アメリカ 人口 推移。 主要国の人口ピラミッド(2015年・2050年比較)

【世界】【日本】【アメリカ】2100年までの人口の推移は?!

アメリカ 人口 推移

将来を見据え、増加していくのか、減少していくのか、それは経済の成長、そして企業の経営方針に大きく関係してくる項目です。 世界の人口の推移 最初に、世界の人口が2100年までの間で、どのように推移していくのかを見てみましょう。 西暦 世界の人口 2017年対増減 2017年 75億5026万人 2030年 85億5119万人 10億93万人UP 2050年 97億7182万人 22億2156万人UP 2100年 111億8436万人 36億3410万人UP 約76億人の人口は、2100年には、約1.5倍の112億人にまで増加する予想となっています。 2050年までが急速な人口増となり、その後は緩やかな上昇。 いずれは、減少に転じる時が来るのでしょうけども。。。 日本の人口の推移 続いて、日本の人口が2100年までの間に、どのように推移していくかになります。 西暦 世界の人口 2017年対増減 2017年 1億2748万人 2030年 1億2158万人 590万人DOWN 2050年 1億879万人 1869万人DOWN 2100年 8453万人 4295万人DOWN 人口増のピークを越えた日本は、これから高齢化社会となり、人口は減少の一途をたどっていく予想となっています。 出生率は低下し、移民もない日本は、人口が増えることはほぼないといってもいいでしょう。 ここまでくると、危機的状況を感じます。 アメリカの人口の推移 最後に、アメリカにおいて人口が2100年までの間に、どのように推移していくかになります。 西暦 世界の人口 2017年対増減 2017年 3億2445万人 2030年 3億5471万人 3026万人UP 2050年 3億8959万人 6514万人UP 2100年 4億4748万人 1億2303万人UP 2100年には、30%増といったところです。 アメリカも先進国であり、出生率は1.82とそんなに高いわけでもなく、人口は減少していきそうですが、日本と異なる点は、多くの移民が入国してくるというところです。 それでも、高齢化は進んでいくため、楽観視はできないですが、ただ、今後、人口が増加をしていくというのは、明るく感じます。 今日のまとめ 世界、日本、そしてアメリカの人口推移についての内容でした。 これから、世界の人口、伴いアメリカの人口も増加を続けていく中、日本の人口は大きく減少をしていく予想となっています。 すぐに表面化することはないですが、長い目で見た時に、高齢化社会の問題も含め、日本で事業を拡大していくためには、さまざまな知恵や事業展開が必要となりそうです。 そうした点では、アメリカ、そして世界に目を向けていくことは必然なのかもしれません。 それではっ shimajirou37.

次の

全米・人口(推計)ランキング(州別)

アメリカ 人口 推移

概要 [ ] 米国のには、10年毎に実施されると、毎年(実施は毎月)行なわれるがある。 最新の全数調査は2010年春に行なわれた(2009年の数値として集計)。 標本調査は国勢調査局の(ACS)によって毎年行なわれている。 以下2010年の全数調査の結果を主に記述しているが、一部には最新の標本調査からの推定データの記述も含めている。 人種・民族 とも形容される米国であるが、2011年の時点で白人が78. これをか否かで見ると、非ヒスパニック系白人は63. 2つ以上の人種を祖先とする混血は2. これには、20世紀後半まで人種間の結婚が違法とされていたが大半であり、少数民族が差別されてきた事が強く影響している。 しかし、実際には混血の人口は2. 米国はをとっているが、米国外生まれの住民は12. また、州によって人種構成は大きく異なる。 米国で最大の州では、非ヒスパニック系白人の割合は39. 米国第2の都市であり、前述のカリフォルニア州最大の都市、ではヒスパニック系が最大の48. 米国最大の都市でも非ヒスパニック系白人は33. 言語 が事実上のであるが、22のとは公用語を定めていない。 英語を公用語としている28州の内、のみ第2公用語にを制定している。 2010年の家庭で使われる言語の調査では「英語のみ」が80. 公文書の多くにスペイン語版も用意されており、地域の人種・民族構成によってはその他の言語も用意されている。 近年では非ヒスパニック系の白人の比率が下がってきており、その他の民族(特のヒスパニック)は政治・経済にも影響を大きく及ぼしてきている。 特にヒスパニック系が多いカリフォルニア州では家庭で英語のみ使用が56. 人口流入の経緯 [ ] へは数万年前にが到達した。 15世紀には北米では東海岸から西海岸まで全土にわたってが居住していた。 の北米の人口の推定には困難を伴い、200万人、700万人、1800万人などの大きな幅の推定がある。 16世紀に入り各国からのアメリカへの入植が始まり、同時に持ち込まれたや入植者との闘争の中で先住民の数は激減した。 詳細は ()およびを参照。 米国の領土拡張の推移: 1783年 1803年 1845年 1846年 1848年 1775年の米国独立前のの人口は240万人と推定されている。 1776年の米国の東部13州独立時点では領土は現在の1割程で人口は300万人弱であった。 もすでに21万人ほどが連行されていた。 その後中部、南部、西部へと領土を拡大し、アラスカ、ハワイを除く現在の領土になったのは1853年で人口は約2300万人となっていた。 その間移民も増加し、1660年から1849年の間に累計300万人、19世紀末までに2000万人、20世紀末までに累計6600万人の移民があった。 なおこの数値に領土獲得に伴う新領土の住民は移民としては扱われておらず、旧フランス、スペイン、メキシコ領のヨーロッパやアフリカ起源の住民は人口増として現れているだけである。 詳細は「 ()」を参照• 黒人(16-18世紀)。 19世紀 (人口が530万人から762万人へ 、国土が約3倍になる。 1803年、フランスから、領土が約2倍になる。 1819年、スペインから。 1840年代のにより、アイルランドから移民が流入した。 (1846-48年)の結果、、、、などをメキシコから割譲された。 (1848 - 55年)により、、ヨーロッパ、などから移民が流入した。 1850年代にヨーロッパ各国(イタリア、ギリシャなど)からの移民が急増した。 1867年に から。 18世紀後半にドイツから約450万人の移民が流入した。 (1898年)その他の太平洋諸島、を併合した。 米西戦争(1898年)により、フィリピンを支配した。 19世紀末にからの移民が始まる。 20世紀 (人口は7620万人から2億8100万人へ )• 第2次世界大戦後、主に敗戦国から移民が流入した。 また、の影響下に入った東欧諸国からの移民も増加した。 支配下、または影響下にあった、、などアジアからの移民、からの難民が流入した。 20世紀後半からは、中南米諸国(主にメキシコ)から移民が増加している。 移民の推移 [ ] 以下は外国人で永住権を所得した人数の集計である。 米国は出生地主義をとっているため、不法入国者の米国生まれの子は自動的にアメリカ国籍となる。 多くの不法滞在者は(2005年時点では1千万人以上と推定された。 )以下の集計には出てこないが、その子は人口の自然増として現れる。 1670年の人口は11万人と ()に記述されており、地域はおそらく東部13州のものと推察されるが明確ではない。 先住民の人口が含まれていたかも不明である。 1660年から1789年の130年間の移民については当時の調査資料は無いが、Inter-university Consortium for Political and Social Research ICPS が右表の推計を出している。 1790年代から1810年代にかけては移民はあまり多くなく、10年あたり6万人、30年間で18万人ほどと推定されている。 1820年からは移民(永住権の所得者)の集計が取られており、が出自別の集計を公表している。 この数値には前述のとおり領土獲得に伴う人口増は自然増扱いとなっており、この移民の数値には含まれていない。 1848年に米墨戦争の結果および1853年の時には、約30万人のメキシコ人が米国に編入された。 また国土安全保障省の移民集計には1908年までのメキシコからの陸路での入国者の数値は含まれていない。 これは20世紀初頭までは経済的理由から米墨間での自由な人の出入りを認めていたためである。 よって20世紀初頭までの移民の集計ではヨーロッパからの移民のみが計上されており、メキシコなど中南米諸国からの流入は隠れている。 1820年から1899年の間に1868万人の移民があり、人口は1820年の964万人から1900年の7621万人となった。 この80年間の移民の内訳は、その大半はヨーロッパからのもので、ドイツ499万人、アイルランド384万人、イギリス302万人、イタリア94万人の他、ロシアを含むほぼヨーロッパ全域、およびカナダからも105万人の移民があった。 東アジア、東南アジアからも移民が始まっており、中国から30万人、日本からも約2万人が19世紀中に移民していた。 1900から1910年の間には820万人(内ヨーロッパより757万人)まで増加したが、1929年の大恐慌、第二次世界大戦へかけて移民は減少した。 1930年代には70万人の移民へと十分の一以下となった。 大戦後には移民は増加に転じたが、ヨーロッパ以外の地域からの移民が大半を占めるようになった。 1900年から1949年の間の移民は2040万人でヨーロッパからはイタリア382万人、ロシア267万人、イギリス138万人、ハンガリー129万人、オーストリア117万人、ドイツ113万人他、カナダから210万人、ラテンアメリカから140万人、アジアではトルコから33万人、日本から26万人などがあった。 1950年から1999年にかけては2598万人の移民があったが、ヨーロッパからは五分の一の538万人で、最大はラテンアメリカから1102万人(約半数はメキシコ)、ついでアジアからの715万人であった。 アジアからは前半世紀には移民が多くは無かった地域、フィリピン146万人、韓国78万人、インド75万人、ベトナム60万人と二つに分かれた中国本土から55万人、台湾から35万人などがあった。 前半世紀にはアジア系で2番目に多かった日本からの移民は25万人であった。 1660年から2009年にかけての移民の推移 外国人で永住権を所得した人数の集計である。 フランス、スペイン、メキシコからの領土獲得に伴う住民の増加分は移民としては集計されていない。 プエルトリコからの460万人の米国本土への居住者は含まれていない。 1908年までメキシコからの陸路での入国者は計上されていない。 100万人以上移民があった国は、ドイツ728万人、イタリア546万人、イギリス542万人、アイルランド479万人、ロシア396万人、オーストリア187万人,ハンガリー169万人、スウェーデン129万人、中国247万人(香港48万人、台湾44万人を含む)、インド135万人、フィリピン201万人、カナダ471万人、メキシコ764万人(1908年以降の数値のみ)、キューバ120万人、ドミニカ共和国111万人であった。 国勢調査によると、出自として最も多い国・地域はで、2000年の調査では4280万人(米国全体の14. 国勢調査の内容 [ ] 2010年の国勢調査票-人種記入欄: 5. ヒスパニック可否 6. 人種 白人、黒人、アメリカ先住民(以上人種)、インド人、中国人、フィリピン人、日本人、韓国人、ベトナム人など(民族、出自国) 人種・民族構成の集計を理解する上で国勢調査の調査内容を把握する必要がある。 集計では混血の比率が2. 以下どういう経緯でこの数字が出てきたのか説明をする。 まず米国国勢調査局の調査票における人種(race)の選択項目では、やでの人種の定義を適用しておらず、人種(race)と民族(ethnicity)・出自(Ancestry)をいくつか併記しており、その他へは記述欄をもうけている(右の画像を参照)。 2000年からは複数選択可となったが、それ以前は一つのみであった。 人種に関する選択項目 [ ] 白人、黒人、アメリカ先住民(以上大まかな人種)、インド人、中国人、フィリピン人、日本人、韓国人、ベトナム人など(民族、出自国) 次に人種や民族の判断は住民に任されているが、自身の血統をどこまで把握しているかは明確ではない。 記述も実質的に任意である。 国勢調査の内容は人口統計作成以外には使われないと定められており、国勢調査票の提出は住民の義務であり、未提出や虚偽の報告については罰金も定められている。 しかしながらプライバシーとの絡みもあり罰則規定が厳密に運用されているわけではない。 Long Form(後述)の質問内容は学歴、収入、家の作り、水洗か、冷蔵庫の有無、健康状態などと多岐に渡るため 、賛否、様々な議論が上がっており 、記入を躊躇したり、面倒に思う住民はいる。 以上をまとめると、調査票の人種の分類が不正確、人種の判断は本人任せで、記述および提出は実質任意である。 は2010年の調査票には黒人のみを選択した。 本来であれば、母方の白人も選択するべきであるが、虚偽の申告をしたとして訴追されたとか罰金を払ったという報道は見かけない。 この事からも分かるように、本人がどういう帰属意識を持っているかの集計であり、科学的ではないが、社会的にはより重要な集計である。 オバマは白人と黒人の混血であるが、米国においては初めての黒人大統領と表現されている。 これには20世紀まで適応された一滴でも黒人の血が混ざれば黒人であるという「一滴ルール()」や2000年までは国勢調査の人種選択は1項目のみで複数の選択は許されなかったなどの事情が絡んでいる。 現在でも米国では少しでも黒人的特徴があれば黒人と見なされる。 調査票の簡易版とLong Form [ ] 2000年の全数調査の際には簡易版と約3百万のLong Form(以下正規版と記述する)が配布された。 簡易版には年齢、性別、人種など8の質問のみ、正規版には53の質問項目があり出自に関する質問も含まれていた。 出自は選択ではなく記述方式で15文字、2行が割り当てられていた。 2010年の第23回国勢調査(全数調査) では、簡易版(質問10項目)のみが使われたため、人種に関する質問は含まれていたが出自に関する質問は含まれていなかった。 人種構成 [ ] ここで記述する人種・民族の定義は人類学や文化人類学上の定義ではなく政治的定義であり、国勢調査も学術調査のような科学的分析資料ではないことに留意が必要である。 国勢調査における人種の定義 [ ] 人種に関しては、混血・移民の歴史やさらに遡ればなどの影響もある上に、米国においてはに非常に敏感であるため国勢調査では人種に関しては、柔軟な対応をしている。 一応ガイドラインを示してはいるが、厳密な集計上の運営をしているわけではなく、国勢調査表 への回答者の認識を尊重している。 国勢調査局では上のも報告しているが、記述を簡素化するため現時点では以下の表では割愛している。 人種の定義 白人(White) 出自がヨーロッパ、中東、北アフリカである。 または本人が白人と申請した場合(以下同)。 黒人・アフリカ系アメリカ人(Black or African American) 出自がアフリカの黒人。 アメリカインディアンおよびアラスカ先住民(American Indian or Alaska Native) 出自が北米、中米、南米の先住民で、なおかつそれらの文化伝統を保っているもの。 アジア系(Asian) 出自が、、など。 東西融合の地であるは記述されていない。 ハワイ先住民およびその他の太平洋諸島の住民 出自がハワイ、グアム、サモア、その他の太平洋諸島。 その他の人種 上記以外の人種。 2010年の国勢調査 人種 単位:百万人 人種 2010年 2000年 増減 人口 割合 人口 割合 人口 率 全米人口 308. 7 281. 4 27 9. 7 97. 6 97. 1 9. 6 72. 5 75. 1 5. 9 12. 7 12. 3 12. 9 0. 5 0. 5 18. 7 4. 2 3. 4 43. 5 0. 4 0. 1 35. 1 6. 4 5. 7 24. 0 2. 8 2. 2 32. ヒスパニック系 [ ] 詳細は「」を参照 ヒスパニック系は現在の米国領土の南部や西部においては、非ヒスパニック系より先に16世紀には入植していた。 米国(東部13州)独立時点では北アメリカの大半はスペイン、フランス、イギリス領土であった。 その後、武力行使による割譲や領土購入などを経てきた。 それに伴いヒスパニック系は退去か残留かの選択を強いられた。 20世紀初頭のヒスパニック系の人口は50万人で全人口の0. 6百万人、2000年には35. 3百万人、2010年には50. 5百万人となっていた。 2045年には倍の1億人に達すると推定されている。 2005年の推定ではヒスパニック系の不法入国者は1千万人以上と見積もられており 、国勢調査では市民か否かの質問はしていないが、これらの不法入国者が調査票を提出したかは不明である。 2000年までの国勢調査まではヒスパニック・ラテン系(Hispanic or Latino Origin)と人種(Race)はまとめて集計されていた。 ヒスパニックには白人、黒人、先住民であるアジア系人種などや混血が含まれ、民族(国籍や文化圏)もさまざまであることから、ヒスパニック系とは人種の分類ではなく文化の分類と定義し、ヒスパニック系の集計を人種の集計から独立させた。 以下、ヒスパニック系またはラテン系(Hispanic or Latino Origin)か否かによる集計である。 ヒスパニックには白人、黒人、などが含まれ、出身国には非スペイン語圏を除く、ラテンアメリカ諸国およびスペインが含まれているが、スペイン語圏であるは含まれていない。 広義のラテン系にはポルトガルさらにはイタリアやフランスも含まれるが、米国の国勢調査ではスペイン系のみを計上している。 なおプエルトリコの居住者の数(約3. 8百万人)は以下の記述にはふくまれていないが、米国本土(アラスカ、ハワイを含む)に居住するプエルトリコ人(4. 6百万人)は含まれている。 全ての人種を含んだヒスパニック系は5048万人で全人口の16. 非ヒスパニック系では、白人1億9682万人(76. 2000年の調査ではヒスパニック系(12. ヒスパニック系の可否による分類 2010年 単位:百万人 区分 2010年 2000年 増減 人口 割合 人口 割合 人口 率 全米人口 308. 5 16. 3 12. 2 43. 8 63. 6 69. 3 1. 5 20. 6 18. 9 3. 7 12. 9 12. 8 11. 5 4. 1 3. 4 43. 2 0. 1 0. 1 4. 5 0. 4 0. 1 37. 6 0. 5 0. 1 27. 0 1. 6 1. 4 30. ヒスパニック系の人種構成 2010年 単位:百万人 区分 2010年 2000年 増減 人口 割合 人口 割合 人口 率 ヒ ス パ ニ ッ ク 合計 50. 2 43. 7 53. 9 47. 8 58. 2 2. 7 2. 5 69. 2 0. 1 0. 1 75. 7 1. 4 1. 3 68. 06 0. 05 0. 0 24. 5 36. 9 42. 6 24. 0 6. 2 6. 8 36. ヒスパニック系の特徴はその増加率(1990年から2010年の間に倍増)の高さと若さである。 ヒスパニックの平均年齢は27歳で、非ヒスパニック系白人は42歳、非ヒスパニック系黒人は32歳であった。 ヒスパニック系の出身国 [ ] 出身国は自称によるもので本人または親や先祖も含まれるが、主観的な判断である。 なお2000年と2010年ではヒスパニックに関する質問内容が上記のように変更されたので、特に出身国別の増減には実質的な増減以上に影響を与えている可能性がある。 黒人(Black)は奴隷等の子孫で出自が不明な者、アフリカ系アメリカ人はアフリカ出自を特定出来る者と分類されている。 この分類にはである北アフリカのや、他の地域(例えば南部)のの濃い人種は含まれない。 黒人の集計では総数、ヒスパニック系による分類の2通りある事に留意。 米国における黒人は大半がからの奴隷貿易に起源を持つ。 初頭までの約3世紀の間に900 - 1100万人の黒人がアフリカから連れてこられたと推定されている。 米国の最初の国勢調査である1790年の調査では、当時の米国()には全人口の19. 当時のスペイン領、フランス領、その他の地域にも黒人奴隷は居たが人口は不明である。 1900年には880万人へと倍増し2000年には3460万人であった。 黒人の出自(出身国)に関しては奴隷貿易という強制連行であり、到着後の取り扱いが人権を否定されたものであった等、白人以上に確定が困難になっている。 米国の国勢調査では黒人の出自の集計はされていない。 2011年の国勢調査では非ヒスパニック系の黒人は39. 2百万人(12. 4百万人(0. 6百万人(13. 」などの報告がある。 アジア系 [ ] アジア系の郡毎の比率 2010年 アジア系の移民の歴史は白人や黒人に比べると浅く、19世紀後半に中国や日本からの移住が始まり、20世紀に入りフィリピン、韓国、ベトナム、インドなどからの移住が始まった。 2010年の集計では、アジア系のみを記述した人口は1467万人であったが、最大グループは中国人で335万人、ついでインド人284万人、フィリピン人256万人、ベトナム人155万人、韓国人142万人、日本人76万人、パキスタン人36万人などとなっていた。 これらの数値には混血を含んでいない。 複数の人種を選択したものの内、アジア系は延べ265万回記入された。 1%となる。 国勢調査局では混血について詳しく分析しており、アジア系の中では日系の混血率が突出していると報告している。 続くのがフィリピン系の25. アジア系は全米の大都市に多いが中でも西海岸へ集中している。 特に日系は他のアジア系に比べ西海岸への集中が大きい。 アジア系の人口が多い地域は、ニューヨーク104万人、ロスアンゼルス43万人、サンノゼ30万、サンフランシスコ27万、サンディエゴ21万、ホノルル18万などであった。 (数値は混血を含まない。 )アジア系の人口比率の高い地域はホノルル54. 先住民 [ ] アメリカ先住民の郡毎の比率 2010年 2010年の調査では2. 9百万人(全人口の0. 3百万人(0. 合計5. 2百万人(1. このグループは高い増加率を示しており、10年で26. 人種間の混血 [ ] 混血には人類学上の人種間の混血と文化人類学上の民族間の混血があるが、国勢調査では、白人(人種)とインド人(アジア系、民族)は人種間の混血(Combination)として扱われ、逆にインド人(アジア系)と日本人(アジア系)の場合は人種間の混血として扱われない。 国勢調査では人種の質問の中で項目を2つ以上選択または2つ以上記述した場合としており、集計報告では「2つ以上選択」と表示しており、混血(mixed race)とは表示していない。 本来であればこの記事の記述でも「2つ以上選択」と表示するべきであるが、読みやすさを考慮して「混血」と表示する。 出自(民族)間の集計は、正規版の調査票に基づいて別途集計されており、する。 混血の定義の前提となる親自身の人種の確定が前述したように困難を伴うので、3代(曾祖父母)以上遡った血筋の認識は薄いと思われる。 さらに、この集計では白人間であれば、例えばイギリス人(白人)とイラン人(白人)の混血は混血と見なされないが、イギリス人(白人)とインド人(アジア系)の両方が選択された場合は混血に分類している。 よって以下に記述する混血率2. 以外に低い混血の集計結果であるが、出自確定の困難度に加え、アメリカ人であるという自意識の高さもこの混血の数値を引き下げている。 出自の節で述べるが、民族にアメリカ人(先住民では無く)と記述した数が最大であったが、これはアメリカ人であるという自意識(愛国心)の強さと同時に、先祖の確定の難しさを反映しているものと思われる。 さらには被差別人種であった少数民族の祖先を隠す、子に伝えないなどの要因もあると思われる。 詳細はおよびを参照。 米国では20世紀半ばまで多くの州で人種間の結婚を禁止していた。 西海岸の州ではアジア系と白人の結婚が禁止されていた。 1967年にバージニア州で白人男性と黒人女性が結婚し懲役1年の判決を受けたが、上告しがバージニア州法は違憲であると判決し、残っていた南部17州で婚姻が認められるようになった。 詳細はを参照。 詳細はを参照。 国勢調査の結果では人種欄で2項目以上記入したものは9百万人で全人口の2. これは若い世代の混血に対する柔軟な認識によるものである。 混血900万人の内訳を見ると、少数民族では混血の比率が高くハワイおよび太平洋地域の先住民の混血の比率は55. その他の人種ではアジアン15. 人数では白人と黒人の混血が一番多く20. その他黒人とアメリカ・インディアン、アラスカ先住民との混血が174万人(19. 3つ以上の人種の混血は74万人であった。 白人の混血率をヒスパニック系か否かでみると非ヒスパニック系の白人では504万人で2. 同様に黒人の混血率をヒスパニック系か否かでみると非ヒスパニック系では244万人で6. この定義では全人口の36. アメリカの3143ののうち348の郡は少数派が過半数である。 将来の人口の予測 [ ] 米国の人種・民族構成の予測 米国も他のの例にもれず、のにより、となりつつある。 多数派である非ヒスパニック系白人ではも顕著で、2020年以降は人口は減少に向かうが、大量の移民流入および少数民族における高い出生率により、国全体としては総人口およびは増加し続けており、他の先進工業国ほど高齢化による危機の度合いは低い。 アメリカ合衆国国土安全保障省の人口予測では2010年から2060年にかけて総人口は36%増化するが、非ヒスパニック系白人は9%減で2040年代には半数を切る。 人口予測 単位:百万人 グループ 2000 2010 2015 2020 2030 2040 2050 2060 2000、2010年は実績 合計 281. 4 308. 7 321. 4 333. 9 358. 5 380. 0 399. 8 420. 3 非 ヒ ス パ ニ ッ ク 白人 194. 6 196. 8 198. 4 199. 3 198. 8 193. 9 186. 3 179. 0 微増から減へ 黒人 33. 9 37. 7 39. 9 41. 8 45. 5 48. 8 52. 0 55. 3 アジア系 10. 1 14. 5 16. 4 18. 2 22. 0 25. 9 29. 6 33. 1 東、東南、南アジア 先住民 2. 4 2. 7 2. 9 3. 1 3. 4 3. 6 3. 7 3. 9 本土、アラスカ、ハワイ他 混血 4. 6 6. 0 6. 6 7. 7 10. 1 13. 0 16. 4 20. 2 その他 0. 5 0. 6 - - - - - - ヒスパニック 35. 3 50. 5 57. 1 63. 8 78. 7 94. 9 111. 7 128. 8 全人種 出自(出身国) [ ] 11. 2000年の国勢調査における、による米国15大出自 順位 出自 延べ数 割合 — 66,224,627 23. アジア系は中国2. 3百万人(0. 1百万人(0. 5百万人(0. 2百万人(0. 1百万人(0. 0百万人(0. 2000年の集計にはほぼ全民族が網羅されているが、表の数値は出自の延べ数の集計であるため、同数値の合計は総人口より大きな値となる。 表の数値は何々系アメリカ人の推定人口やその比率を意味するものではない。 この延べ数の集計では、加重評価はされていない(血統の割合の記入は求められていない)。 これらを理解した上で人種・民族などの集計を読む必要がある。 や他国版の記事にこれらの数字が何々系アメリカ人の人口と掲載されているが、これは正確な表現ではない。 複数の出自の記述はそれぞれで計上されており、あくまで延べ数である。 英語版のでは正確に「日系アメリカ人およびその混血」と記述してある。 2010年連邦国勢調査による分析 [ ] 2010年の国勢調査における、による米国15大出自 順位 出自 延べ数 割合 1 49,206,934 17. 以下のデータは米国国勢調査局のサイトから抽出した年次の異なる2011年のデータであるので、おおまかな比較用である。 2011年の推定人口は311. 6百万人で「一つのみ記入」が275. 一つのみ記入(単一民族)では、スペインを除くヨーロッパ系は87. 6百万人(28. 2百万人(5. 5百万人(4. 7百万人(3. 8百万人(2. 2百万人(1. ヒスパニック系は51. 9百万人(16. 6百万人(10. 9百万人(1. 出自国ベースで見た単一民族人口ではメキシコ系がドイツやイギリスより多く最大となっている。 黒人は39. 2百万人(12. 5百万人(0. アジア系は15. 0百万人(4. 4百万人(1. 9百万人(0. 8百万人(0. なおハワイ州では日系が最大グループである。 その他イスラム各国は2. 0百万人(0. 1百万人(0. なおユダヤ人は出自は大半がヨーロッパ各国であり宗教の切り口で集計した場合ユダヤ系アメリカ人は約5百万人である。 出自国の延べ計上数で2000年に最大の42. 8百万であったドイツは、単一記入(単一民族)の2010年の人口は16. 2百万人であった。 年次が異なるがこれらの数値の差が混血とすると、混血率は62%となる。 同様に日系の延べ数1. 1百万、単一0. 単一民族の主な出自の一覧 2011年 単位:百万人 出自 推定人口 率 備考 出典ID 推定人口 311. 7 6. 不詳か? B04004 16. 2 5. 5 4. 4、スコットランド1. 7、スコッチ-アイリッシュ1. 5 ブリティッシュ0. 6、ウェールズ0. 4 9. 7 3. 8 2. 2 1. 9 0. 5 0. 2 0. 1 0. 0 0. 5 3. 3 0. 9 合計 87. 6 28. 2 12. 5 0. B02005 ヒスパニック系 メキシコ系 33. 6 10. B03001 プエルトリコ系 4. 9 1. 0 0. 9 0. 6 0. 2 0. 0 0. 9 0. 7 0. 7 0. 7 0. 6 0. 3 0. 1 0. 出自不明。 合計 51. 9 16. 1 0. 3 0. 4 1. 9 0. 5 0. 7 0. 4 0. 8 0. パキスタン 0. 4 0. 0 0. 0 4. 2 0. 4 0. 1 0. 1 0. 4 0. 05 0. 以下の数値は国勢調査局ACSによる2012年統計「Population Ancestry Language Spoken At Home」からのものである。 調査年度は2009年となっている。 家庭で使われる言語調査では、米国の5歳以上(以下この節で述べる話者人口はすべて5歳以上の人口である。 )の2億8580万人の内、英語のみ話者は2億2870万人で80. 残りの5710万人は英語以外の言語が家庭で使われているが、その約半数は英語を流暢に(very well)話せると回答している。 この5710万人の内訳はスペイン語話者が3547万人(12. 米国全体では英語が圧倒的に優位な言語であるが、州・地域、大都市・小都市で大きくばらつきがあり、州別では、英語のみの話者の比率はウエストバージニア州が最大で97. なおこの集計には主にスペイン語話者であるプエルトリコの住民3. 8百万人は含まれていないが、米国本土に居住するプエルトリコ人(4. 6百万人)は含まれている。 日本語はおおよそ17番目で約45万人の話者がいる。 なお話者の数と民族(出自)の数は関連はあるが、一律には比例しない。 例えば昔からの移民では、その子孫においては英語に同化している率が高いが、新しい移民では母語を使っている率が高い。 米国には76万人 と推定14万人 の永住権を所持した日本人の計90万人がいるが、日本語の話者は44. 5万人となっている。 20世紀後半から移民が急増した韓国系アメリカ人の場合は、いまだ1世が現役であり大半の家庭で韓国語が使われている。 ヨーロッパの他国と比べると後発で19世紀以降に移民が増加したドイツ系アメリカ人およびドイツ系の血が入った人口は47. 9百万人とアイリッシュ以上の大グループと推定されているが、英語と独語の近さのせいか、独語の話者は1. 1百万人でしかない。 2010年の国勢調査の結果でもヒスパニック系人口約5千万人に対して、スペイン語話者が約3千5百万人と約70%の家庭でスペイン語が使われている。 これには絶え間ない移民の流入も寄与していると思われる。 米国の家庭で使われる言語の話者数 、人口は5歳以上 言語 人口 比率 話者の多い州 (略号へカーソルを当てて表示) 英語のみ 228,699,523 80. 41万、13万、14万、6万、4万 1,251,468 0. 注、「英西以外の言語」の欄では英語スペイン語以外の主要言語を略して記述する。 全米および州ごとの家庭で使われる言語 2009年 人口は5歳以上 地域 人口 (百万人) 英語のみ 英語以外 注、英西以外の言語話者数(万人) 小計 西語 他の 印欧語 アジア 太平洋語 その他 全米 285. 80 80. 21 56. 72 65. 32 71. 37 73. 02 78. 86 90. 81 93. 35 90. 08 87. 73 89. 15 71. 36 86. 21 83. 21 79. 08 72. 98 92. 87 94. 58 94. 32 84. 29 91. 90 90. 66 83. 39 95. 25 93. 17 91. 02 95. 58 85. 42 91. 31 79. 81 93. 73 96. 69 93. 61 89. 51 86. 44 71. 86 64. 71 97. 66 90. 42 90. 25 92. 25 92. 21 75. 5で5番目 0. 99 78. 91 95. 83 88. 75 93. 64 83. 60 95. 59 95. 56 87. 51 93. 全米で第二の都市であるロサンゼルス市では英語のみの話者は39. ただしこのスペイン語話者の半数はバイリンガルであり、流暢に話せないと回答している残りの半数も英語が分からないわけではない。 この国勢調査からはスペイン語のみの話者の数は分からない。 カリフォルニアの人口10万人以上の63の市のうち22の市では英語のみの話者の比率が半数未満である。 全米最大の都市ニューヨークは英語のみは52. 米国の20大都市の家庭で使われる言語 人口は5歳以上 都市 州 人口 (千人) 英語のみ 英語以外 小計 西語 他の 印欧語 アジア 太平洋語 その他 ニューヨーク州 7,811 52. 新聞 [ ] 日刊26紙、週刊428紙、その他378紙の計832紙が発行されており、英語の新聞が発行部数が減少する中でスペイン語の新聞は発行部数は週刊約11百万、日刊約1百万で横ばいとなっている。 発行部数では英紙ほどの減少は見られないが収入は2007年のバブル崩壊前に比べ半分ほどに落ちている。 テレビ局 [ ] 全米に41局以上のスペイン語テレビ局があり、、、、などのケーブル局もスペイン語チャンネルを設けている。 スペイン語ネットワークでは大手のUnivisionが米国の4大ネットワークFox、CBS、ABC、NBCに次ぐ視聴率であり、4大ネットワークが視聴者数を落とす中でユニビジョンは増加している。 4大ネットワークとユニビジョン、それに次ぐテレムンド(Telemundo)の視聴者数(18歳から49歳、2011年5月15日までのシーズン中のプライムタイム)• 460万人• 380万人• 320万人• 310万人• (Univision) 190万人• (Telemundo) 65万人 ラジオ局 [ ] 2009年秋の時点で1323のスペイン語ラジオ局があった。 中国語のメディア [ ] 第三位の言語は中国語で260万人の話者がいる。 スペイン語の十分の一以下ではあるが、複数の新聞やテレビ局がある。 日本語のメディア [ ] 1970年代まではハワイ、サンフランシスコ、ロサンゼルスの日系社会で発行された地元紙のみで、テレビ放送も週末の時間枠を借りた1-2時間の日本語放送のみであったが、1980年代に入り日本の新聞社が米国版の発行を開始し、日本語専用のケーブルチャンネルも始まった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• スコッチ・アイリッシュ()よ呼ばれる北アイルランドからの移民である。 の注釈。 大半が西アフリカからで、人口は1790年の国勢調査による。 の注釈。 この時期のドイツは幾つもの国に分かれていた。 の注釈。 ユダヤ人はヨーロッパ各国からのものである。 の注釈。 その他の大半はイギリスからの移民の子孫と推察される。 の注釈。 移民の合計は1660年から1790年の130年間の合計である。 時点での米国外生まれの人口は30万から40万ほどと推定されている。 英版の出典元には3,900,000と端数を切り捨てた数値になっていたが、ここでは1790年の国勢調査の数値に変えた。 20世紀中頃まではアジア系と言えば中国系か日系を指していたが、20世紀後半には日系人はアジア系の中でも少数派となった。 国勢調査局では63万5千人の臨時雇用を実施し、国勢調査の為の支出は54億ドルであった。 出自をアメリカと回答した白人である。 出典 [ ]• 米国国勢調査局・早見表(USCensus - Quick facts)• USCensus - Quick facts• USCensus - Quick facts• USCensus - Quick facts• 16 June 1995: Vol. 268. 5217, pp. 1601—1604 :. Thornton, Russell 1990. University of Oklahoma Press. 26—32. Inter-university Consortium for Political and Social Research ICPS のデータとある。 Bean, Frank D. et al eds. At the Crossroads: Mexico and U. Immigration Policy. : 1997• ACS• ロスアンゼルス・タイムズ• 米国国勢調査局• US Census Bureau 閲覧 2013-1-13• infoplease• Latin American Studies• 米国国勢調査局• 米国国勢調査局 閲覧 2013-1-13• Kwintessential• 他『近代世界と奴隷制 大西洋システムの中で』 人文書院、1995年• Henry Louis Gates, Jr. , In Search of Our Roots: How 19 Extraordinary African Americans Reclaimed Their Past New York: Crown Publishing, 2009 , pp. 20—21. Steve Sailer, , UPI, Steve Sailer Website. , , , , and immigrants. 米国国勢調査局 日系人の推定も出ている• Business Insider. 2014年4月25日閲覧。 米国国勢調査局• 閲覧 2013-1-13• ニールセン 閲覧 2013-1-13• Source: U. Census Bureau, 2009 American Community Survey, B16001, "Language Spoken at Home by Ability to Speak English for the Population 5 Years and Over," accessed January 2011. Queens College 閲覧 2013-1-13 関連項目 [ ]• 背景:• その他:•

次の

統計局ホームページ/世界の統計2020

アメリカ 人口 推移

年 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 685. 50 700. 00 715. 50 731. 00 747. 00 763. 00 779. 50 796. 50 813. 50 830. 50 116. 77 117. 62 118. 45 119. 27 120. 05 120. 80 121. 45 122. 03 122. 55 123. 03 987. 05 1,000. 72 1,016. 54 1,030. 08 1,043. 57 1,058. 51 1,075. 07 1,093. 00 1,110. 26 1,127. 04 227. 62 229. 92 232. 13 234. 25 236. 31 238. 42 240. 59 242. 75 244. 97 247. 29 年 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 847. 50 864. 00 882. 00 901. 00 919. 00 937. 00 955. 00 973. 50 992. 00 1,010. 00 123. 44 123. 93 124. 37 124. 77 125. 12 125. 44 125. 71 126. 01 126. 35 126. 59 1,143. 33 1,158. 23 1,171. 71 1,185. 17 1,198. 50 1,211. 21 1,223. 89 1,236. 26 1,247. 61 1,257. 86 250. 05 253. 39 256. 78 260. 15 263. 33 266. 46 269. 58 272. 82 276. 02 279. 20 年 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 1,029. 50 1,047. 13 1,064. 59 1,081. 91 1,099. 12 1,116. 26 1,133. 33 1,150. 32 1,167. 21 1,184. 00 126. 83 127. 13 127. 40 127. 63 127. 73 127. 75 127. 75 127. 76 127. 69 127. 55 1,267. 43 1,276. 27 1,284. 53 1,292. 27 1,299. 88 1,307. 56 1,314. 48 1,321. 29 1,328. 02 1,334. 50 282. 30 285. 22 288. 02 290. 73 293. 39 296. 12 298. 93 301. 90 304. 72 307. 37 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 1,200. 66 1,217. 20 1,233. 59 1,249. 82 1,266. 26 1,282. 92 1,299. 80 1,316. 90 1,334. 22 1,351. 77 127. 59 127. 83 127. 55 127. 33 127. 12 126. 98 126. 96 126. 75 126. 50 126. 19 1,340. 91 1,347. 35 1,354. 04 1,360. 72 1,367. 82 1,374. 62 1,382. 71 1,390. 08 1,395. 38 1,400. 17 309. 74 311. 94 314. 16 316. 33 318. 62 320. 93 323. 23 325. 33 327. 35 329.

次の