110 ニコ 生。 pchan110とは (ピーチャンとは) [生放送記事]

富士山滑落ニコ生配信動画【YouTube】(テツTEDZUさん死亡)が完全に閲覧注意レベル

110 ニコ 生

han )とは、放送をしているである。 普段は「」、「」などと呼ばれている。 概要 の信条 「理想義ほどをにするものはない」(反理想義)(路線) 【の賛成:支持するもの】 日安保条約 (処理活動)制度 ()() 二重籍制度(権制度をむ) のガザ支配 対 非施設 徴制 増税 の統貨設立 悪犯への厳罰化 大連合(:)政権 女系(徴)制 宮寺の復活(・) 【の反対するもの】 への:閣僚参拝 の政策 法 欧義(悪しき義) 一切の排他的 増税 4一括返還論(非的) (同盟の核妨に繋がる) 防衛予算の削減 :ウィ 労働者法止 【積極的に支持しないが現状で経過観察すべきと思うもの】 (安保成立後にのの為に棄すべし) 放送はがを掲げ、それについて解説をしたり、自説を述べたりする形で進んでいく。 の知識量ついては、かねてより他のやから一置かれており、特にやなどの分野に明るいようだ。 右的、ないしは的なが強いとされるの界の中、一変わったり口をしており、他のやと意見が分かれることも多い。 そのためか、左的との評がされることもあるが、自身は否定しており度々「自分はが好きである。 」ともっている。 放送を始める以前から、の系放送の界では知る人ぞ知る有名であった。 某有名放送で、をくらったことがある。 関連コミュニティ 関連動画 関連するのを紹介してください。 関連商品 のを紹介してください。 関連項目• 関連する項を紹介してください。

次の

【FGO】生放送まとめ|ニコ生やカルデア放送局一覧

110 ニコ 生

の発表するが少ないため、が調した未確定のが含まれる場合が有ります。 あらかじめご了承下さい。 なお、ここに書かれた内容は今後変更になる場合が有ります。 ユーザー生放送とは、がを行えるである。 概要 、と同時に開始されたの関連の1つ。 が様々な番組を配信してきた「」で、もの内容を配信できるようになったという触れ込みで開始された。 にはの新しい配信に全移行され、で視聴するようになったほか、での配信や低などの機が追加されている。 また、長らく有料になっていた延長機と予約機は新配信移行に伴い、でできるように変更された。 を行うには、有料のになった上、自分に放送権限が与えられているに加入している必要がある。 はでにが出来、はと同様、放送画面上を流れる。 のなど、が利用できる様々な機が用意されている。 など、に応じて利用できる様々な機(特権)が用意されている。 の判断でやを定できる。 をに限定した放送ができる。 は『』対応機種限定 その他、端末などでも視聴できる。 放送画面上部に放送者名としてに設定しているが表示され、のからの同名のへとされる。 記事がまだい場合は表示、既にある場合は表示となる。 (負荷軽減の為一時的に非表示化することもある) 運営者コメント の上部にある、等が表示されるに、が任意のを表示できる機。 が使用可。 ()、( の斜体)、( に下線を引く)、<s>( の)、(色やの大きさ)のみ。 を使用することで様々な機が使用できる。 詳しくは「」の項を参照。 は適用されない。 ではで表示される。 ただしは一部を除き表示されない。 側での送信からの画面に表示されるまで、2~3程度の遅れが生じる(ただし、のおよび音は、通常それ以上のを伴う事がほとんどであるため、から見えているのやのよりもく表示されるように感じられる場合が多い)。 をはみ出さないように、数・行数に合わせてが縮小される。 いつからかは不明だが、再生,を流す,,を流す範囲変更、などといったのほとんどがで行えるようになった。 動画引用機能 を定して、にされているを流せる機。 のみ使用できる。 詳しいは「」を参照。 できるは、が()、()、so,(、 )、za,ca()のみ。 が数字だけのも再生することが出来る。 されたをするとが流れる。 ただし後では登録に失敗し、延長した場合は前の時間帯に流したの登録に失敗する。 を画面で再生すると、それまでのと音は流れなくなる。 と同時に・音を流すには、画面を使用しどちらかを音に割り当てる必要がある。 再生終了後、何もしなければ込み中の画面のままになる。 されたの、、は表示されない。 稀にの再生に失敗する場合がある。 途中入場した場合は、可な限り既存のと同じ場所からが再生される。 再生位置のが生じる• を再生することはできない。 を再生すると、自動的にに記録される。 されたは、の数だけ再生数が加算される。 の再生条件を満たしている場合は、はで込まれる。 ただし、強制的ににすることは出来ない。 は元を直接見るのとべのが有る模様。 逆に元だとついていたのがだとに見れるとの報告も有り。 の途中再生は再生位置調整がらしく、のいは途中からの再生に失敗する。 しかし、のに残るため、再生するを知らせたくない場合には使えない。 () 番組一覧 末で使われているタブは以下の通り。 なお、開始当初からあった「」はをもって止されている。 タブ 備考 注番組 およびの番組の中から、注されている番組が表示される。 放送中の番組だけでなく、終了した番組や個別に特集が組まれている番組を確認できる。 一般 の設定の。 に系の番組が集まっていることが多いが、のまま配信開始している番組も多いため、内容に統一性がないものが多い。 、、など「」系番組が放送されている。 などの系番組が放送されている。 からの配信はの一番上に優先的に表示されている。 にされているを紹介する番組が放送されている。 「」を付けているが集まる。 の有で判断されているため、実際に放送されているかは保できない。 「」を付けているが集まる。 などの外部通信を用いての他の参加を待っているが多い。 ちょっとのをしている番組が放送されている。 期間中のみでタブとして出現する。 予約機能 番組のが、好きな時間に放送を予約できる機。 末のは以下の通り。 番組作成で「予約機を利用する」にを入れることで利用可になる。 から予約機を利用する際に有料ではなくなった。 1で最大10番組、1週間後まで予約可。 1回の放送は最大12分(間)まで。 する、日時の変更、時間の短縮以外であれば、の変更が可。 延長機能 が、自分の番組の放送時間を延長できる機。 末のは以下の通り。 分を1とし、最大間まで延長可。 から延長機を利用する際に有料ではなくなった。 配信から延長する時間を選択し、「延長」を押すと番組時間が延長される。 番組の残り時間が1分未満になると延長することができなくなる。 配信で自動延長をONにすることで、5分前をめどに自動的に延長される。 割り込み 同時放送数が最大数となっているとき、「順番待ち」機により、順番にの配信が開始されるため、配信者が多いと、長い時間待たされることになる。 新配信移行に伴ってこの機は止されている。 バックステージパス 特権の一つ。 L0以上から使用が可である。 をから与えられたは、満員時でも特別にを与えられたのを見ることができる。 また、権限でしか利用できない特別なを使うことができる(では昔、「席」という名で呼ばれていた)。 このでは、を隠す()ことができない。 一万人フォロワーシステム のフォロワーが一万人以上のは、ユーザー生放送や一部のにを特別に表示することができる。 放送でを最初にするで、表示するか否かの確認画面が出る。 0、の変更 認済みのみに制限。 タグ機能 のからのように画面上部で付けが出来るが導入され、をする事で同じのついた放送をする事が可となった。 に表示されるは記事へとされているが、が表示の場合はそのをとする記事が存在しない。 であること。 のであること。 あるいは参加の管理者から放送する権限を与えられていること。 ただし予約した番組の場合、番組を予約した後にになってしまった場合でも問題なく放送できる。 放送枠 放送は 0ぐらい設けられている。 放送中の番組が上限数に達すると、それ以上新しい番組を開始することはできず、順番待ちする事になる。 1分の時間制限がある。 しかし有料での放送時間を延長することができる。 「延長機」参照• 一つのから同時に複数の放送をすることは出来ない。 に負荷がある場合、一時的に新規にを取得する事がになる(不具合時など)。 同時視聴人数のまでがいる場合は、放送が埋まっていなくても、それ以上番組を開始できなくなる可性がある (同時視聴人数は推定6万人以上)。 が、現状の方針では、数が多いために数が極端に減るといった対応を行ったことはなく、放送でたくさんの数が見込まれる場合でも、を絞るといった対応はなっていない。 ただし、不具合時を除く。 ・は、放送が埋まっていても優先的に放送を確保できる。 放送数は曖昧なので、余っていたとしてもを取れない場合がある。 を取得してから、標準で5分間の配信時間があり、最大分まで延長が出来る。 配信中はいつでもを終了して放送開始できる。 必ず分放送しなければならない訳ではなく、配信停止をすることでいつでもを終了できる。 時刻はののによって計算されるので、が狂っていると終了時刻にズレが生じる。 で作成されたは、が終了しても流れ続けてしまう。 このの長さはその時点のの設定や状況によって差があり、短ければ1分から、長くて5分程度の場合もある。 等を使用している場合、をに送り続けるため、配信側で終了していない場合は終了後も配信がされる場合がある。 と合わせて0人になるのかはでは分からないので【要研究】 ただし、 上限は人である。 これはの場合であり、 からでは1番組あたり人なので、とを合わせた 実質的な上限は0人となる。 用の放送を変換する都合上 はと同様と思われる。 ちなみに、全体での同時視聴可人数は、が推定6万人以上、が0人である []。 最大視聴可人数に達した放送にはそれ以上は入場できない。 満席の状態ではしか入場できず、すでに入場していたがで退場させられる。 ただし全ての席がで埋まっている場合は、であってもそれ以上新たに入場する事は出来ない。 表示される来場者数は放送開始からの累計人数であり、で何人視聴しているのかは分からないようになっている。 しかし、残り座席数が一桁になれば来場者数の横に残り座席数がで表示されるので、最大数から引き算をすれば人数が分かる。 座席番号は0から始まる。 の座席番号はで固定されていたが、は5〇〇〇〇番となっている。 (〇の中身は)• は、席、立見席…と、人ごと作られる。 立見席のは、側から閲覧できるようになっている。 また、特権により座席数が増加することにより、立ち見席は「立ち見席A」「立ち見席B」「立ち見席C」と屋作られることが確認されている。 席が埋まっている状態でが入場すると、席のは立見席に回され、そのいた席にが着席することになる。 ただし席が全てで埋まっている場合は、座席の入れ替えは行われない。 退場したがいた場合、その座席番号は以降に入場した(または)が座ることになる。 コミュニティ特権 のによって、そので放送するには、以下の特権が付与される。 尚、で最大のまでの特権がされているだけであり、それ以上のにどんな特権が存在するかは分からない。 さんのが(最高)に到達したことに伴い、全ての特権がされた。 また、から、立ち見D,Eが追加され、同年立ち見F,G,H,Iが追加された。 特権が追加されるについての詳細は、『』記事参照。 予約[標準:L~(pt)]• LV46~L8(pt)• L9~L9(pt)• L0~(0pt)• 割り込み[標準:L~(0pt)]• LV~LV(0pt)• L0~L9(2t)• L0~(0pt)• 延長[標準:L~(pt)]• L7~LV(pt)• LV74~L5(pt)• L6~L6(一一回、二以降は一につきpt)• L7~(何取っても)• [標準:L~(0人)]• L0~L3(2人)• L4~LV(5人)• L0~L14(10人)• L15~(20人)• 座席数増加[標準:L~(人)]• L~L? L5~使用可 その他• 毎週の9時からまでは、定期が行われるので放送・視聴ができない。 のに対してはが何も設定しなくても最初から自動でが設定されている。 を含むは発言者本人以外には表示されず(も見れない)発言者以外のの画面上では番号は飛ばされる。 を使っていないのに番号が抜けている場合、が入ったと見て間違いない。 ・や番組などを流し、「利用規約に違反する行為」もしくは「権利侵」があったと判断されると機の一時停止処分を受ける。 これは一般的に「」と呼ばれていて、1回ので、2回ので1ヶとなり、3回でそのでの放送停止処分を受ける。 詳しくは「」を参照。 ・によるや音の配信は、配信途中でもON・が変更できる。 なお、をにすると、一時的にが停止した状態になる• の・音は、との間で3~8程度のズレが生じる。 側は適宜「」を押すことでそのを最小限にすることができる。 中、やが入ると・再生が現れ、を押すと・が再生される。 では、共には使えない。 放送から、の・に飛べるようになった。 同じ番組を2つ視聴することはできない。 別々の番組であっても、3つ以上 含む 同時に番組を視聴することはできない。 のを開いた時にそのからの放送が行われているとその旨をに表示するようになった。 放送中にのが・シャットした、ウウを閉じてしまった、別に移動してしまった等の理由で配信を開いていない場合は、・音の配信が途切れる。 再度放送を開くと配信開始が押せるようになっているので、それを押さないと・は復活しない。 現状の問題点 一昔前は「出会い系化」しているという言われ方をしていた。 しかし、では、悪質と思われることが行われている。 以前は、 成人や関係の方々が「ストリッパー」放送していたという問題であるが、 ではそれが未に及んでいる。 保護者が承認の上で、に淫らな放送をさせていた放送や、 の・飲、未を問わず、物使用をほのめかすなどの行為、 未と成人の間での性行為など、 問題のある行動も散見される。 はこれらの騒動には正式な発表していない。 但し何れもとなるが、ほぼ黙認状態である。 [] では、共の場での他者に迷惑掛ける行為などで、 に違反する行為したりし、沙汰になるが増加している。 また、野外での放送ではや歩で立ち止まり放送すると、の使用が必要となってくる。 そのため、注意が必要である。 しかし、 歩いての放送では の使用は必要ない。 放送上、ある場所の向かう、看や建物を撮するなどの放送上の的の上で、通行人などの人がに写ってしまうなどの行為は問題ないが、写ってしまった人を、意図的に撮者が追うように撮するなどの行為は迷惑行為にあたり、処罰される可性が高いため、注意が必要である。 を見せたりするのに便利。 配信や過程生中継も可。 ・配信用簡易放送 必要限の機のみ絞り込み、なでもする 放送などで普及している。 上でで通話が出来る。 離れている場所のと配信をするのに便利。 と合わせて使うと以外のをとして流す事が出来る。 では表示されないを表示したり(は上できなくなっている)、の表示などができる。 しかし、使い方によっては気分をされるもないとは言い切れない(れ合い放送とか)。 からののを拾いやすくする補助。 の欄に番号を含む列が流れると自動的に拾ってなどのを取得し、を押すだけでそのを再生してくれる。 時間間隔定で自動再生機もあるので半自動放送も可。 再生中のをに入れる機も有るのでが使っても便利。 そのままでは以外からは利用できないが、というを使う事によって他のからも利用可になる。 2の開を最後に開発停止。 では一部機を使用する際に他者の修正が必要) はからののを拾いやすくする補助の一つである。 や、あらかじめ用意したを取り込んだ後の管理も容易になるような機を備えている。 にが出続けるため、を見なくて済んだり、による評価を受け付ける機をあらかじめ備えていたりと、標準で多くの機を持っている。 複数のから利用可になっている。 しかし、で利用する際は、に側で設定を行わなければならない場合がある。 に・放送をする一体。 側から見ても、と機(、放送のザッピング、自動で移動、ビューアなど)のおかげで問わずあらゆる放送の視聴に便利。 はで動くので、以外でも使用可。 ・放送をする。 はのアドなので、以外でも使用可。 Macで使えるツール を参照してください。 1分間隔程度でのからを取得し、に登録しておいた単をに含む放送やのからの放送が開始されると知らせてくれる。 不定期で行われる放送や取りに時間が掛かる時間帯の待ちに便利。 詳細は上記「向けの便利な」の項を参照。 関連動画 外部リンク• 関連項目 一般項目• ツール• ewer•

次の

動画・生放送引用機能の利用方法

110 ニコ 生

概要 ()に1人の(以下、)がが積もっている山頂付近を歩いていた所、「あ、滑る!」と言った後に斜面を滑り落ちていった。 その後、配信はした。 番組を視聴していた人々が番し、29日から山岳救助隊が捜索にあたった。 そのかは不明だが、同日に7合付近、標高約0mのところでが発見された。 発見時には性別が不明なほどが損傷していた。 このはにもをしており、同年から少なくとも26回にわたっての様子を配信していた。 は上旬には閉山しており、もの規定によりされていた。 ・・が中心となって作られた「における適正利用推進協議会」のによると、山期間以外でのについては、• 万全な準備をしない者の山以外の禁止• 計画書の作成・提出• の持参 がとして定められている。 にはのでは何度も滑落が発生している。 の・歳のが滑落したでは、署の久副署長が 一気に下まで滑落したと思う。 9合付近の斜面はが堅くしたン状態で、のような感じ。 一度したら止めるのはだ と述べている。 、の身元が・の47歳であることが判明した。 同日の登山者() このが起こったにをしていた者もいた。 五合を8時半に出発しでの登頂をしたものの、九合手前まで到着したのが1分となり、頂上まで登ったら途中に日が暮れてしまうと考えてしている。 彼の記録によればゼンのは残るものの靴跡はまるで残らないとのことであったため、で映っていたは前日の者によるもののようである。 なお、中にを一人でしゃべりながらしている人を見かけていたらしい。 ゼンやピッケルなど、山に必要な装備をしっかりと用意していた者が五合到着と同時に日が暮れていたことを考えると、装備が不十分な以上、やはり断念していたとしてもは極めて困難だったと言わざるを得ない。 専門家の意見 氏(、ピニスト)は、同日の上にて、このの装について、「の靴ではなく軽靴または靴。 なし」「山に登るという自覚が全く感じられない」「だけで登ってしまったような印も」と摘した。 氏(、講師、者)は、同日の上にて、「遭難はなかなか自覚できず、になっていても自覚できない」「視野が狭まり自分の状況を俯瞰できない。 これはにでも起こりうる」と警いる。 また、で税理士の氏の「というよりは承認、かつがある。 の中にから『危ない』『やめて』などと言われることで、『もっとやらなければ』とより過になったり、人からの反応が欲しいとが高まったりするのでは」 等、配信行為をの因とする説に対し、「たしかにそれも一因ではあるだろうけどではない。 では1年間に0人が山で遭難して人が死ぬんだけど、そのどが『配信なんかしていない』」と論駁した。 志氏(地元・宮山岳会の)は、同年、の取材に次のような見方を示した。 の方が足を滑らせた地点からするとすれば、標高0の宮口か、0の御場口か、のいずれかだと思います。 でも、山の基準で言いましても、宮口まで3、間、御場口まで間はかかります。 山で日没もいですので、にはっ暗になります。 が分かっていたとしても、明るいうちには着けないでしょうね。 がありますと、でも低体温症になった事例があります。 が山頂にいたときは、気温が5度にまで下がっています。 に凍傷ができても動けますが、低体温症になりますと、の機が低下して動けなくなってしまいます。 また、に溶けたがに固まり、積もったがで飛ばされ、つるつるのンになっており、ゼンのでも少ししか刺さりません。 ですから、とても滑りやすくもなっており、ので訓練してから、ヒヤをす人も多いですね。 ダーウィン賞 、愚かな死を遂げた人物に贈られる「」の20年度の受賞者にこのが選ばれた。 では初の受賞となる。 彼は極めて不名誉な形でに名を残す事になってしまった。 ただし、こののにはいくつかの誤りがある。 まず、頂上まであとわずかの地点で滑落したと書かれているが、実際には口・須走口の頂上には到達しており、その後、御鉢巡りで最高峰のヶ峰へ向かう途中、成就岳の横を抜けて岳付近で滑落している。 つまり、登頂を焦って滑落したのではなく、としては事頂上までは到着しているにも関わらず、欲って最高峰まで行こうとしたときに滑落したのである。 (そもそも登頂が遅れたため、頂上に到着した時点で引き返していても時にする可性が非常に高いのだが。 ) また、を手に持って撮しながら配信していたのでピッケルを使えなかったように書かれているが、実際にははポケットに入っており、で撮をしながら配信をしていた。 つまり、滑落時にを手に持っていたわけではないので、があったからピッケルを突き立てられなかったのではなく、のをめていて装備を持ってきていなかったからピッケルを突き立てられなかっただけである。 関連動画• 5日前の 関連項目• 他に展望台の手すりで逆立ちをして転落死した人も同時に受賞している。

次の