オクラ なり 方。 オクラの収穫の時期は?タイミングの見分け方・やり方、保存方法も

オクラのとげ・産毛は食べられる?簡単な取り方は?|つぶやきブログ

オクラ なり 方

オクラは生で食べる? オクラはとても栄養価の高い食べ物です。 オクラは 生で食べると、その栄養価をそのまま摂ることができるので、実はオクラは生で食べる方がオススメなんです。 旬の時期のオクラは柔らかく生で食べるのに適しているので、ぜひ夏には生で食べたいですね。 硬くなっているオクラを生で食べると、口の中に残ってしまいますので、硬くなったオクラは茹でて食べる方がむいています。 オクラを生で食べ方と下ごしらえの方法 オクラを生で食べるときは、周りについている産毛が気になりますよね。 オクラは産毛がたくさんあるほど新鮮とはいいますが、生で食べるとなると産毛が気になっちゃいます。 生でオクラを食べるときの下処理の仕方は、• オクラのヘタ・ガクを包丁で取り除きます。 洗ったオクラをまな板の上に並べ、塩を少量ふりかけます。 まな板の上でオクラを手のひらで軽く抑えながら転がし産毛を取ります。 水で洗い流します。 これでオクラの下処理は完了です。 オクラを転がす時は力を入れすぎてしまうとつぶれてしまいますので、軽く転がして下さいね。 下処理をしたオクラは生で食べられます。 お好みで細かく刻んだりスライスをして召し上がって下さい。 オクラを切ると切り口が星形になるので、小さい子供は喜んで食べてくれますよね。 新鮮なオクラの選び方 オクラを選ぶ時は、緑色が濃く鮮やかで、産毛の多いものを選びます。 また、大きく育ってしまうと硬くなったりエグミが出てきてしまうので、なるべく小ぶりなものを選ぶようにして下さいね。 オクラをレンジで茹でる時間は何分? オクラを茹でるのに、お湯を沸かすのって面倒ですよね。 レンジを使うと1分という速さで、簡単にオクラを茹でることができます。 しかも、お湯で茹でるとどうしても栄養がお湯に流れてしまいますが、レンジの場合は栄養をそのまま摂ることができるので、オクラを茹でる場合はレンジを使うといいですね。 オクラをレンジで茹でる方法• オクラを軽く擦り洗いします。 ヘタを切り落とします。 耐熱皿に並べ、ラップをして1分加熱して(500W~600W)出来上がりです。 レンジでオクラを茹でると、本当に簡単ですよね。 私は鍋を使わず茹でられるという便利さから、レンジを使って茹でていますが、時間も短縮できるので非常に助かっています。 離乳食やお弁当のおかずに少量だけオクラを茹でたいときも、レンジなら手間がかからないので必要なだけ茹でることができます。 オクラは鍋で茹でるよりレンジを使う方が、茹で上がった時の緑色が綺麗に仕上がります。 そして水分も入らないのでビチャビチャした感じもないので、オクラを茹でる時はレンジを使うのがオススメですよ。 オクラは生と茹でた場合で栄養が違う? オクラに含まれる栄養は、ビタミンの一種であるビオチン、食物繊維であるペクチンなどがあります。 便秘解消やアンチエイジング、疲労回復に効果があると言われている栄養素です。 ビタミンの一種であるビオチンや食物繊維であるペクチンは、非常に熱に弱いので、熱を加えることによって減少してしまいます。 これは鍋を使わずレンジで茹でた場合も同じです。 オクラの栄養を期待するのであれば、 生で食べる方が栄養を逃すことなく摂ることができます。 ダイエットで話題になった「オクラ茶の作り方」も紹介しています。 オクラ茶は簡単に作れますので、血糖値やダイエットが気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。 オクラの食べ方 まとめ オクラの旬の時期は7~9月の夏です。 旬の野菜は本当に美味しいですよね。 旬の野菜は栄養分が高いと言われていますので、オクラも夏が一番栄養分が高くおいしい時期です。 新鮮で柔らかいオクラが手に入ったら、ぜひ栄養たっぷりのオクラを生で食べて、暑い夏を乗り切って下さいね。

次の

オクラの育て方に必要な5つのポイント

オクラ なり 方

ビタミンB1・B2・C、カロテン、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどを多く含みます。 オクラは比較的育てるのが簡単で収穫量も多く、ハイビスカスに似た黄色の花を楽しむこともできるため、家庭菜園でも人気がある野菜です。 今回は、オクラの栽培方法・育て方のコツをお伝えします。 家庭菜園で初心者におすすめのオクラの品種 オクラには角オクラや丸オクラなど、さまざまな品種があります。 育て方に違いはないので、お好みで選んで大丈夫です。 オクラは露地栽培では人の背丈よりも大きく成長します。 ベランダなどの限られたスペースで家庭菜園を行う場合は「ピークファイブ」など、草丈がコンパクトでプランター栽培向きのオクラを選ぶと育てやすいでしょう。 角オクラ ピークファイブ 背丈が低く、家庭菜園やベランダなどで扱いやすいオクラです。 果長7~8cmで収穫します。 種と苗、どちらが初心者向き? オクラは、種から始めても苗から始めても育てやすさにあまり変わりはありませんが、初心者の方はポット植えの苗から育てる方がより育てやすいでしょう。 気温が安定する前に種をまいて失敗するケースが多いので、急がず、気温が十分に上がってから種をまくようにしましょう。 オクラの育て方とコツ ここではオクラの栽培で失敗しないためのポイントを中心に、家庭菜園の流れをご紹介します。 オクラはその年の気候によりスタート時期が異なりますが、大体5月中旬~6月末ころまでに苗を植え付け、または種まきを行います。 事前準備のポイントと注意点 プランター 1ポット(苗3〜4株を分けずに植えます)につき直径30cm以上、深さ30cm以上の深型タイプの大型プランターを用意します。 長型65cm幅プランターの場合は2ポット(6~8株)を植え付けることができます。 土 園芸専門店などで売られている安全で品質のよい野菜用の培養土を使用します。 支柱 花が咲いたら株を支えるために使用します。 150㎝程度のしっかりした支柱を花が咲くまでに用意しておきましょう。 種まき、または苗の植え付けをします 種まきは、気温が安定する5月中旬以降に行います。 9cmポリポットまたは直(じか)まきいずれも直径4~5cm、深さ1cmくらいの穴を作り、4~5粒をまいて1cmほど土をかけ、手で軽く押さえて水やりします。 苗の植え付けは、5月中旬から遅くても6月下旬くらいまでに行います。 オクラの苗は4月下旬ごろから販売が始まります。 5月中旬以前に植え付ける場合は、オクラにとってはまだ寒いので、不織布などで覆うか、ホットキャップをしてしっかり保温します。 害虫対策をします プランター栽培の場合は病気の心配はあまりありませんが、害虫対策が必要です。 定期的に葉の裏などをチェックして、食品成分由来の薬剤などで防除するようにしましょう。 花が咲いたら支柱を立てて追肥をします.

次の

オクラのとげ・産毛は食べられる?簡単な取り方は?|つぶやきブログ

オクラ なり 方

オクラとは オクラは実を刻むとトロトロと出る粘り特徴の野菜。 お店で観るものの多くは5角形をしていますが、丸いものや太く短いオクラなどいろいろな品種があります。 食味は癖がなく、シャキシャキとサヤの歯ごたえ良く、しっかりとした粘りと種のプチっと感がたまらない人も多いはず。 生のまま刻む、茹でる、炒め物にするなど料理もバリエーションに富んでいます。 そして粘り成分であるペクチンという食物繊維は胃の粘膜保護や便通改善効果があります。 家庭菜園で作るのは意外なほど簡単。 低い温度と肥料のやりすぎにさえ気を付ければ、ぐんぐん花を咲かせ、実をつけてくれるので、ぜひ挑戦してほしいところ。 0~6. 5 オクラの原産地はアフリカ北東部で、 高温で日光がよく当たる環境を好む野菜。 種まきから収穫までの期間は約3カ月で、苗からだと1カ月半かかります。 ただ 真夏の暑さには強く、乾燥、多湿どちらでも旺盛に育ちます。 水はけ良く肥えた土を好み、 酸性土壌に弱いためしっかりと堆肥と苦土石灰を施しましょう。 ちなみに花は南国に咲く種のように鮮やかに咲き、観賞用としても楽しめますよ。 1本仕立てにすると茎は太くなりますが場所をとり、実もすぐ堅くなりやすいです。 3~4本仕立てにすることで樹勢を抑え柔らかい実を収穫出来ます。 しかも1本仕立てより結果的に収量が上がるので、俄然おススメの方法です。 直まきは株間25~30cm、条間45cmあけ、空き缶などで蒔き溝を2cmつくり6粒均等にまきます。 1㎝程土をかけしっかり押さえた後水をたっぷりかけ完了。 ポット蒔きと同様、本葉1枚出る頃に2本間引いて4本仕立てに。 低温に弱いので不織布のトンネル栽培をした方が失敗がありません。 本葉が出てからは、いきなり外すのでなく、何日か半分透かすようにしましょう。 メモ オクラは蕾も食べることが出来ます。 花が咲く前に花元からハサミで切り取って収穫します。 サラダで食べたり、天ぷらにすると絶品ですよ。 オクラの種取り方法 10月頃になるとほとんど実が出来なくなるか、出来た実もかたくなって食味が落ちます。 いっそ収穫せずにそのまま置いて大きくし、実全体が茶色くなれば中でカラカラと音がなり、種が出来ています。 来年植える前に水につけ、浮いたものは取り除きまくようにしましょう。 プランター栽培【鉢サイズと水やりが肝】 coming soon… 失敗を防ぐ生育診断 植物に起きる問題は、 さまざまな要因が重なりあっておきることがほとんどです。 ここでは単一の問題に対し、よくある要因をピックアップして説明しています。 鵜呑みにせず、一つの参考程度に捉えてください。 葉が落ちる 根が傷むことで葉が落ちます。 傷む原因はポットで根が回りすぎ、老化によるもの、肥料焼けなどさまざまです。 生長が遅い・大きくならない よく極端に生長が遅いと気にしてしまいますが、 オクラは初期生長はかなりゆったりとしています。 特に気温がさほど高くない梅雨時期は大きくなりにくいです。 「気長に待つしかない」というのが答えですが、焦って肥料をやると実がつくにくくなるのでやめましょう。 実がならない 花芽がつく前の 生育初期に肥料を施しすぎたことにより、木ぼけしてしまったことが原因です。 木ぼけしてしまうとシーズン中収穫が激減するので、元肥と実がなるまでの追肥は控えめにしておきます。 実が曲がる・イボ(ツブツブ)が出来る 実が曲がるのは実に栄養が上手くいきわたらずおきます。 カメムシにより実を吸われたり、肥料不足による樹勢低下が原因として考えられます。 カメムシ防除、追肥により対策しましょう。 イボが出来るのも樹勢が低下したサインですが、原因は日照り不足や低温にさらされた場合が多いです。

次の