婚 活 50 代 男性 現実。 50代婚活について|婚活業界人が内情を語る

50代婚活について|婚活業界人が内情を語る

婚 活 50 代 男性 現実

50代になると、急に現実的になってくる老後の不安。 今は健康であっても、例えきちんと貯金があっても、老後に一人きりで日々を過ごすのは寂しいですよね。 50代で婚活中の方は、ずっと独身できた方だけでなく、離婚や死別で今独身という方がいます。 ずっと独身を貫いてきた方も50代にさしかかり急に寂しさを抱いたり、パートナーとの別れを経た方もやはりもう一度誰かと共に生きていきたいと感じたり、やはり寂しさが何より大きい婚活理由でしょう。 昔と違って、医療やサプリメント、化粧品に至るものまで日々進化をとげてきました。 50代は隠居に向かうなんて時代ではありません。 みなさん若々しく、中には全然50代には見えない方までいます。 肉体的・外見的には若くても、これから更に年を取っていく上で独身だと不便なことも出てきますし、何より孤独感を感じるはずです。 やはり、これからやってくる老後を、お互いに支えあいながら過ごしていくパートナーを求める需要が高いのです。 子どもがいる方も手がかからなくなり、バリバリ仕事をしてきた方も人によってはより自由な時間が楽しめる時期でもありますので、改めて自分の生き方について考え直す人も多いのではないかと思います。 今までは、子どもや家族のために頑張ってきて、家族というカテゴリーでパートナーを見てきたと思いますが、50代の婚活は本当に2人だけの世界を楽しめます。 以前の結婚生活で、「本当はずっとアウトドアはしたかったのに、出不精の主人が嫌がるので自由に趣味ができない日々だった」という方は、外でスポーツを満喫するのが好きという男性を探して、巡りあいパートナーと一緒に毎日を楽しんでいます。 50代の婚活はズバリ、50代限定の婚活パーティーに参加するのがオススメです。 50代の同世代というくくりだけでなく、趣味や離婚歴理解者などのカテゴリーのパーティーがあります。 50代はパートナーと離婚した方や死別した方など、比較的結婚歴のある方が参加する傾向が高いですので、50代の出会いは、若者に交じってお見合いパーティーに参加するよりも、中高年向けのお見合いパーティーの方がお互いの悩みも共有でき、カップルになれる確率は上がります。 趣味のイベントのパーティーは、スタッフがイベント中もフォローをしてくれますので一人でも楽しむことができますし、一緒に共通の好きな事を体験して過ごす時間が長いと距離が縮まりやすく会話も増えたなどのコメントが多数寄せられていて、カップル成立や結婚にまで至ったという報告も多く、結果が出やすい婚活イベントであると言えます。 夫婦に子どもが生まれるとカップルから父と母になってしまいますが、50代ですと、子どものことをもう考えないので、2人だけの本当の恋愛が出来ると毎日に充実した意見を持つカップルが多いです。 若い層の恋愛ばかり表に出て、50代の恋愛事情はあまり浮彫にはなりませんが、50代でも恋愛したり、婚活している方はたくさんいらっしゃいます。 若い頃と違って、時間にも心にもゆとりがあるので2人だけの時間や思い出にフォーカスできて、絆を大切にできます。 50代の恋愛は実はとても楽しいものです。

次の

手遅れ婚活?30代女子が知るべき現実とは? | 結婚し隊

婚 活 50 代 男性 現実

40代で結婚するために、まずは自身の置かれた状況を理解する必要があるわ。 40代の女性が結婚相手や恋愛対象として、男性からどう見られている世代なのか?を受け入れてほしいの。 これから話すことは、あまり知りたくないというか、知ったところでテンションが下がる内容ばかりだけど、結婚できないのはアナタのせいなのよ!と責めるつもりはないから拒絶しないでね。 「知る」ということは、何をするにしても大切なプロセス。 さぁ、結婚できない理由を、徹底的に洗い出すわよっ。 まずは、40代の厳しい現実を受け入れるのよ 40代で婚活してみると、想像していたよりも厳しい現実にくじけそうになるわよね。 で、仕事が忙しいとか、お見合いで知り合った男性が最悪だった、婚活パーティーがつまらなかった…と、言いたくもなるけれど、そこはぐっと堪えたほうがアナタのためよ。 男性が結婚相手に望む上限は45歳まで ここで見てほしい調査結果を紹介するわね。 婚活サイト・エキサイトが実施したアンケート「希望するお相手の年齢」によると、 男性の62. 6%が「年下」の女性との結婚相手を希望しているの。 一方で、 女性が希望する年齢は「同年代」。 男と女で、需要と供給が成り立ってないのよね。 希望する相手の年齢:男性編 希望する相手の年齢:女性編 次に、40代に絞って希望する年齢を見てみると…。 しかも、男性が50代になっても希望する女性の年齢の上限は45歳なのよ。 40代で結婚したいなら、45歳までに相手を見つけなければならない、ということが理解できるわね? 男性が望む年齢なんて、わたしに言わせれば正直どうでもいいわ。 ようはお互いを尊重できるカップルかどうか、これしかないの。 だって、こんだけ離婚の多い時代だもの。 結婚にいたる過程よりも、その後の幸せのほうが1000倍大切なのよ。 だから、「結婚に前向きな男性しかいない」「ふたりの幸せをつくるための価値観が合いやすい」。 これを実現するための結婚相談所に行くのが最良、というのがわたしの結論よ。 もちろん、自分のスタイルに合わせて婚活アプリやパーティーの活用もOKだけど、年齢でどうこう言われる毎日がうんざりなら、結婚相談所がおすすめね。 特に、高収入で大手企業に勤めている男性ほど、若いパートナーを求める傾向があるみたいよ。 一般的に、男は年齢を重ねてもモテるといわれているけど、それはルックスが整っていたり、お金を持っているひと握りの男性のみ。 実は、全国各地で開催されている婚活パーティーのうち85%が、40代男性の参加資格がないのよっ。 たとえ参加できたとしても、医師や弁護士、高い収入を得ているエグゼクティブのみ。 40代で未婚の男女がたくさんいるのに、「年齢」にしばられマッチングしないのは、すごくもったない!と思わない? こんな女性とは、誰も結婚しないわよ うすうす感づいていた現実を決定づけるデータに落ち込む必要はないわ。 じゃあ、なぜ紹介したのかって?それは、今のアナタを客観視してもらうためよ。 で、次に必要なのが、自分自身のことを知ること。 以下に、結婚できない女性をタイプ別に紹介するから、その特徴に当てはまっていないかチェックしてちょうだい。 アナタの婚活が長引く原因も見えてくるはずよ。 結婚できない女性をタイプ別に分類してみたわ スペック重視で上から目線「高飛車タイプ」 40代まで結婚しなかったんだから、「ここで妥協したくない」「もっといい人がいるはず」と、婚期を逃しているのがこのタイプ。 条件を絞ることは必要だけど、それで視野が狭くなるようなら本末転倒よ。 なぜ、その条件にこだわっているのか、明確に答えられないなら、その条件をもう一度見直すべきね。 男性に求める条件が3つ以上ある• よく「理想が高いよね」と言われる• プライドが高い 過去のモテ期を引きずる「バブル女子タイプ」 20~30代の頃にモテた人に多いんだけど、過去に、異性からチヤホヤされた経験が忘れられないのがこのタイプ。 ファッションやメイクには気を使っている• 恋愛経験が豊富• 年齢の割に若く見られる 何事も人任せ。 努力をしない「他力本願タイプ」 婚活パーティーに行ったけど、いい人に出会えなったのは自分以外の誰かのせいだと思い込むのがこのタイプ。 気が合う独身の女友だちと女子会を開いて愚痴や文句を言うのはやめて、自分から「出会い」のきっかけをつくる努力をすべき。 結婚できない理由は自分以外にあると思っている• 「どこかにいい人いないかな」が口癖• 甘え上手 今まで、外見やスペックで、結婚相手に相応しいか否かを判断してきたと思うけど、それは30代までの婚活。 40代の婚活は、相手と共感できるポイントを見つけ加点していく加算方式でいくべきよ。 趣味や結婚観など共通点を見つければ、自然に話も盛り上がるでしょ?その人と和やかな結婚生活が送れるか?想像してみるのも方法のひとつ。 で、次にどこで出会うか。 合コン、街コン、婚活パーティーで、結婚願望の強い40代は嫌厭されがちだから、世話焼き系の仲人のいる結婚相談所に足を運ぶことをおすすめするわ。 外見やスペックへのこだわりを捨てる、過去の自分を引きずらない、心地よいと感じる生き方を変える…そう簡単には切り替えられないのも40代。 ただやみくもに探したって、結婚相手は見つからないのも分かっているわよね。 そんなアナタたちの世代の心強い味方となってくれるのが結婚相談所なのよ。 在籍している会員は30~40代が多いし、50代以上の中高年カップルもたくさん成立しているから、その実力は確かね。 「結婚したい!」っていう真剣な気持ちと、アドバイスを素直に受け入れる柔軟さがあれば、40代で結婚できる可能性はどんどん高くなるわ。

次の

36歳からの婚活は地獄の日々?!アラサー女性の現実

婚 活 50 代 男性 現実

結婚はコスパではない!婚活中の黒川祥子さんが語る「50代婚活」の現実。 晩婚化、非婚化が進み、生涯未婚率は2010年時点で男性20%、女性10%、2030年には男性30%、女性23%ほどになると見込まれる時代。 「結婚はコスパ」「嫌婚」などというメディアの特集が話題を集めるなど、「できない」のではなく、結婚を「しない」人も増えている。 とりわけアラフォー、アラフィフと、年齢を重ねるほどに、お一人さま人生を充実させる方向へ舵を切る人も少なくない。 とはいえ、人生80年。 ずっと一人でいいのだろうかと、心の奥底で不安が蠢く独身者も少なくないのではないだろうか(アラフォーの記者はそうです)。 そこで今回、目下婚活中のノンフィクション作家・黒川祥子さんにお話を伺った。 黒川さんは雑誌『G2』(講談社)にご自身の婚活記「55歳・バツ2オンナのガチンコ婚活記 恋よふたたび!」を執筆(今後、書籍化予定)。 「清水の舞台から、飛び降りるような思い」で婚活を始めた黒川さんを待っていたのは、「泥水をすする」現実。 クリスマスイブにはお一人で婚活居酒屋に行かれています。 結婚は2回され、働きながら2人のお子さんを育て上げられた。 仕事も充実されている。 これからは一人で気ままに生きるのもいいような気もしますが……婚活を始めたのはなぜでしょう。 黒川:私は38歳で離婚してからこれまで、何もなかったんですよ。 男なし歴16年! 待っていては何もやってこないと、ようやく悟りました(笑)。 離婚で息子たちに不安定な思いをさせてしまいましたし、私自身もたいへんでしたので、2度目の離婚時に「もう、男で問題解決するのはヤメよう」と誓ってやってきました。 言葉にするとカッコいいけど、要は相手が見つからなかっただけ(笑)。 子育てが一段落したいま、このまま一人で終わるのはあまりにも淋しいと切実に思うようになったんです。 やっぱり一人は弱いんです。 いくつになっても弱い。 それにあの感情……トキメキやロマンスって、代替物はないですよね。 韓流などで満たしている中高年女性も多いですけど。 私もすっかり忘れてしまって、片りんも残っていませんが、それでも、ずっと一人ではつまらないなぁと思うんです。 とはいえ、結婚という形にはこだわっていません。 いまは下の息子と一緒に住んでいますから、必ずしも同居したいわけでもない。 事実婚もいいですね。 だから、婚活というより恋活かな。 これからの人生を共に歩むパートナーが欲しいんです。 こういう時代ですから、男女のあり方は、大らかでいいと思っています。 いかがでしたか。 黒川:最悪でした。 面と向かって「古い女性」と言われましたしね……。 『G2』に詳しく書きましたが、16年ぶりに女という市場に戻ってみたら、市場価値が大暴落していたことを思い知らされたわけです。 と同時に、セルフイメージが、若い時で止まっていたことにも気づかされましたね。 婚活に必要なのは、地獄の「客観視」です。 現実を直視するのは残酷なことです。 直視しなくても生きてはいけますけど、それは偽りの人生、後ろ向きの人生かなぁとも思う。 黒川:いえ、最初は何をやっても上手くいかず、とことん落ち込んだので、奮起したんです。 55歳のおばさんなんてこんなものだっていう、世間の冷ややかな目に屈するものかと。 それにもう、普通の生活をしていたら出会いはありませんから、しかるべき場に出るしかない。 以前、『熟年婚』という本を書いたのですが、取材をした方の中には、5年間の婚活の末に、理想の結婚をされた女性がいました。 幸せになっている方は、努力しているんですね。 やはりこれが現実ですね…… 黒川:素材を投げ出しているだけでOKなのは35歳までです。 そこからは女性にもサービス精神が必要になるんですね。 年齢と顔の造りは変えられないけど、化粧や表情、服装などで見た目は上げられます。 最初に結婚相談所に登録したときは、見向きもされなかったんです。 これじゃだめだと、写真に命を賭けて(笑)、登録写真を変えたら、少し声がかかるようになりました。 いざ男性と会ったら、聞き上手になって、楽しい時間を作るというのも、サービス精神ですね。

次の