パルスワン 育成論。 【ポケモン剣盾】パルスワンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

第11話 パルスワン

パルスワン 育成論

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 AとSに努力値を振る 物理アタッカーなのでAとSには努力値を252ずつ振っておこう。 余りをHに振るとHPが偶数になってしまうので、余りはBに振るのがおすすめだ。 スキルリンクで連続技を最大数で繰り出す この型はからをやぶるでA,C,Sを上げ、スキルリンクによって 連続技を最大数で繰り出しながら戦う。 連続攻撃はミミッキュのばけのかわや、みがわりなどに強い。 身代わり持ちが環境に増えるほど強力になるぞ。 持ち物はタスキとラムのみがおすすめ よく使われる持ち物はきあいのタスキとラムのみ。 耐久型を見るならおうじゃのしるし 物理耐久が高く、素早さが遅いポケモン相手にはおうじゃのしるしが有効。 からをやぶる後であれば、1度ひるませれば押し切れることが多い。 ハイドロポンプが物理受けに有効 物理受け対策をするならハイドロポンプがおすすめ。 特殊を使うならCを下げるわけにはいかないので、性格をやんちゃかむじゃきにして使おう。 おうじゃのしるしで怯ませ続けられると手も足も出なくなる点は注意。 タスキ対策をしておく パルシェンはきあいのタスキを持っている可能性が高いので、1残ったHPを削る手段を用意しておきたい。 先制技やすなあらし、ステルスロックなどが汎用性もありおすすめだ。 先制技があると倒しやすくなる からをやぶる後は耐久が下がっているので、先制技で攻撃するのが有効。 タスキで1残ったHPを削るのにも役立つ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

パルスワン

パルスワン 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるパルスワンの育成論と対策について掲載しています。 パルスワンのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 5倍 パルスワンの特徴 高速で動ける仕事犬 パルスワンは素早さが高く、高速アタッカーとして活躍するインテレオンよりも高い素早さを誇ります。 多くのポケモンに対して先制で行動することができ、 豊富な補助技を使って自分に有利な場面を作り出すことができます。 特性「がんじょうあご」でアタッカー運用も 特性「がんじょうあご」によってかみなりのキバなどの技を1. 5倍の威力で使用することができます。 攻撃が決して高くはないポケモンですが特性のおかげで物理アタッカーとしては 数値以上の火力が期待できます。 耐久が低いので行動保証用にタスキを持たせることでアタッカー性能を高めています。 ほのお打点はナットレイやアイアントに、フェアリー打点はドラゴン系統に対して強力で初手性能が高いポケモンです。 とおぼえによる攻撃上昇が味方にも恩恵があるようになり、横の物理アタッカーの火力を上から上げながら攻撃させていく型です。 また、最速でそうでんを使用できるパルスワンは妨害性能も高く、相手のダイマックス技をダイサンダーに変えることで追加効果を消しつつ自身の火力を出しやすいフィールド展開へと繋げます。 技範囲も広く、先制を取られて高威力の技を受けてしまうため注意しましょう。 対策方法 じめんタイプのポケモン パルスワンはじめんタイプのポケモンに対して有効的な攻撃技を持っていません。 メイン技であるでんきタイプは無効であるうえに、じめんタイプに対して効果抜群である技を持っていないため、じめんタイプのポケモンで対応していきましょう。 スカーフアタッカーで上から攻撃 パルスワンの素早さは高く、そのままでパルスワンの先手を取れるポケモンは限られていますが、こだわりスカーフで素早さを上げることでパルスワンの素早さを上回るポケモンは多いです。 中でもじめんタイプの技が使え、ある程度の素早さを持つアタッカーにこだわりスカーフを持たせてパルスワンより速く攻撃するのがおすすめです。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は6V。 完全な物理アタッカーの場合は特攻は切っても構いませんが、バークアウトのダメージを重く見る場合には高いに越したことはありません。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】パルスワンの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

パルスワン 育成論

今回の解説はパルスワンです。 基本データ No. 836 分類 いぬ 英語名 Boltund タイプ でんき H69 A90 B60 C90 S121 高さ 1. 0m 重さ 34. 25 図鑑説明 ソード 電気をつくって脚に送り走りをアシスト。 三日三晩休まず走れるのだ。 シールド 電気の力で脚力を増強。 トップスピードは時速90キロを軽く超える。 名前の元ネタはが過去にリリースしたアクションゲーム『』と思われる。 黒くなった四肢、胸部の黄色いV字型の模様など、デザインにもを意識した意匠が見受けられる。 なお、残念ながらは覚えない。 概要 剣盾に登場するの一種。 ワンパチの進化系。 電気で足を刺激することで遠くまで歩けるらしい。 しかも三日三晩休まずに走れるスタミナもある。 勇ましさのみならず、キャンプでボールを投げると満面の笑みで取って戻ってくるワンパチ時代の可愛らしさも残している。 牧場のの餌や卵を掠め取るフォクスライとは敵対関係にある。 しかし、パルスワンの方が様々な面で有利を取れてしまうので宿敵と呼べるのかすら怪しい所。 モチーフ 元ネタは恐らくシェパード。 第8世代にはイギリス由来のものがモチーフになっているものが多いことを鑑みると、ボーダー・コリーがベースになっているのかもしれない。 ガラル地方のモデルであるイギリスでは狐狩りが盛ん。 それ専用に飼育された猟犬いわゆる『』が飼育された歴史があったりと狐と犬には密接な関わりがある。 フォクスライの天敵がパルスワンというのも納得のいく話である。 神話でも誰にも捕まらない狐を追いかけ続ける獲物を必ず捕らえる能力を持つ猟犬の話がある。 ゲームのパルスワン 高い素早さから旅パでも優秀なまさに忠犬とも言うべき。 出現場所• ミロカロ湖・北• エンジンリバーサイド• 砂塵の窪地• の湖 マックスレイドバトル• エンジンリバーサイド• 巨人の• の湖 対戦のパルスワン 能力 らしく素早さが高く、攻撃・特攻が次いで高い。 ほっぺすりすりを覚えるの中では最速。 特性 「がんじょうあご」はあごやキバを使って攻撃する技『かみつく』『』『ひっさつまえば』『ほのおのキバ』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『どくどくのキバ』『』『エラがみ』の威力が1. 5倍になる。 は「かちき」。 相手の技や特性で能力ランクが下がると、『とくこう』ランクが2段階上がる。 自分や味方の技で下がった場合は効果がない。 特徴 上から麻痺+タスキ潰しが出来るという利点を持つ。 やほのおのキバといったキバ系の技を習得し、なおかつ特性のがんじょうあごで強化出来る。 そのため、対応できるタイプの範囲が非常に広い。 残念なことにこおりのキバは覚えない。 しかし、じゃれつくをレベルアップで覚えるため、ドラゴンタイプも相手取れる。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の