北斗 晶 アンチ。 北斗晶ブログで朝食ハンバーグやジンジャーで批判される?2018年現在乳がんを克服!!

北斗晶のアンチエイジングって!!!どうなんだろ・・・

北斗 晶 アンチ

2005年に建設オフィスを設立 2004年の段階で無一文となっていた佐々木健介が、2005年11月15日にプロレス関係のマネージメント会社として設立したのが「健介オフィス」です。 それに伴い、北斗晶の地元である埼玉県吉川市に自社ビルを建設すると発表しました。 最終的には1階がプロレス道場で、2階が事務所、そして3階が寮という構成となったのです。 おそらく2006年に完成したと思います。 建物と駐車場を入れた敷地面積は300平方メートル以上にもなりました。 25プール位の面積になる計算ですので、その広さが伺えます。 ただ、そのために1億1000万円もの借金をしたのです。 無一文と言われた健介氏がこれだけの借金をする事ができたのは、夫婦のネームバリュー以外の何者でもないでしょう。 順当にいけば、この借金も返済できていたでしょうが好事魔多し、突然のトラブルが健介を襲ったのです。 「ダイヤモンド・リング」の事実上の倒産 健介オフィスを立ち上げた後は、各プロレス団体でへの参戦で活躍していたのですが、2012年2月11日に名称を「ダイヤモンドリング」へ変更しました。 ところがその後にヘルニアが悪化するというトラブルに見舞われ、2014年2月11日の試合を最後に引退したのです。 それに伴いダイヤモンドリングの所属選手も1人を残して去り、事実上の休眠となったのです。 当然道場も閉鎖となりました。 これによって収入が激減したのは間違いないでしょう。 1階の道場にはテナントが入る ダイヤモンド・リングの休眠にともない、自社ビル1階の道場は不要になりました。 2016年現在は保育園と整骨院がテナントとして入っています。 これによる賃貸収入を借金返済に充当しているのでしょう。 2014年末の時点では整骨院が入っていたのは確認できていますので、安定したテナント収入が見込めると思っていた矢先に、北斗晶ががんに侵されてしまったのです。

次の

北斗晶ブログで朝食ハンバーグやジンジャーで批判される?2018年現在乳がんを克服!!

北斗 晶 アンチ

プロフィール 名前:北斗 晶(ほくと あきら) 本名:佐々木 久子(ささき ひさこ) 生年月日:1967年7月13日(49歳) 出身地:埼玉県 身長:168cm 体重:70kg 所属:健介オフィス ・1985年:女子プロレスラーとしてデビューする。 ・1995年:佐々木健介と結婚する。 ・1998年:長男を出産する。 ・2003年:プロレスを引退する。 次男を出産する。 ・2015年:乳がんのため右胸全摘出手術を受ける。 北斗晶が嫌いと言われる理由がヤバイ!? 北斗晶さんは鬼嫁キャラとして大活躍していますよね。 夫の佐々木健介さんとのコンビも大人気です。 そんな北斗さんなのですが、嫌いと言われていて、その理由が話題になっているそうです。 では、北斗さんが嫌いと言われる理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、北斗さんは日頃の言動やがんを告白したことなどから嫌いと言われているそうです。 北斗さんは鬼嫁キャラとして活躍しているのですが、そうしたキャラもあってか言葉遣いなども少し荒いことが多いですよね。 なので、そうした北斗さんの言動などが嫌いと感じる人が多いそうです。 また、北斗さんは2015年に乳がんを患っていることを告白し大きな話題となったのですが、北斗さんが自身のがんについてステージ2で5年生存率50%ということを明かしていたことも話題になっていました。 スポンサーリンク これについては北斗さんを応援する声も多かったのですが、会見の中で北斗さんが5年生存確率が50%ということで 「残れる半分に入るために、これから頑張る。 」 と語るなどしていたことから、その発言が批判されてしまったのだそうです。 なので、そうしたことから同じく乳がんを患った人を中心に北斗さんの事を批判する声も多く嫌いと言われてしまっているそうです。 ただ、これについてはメディアが勝手に北斗さんがそのような発言をしたと報じたとも言われていて、北斗さん自身はそのような発言をしていないとも言われているのだとか。 実際のところはわからないのですが、北斗さんが嫌いと言われる理由がヤバイですよね。 また、他にも北斗さんは乳がんの手術跡を公開していて、そうしたことなども批判されているそうなのですが、反対にそんな北斗さんの闘病を応援する声も多く上がっていて北斗さんについてはファンとアンチから賛否両論の意見が寄せられているようです。 スポンサーリンク 北斗晶の現在の病気の驚きの状態とは!? 北斗晶さんは乳がんを告白し、治療を受けたことなどが話題になりましたよね。 夫の佐々木健介さんなどの献身的な看病などもあって、手術も成功したと言われています。 そんな北斗さんなのですが、現在の病気の状態に注目が集まっているそうです。 では、北斗さんの現在の病気の状態はどうなっているのでしょうか。 そこで調べてみると、北斗さんは現在、乳がんの治療をある程度終えて、タレントとして復帰しているそうです。 北斗さんは2015年に乳がんを公表し、入院をして乳房を摘出する手術を受けたりしていました。 入院中に頭を丸めた姿なども披露していたのですが、現在は無事に退院をしています。 スポンサーリンク 夫の佐々木健介さんが明かしたところによると、入院後の北斗さんは治療の甲斐もあってか体の方もかなり楽になって現在は放射線治療とホルモン治療を行っているのだとか。 そして、2016年の11月28日にタレントとして復帰することをブログで公表し、TOKYO MXの「5時に夢中! 」で仕事復帰をしたそうです。 しかし、現在はがんの転移もなくて手術後の経過も良好ということで、当初言われていた余命などは外れたと言えそうですね。 今後は数年に渡って放射線治療などを受けていく予定だそうなのですが、かなり元気に活動しているということで北斗さんの現在の病気状態はかなり良さそうですよね。 普段の言動や乳がんの告白など、その闘病などから嫌いと言われてしまった北斗さんなのですが、余命1、2年と噂されたこともあったものの現在は手術も成功して経過も良好でタレントとして復帰するなど現在の病気の状態も注目されていて、今後もそんな北斗さんに注目していきたいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

北斗晶に「不愉快」と批判の声|BIGLOBEニュース

北斗 晶 アンチ

プロフィール twitterより引用 芸名 北斗晶 ( ほくとあきら )さん、本名 佐々木久子 ( ささきひさこ )さん 生年月日 1967年7月13日(現在52歳) 出身地 埼玉県 血液型 O型 身長 169cm 趣味 映画鑑賞、海外旅行 所属事務所 健介オフィス(代表取締役社長) 家族構成 両親と、お姉さん、北斗晶さん、妹さんの5人家族だそうです。 北斗晶さんは、三姉妹で一番気が優しいそうです。 北斗晶さんは、感受性が豊かで、ドラマとか見ていて、時には、泣いたりする事も、あったそうです。 デビューのきっかけは 1985年に、全日本女子プロレスより、デビューされました。 当時はまだ、リングネームが無くて、本名をリングネームとして、活躍されていました。 デビュー当時から、連戦連勝で、デビューからの連勝記録を、保持していたそうです。 デビュー年の、新人王決定戦では、惜しくも準優勝に終わりましたが、年末の女子プロレス大賞で、 最優秀新人賞を手にされました。 1986年の、大阪城ホール大会では、コンドル佐藤さんが保持していた、全日本ジュニア王座を奪取されました。 しかし、1987年当時、保持されていたWWWA世界タッグ王座(パートナーに堀田祐美子さん)の初防衛戦にて、 首の骨を折る重傷を負い、長期欠場する事となりました。 骨折した部分は、頸椎の周りの部分であり、 最悪の場合には、植物状態になるかも知れないと、告知されたそうです。 北斗晶さん誕生 危険な状態から、何とか復帰してきた、北斗晶さんですが、医者からは、引退を進められていました。 なぜならば、「このまま選手生活を続けると、30歳過ぎには、後遺症が出て、体が動かなくなる可能性があります。 」との事でした。 しかし、北斗晶さんは、プロレスを続けたい思いが強く、ファンも復帰を望んでいた(詳しい病状は明かされていなかったようです)ので、復帰を決意されました。 1988年には、同期の鈴木美香さんと、海猿組を結成するとともに、リングネームを北斗晶に変更されました。 その後も、活躍は続きましたが、1995年にスポーツと平和の祭典にて、現夫である健介さんと出会い、1995年6月には、健介さんと結婚されました。 結婚後も、活躍は続きましたが、1998年の長男出産で、一時リングを降りるも、翌年には再度復帰されたました。 日本初のママレスラーとなり、活躍されていましたが、親友の方を、亡くされた事がきっかけで引退を決意し、2002年4月に引退されました。 その後しばらくは、主婦業に専念するも、2003年には、夫の健介さんが、WJプロレス退団されました。 その後、北斗晶さんが、健介さんのマネージャー役として、プロレス界に復帰され、翌2004年には、健介オフィスを立ち上げられました。 その後、北斗晶さんは、バラエティ番組を中心に、テレビ出演され、レギュラー番組を持つ程の、人気になりました。 息子が結婚した意外なお相手とは!? 息子が結婚した意外なお相手の話が出た時は、 息子さんは高校生でした。 それで、結婚とはどういう事なのかというと、結婚する息子とは、健介さんのお弟子さんで、 本当の長男のようにかわいがっていた為に、「息子が結婚」と報道されました。 そのお弟子さんは中島勝彦さんの事で、中島勝彦さんは母子家庭で育って、16歳の頃からお弟子さんとして一家に迎え入れたそうです。 その中島勝彦さんの意外なお相手とは、元ミニスカポリスで7歳年上の飯作あゆりさんでした。 プロレス界の方かと思いきや、全然違いましたね~。 二人は健介さんの知人の誕生会の席で知り合い、交際に発展して中島勝彦さん自身の誕生日である、3月11日にプロポーズをされたそうです。 その後は6月11日に婚約発表して、8月11日に結婚披露宴と、11並びにこだわったそうです。 北斗晶さんの余命は、嘘だった!? 北斗晶さんの、余命についての発表が、嘘だったという噂があります。 結局余命がステージ3に近い、状況だったのではないかと、思われます。 (ステージ2と公表した事で、多少誤解を生んだようです) 北斗晶さんは、毎年乳がんの検診を、受けていたそうですが、それでも発見できなかった程、進行が速かったそうです。 幸な事に、手術は成功したと、発表されています。 北斗晶さんの手術後の治療 北斗晶さんの手術後は、2015年11月から抗がん剤治療が始まり、2016年6月には放射線治療、そして現在はホルモン療法(内分泌療法)が継続しているようです。 仕事復帰されてから、北斗晶さんは闘病の様子をあまり語られなくなりましたが、その元気な姿を見ていると、闘病中である事を忘れそうになりますよね。 ホルモン療法は使用する薬の種類によって変わるそうですが、数年~10年ほどの期間、服用を続けるのが目安になっているようです。 治療期間が長いとつらくなる時もあると思います。 そんな中、笑顔を絶やさない日々を送られている北斗晶さんが、このまま無事に克服される事を願っています。

次の