ワニ 映画。 ワニ映画2019『クロール 』ネタバレ感想レビュー。パニックとサバイバルの「凶暴領域」に襲われた父娘の絆

アリゲーター (映画)

ワニ 映画

C 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. 「ハイテンション」「ピラニア3D」などパニックスリーラーの名手として名を馳せるアレクサンドル・アジャが挑むテーマは「ワニ」。 制作には「死霊のはらわた」「ドント・ブリーズ」のサム・ライミが参加。 ハリケーンに襲われたフロリダを舞台に、凶暴なワニに囲まれ身動きが取れなくなった父と娘の運命を描きます。 ここでは、映画「クロール 凶暴領域」のあらすじを「ネタバレなし」、「ネタバレあり(結末まで)」のパートに分けてご紹介します。 後半では、 感想と レビューを書いていますので、そちらもぜひご覧ください。 公開日(日本):2019年10月11日 監督:アレクサンドル・アジャ キャスト カヤ・ スコデラーリオ ヘイリー デイブ バリー・ペッパー べス モーフィッド・クラーク ウェイン ロス・アンダーソン シュガー チョチョ 作品概要 大学の競泳選手ヘイリーは巨大ハリケーンによって連絡が取れなくなった父を心配し、救助に向かう。 地下で気を失った父を発見するも、ハリケーンでワニ園から逃げ出した巨大ワニが行く手を阻む。 【クロール 凶暴領域】あらすじ(ネタバレなし) フロリダ大学の競泳選手ヘイリーは、ライバル選手との争いにコンマ数秒の差で勝つことができず、自信を失っていました。 練習後、姉ベスからの電話でフロリダに巨大なハリケーンが接近していて避難命令が出ていること、父デイブと連絡がつかないことを知らされます。 幼いころはデイブの熱心なコーチによりめきめきと水泳が上達していたヘイリーでしたが、デイブと母の離婚をきっかけに疎遠となっていました。 ヘイリーがデイブの家に向かうと、デイブの愛犬シュガーが取り残されているものの、人がいる気配はありません。 そこでデイブが離婚する前、家族4人で過ごしたものの既に売りに出したと聞かされている実家にシュガーとともに向かいます。 道中、ベスの元彼であるウェインが交通整備をしており、ハリケーンが接近しているためこれ以上は進んではいけないと言われてしまいます。 しかし、デイブのことが心配でならないヘイリーは、ウェインの静止を振り切り、車を走らせます。 実家に到着すると、人の気配はするもののデイブの姿は見えません。 部屋には家族の写真や精神安定剤が散乱しており、ヘイリーは離婚後のデイブの心境を心配します。 部屋中探すもデイブは見つからず、残すは地下に広がる空間のみ。 シュガーを残し地下に降りていくと、デイブが血まみれで気絶していました。 地上までデイブを運び出そうとするヘイリーでしたが、あと一歩のところで突如巨大なワニが行く手を阻みます。 ヘイリーは突然のことにパニックになり、デイブを引きずりワニが入ることができない死角に隠れます。 するとデイブが目を覚まし、地下で作業しているところをワニに襲われ重傷を負ったことを聞かされます。 ハリケーンの影響で近くのワニ園のワニが逃げ出してしまっていたのです。 スポンサーリンク 【クロール 凶暴領域】感想とレビュー 「ハイテンション」「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャがワニ映画を撮ったということで嬉々として鑑賞に望みました。 ワニとハリケーンを組み合わせたことで、現実に存在する動物に襲われるというリアリティーを感じることができ、徐々に数が増えていくワニに囲まれ「詰んでいく」親子の様子にハラハラが止まらず大満足でした。 登場人物にはそれぞれに弱みがあります。 これまでコーチしてくれ大会にも欠かさず顔を出してくれた父と離婚をきっかけに疎遠になり、結果を出すことが出来なくなってしまった娘ヘイリー。 離婚をきっかに娘に嫌われたと思い、会いに行くことが出来なくなってしまった父デイブ。 その弱みは観ている側からすれば感情移入がしやすく、物語が進むにつれ喰われないでくれ、助かってくれと願ってしまっていました。 しかし、やはりワニが暴れまわる姿も見たいもの。 そこは「ピラニア3D」で見せてくれた手腕が本作でも光ります。 まずは火事場泥棒に入った若者3人組。 悪さを働けば犠牲になるのというスプラッターホラーのお約束はきっちりと守られ、見事なまでにワニの暴れっぷりを楽しむことが出来ます。 姉の元カレウェインはいい人ながら犠牲となってしまいますが、いい人が1人犠牲になってしまうのもお約束。 ワニに襲われながらもヘイリーを助けようとする必死さには心を打たれます。 近頃ではサメがメカ化したりゾンビ化したり空を飛んだりとおばか系路線の映画が多数公開されていますが、ワニも同じくおばか系に走っても面白いものが観れそうだと感じました。 本作がヒットしさまざまなワニ映画が流行ることに期待大です。

次の

ワニが登場する印象的な映画10選 ファミリー映画からパニック映画まで

ワニ 映画

All rights reserved. [映画. com ニュース]ワニの巣窟と化した家に閉じ込められた父娘の運命を描く「」の本編映像が公開された。 主人公ヘイリー()が、逃げ場のない状況でワニに狙われるという危機的状況を収めている。 「」のが製作、「」「」のが監督を務め、全米ではオープニング興収約1200万ドルで初登場3位にランクインした。 負傷した父と共に、ワニが大量発生した家から脱出を図るヘイリーを演じるのは、「」シリーズや「」に出演し、2019年のカルティエ新モデルに抜てきされたスコデラーリオ。 父親役を「」などで知られるが演じている。 本作に登場するワニは、体長3~4. 5メートルという巨体をもち、人間や家畜を襲うこともあるとされるアメリカ・アリゲーター。 ワニが体をぶつけて扉をやぶろうとすると、覚悟を決めたような表情のヘイリーは、自ら扉を開けてワニをおびき出す。 あわせて、間近に迫るワニに怯えるヘイリーを切り取った場面写真も披露された。 「」は10月11日から全国公開。 PG12。

次の

ワニが登場する印象的な映画10選 ファミリー映画からパニック映画まで

ワニ 映画

概要 [ ] 市街地に現れた巨大ワニと人々との死闘を描く。 日本公開時のあおり文句は「 誰でも12回は飛び上がります」。 あらすじ [ ] 下水道に捨てられたペットのが、研究所から投棄された実験用のの死体を食べて体長10m以上に成長、人間を襲い始めた。 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:、• 製作総指揮:• 原案:、• 脚本:ジョン・セイルズ• 撮影:• 特殊メイク:• 美術:• 編集:、• 音楽:• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の