中国 ドラマ ふう や お。 華流/中国ドラマ「瑯琊榜/ろうやぼう」あらすじ・相関図・キャスト

中国No.1ドラマ「瓔珞~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」がいよいよBS12で放送! 本作の見どころをご紹介

中国 ドラマ ふう や お

中国の南北朝時代の架空の時代設定で、 宮廷&戦闘時代劇としてだけでなく人物描写や心情、心理戦がうまく合わさって見る側をあきさせない、さらに何度みても違った見方ができるドラマとなっています。 架空の時代設定なので、中国の歴史がわからなくてもストーリー展開を十分に楽しめるドラマなのでエンタテイメントとして純粋におもしろいおすすめ作品です。 1回目はストーリーと心理作戦を楽しむ、2回目は人物関係をプラスして展開を楽しむなど知ればしるほどドラマの見方が変わる楽しみもあります。 でもわざわざ各チャンネルを契約する必要があるので、不便な上にコストもかかります。 便利にお得に視聴するには動画配信サービスをおすすめします。 動画配信サービスのU-NEXTはすでに配信を開始しています。 U-NEXTは、さらに 最新作も豊富。 今なら「 30日間無料お試しサービス」で 他の華流/韓流ドラマもイッキに無料で見放題です。 その梅長蘇は蘇哲という名で都入りし、別の目的のためにすでに動いていた。 赤えん軍の名誉と一族の復讐のために満期を持して都に乗り込んだ蘇哲は、正体を明かすことなくかつて盟友だった靖王の策士となり宮廷や朝廷を巻き込み着々と復讐への脇固めをしていく。 反逆の罪を着せられた赤えん軍に父と従軍していた。 死んだと思われている。 梁帝の娘。 南の国境を守る穆王府を任されている。 かつて林殊の婚約者だった。 今も林殊が忘れられない。 梁帝の第7皇子。 実直な性格で政治の謀は苦手。 長兄の祁(き)王を慕っていた。 梁帝に疎まれている 禁軍大統領。 林殊と一緒に赤えん軍に従事した。 梅長蘇が林殊と知るひとり。 梅長蘇の護衛。 空を飛ぶのが好き。 身のこなしが早く梅長蘇の言うことだけは聞く。 ビクター・ホアン リウ・ミンタオ ディン・ヨンダイ チャン・リンシン ジン・ドン 誉(よ)王 静妃 梁帝 夏冬(かとう) 藺晨 蕭景桓。 梁帝の第5皇子。 野心家で常に皇太子の座をねらい画策している。 靖王の母。 思慮深く謙虚。 かつて林家で医女として働いていた。 梁の皇帝。 疑い深く、後継者に頭を悩ます。 赤えん軍を反逆罪で処罰し、長子の祁王を死罪にした。 皇帝直属の懸鏡司の掌鏡使。 夫が赤えん軍に従事し死亡した。 夫の死を林将軍のせいだと思っている。 瑯琊閣閣主。 梅長蘇の友人で、医者。 林殊を死の淵から救った。 神出鬼没。

次の

中国No.1ドラマ「瓔珞~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」がいよいよBS12で放送! 本作の見どころをご紹介

中国 ドラマ ふう や お

私と同じ様な感じで「歩歩驚心」が好きだった人だったら、おそらく間違いなく楽しめるドラマだと思います。 現在DATVで放送してますが、レンタルで観ても損はないと思います。 ツッコミどころ満載でしたが 笑 、本当に続きを観るのが楽しみであっという間に観終わってしまったドラマです。 以下、ネタバレあります。 2012年に撮影が終了していたのに、諸事情により放送が遅れようやく中国でも昨年放送された今作。 そう考えると日本にやって来たのは意外と早かったんですね。 そうそう、中盤で挫折したけど「衛子夫」を観ていたので、人間関係に関しては何の戸惑いもなくスンナリでした。 衛無忌は霍去病、昭陽公主は平陽公主、万子衿は衛子夫、万謙は衛青、李佶は李敢がモデルだと思います。 モデルを知らなくても普通に楽しめると思うんですが、人々に熱狂的に支持されていた若き軍神・霍去病の早逝とか、衛子夫並びにその一族のその後について知っていたら、余計にドラマが楽しめるなぁと思いました。 そして、このドラマの最大の魅力はやはり何と言っても彭于晏演じる衛無忌! 途中であまりに彼の魅力に我慢出来ずに珍しく記事を書いてしまうくらい素敵でした。 その後はもう記事を書くのも忘れるくらい視聴しては堪能しました。 一見、豪快で無鉄砲な印象があるのに、実は誰よりも怜悧に慎重に考えて行動している当代きっての英雄。 愛する女性が自分の方を向いてくれなくても、じっと時機を待ち一瞬のタイミングを決して見逃さず、瞬発的に行動に移せる実行力。 本当に本当に素敵でした!!! ふと思ったんですが、この衛無忌がここまでセクシーで魅力的なのって、彭于晏が台湾出身だというのも関係しているのかなぁと。 いや厳密に言うと彼の国籍はカナダらしいですが・・・。 何となく今まで、韓国・台湾・中国のドラマを見比べて思うのが、台湾ドラマは何となくラブシーンがセクシーなんですよね。 何がどうと言うわけではないんだけど、所作がさりげなくセクシーな男優さんが多い印象があります。 と、ここでふと思ったのが、「若㬢」の雍正帝役で、詩詩ちゃんのリアルパートナーにもなった呉奇隆も台湾出身でしたね! うん、でも別に彼はそんなにセクシーだと思ったことがどのドラマでもないな・・。 と言うことで、台湾出身はあまり関係無いのかもしれませんが 笑 、とにかく無忌は魅力的でした。 今までドラマで観た胡歌って、何となくどのキャラでも飄々とした感じだったんですが、今回の莫循は少し老成した感じというか枯れた感じのキャラだった気がします。 恋愛はじっと待っているだけでは成就しないんですよね。 見苦しいくらい攻めて玉砕して、泣いて心を痛めて・・・それでも素直に自分の気持ちに向き合ってちゃんと前を向いて自分の想いを伝える勇気を持つ人だけが、恋愛の勝者になれる資格がある。 それを素直に出来なかった莫循や秦湘が最終的にああなったのは仕方がないしとっても納得が行くなぁと。 それにしても23話の例のシーンは悶えるほど、セクシーでしたね! 26話の蘭陵王の出会いのシーンでの屋外のアレより23話の方がセクシー過ぎて、本当に息が止まりそうでした!!! 無忌がその餌食にならなかったのがせめてもの救いです。 いや、でもこの超絶ヘンテコCGがあるから私は桐華&李国立のドラマが好きなのかも。 時代は前漢なので衣装や髪型は自由でとっても観ていて楽しいし、衣装も小道具もセットも何となく若㬢テイストで安心して観れるのが好きでした。 あっ、あとBGMはかなり若㬢の使い回しなので 笑 、それも観やすかったかも。 個人的に悪役をしている方が魅力的に見える韓棟が今回はわりといい役だったけど、哀れなキャラすぎて笑えつつもわりと好きでした。 特に最後に好感度が上がったキャラでした。 何とも哀れすぎるキャラでしたけど 笑 あと、中盤から出てきた莘月の良き知人だった黒石も結構お気に入りのキャラでした。 彼が笛を吹く26話の求愛のダンスシーンは素敵でした~。 わずか35話で、広大な砂漠、王都の街、王宮、戦場と色んな舞台を描きつつ、最後にはまたあの広大で自由な砂漠に舞台が戻り、不思議な乾いた空気感がとってもエキゾチックで素敵なドラマだったと思います。 ツッコミつつ、萌えて、ウットリして、笑える本当に楽しい楽しい作品でした。 メイさん、この作品は良かったですよね^^ 詩詩ちゃんの作品の中ではこれが1番のお気に入りになりました。 メイさんがUPして下さってる青い衣装の詩詩ちゃんが本当に綺麗で よく似合ってますよね。 歩歩驚心の時の元気な詩詩ちゃんよりも こちらの方が作品の雰囲気のせいかハツラツとして見えたし 何よりウェットな感じがなくて観やすかったです。 男性陣は2人とも私はお初だったのですが 衛無忌のストレートだけれど強弱の使い方が上手くて 周りもきちんと客観的に分析できてる完璧な英雄と 慎重すぎて機を逃した莫循の対比が観ていて面白かったし ツッコミを入れながら楽しく観られました。 あんな2人に想いを寄せられる華月を羨ましく思いながら 一気に観終えることができました。 それにしてもCGがやっぱりお粗末すぎて良い場面が台無しなのは 残念ですよね^^; 続編、あるのですね 期待を裏切らない作品だと嬉しいですね。 *hana**さん。 青い衣装って本当は莫循が花嫁に着せる予定だった衣装なのに、結局それを彼女が着たのを見ることすら出来なかったんですよね 笑 その青い衣装の莘月に無忌は一目惚れだったし。 そう考えると最初から決まっていたんですね。 CGはお粗末を通り越して、既に笑えるレベルですよね。 いや、莫循の子供は無理・・・だろうからどうなっているのか分からないんですが。 原作がちゃんとあるのでさすがに続・若㬢のようにはならないと思うんですけどね・・・。 期待しすぎずのんびりと待っておこうと思います。

次の

風中の縁 : 一追再追

中国 ドラマ ふう や お

2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 28 BS12 トゥエルビ 視聴者相談センター 年末年始休業についてのご案内• 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 21 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 08 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 03 本日のプロ野球中継は天候不良のため中止となりました。 2015. 31 TwellVサイトリニューアルいたしました.

次の