空飛ぶ絨毯 英語。 空飛ぶ絨毯

魔法の絨毯

空飛ぶ絨毯 英語

4 アーティファクト 2 , T :クリーチャー1体を対象とする。 それはターン終了時まで飛行を得る。 を与えるを持つ。 では最初からを採用すれば良いので、見向きもされないの1つ。 しかし、では毎にを与えるアーティファクトは非常に強力である。 特にとでは、同時にが収録されているので、制圧力はかなりのものとなる。 また、ではで収録されているため、頻繁に見かけることになるだろう。 のちので装備品版と言えるが登場した。 時のに使えない点やのクリーチャーを飛ばせない点は異なるが、毎ターンを支払う必要がなくなり、実用上のに近い。 第7版のはかなり強烈。 "Wheeeeeeeeeeeeeee! " [] 旧オラクル 第6版時にが大きく変更されている。 でのは以下の通り。

次の

魔法の絨毯

空飛ぶ絨毯 英語

4 アーティファクト 2 , T :クリーチャー1体を対象とする。 それはターン終了時まで飛行を得る。 を与えるを持つ。 では最初からを採用すれば良いので、見向きもされないの1つ。 しかし、では毎にを与えるアーティファクトは非常に強力である。 特にとでは、同時にが収録されているので、制圧力はかなりのものとなる。 また、ではで収録されているため、頻繁に見かけることになるだろう。 のちので装備品版と言えるが登場した。 時のに使えない点やのクリーチャーを飛ばせない点は異なるが、毎ターンを支払う必要がなくなり、実用上のに近い。 第7版のはかなり強烈。 "Wheeeeeeeeeeeeeee! " [] 旧オラクル 第6版時にが大きく変更されている。 でのは以下の通り。

次の

空飛ぶ絨毯/Flying Carpet

空飛ぶ絨毯 英語

#2です。 補足です。 >>Go over the rainbow riding on a magic carpet! (魔法の絨毯に乗って、虹のかなたに行きなさい!) Go to the mountains riding on white clouds! (白い雲に乗って、山へ行きなさい!) というように使えますでしょうか? 使えます。 Fly over the rainbow riding on a magic carpet! (魔法の絨毯に乗って、虹のかなたに飛んで行きなさい!) Fly to the mountains riding on white clouds! (白い雲に乗って、山へ飛んで行きなさい!) とも。 括弧の中は略されてもいいと思います。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while watching TV. I was eating dinner yesterday as I was watching TV. と言うような表現ですね。 また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。 I was eating dinner and wataching TV at the same time. I am walking and listening to music at the same time. 直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。 ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。 ですから、この焦点をはっきり出すために、 I'm listening to music at the same time I'm walking. I'm walking at the same time I'm listening to music. と表現できるわけです。 asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while wat... は変だし、 A company has the biggest number of branches in Asia... も微妙。 辞書やネットで調べましたが、思うように見つかりませんでした。 ご質問1: <the most branches in Asia is A company... は変だし> おっしゃる通り、文意が通じません。 1.A is B. というSVCの文型の場合は、A=Bという関係があります。 2.ご質問文だと、branches=A Companyの関係になってしまいます。 3.従って、 (1)主語が複数なのに補語が単数であること (2)主語が複数なのに動詞がisと単数扱いになっていること (3)「アジアで最も多くの支店はA社だ」という訳では文意が通じない という点から、不適切となります。 ご質問2: <A company has the biggest number of branches in Asia... も微妙。 > だいたいできています。 訂正箇所は以下の通りです。 1.number「数」は大小で表しますから、形容詞はlarge・smallを使います。 2.「A会社」は固有名詞なので、Companyはイニシャルは大文字にします。 3.あとは、biggestをlargestにするだけで正しい文になります。 large in number「数が多い」 small in amount「量が多い」 2.この表現を使うと A Company is the largest in Asia in number of branch. ご質問3: <最も支店数が多い会社は・・・というくだりの訳を> 1.最上級は、最上級以外にも比較級や同級を使って表すこともできます。 例: (1)比較級: A Company is larger than any other in Asia in number of branch. 「A社は支店数において、アジアの他のどの(会社)よりも多い」 No other company has larger number of branches in Asia than A Company 「A社ほど、アジアで支店数を持っている会社は他にはない」 (2)同級: A company is as large as any in Asia in number of branch. 「A社は支店数において、アジアのどの(会社)に劣らず多い」 No other company has as large number of branches as any other in Asia. 「A社は支店数において、アジアの他のどの(会社)よりも多い」 ご質問4: <例えば、「アジアで最も支店数が多い企業はA社です」> この訳だと、強調構文の訳になります。 1.強調構文はIt~that・・・で表します。 2.意味は「・・・なのは~だ」となり、~を強調する表現になります。 例: It is A Company that has the largest number of branches in Asia. It is A Company that is largest in number of branch in Asia. 「アジアで最も支店数が多い企業はA社です」 以上ご参考までに。 はじめまして。 ご質問1: <the most branches in Asia is A company... は変だし> おっしゃる通り、文意が通じません。 1.A is B. というSVCの文型の場合は、A=Bという関係があります。 2.ご質問文だと、branches=A Companyの関係になってしまいます。 3.従って、 (1)主語が複数なのに補語が単数であること (2)主語が複数なのに動詞がisと単数扱いになっていること (3)「アジアで最も多くの支店はA社だ」という訳では文意が通じない という点から、不適切となります。 A ベストアンサー そのいずれも通じます。 ただし「I'll go first. 」は「私が最初に行くね(あなたは次だよ)」という順番を表す表現なので、こういう場合には不適切ですが、なんとなく通じてしまっているのでしょう。 ちなみに、「I'm going to school earlier. 」は「君よりも早く(私が行く)」という意味ではなく「いつも私が行く時間よりも早く(私が行く)」という意味に解釈されます。 友だち同士や家族間での、より一般的で軽い言い方としては「I gotta go. 」(行かなきゃ)があります。 「I have got to go. 」を略した言い方ですね。 「I gotta go to school earlier today. 」(今日はいつもより早く学校に行かなきゃ)などという応用の仕方もできますよ。

次の