粉…見られますね。 なので、心配せずにお召し上がりください^^ では、どうしても気になる方のために、カビかどうか見分けるポイントを紹介します。 カビの場合、嗅いでみるとカビ特有の「 カビ臭さ」がしますので、すぐにわかります。 そして 白い部分の色。 カビの場合、よ~く見れば 淡いグレーか緑色をしています。 白い色でも ワタのようなものが浮いた感じでついています。 この、臭いと白い部分の色をチェックしてくださいね^^ それでは最後に、今回お伝えしたことをまとめてみましょう。 ドライいちじくに付く白い粉はカビではない。 ・食べ方 理想の食べるタイミングは食後。 ・一日の摂取量 一日に3~4個を目安に。 1個あたり7gくらいで約20kcal。 ドライいちじくの効能を知り、更年期世代の私は思わず購入してしまいました。 とくに、2種類の食物繊維と女性ホルモンのバランスを整えてくれることへは期待大といったところです。 毎日の食事が体のバランスを整える源になります。 美味しく食べて健康に過ごすために、体に良いものは積極的に摂り入れていきたいですね^^.

次の