インコ 野菜。 ペレットは?野菜は?おやつは?インコの餌・食事について知っておきたいコト

セキセイインコに小松菜は必要な栄養?

インコ 野菜

鳥に野菜を与える時の注意 シード食の場合、鳥の健康を考え、副菜として新鮮な野菜を毎日用意してあげるのがベストです。 ペレット食の場合でも、補助食やおやつとして野菜を与えると喜ぶでしょう。 しかし、野菜が健康に良いとはいえ、与えすぎには要注意です。 鳥には定番の小松菜やチンゲンサイ等のアブラナ科の野菜は、最近では鳥に悪影響があるとも考えられています。 程度の差はありますが、野菜にはシュウ酸やゴイトロゲンという成分が含まれているからです。 シュウ酸 人間と同じように、摂り過ぎは結石の原因となる。 えぐ味となる成分で、カルシウムの吸収を妨げる成分でカルシウム不足になりやすい。 特に、セキセイインコは甲状腺腫になりやすい。 小松菜やチンゲンサイは鳥の定番野菜なのに、与えない方が良い!? 小松菜やチンゲンサイは鳥にとって良い野菜だから積極的に与えるようにと言われ、本等にもそう書かれています。 しかし、最近では、アブラナ科の野菜にはゴイトロゲンが含まれているため、多少なりとも影響があるので与えない方が良いとの見方もあります。 アブラナ科の野菜 小松菜 チンゲンサイ 白菜 大根 カブ カリフラワー ブロッコリー キャベツ 与え過ぎはダメ ゴイトロゲンが甲状腺機能低下を引き起こすのは人間にも言えることで、食べ過ぎるのは良くありません。 例えば、ダイエットのために食事をブロッコリーだけにし続けるなどは問題があるでしょう。 人間は体重もあるので、少しくらい摂取しすぎただけでは問題ありません。 小さい鳥にとっては、人間が少しと思っていてもけっこうな量になってしまいます。 野菜が大好きだからと言って与え過ぎずに、他の食材もバランスよく与えましょう。 ヨウ素(ヨード)を与える アブラナ科の野菜にはヨウ素の取り込みを阻害する物質チオオキサゾリジンが含まれています。 ヨウ素は、甲状腺ホルモンに重要で、不足していると甲状腺機能低下症になってしまいます。 普段からヨウ素が足りない食事をしている場合は気を付けてください。 野菜を与える食生活をする場合、ヨウ素不足を補うために、ボレー粉やサプリメント等を一緒に与えましょう。 健康な鳥であればそれほど問題ない 小松菜やチンゲンサイ等を与えることで、ビタミンやミネラルを補うことができます。 もともと病気等がなく、健康な体であれば、アブラナ科の野菜を普通に与えている分にはあまり問題はないようです。 ただし、甲状腺の病気であったり呼吸器に問題があったりする場合は、注意が必要です。 獣医さんと相談して与える食事を考えましょう。 小松菜やチンゲンサイ等は、今まで安全であったからこそ食べるように言われてきた野菜です。 必要なヨウ素を与え、ゴイトロゲンを含む野菜を過剰に与えなければ、それほど神経質にならなくて良いでしょう。 万が一アブラナ科の野菜を与えたことで体調が悪化すると、甲状腺が腫れて気管支を圧迫し、鳴き声がおかしくなったり呼吸がゼェゼェ、ピューピューと苦しそうにしたりします。 愛鳥の体調に異変を感じたら病院へ! 健康に不安があったり、健康でも心配になったりする場合は、鳥を見てもらえる獣医さんに相談しましょう。 鳥が食べると特に危険な野菜 栄養豊富で愛鳥が食べるからと言って、どんな野菜でも鳥に与えて良いわけではありません。 鳥が食べると体に悪影響が出る野菜もあります。 放鳥時にテーブルの上にあるものを食べてしまうという事故もあるので、鳥が食べると危険な野菜には気を付けましょう。 アボカド ペルジンという成分が呼吸器や循環器に障害を引き起こす。 ネギ類(長ネギ、玉ねぎ、ニラ等) 赤血球を破壊し、溶結性貧血を引き起こす。 生の豆類 鳥は豆が好きと思われがちだが、生の豆は鳥に重篤な中毒症状を引き起こすため危険!! 芽キャベツ 甲状腺腫を誘発するゴイトロゲンが多く含まれている。 ジャガイモの芽 人間にも良くないことで知られる有害物質のソラニンが含まれている。 鳥にはあまり与えない方が良い野菜 シュウ酸やゴイトロゲンの含有量が多めな野菜には要注意です。 少量であれば与えても大丈夫なようですが、「君子危うきに近寄らず」とも言うように、与えない方が良いかもしれません。 ほうれん草 シュウ酸が多く含まれ、カルシウムの吸収を妨げる。 少量であれば与えても良いと言われているが、あくが強くてあまり好まれないため、与えない方が無難。 ブロッコリー 甲状腺腫を誘発するゴイトロゲンが含まれているので、飼育本によっては与えてはいけない野菜に分類される。 特に、花蕾にはシュウ酸が含まれているのでカルシウムの吸収を妨げるので、与えない方が良い。 キャベツ 甲状腺腫を誘発するゴイトロゲンが多く含まれていて、キャベツを食べ過ぎた鳥が甲状腺腫になった例がある。 シュウ酸の含有量が他の野菜に比べて多め。 健康を考えたバランスの良い食事を 鳥にとって良いとされてきた小松菜やチンゲンサイも与えすぎや、健康状態によっては問題があるということがわかりました。 人間もそうですが、食べ過ぎや偏った食事は良くありませんよね。 鳥の食事もバランスが大切です。 必要な栄養を摂取してもらえるように普段の食事に気を付けましょう。 また、鳥にも食べる楽しみがあります。 健康に気をつけつつ、愛鳥が好きな野菜を食べさせてあげることで、鳥の人生も豊かになるはずです。 鳥の人生は人間よりも短いもの。 おいしく健康に良い食事で、愛鳥との時間を大切にしましょう。

次の

ペレットは?野菜は?おやつは?インコの餌・食事について知っておきたいコト

インコ 野菜

セキセイインコは好奇心旺盛と裏腹に臆病です。 (個体差はありますが) 後々、大好物になるものでも、 見たことがないものをケージに入れると、 最初はびびって近寄らないです。 粟の穂をかじった形跡があるのなら、 それは「怖くない」と覚えますので、 ケージの天井から吊しておくといいですよ。 野菜は、グリンピースのスプラウト:豆苗(とうみょう)が、 喰い付く確率が高いです。 豆は与えてはいけないので、 カットして茎から上を菜さしに挿して入れてみてください。 季節的に、雑草のネコジャラシの穂もOKです。 粟の親戚ですから、稔った青い穂を束ねて、 入れて観察してみてください。 おそらく、最初は思いっきりびびりますが、 好奇心に負けてついばんで、味を覚えると思います。 セキセイインコは糖分を与えすぎると、 そのうの中で不要な菌が繁殖したりしますので、 果物は特に与えなくてもよいです。 他のかたが書かれていますが、与えないほうがいい野菜は、 キャベツやブロッコリーです。 グルコシノレートという成分が多く含まれ、 甲状腺障害を起こす危険があります。 コマツナもアブラナ科ですが、 昔から日本では与えていますので、 その成分が微量しか含まれていないのだと思います。 4ヶ月でしたら、これから「遊びながら」好きな青物を 覚えていくと思いますよ。 うちの子も最初は食べなくて困っていたんですが、スーパーで百円弱の、十種類入りのカットサラダを買って来たら、興味を示して食べてくれました。 カットサラダの中で何を食べるか観察すれば良いですよ。 但し、ネギ、玉ねぎ、ほうれん草があれば取り除いてください。 古くなったキャベツはゴイトニンが発生してよくないと言う人がいますが、新鮮なキャベツは問題ありません。 またレタス、キャベツは水分ばかり多くてと言う人もいますが、野菜を食べてくれるようになるまでは気にする必要はありません。 我が家のセキセイ君とオカメ君はそれ以来、野菜好きになりました。 基本は、最初は細切りをあげるということ、好きな野菜を選ばせると言うことですね。 混合カットサラダは色々な色が混ざってインコさんの興味を引くと思いますよ。 最近は、色の濃い野菜が好きで、豆苗が大好物です。 オカメ君はニンジンの細切りも好きです。 手つかず状態の青菜を、毎日捨てていました(涙)。 ある日、文鳥を飼っている友人宅を、うちのセキセイ同伴で訪問したときのこと。 うちのセキセイは文鳥さんに興味津々で、図々しくもケージに侵入して、文鳥さんの小松菜を齧っていました。 なんだよ、他人のものなら食べるんじゃん! 拍子抜けしました。 子供の食わず嫌いと一緒ですね。 以来、我が家でも青菜を少しずつ食べるようになりました。 あれこれ試した結果、豆苗と青梗菜が好みのようです。 豆苗は、水耕栽培しているトレーをテーブルに置いておくと、放鳥時に食い散らかしてますよ。 スティック野菜(にんじんやキュウリ)は齧るのが楽しいらしく、凄い勢いでがっつきます(笑) 好きな野菜でも、食べる日もあれば食べない日もあります。 その後オカメをお迎えして、競争心が芽生えたことも、野菜を食べるようになった一因みたいです。 果物は、未だにセキセイもオカメも食べようとしませんね。 いろいろな種類の野菜、いろいろなやり方を試してみてください。 そのうち、思わぬ発見がありますよ! 我が家の仔たちも青菜をなかなか食べてくれなくて苦労しました。 オカメインコは小松菜をみただけでパニックです。 ショップである程度過ごしていた仔は青菜をみても食べ物という認識はないようです。 試行錯誤の結果、今はブロッコリー、はこべをつついてくれるようになりました。 慣れている仔ならば放鳥のときに遊びながらつつけるようにするのも効果がありました。 小松菜の種を水にひたしたティッシュ、ペーパーキッチンの上においておけばすぐに芽がでますのでたいらな皿などで自家栽培。 スプラウトは見た目もよく鳥さんも興味を示し種やら新芽やら、食べてくれました。 ただすぐに飽きてしまうので時々にしました。 青菜は食べてくれないのに観葉植物に目が行く仔は 小松菜やにんじん、きゅうり、はこべなどでおおげさに花瓶に生けておくと食べたときもあります。 といろいろな方法でぜひ鳥さんと知恵くらべしてみてください。

次の

季節の野菜をあげよう!

インコ 野菜

ホウレンソウ、キャベツ:カルシウム吸収を阻害するシュウ酸が含まれています。 レタス、キュウリ:水分が多すぎておなかを壊しやすいです。 ブロッコリー:賛否があるので与えないほうが良いでしょう。 特に小型インコは少量でも体調に影響する場合があるので、これらの野菜は与えないほうが無難です。 インコに野菜を与えるときのポイント 野菜を与えるときは新鮮なものを選び、表面の残留農薬や泥をよく洗いおとしましょう。 冷えた野菜はおなかを壊しますので、 与える1時間ほど前に冷蔵庫からだして常温にもどして与えるのをお勧めします。 野菜を嫌がって食べてくれないインコには、目の前で美味しそうに食べてみたり、細かく刻んで主食に混ぜてみたりして与えてみてください。 最初は遊びながら食べると思います。 それで十分です。 遊びながら少しでも口に入れば次第に食べる量が増えていき、食べられる野菜の種類も増えていくと思います。 飽きないように何種類かの野菜をローテーションで与えるとインコも食べる楽しみを味わえて嬉しいでしょう。 インコに与えて良い果物 みかん、りんご、いちご、もも、いちご、メロンなど、ほとんどの果物は与えても問題ありませんが、皮は 残留農薬の付着の危険、種は消化不良や中毒の危険(イチゴは大丈夫です)があるので取り除いたほうが無難です。 また、果物はインコにとって非常に糖分の多い食べ物です。 一回に与える量は1~3口、週に1~2回にとどめ、特別なご褒美として与えましょう。 レモン、グレープフルーツ:専門家の間で賛否があります。 ブドウ:皮に含まれるタンニンがインコに良くありません。 スイカ:水分が多くおなかを壊しやすいです。 これらは少量食べてもすぐに命に関わるような影響がでるものではありませんが、長期間食べることで健康に影響がでたりする可能性が指摘されています。 インコに与えてはいけないもの インコにはネギ類やアボカド、アルコール、コーヒーなどの食べ物は中毒を起こし、落鳥させてしまう恐れがあるので絶対に与えてはいけません。 また 人の食べ物全般も味付けが濃すぎるため、与えてはいけません。 そのほか、食べてはいけないものに関してはこちらにまとめていますのであわせてチェックしておきましょう。 インコに食べさせても良いもの(野菜・果物)一覧【決定版】まとめ• インコに食べさせて良い野菜:小松菜、チンゲンサイ、パセリ、水菜、ニンジン、豆苗、ピーマン、ししとう、かぼちゃ、大根葉など。 与えすぎに注意する野菜:ホウレンソウ、キャベツ、レタス、キュウリ、ブロッコリーなど。 インコに食べさせて良い果物:みかん、りんご、いちご、もも、いちご、メロンなど。 与えすぎに注意する果物:レモン、グレープフルーツ、ブドウ、スイカ• 与えてはいけない食べ物:アボカド、ネギ類、アルコール、人の食べ物全般など。 いかがでしたでしょうか。 愛鳥の栄養バランスを考えるのはもちろんのこと、コミュニケーションの一環で野菜や果物を与えたいですよね。 意外な野菜や果物が実は良くないという場合がありますので、 与えてよいもの、悪いものを冷蔵庫などにリスト化して貼っておくのをお勧めします。 一番危ないのは、放鳥時にうっかり食べたらいけないものを出したままにしてインコが口にしてしまったというパターンです。 食べ物によっては中毒を起こす場合がありますので、 放鳥前に危険なものや触らせたくないものがないかよく確認するようにしましょう。 なかなか野菜を食べてくれないときは、目の前で美味しそうに食べてみせて興味を向かせたり、細かく刻んで主食に混ぜたり工夫してみてください。

次の