ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401。 コレ、普通二輪免許で乗れます! ハスクバーナ「ヴィットピレン401」は都会のスプリンターだった。|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

Husqvarna(ハスクバーナ) 川崎中央

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

エンジンがすばらしい 斬新なデザインで多くの話題を呼んだ、ハスクバーナの「ヴィットピレン」と「スヴァルトピレン」。 しかも乗ってみると国産車にはない刺激的な走り。 テスターの周囲でも評判が良く、感動して買い替えてしまった友人たちが何人かいるほどだ。 スヴァルトピレンは、ヴィットピレンと車体やエンジン、サスペンションなどを共用しつつイメージを変えたモデルだ。 2018年のEICMAで発表された「701」は、キャストホイールにオンロードタイヤを履くなど、アップハンドルのストリートネイキッド的な位置付けとなっている。 それに対して、今回試乗した「401」は、スポークホイールにオフロードタイヤを装着し、スクランブラーバージョンとしたモデルである。 シングルエンジンは(ツインやマルチもだが)、排気量が大きくなりすぎない方が、スムーズで小気味よい回り方をすることが少なくない。 この401のエンジンは、まさにその典型。 傑作「LC4」の血を受け継いで進化した701も素晴らしいのだけれど、401は排気量が小さいため、吹け上がりがとてもスムーズで軽快な回り方をする。 排気量が小さいのだからトルクも小さくなっているのだが、ストリートで走るのには十分すぎるほどのパワーがあり、ローギアで全開にするとフロントタイヤがフワッと浮き上がってくるほどの加速をする。 400ccクラスのエンジンは、免許制度のことだけを考えてラインナップされたもののように思えてしまうけれど、この401に関しては、その考えは全く当てはまらない。 トルクとパワー、荒々しさなら701かもしれないが、鋭い吹け上がりと高回転の伸び、ストリートでの扱いやすさは間違いなく401のほうが上だろう。 着座位置の高さやソフトなサスペンションなどがかなえる「スヴァルトピレン401」のライドフィールは独特なものだ。 シート高は835mm。 400ccクラスのモデルでありながら、より大型の「ヤマハXSR700」や「スズキVストローム650」などと同じ高さだ。 リアに装備されるWP製のモノショック。 サスペンションの仕様は「ヴィットピレン401」と同じで、サスペンションストロークは前が142mm、後ろが150mmとなっている。 「Husqvarna」のロゴが描かれた黒いマフラー。 王冠をかぶったようなユニークなロゴは、ライフルの銃口と照星をモチーフにしたものだ。 いささかクセはあるものの…… ハンドリングやポジションには若干クセがある。 まずはシートが高いため、またがった瞬間、とても腰高な感じになる。 サスペンションのセッティングはソフトで、加減速による車体のピッチングも大きめ。 ライダーの乗る位置が高いから、その動きはさらに大きく感じられる。 モタードのオートバイにコンチハン(コンチネンタルハンドル)をつけて走っているようなフィーリングだ。 車体が軽いので、コーナーでバンクさせるのは非常に軽快。 しかしフロントの直進性が高いため、バイクが倒れてもタイヤが切れていこうとしない。 コーナリングでは、意識してステアリングを少し内側に当てるような操作をしたくなる。 ただ、こういうフィーリングが好き、あるいは気にならないというライダーもいるだろうし、それでいいのだと思う。 ハスクバーナが日本のメーカーのように万人受けするバイクをつくっていても意味がない。 これくらいアクがあってちょうどよいのだ。 スクランブラーイメージの車体だから、オフも走れそうな雰囲気を漂わせているが、そこでの走りはあまり得意なほうではない。 フロントの荷重が高めでフォークのキャスターも立ち気味だから、スリッピーな路面ではフロントタイヤから滑ってしまいそうだ。 エンジンの搭載位置も低く、ギャップがあったらヒットしそうで怖い(一応ガードはついているけれど)。 車体が軽いしブロックタイヤを履いているから、軽い林道ツーリングくらいならこなしてくれそうだが、決してオフロードモデルのように走れるバイクではないことは頭に入れておこう。 アップハンドルでポジションの自由度が高くなり、マルチパーパス的で正確かつ穏やかな性格のタイヤがついたことで、ヴィットビレンよりもカジュアルかつ気軽にストリートを走れるようになっているのである。 ということで、ストリートを中心にしばらく走ってみたのだが、乗りやすいだけのバイクと異なり、エンジンや車体と対話しながら走っている感じが非常に面白い一台だった。 オートバイに「操る楽しさ」を求めるライダーにぜひ乗っていただきたいと思うマシンである。 (文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=堀田剛資).

次の

軽二輪スクランブラーのド本命?! ハスクバーナ「スヴァルトピレン 250」が4月発売に!

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

そんなハスクバーナ。 取り扱う店舗が少ないことは、たぶん好きな人にとっては周知の事実。 全国に40店舗程度で、少ない。 しかし、巡り合わせとはこの事、僕が住む場所から車で30分。 広島県福山市松永町になんと、ハスクバーナ取り扱い店舗があります。 (店舗:)広島県内ではもちろん、中四国エリアでここだけ。 西は福岡、東は奈良までないとか…。 取り扱い店舗があるなら、悶々としている時間は勿体ない。 そう思い立って現車を見に行ってきました。 想像通りのおしゃれデザイン。 Motoworksさんには先月も行きましたが、Svartpilenは次回入荷待ち。 今回は入荷情報があってやっと現車を見ることができました。 電源系統が繋がっていないので、レビューというよりも感想と写真です。 ご対面。 カッコいい。 とはいえ、以前Vitpilenを見ていたこともあり想像通り。 ホイールベースが本当に狭い。 そして、車高は高い。 黒と黄色のアクセントカラーに、ヨーロッパの雰囲気を感じます。 白のサスペンションも良い。 本当はマフラー側から撮りたかったですが、諸事情によりこの向きから。 フロントから フロントライトからタンク、テールに向かう曲線がホントエロい。 ブロックタイヤがいい感じにアクセントとなってるなーと思います。 まだ展示車なので段ボールでフィルターをガードしてありますね。 エンジンの金属感も好きです。 タンクとハンドル シート側からフロントに向けて。 セパハンだったVitpilen 401とは違い、Svartpilenはバーハンドル。 跨ったときの姿勢が楽。 ギリギリで両足つま先立ちだったけども、車重は軽いから車体を起こすのも苦になりませんでした。 キャリアもアクセント。 カッコいいよー。 ただ、当日1人オーナーさんに出会って話を聞くと「キャリア外す」とのこと。 キャリアを外すとVitpilenのフロントと同じ印象になり、より滑らか。 僕もキャリアを外した方が好きでした。 だから完全に飾り。 移動中に飲み物が置ける、位の使用感みたいです。 洗車の時も邪魔になると教えてくれました。 なるほど。 乗車時の目線 いいね。 販売用の車両のためメーター周りはカバーがされていましたが、動画等で確認する限り、快晴時には太陽の反射で視認性が少し悪そう。 ただ、一括で回転数や速度、給油計等が表示されるデジタルメーターは、きっと便利だと思います。 ハスクバーナのモノづくりのこだわりが現れたのは給油口。 作りが綺麗で、鍵口を隠すキャップの開閉音に拘りがあるとスタッフさんに教えてもらいました。 確かに閉じるとき、「カチャ」っという金属音ではなく、「パタン」という滑らかで落ち着いた音。 こういう細部の拘り、僕大好きです。 マフラーとサスペンション。 カッコいい。 このマフラーすごくカッコいい。 白のサスペンションも、黒の車体にあってました。 後ろから眺める 滑らか。 いやー、カッコいい。 伏兵、現る。 ということで、この日初めてSvartpilen 401を見て僕はとてもワクワクしました。 しかし、思ったよりもグッと来なかった。 「乗りたい!絶対にこのバイクに乗りたい!!」という気持ちにはならなくて、自分でも驚いています。 その理由はデザインとかではなく、そこに在ったもう一台のバイク。 僕の心は、そのバイクに奪われていきました…。 そのバイクは、『Svartpilen 701』 この話、また次回。 それではまた。

次の

HUSQVARNA スヴァルトピレン401 :軽い車体に元気なエンジンは遊べるぞ!

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 401

そんなハスクバーナ。 取り扱う店舗が少ないことは、たぶん好きな人にとっては周知の事実。 全国に40店舗程度で、少ない。 しかし、巡り合わせとはこの事、僕が住む場所から車で30分。 広島県福山市松永町になんと、ハスクバーナ取り扱い店舗があります。 (店舗:)広島県内ではもちろん、中四国エリアでここだけ。 西は福岡、東は奈良までないとか…。 取り扱い店舗があるなら、悶々としている時間は勿体ない。 そう思い立って現車を見に行ってきました。 想像通りのおしゃれデザイン。 Motoworksさんには先月も行きましたが、Svartpilenは次回入荷待ち。 今回は入荷情報があってやっと現車を見ることができました。 電源系統が繋がっていないので、レビューというよりも感想と写真です。 ご対面。 カッコいい。 とはいえ、以前Vitpilenを見ていたこともあり想像通り。 ホイールベースが本当に狭い。 そして、車高は高い。 黒と黄色のアクセントカラーに、ヨーロッパの雰囲気を感じます。 白のサスペンションも良い。 本当はマフラー側から撮りたかったですが、諸事情によりこの向きから。 フロントから フロントライトからタンク、テールに向かう曲線がホントエロい。 ブロックタイヤがいい感じにアクセントとなってるなーと思います。 まだ展示車なので段ボールでフィルターをガードしてありますね。 エンジンの金属感も好きです。 タンクとハンドル シート側からフロントに向けて。 セパハンだったVitpilen 401とは違い、Svartpilenはバーハンドル。 跨ったときの姿勢が楽。 ギリギリで両足つま先立ちだったけども、車重は軽いから車体を起こすのも苦になりませんでした。 キャリアもアクセント。 カッコいいよー。 ただ、当日1人オーナーさんに出会って話を聞くと「キャリア外す」とのこと。 キャリアを外すとVitpilenのフロントと同じ印象になり、より滑らか。 僕もキャリアを外した方が好きでした。 だから完全に飾り。 移動中に飲み物が置ける、位の使用感みたいです。 洗車の時も邪魔になると教えてくれました。 なるほど。 乗車時の目線 いいね。 販売用の車両のためメーター周りはカバーがされていましたが、動画等で確認する限り、快晴時には太陽の反射で視認性が少し悪そう。 ただ、一括で回転数や速度、給油計等が表示されるデジタルメーターは、きっと便利だと思います。 ハスクバーナのモノづくりのこだわりが現れたのは給油口。 作りが綺麗で、鍵口を隠すキャップの開閉音に拘りがあるとスタッフさんに教えてもらいました。 確かに閉じるとき、「カチャ」っという金属音ではなく、「パタン」という滑らかで落ち着いた音。 こういう細部の拘り、僕大好きです。 マフラーとサスペンション。 カッコいい。 このマフラーすごくカッコいい。 白のサスペンションも、黒の車体にあってました。 後ろから眺める 滑らか。 いやー、カッコいい。 伏兵、現る。 ということで、この日初めてSvartpilen 401を見て僕はとてもワクワクしました。 しかし、思ったよりもグッと来なかった。 「乗りたい!絶対にこのバイクに乗りたい!!」という気持ちにはならなくて、自分でも驚いています。 その理由はデザインとかではなく、そこに在ったもう一台のバイク。 僕の心は、そのバイクに奪われていきました…。 そのバイクは、『Svartpilen 701』 この話、また次回。 それではまた。

次の