君の大きな体でぎゅっと。 SexyZoneのぎゅっと

#キング #アミィ 君にぎゅっ

君の大きな体でぎゅっと

099Honey Moon 099 Honey Moon 「まもなく当機はサザンアイランド空港に到着いたします。 ……シートベルトの確認をお願いいたします」 飛行機の着陸を案内するアナウンスが入って、僕らは指示通りシートベルトを確認した。 日本から数時間、タヒチのメイン空港から乗り継いだ小さな飛行機。 まもなく目的の島に到着する機内は、期待に膨らむざわめきに囲まれる。 「まあ、きれい……!」 君はとても嬉しそうに歓声を上げた。 僕もその後ろから君を抱え込むようにして、窓の外を見た。 小さな窓から眼下を見れば、まるでクリームソーダを一面に撒き散らしたかのような、エメラルドグリーンの海が広がっていた。 君は振り返ると、まぶしそうに僕を見た。 僅かに口元を緩ませて…… そして輝くような明るい笑顔を見せた。 「どうした?」 「ううん、なんでもないの」 それから君はもう一度眼下を眺めてから、うふふと笑った。 「ほんと楽しみだわ……」 よかった…… 君の幸せそうな声を聞くたびに、僕は嬉しくなる。 やっと君を僕の奥さんにすることができて、それから君にごくごく普通の幸せを感じてもらえてるんだなって、思っただけで…… それだけで僕は、体が震えるほど嬉しくなるんだ。 何年も待たせてごめん。 昨夜も話したけど、いろんなことがあったよな。 僕が不甲斐ないばかりに、君には本当に辛い思いばかりさせてきたんだ。 だから…… 「よぉっし! 着いたら思いっきり甘やかしてやるからな」 君の体をぎゅっと抱きしめる。 「きゃっ?」 突然抱きしめられたのと、唐突な僕のセリフに、君は驚いたように振り返った。 そして大きな瞳を開けて僕を見る。 その視線に答えるべく、僕は同じ言葉を、それもすごく真面目に、真剣な眼差しで宣言した。 「この旅のあいだ中、僕は君を目一杯甘やかすんだ!」 ところが、君は全然本気にしてやしない。 「ありがと!」と軽くいなすと、ただ嬉しそうにコロコロと笑っているだけ。 さらに、 「じゃあ、私もあなたをたっぷり甘やかしてあげるわ」 なんて、ニッコリ微笑んでくれたりして。 あのなぁ、ったく…… それじゃあ何にもならないだろう? 「僕 『が』君 『を』甘やかしたいんだよ!」 『が』と『を』を必死に強調してみたけれど、君ときたら「はいはい」と笑うばかり。 こりゃ、信用されてないな…… 今までの俺の行状のせいだろな? はぁ〜 まあいいさ。 後は行動あるのみ。 きっと君に最高の思い出を作ってやるさ。 期待してろよ! 飛行機は無事に目的の島に到着した。 小さな島の小さな飛行場だ。 君の背中を押し、昔風のタラップの上から見渡すと、そこはまさに南国の景色だった。 アクエリアスの影響で予想以上に海水の復活が早かったこともあったし、この南太平洋地域は、人々の心の癒すための施設として、いち早く整備されたこともあるが…… それでも、地球人類の復興への努力は、計り知れないエネルギーがあるんだと、感心させられてしまう。 地球の人々は、こんな短いあいだに、地球に再び楽園を作ってしまったんだ。 そう、ここは楽園。 僕らの夢の中に描いていたとおりの美しい南の楽園なんだ。 僕は、この楽園の景色を全部君に捧げよう。 「さあ、行こうか」 タラップから降りた僕は、隣に立つ君の肩をそっと抱きしめた。 「ええ……そうね!」 君は目を輝かせて僕の腕を取ると、軽やかな足取りで乗り継ぎのクルーザーが停泊している船着場に向かって歩き始めた。 よしっ、行こう! 憧れのラグーンにある僕らのためのコテージへ。

次の

君に繋がる空

君の大きな体でぎゅっと

「それにしても、さっきのソウジの技すごかったよな」 デーボス軍との戦闘で、新しく編み出した剣の技を試してみたときのことだ。 にこにこ笑いながら、キングが近づいてきたと思ったら、不意打ちのようにソウジを捕まえてぎゅっと抱きしめた。 「……」 たっぷり10秒以上経ってからソウジが抗議の声を上げる。 「もう、何なんだよ……」 緩く押しのけようとするソウジを放さずに、むしろぎゅっと腕の中に抱き込んで楽しげにキングが笑う。 「やっぱりだな」 「……だから何?」 「アミィが言ってた。 ソウジはハグされたら、固まって動けなくなるんじゃないかって。 確かにめちゃくちゃ嫌そうな顔してるけど、絶対に無理矢理ふりほどくこと無いんだもんな」 ……敵に後れをとることはないのに、おもしろいよな。 アハハハと明るい声を上げ、よしよしと抱き込んだままのソウジの髪を満足げに撫でている。 「……ったく、俺はおもちゃじゃないし」 ……アミィさんもキングも、おかしいんじゃないか……。 幼い頃に母と離れ、厳しい父と二人で暮らしてきたソウジには人に構われる経験がひどく少なく、ましてや、こんな風に心やすく抱きしめられることなど初めてかもしれない。 「ボーイはアミィちゃんの匂いを堪能してるんだよな」 ……全く、隅に置けないな……。 「ばかか、……あんたじゃあるまいし」 軽蔑を込めて睨み付けてもイアンは軽くウィンクして笑っているだけで、なんだかむかつく。 確かにアミィは花のような爽やかな良い匂いがするけれども。 「俺は汗くさいだろぉ」 言いながらわざとぎゅっと抱き込むキングには明らかに遊ばれているのがわかるのだけど。 「もう、放せよ」 砂埃と汗の匂い。 確かに良い匂いじゃないけど、でも全然不快じゃない。 元々体温が高いのか、頬に押しつけられたキングの胸が熱いくらいに感じられる。 「あら、ソウジ君照れてるの?」 ……顔が赤いわよ。 日頃、まるでソウジを弟のように扱うアミィがそう言ってからかう。 「ちがう」 たぶん今、自分の顔が熱いのはきっとキングの体温が高すぎるせいだ。 全く力を緩めそうもないキングに業を煮やして、ソウジは脇に腕を入れ、自分より大きな体をすくい上げるようにひっくり返した。 「うわああっとっ!!」 完全に油断していたキングが目を丸くして床に転がり、自分を投げ飛ばしたソウジを見上げて嬉しそうに笑う。 「やっぱ、ソウジは強いなぁ」 「お、何々、二人でお相撲?」 ……僕も混ぜてよ……。 「おお、ノッさんもやるか、ソウジは強いぞ」 「ずっるぅい、あたしだって、負けないんだから!」 勝手に話を進める三人と少し離れて笑ってみているイアンにため息ついて、ソウジが肩をすくめる。 「いつから、相撲になったんだよ」 それでも、そんな仲間が嫌いじゃないんだなと、そう思って、ソウジはくすりと小さく笑みを漏らしたのだった。

次の

#キング #アミィ 君にぎゅっ

君の大きな体でぎゅっと

金沢市の公立高校の合格発表があった。 都市部とは違い、金沢市では昔から、公立高校を第一志望にする子が多い。 私立先願の子もいるが、滑り止めの意味もあって、公立受験の前にほぼ全員が私立を受ける。 私立側も心得たもので、公立合格組が入学辞退することを見越して、定員の数倍の合格を出す。 だから公立受験の頃には、ほぼ全員が私立への切符を手にしている状態だ。 そして3月上旬公立受験に臨み、卒業式を経て、合格発表がある。 昨日はSNS上に、サクラサクの報告が相次いだ。 おめでとう! だが、残念ながら、不本意な結果に終わった子もいる。 友達が躍り上がって喜んでいる横で、唇をぎゅっと噛みしめて、泣くのをこらえた君。 今日は君のために、ブログを書くよ。 昨日の今日だから、君はまだ混乱しているかもしれない。 悔しさと悲しさと後悔が入り混じった、やるせない気持ちを持て余しているだろうか。 お母さんに「ごめん」と謝った子もいたと聞く。 謝る必要なんかない。 君はよく頑張った。 辛い結果ではあるけれど、恥じることは1ミリもない。 君はいらない…と志望校から言われたように感じて、自分はダメな人間だと、もしかしたら今、思っているかもしれない。 全然ダメな人間じゃないよ。 君の存在価値や人としての尊さは、受験前となにひとつ変わっていない。 君は生まれた時からずっと、かけがえのない大切な存在で、愛されている。 君の人生は、なにも損なわれていない。 でも今、君は傷ついているよね。 そのことを受け止めてほしい。 自分は悲しんでいる、傷ついている、悔しがっている…、その感情に蓋をしないでほしい。 忌々しいかもしれないが、その想いを認めてほしい。 平気な顔をして、無理に明るく振る舞う必要はないから。 立ち上がるのは、その後でいい。 今の気持ちを、ちゃんと味わい尽くしてからでいい。 時間がかかってもいい。 そのために入学式まで、3週間近くあるのだから。 どの学校に行くかは、ご縁のものだと私は思う。 第一志望ではなかったけれど、君は私立高校とご縁があった。 だから堂々と胸を張って、入学してほしい。 その学校でどんな3年間を過ごすのかが、大事なのだ。 どんな先生や友達と出会い、どんなことを学び、どんな部活に情熱を注ぎ、どんな体験を積み重ねるか…。 君の3年間は、希望と可能性に満ちている。 そしてちょっと振り向いてみて。 君のお父さんとお母さんは、君を励まそうとして、「長い人生から見れば、たいしたことじゃないよ」と笑顔で君に接しているかもしれない。 でもその笑顔の下に、大きな哀しみを抱えている。 それは君が合格できなかったことを、悔しがっているのではない。 君が傷ついている姿に、自身も傷ついているのだ。 誰よりも君の希望が叶うことを願っていた人たちだから、君の悲しさや苦しさが我がこと以上に、胸をしめつける。 どうしてあげることもできない自分の無力さに、歯噛みしている。 君の苦しさを、肩代わりしてあげられないジレンマに、さいなまれている。 お父さんとお母さんの哀しみ。 …それは、君が愛されている証だ。 重ねて言うが、君の存在価値は露ほども脅かされていない。 お父さんとお母さんの愛情も、全く変わっていない。 君の人生は、これからも光の道だ。 だから今、全てを失ったように感じていても、大丈夫なんだよ。 まずは思いっきり泣いて、悔しい感情を吐きつくす。 それから、ゆっくり顔を上げて、前を向こう。 頑張った自分に誇りを持って、入学式に臨んでほしい。 卒業おめでとう。 入学おめでとう。 君の経験は、決して無駄にはならない。 そして、お父さんとお母さんにも一言。 傷つく子どもの手前、親は落ち込んだ素振りを見せてはいけないと、今、頑張っているかもしれない。 でも親だって傷つく。 大切な我が子の悲しむ姿を見たら、誰だって深く傷つく。 その想いを無視しないでほしい。 今、私はとても悲しい、やるせない、傷ついている…と、感情をそのまま認めてほしい。 負の感情は、認められてはじめて昇華する。 いったんしっかり味わってからでないと、感情は手放せない。 だから今の気持ちを見つめることは、とても大切なことだ。 そうやって気持ちがリセットできたなら、今度は我が子の入学を、盛大にお祝いしてあげてほしい。 15年間、一生懸命育てた子どもが、晴れて高校生になる…。 その門出を、嬉しい気持ち満開で、みんなでお祝いしてほしいと思う。 もう春がすぐそこまで来ている。

次の