ラーメン 王。 ラーメン王 後楽本舗 (こうらくほんぽ)

神コスパ!浦和「ラーメン王」なんでも安くてウマい、最高の町中華

ラーメン 王

鹿児島ラーメンとは? ご当地ラーメンとしての鹿児島ラーメンは、豚骨をメインとして鶏がら・野菜などと一緒に煮込んだスープに代表されるように、比較的脂が少なく食べやすいというのが特徴。 麺は柔らかめのストレートで、具にはネギやもやし、キャベツなど野菜が多め。 また、大根の漬物と急須に入ったお茶が出されるお店が多いです。 ただ、スープや麺に関してはほとんどのお店がこのスタイルというわけではありません。 味噌ラーメンやしょうゆラーメンを提供するお店も多く、食材のバリエーションも豊か。 各店がオリジナル性を追求した一杯を出すのが鹿児島ラーメン最大の特徴、ともいえるかもしれません。 どのお店に行っても、そのお店独自のメニューが出されるから、毎回新鮮な気持ちでラーメンを楽しめるのがいいところですね。 今回の記事では「第5回鹿児島ラーメン王決定戦」主催のKTS鹿児島テレビにも監修を協力してもらい、各店自慢の一杯の特徴やこだわりを紹介します。 今回紹介するお店以外にも注目の名店が出てくるかもしれないので、チェックしてみては? TAKETORA 第5回鹿児島ラーメン王決定戦王者の名店! 第5回鹿児島ラーメン王決定戦で堂々の優勝店!ちなみに、第3回でも優勝しており、多くの鹿児島県民から支持されている名店です。 鹿児島ラーメン王道の濃厚豚骨ベースに、醤油・塩・味噌とバラエティ豊かなメニューが揃います。 おすすめは写真の「開聞岳」(990円)。 鹿児島・指宿のご当地麺でもある「勝武士ラーメン」に、県内産の西郷味噌を使用して味付けした特製黒豚ミンチ・地元で作った温泉たまごなど、インパクトもボリュームも食べごたえも抜群の一品です! その見た目が鹿児島の名峰・開聞岳のそびえる姿に似ていることから名づけられたのだとか。 鹿児島に来たからには一度は食べたい、贅沢なラーメンです。 豚骨をじっくりと時間をかけて炊き込み仕上げたスープが自慢!見た目はこってりですが、実は子どもからお年寄りまでどの世代にも受け入れられるあっさり味なんです。 写真は「剛麺」(750円)。 開業から継ぎ足し続けた秘伝の醤油タレに漬けこんだチャーシューは、量・味ともに大満足! 麺は特注の中太麺で、あっさりしたスープとよく絡み、スープの味わいも一緒に堪能できるのが魅力です。 一杯あたり、丸ごと3個ほどのトマトが入った、体にも優しいラーメンです。 ほぼ全食材を南九州の農家から仕入れています。 麺は、創業より「自家製豆乳ウコン麺」にこだわり続け、宮崎県産の小麦「ハナドウ」、北海道産の小麦「春よ恋」をブレンドした、極細で旨味たっぷり。 第5回鹿児島ラーメン決定戦では7位。 特に女性から多くの支持を集めました。 蕎麦屋としての技法を活かした和風出汁が、ラーメンでもこのお店ならではの風味を演出します。 写真は「鴨出汁正油そば」(900円)。 自慢の出汁に、5種の醤油に節系の旨みを抽出した醤油ダレ。 これにじっくり寝かしてから使う鴨、鶏のスープを入れて作る一杯は、口の中で深みのある味わいが広がります。 豚骨もありますが、このお店ならではのメニューは写真の「煮干し中華そば」(720円)です。 大量の煮干と動物系の出汁でとったダブルスープは、香り豊かで食べる前から食欲をそそります。 台風の影響により、掲載されているスポットの情報、交通機関の運行については通常営業時と異なる場合がございます。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

次の

神コスパ!浦和「ラーメン王」なんでも安くてウマい、最高の町中華

ラーメン 王

ラーメン店の取材という仕事なだけに、ラーメン好きの大学生が採用された。 渡邉友美さんと坂口慧悟さんは緊張している様子で今の心境を語ってくれた。 石神さんからはプロのコツを学びたいと思います」 坂口さん「福岡出身で豚骨ラーメンを親しんできましたが、東京に来て種類の豊富さに驚き、さらにラーメンが好きに。 今回は石神さんから極意を教えてもらいつつ、愛してやまないラーメンの魅力を全力で伝えたいです」 そんな2人のもとへ石神さんが登場。 ここから、激レアなレクチャーがスタート! 石神さんからグルメレポートのノウハウを習得! テレビ、雑誌でおなじみの石神さんを前に、顔もこわばる2人。 石神さんは席に着くなり、惜しげもなくグルメレポートのコツを話し出した。 「大切なことは3つ。 まずは店についての説明。 外観や営業形態など特徴的なところを取り上げる。 そして、商品の解説。 ここには味や調理工程も含まれます。 最後はその店の存在意義。 たくさんある飲食店の中で他と違うところを引き出して、スポットを当てる。 たとえば食材や店主のこだわりなど。 そうすると、飲食店の取材はうまくいくよ」 2人は石神さんの言葉を聞き漏らさないよう、必死にメモを取って頭にたたき込んだ。 今日は2軒のラーメン店を石神さんと取材。 2人は1軒ごとにライターとカメラマンを担当することに決めた。 役割分担ができたところで、ラーメン店に出発だ! 四谷三丁目「にぼっしー中華そば家」で、新作ラーメンの取材! 最初の取材先は四谷三丁目にある「にぼっしー中華そば家」。 ここではライターを坂口さん、カメラマンを渡邉さんが担当した。 坂口さんは店主の人となりに着目し、そこにポイントを置いて取材を進めるが、すぐに質問に困ってしまい……。 そこですかさず石神さんが「スープに使っているものは?」「麺の材料は?」「チャーシューの作り方は?」とラーメンのこだわりの部分を次々に質問。 店主もそれに応じてテンポ良く返していた。 その間、カメラマンの渡邉さんは取材の様子をはじめ、店内の印象的なものを撮影。 麺にこだわっているという話から、石神さんの指示で麺の手もみをする店主の手元を撮影した。 今回紹介する商品は、トマトベースの新作ラーメン。 イタリアンのシェフ出身の店主ならではの発想で誕生したものだ。 出来たてが目の前に出されると、すぐに撮影スタート。 渡邉さんがシャッターを切っていると、石神さんから「こんな角度から撮って!」というアドバイスが。 それに従い、順調に撮影を終えた。 最後は、味を伝えるための試食。 麺をすすると坂口さんは「新感覚で美味しい!」と称賛。 続いて石神さんが試食。 プロの食べ方を少しでも盗もうと、坂口さんは真剣にその様子をうかがっていた。 「自家製麺MENSHO TOKYO」の自信作!ラムベースの濃厚ラーメンを取材。 2軒目に訪れたのは、後楽園にある「自家製麺MENSHO TOKYO」。 ここでは役割を交代してライターを渡邉さん、カメラマンを坂口さんが担当した。 このお店のラーメンの特徴は、低温で焼き上げたラムのゲンコツと豚骨のスープ。 事前に勉強してきた渡邉さんは、店主との会話もスムーズだ。 石神さんが途中、質問をプラスし、専門性の高い内容 を聞き出し、取材に厚みを持たせていた。 その後、商品の撮影に。 今回提供してもらったのは定番の「ラム豚骨らーめん」。 石神さんの指示のもと順調に撮り終えると、ライターの渡邉さんが試食。 「麺がもちもち!程よいラムの風味がたまりませんね!」と絶賛。 続いて食べた坂口さんは、「すごく濃厚!僕好みです」と感動の言葉を店主に伝え、2人の取材は無事に終了した。 いよいよ原稿作成へ。 石神さんのチェックはいかに……!? 事務所に戻ったバイトメンバーは、早速、原稿を書くことに。 文字数は400字程度。 出来上がった原稿は石神さんから添削を受ける予定だ。 取材メモを参考にしながら、2人は黙々と書き続けた。 しばらくして「終わりました!」と、坂口さんが石神さんに原稿を提出。 ドキドキしながらチェックを待っていると、石神さんは「『店主はイタリアンのシェフ出身』という言葉を足した方がいいね」と指摘した。 続いて渡邉さんの原稿を添削。 この部分を直して」と、石神さん。 2人とも簡単な直しだったことに、ホッとひと安心。 指示通りに修正し、無事に原稿を書き終えた。 ここで石神さんからサプライズ。 なんとご自身の著書本『ラーメン最強うんちく』にサインをしてプレゼントしてくれた!大喜びだったバイトメンバーに、今回の激レアバイトの感想を伺った。 坂口さん「的外れな質問もあって店主を戸惑わせてしまい、反省が残りました。 石神さんは豊富な知識量で信頼関係を築いていたので、もう少し勉強してくれば良かったなと……。 原稿は自信なかったですが、伝える仕事はもっとやってみたいです。 地元をPRするような仕事をしたいと、将来の希望も膨らみました」 渡邉さん「人と話をするのが好きなので、店主にインタビューしている時は楽しくて。 話題を膨らますことで、取材対象者が心を開いてくれた瞬間は『ヤッター』と思いました。 この経験を強みに、マスコミ業界で働くことを目指します」 今回のことで夢が明確になった2人。 この経験を支えに、大きく成長していくことだろう。

次の

【クックドア】ラーメン王(宮城県)

ラーメン 王

経歴・人物 [ ] に4人兄妹の次男として生まれた。 家が貧しくつねに空腹だったため、幼いころから「将来の夢はラーメン屋か屋になること」と言っていたらしい(本人は記憶していない)。 父親は酒乱気味で、少年時代の佐野に度々暴力を振るっており、時には庭の樹木に縛り付けた事もあったと言う。 その影響からか、本人も短気ですぐ「キレる」性格故、同級生への暴力行為を理由に幼稚園を退園処分になった事もあった。 、時代は配達や配達のをして小遣いを稼ぎ、そのでラーメン屋に通った。 中学生のとき初めてラーメンを作って家族にふるまい、旨いと褒められた。 また、母親は本人を身籠っていた時からラーメンを食べ続けており、本人曰く「ラーメンが胎教代わりだった」との事。 中学生時代のクラブ活動は部。 当時好きな女子生徒に近付きたくてその女子生徒と同じ園芸部に入ったという。 これがきっかけでが好きになり、将来は家かになろうと思って 園芸科を受験したが不合格となった。 なお、花は派手な物、大きな物よりもあまり目立たないような小ぢんまりしたような物を好み、一番好きな花はであるとも述べている。 また、アルバイトで飲食業の仕事を始めたのはこの頃で、金がかかる園芸の資金稼ぎにと屋やなどで仕事をするうち、だんだん飲食業が楽しくなっていったという。 私立藤沢商業高等学校(現:)に進学し、部に所属してを目指したが、チームメイトに後になどで投手として活躍したがいたため、実力の差を知り、プロ野球への夢を諦めた。 その小俣とは高校卒業後もずっと親交が深く 、小俣は佐野の店に時々ラーメンを食べに来たりもしていた。 なお、野球部退部後、高校を卒業するまでに所属して活動しており、小俣が不甲斐ない成果を見せた時は叱咤激励していたとのこと。 学校の近くに好きなラーメン屋があり、毎日のように登校前と昼休みの2回食べに行った。 高校卒業後、内のレストランに就職。 同店のが好きで、1ヶ月近く通い詰めるほど旨かったからという。 以後ずっとの世界ですごし、28歳から34歳までは管理職(店長)を務める傍ら趣味でラーメン店の食べ歩きを重ねていたが、独立してラーメン店を開きたいという思いが募り、「修業はした方がいい」と言う地元・戸塚の飲食店組合融資部長が斡旋したの青竹手打ち麺が売り物のラーメン店で1週間修業したのち 、実兄の資金援助を受けて8月に7丁目に「支那そばや」を開店した。 店名については、自分の原体験から「ラーメン」より「支那そば」という名称の方が馴染みがあったとのことで、前述の融資部長のアドバイスも受け入れた上で決めた。 初めは思うような味が作れず、客も少なく、で涙を拭った事もあるという。 店の経営がようやく軌道に乗りはじめたのは、2年後のごろである。 2000年からは藤沢の店舗は佐野の弟子に譲ったが、その弟子も辞めてしまった上に後継者も居なかった為、2004年に閉店している。 ラーメンの世界で唯一頭が上がらない人物として、旧「」店主のの名を挙げている。 2000年以降、11月に自身の出身地である横浜市戸塚区に移転した「支那そばや」本店と、店を営業している。 本店の開店と同時に、「 「ラーメンの鬼」佐野実の厳選ブログ」を開設した。 5月にで行われた「ラーメンShow in Tokyo 2009」など、近年のラーメン関係のイベントでは、「佐野JAPAN」 というチーム名で出店している。 これは、佐野を師と仰ぐラーメン店の店主たちが集まったチームであり、支那そばや同様あっさり系スープの店が多い。 イベントではにものまねされることも多い。 なお、弟子については授業料をもらう代わりに技術を教え、独立した時には佐野自身が食材の斡旋をしていた。 独立以後の弟子についてあまりこだわらなかったところ、閉店する店も出て来たため、この反省を踏まえて「最低3年から5年は修業してもらい、自分が納得するまでは独立させない」方針に転換した。 「俺のと同じ味は作れないが、俺のよりうまいラーメンは作れる」と教えていたと言う。 人前で涙を見せることはなかった佐野だが、弟子の一人であるHEY! たくちゃんが『東京ラーメンショー2011』の『NRA杯 ラーメンコンテスト バトプリ2011』で優勝したという連絡を受けた時、トイレに駆け込んで一人でこっそり泣いていたとのことで、佐野の妻で株式会社エヌアールフード代表取締役である佐野しおりは「夫が泣いている姿を見たのはその時だけ」だったという。 午前2時57分、のための病院で死去。 関係者によると、2006年頃から10年近くに亘りを患っており、同年2月中旬より体調を崩していたという。 63歳没。 亡くなる数日前に佐野自身が最後に口にした物もやはりラーメンで、本人が病室のベッドの上で「ラーメンを食いたい」と発言し、病室のベッドの上で佐野の弟子らが作ったラーメンのスープをやや薄めた物を食していたと言う。 その際、本人は「薄くて不味い、毎日店でこんな物出しているのか」と言いながらも最後までそのラーメンを食していた。 私生活では2度結婚している。 後妻となる佐野しおりとは知人の紹介で2004年に再婚。 息子と娘が一人ずつ居り、佐野の店舗は娘とTBS系列「」のコーナー「ガチンコラーメン道」の第2シリーズの優勝者と戸塚に移転してからの佐野の弟子が継いでいる。 息子は独立してでイタリア料理店を経営し、しおりは佐野との死別後、支那そば屋の代表とその運営会社の代表取締役に就任している。 こだわり [ ] 麺は自家を使用しており、新しい麺の開発にも積極的である。 新横浜ラーメン博物館店で使用している「絹越和伊麺」(きぬこしわいめん) は、産の・と、国産『ハルユタカ』をブレンドしたものを用いている。 製麺機から出来た麺は木箱に入れ、2〜4分間、少し蓋を開けて放置。 その後高湿(高級屋で使われている)でひと晩保管して熟成させる。 戸塚本店では、スープに使う鶏ガラは 、麺に使うは産 、。 具のは九条ネギ 、醤油味と塩味で分けている器はなどと、高価なものを使用している。 他に具材は、は中型の種中心 、スープ材に焼きアゴ(アゴとはの幼魚)を使用しているとも述べている。 スープに使われている水もスープのコクを生み出す為にを用いてに変換している。 その為、価格設定も他の同業界に比べかなり高めとなっている。 藤沢時代は、の匂いが強い人の入店・店内での私語・・の使用・を引き連れての乳幼児との入店が一切禁止とされていたが 、こういったことは佐野自身が決めたわけではなく「私語が出来ないような雰囲気の店である」ことをマスコミが演出した結果こうなったらしいともされており 、佐野自身は「香水・私語・携帯電話・タバコの煙はラーメン作りの全てを台無しにしてしまう物。 自分の作っているラーメンを客には最高の状態で味わってもらうべき」と主張を持っていた。 店内の私語については「当店のラーメンは麺が細麺で伸びやすいから食事中は静かにと言っているだけ」と述べているほか、香水については「香水の匂いがきつい女性客が来店した事があったからでその匂いがラーメンの風味を壊している」とコメントしている。 その旨の注意喚起の張り紙も店内に掲示されていた。 また、過去には泥酔した客に対して刃物を振り回して「お前らは客じゃない、金は取らないから出て行け」と追い出した事もあった。 その他、麺の出来に納得いかない時は店を臨時休業したり 、スープを残す客に対して「残すなら最初から食うな」と本人が発言している。 又、営業時間も昼間の数時間のみと非常に短いほか、他のラーメン店で見られる様なやといったサイドメニューの提供も無い。 メディア出演 [ ] 白い詰め襟の厨房服とオールバックの髪型をトレードマークに、メディアに多数出演していた。 また、各メディアでは多数のラーメン店に対し容赦無いコメントを下す事が多い一方、優れたラーメンを食した時は粛然とその力量を誉め称えるシーンも見られていた。 なお、番組への出演は生涯を通じて一度も無かった。 テレビ東京系列 [ ]• 『』「頑固一徹!こだわり親父の守る味」(1996年11月16日放送)で取材を受け、ゲストリポーターにが起用され、佐野が似鳥の香水の匂いを指摘して店内から追い返すと、似鳥は佐野に対し「あの男には腹が立った」と発言し、更には佐野の整髪料の匂いを指摘しているシーンがあった。 『』1999年の同番組初期に登場、横浜ラーメンの達人として紹介された [ ]。 同番組以降、本人自身のメディアへの出演が本格化した。 スペシャル番組「倒産・離婚・失踪 奇跡の復活!涙のラーメン物語」(2000年2月25日放送)で2時間本人のドキュメンタリーが流れる。 そこで離婚の事実が発覚する。 『最強ラーメン伝説』 ラーメンを味見し、不満足なら席を立つ。 納得すれば「参りました」と頭を下げ、5人中3人が認めれば『参ったラーメン』に認定。 更にその中からベスト・オブ・ベストのNo. 1を選ぶというガチンコのラーメン対決。 亡くなるまで第1回〜第4回までの全てに審査員として出演 [ ]。 TBS系列 [ ]• 『』(2014年1月22日放送)の「脱サラ店主をその道のプロが辛口判定」では、ガチンコラーメン道・佐野の弟子が10年ぶりに開店を目指す内容を放送した。 佐野は弟子のラーメンを食べて「普通の中華屋さんのラーメンだな」と評価した。 当番組が本人自身の生涯に於いて最後のテレビ出演となった。 『』の企画「ガチンコラーメン道シリーズ」に2000年末・2001年末・2002年末の3度に亘りラーメン職人を育てる講師として出演し、ラーメンの鬼として全国的に本人の知名度が上昇した。 同番組では塾生を激しく罵倒したり、冷水を掛けたり、出演者の作ったスープを「まずい」と評して即座に鍋ごと捨てるなどの厳しい指導シーンが頻出していた。 前述の過激な行動や言動の影響から、同時期会社や店舗に1日200件を超える苦情電話や中には「佐野を殺す」「店を爆破する」という脅迫もあり、私生活でも泥酔者に因縁を付けられるなどのトラブルに巻き込まれていた程でもあった。 なお、第2シリーズの優勝者今泉真一郎は佐野の店舗の暖簾分けで今泉が当時住んでいた群馬県の店舗の経営を経て2012年1月からは佐野の店舗で店長を務め、3期生であるとは佐野が主宰する「佐野JAPAN」の一員でもある。 フジテレビ系列 [ ]• 『ふれあい見つけ旅』(製作) 1994年放送、同番組で取材を受けており、本人自身の拘りを語っていた。 リポーターは、が起用されていた。 テレビ朝日系列 [ ]• 『』 ゲスト賢人として出演した。 『』 「ラーメンへのこだわりと愛情物語」で取材を受けた。 『』 2006年放送のアニメ放送に於いて佐野本人をモデルにしたラーメン店店主が登場、店名は塩ラーメン専門店で「しおしお屋」である。 私語・香水・携帯電話等禁止のルールはここでも健在であり、主人公のしんのすけと父ひろしの2人で来店したものの、すぐ引き返していた。 また、行列で並んでいる所の私語を見かけると店主が飛び出してきて客を怒鳴りつけるシーンがあった。 日本テレビ系列 [ ]• 『』 2008年末の戸塚移転の際に、開店までの佐野や、その関係者達の様子、オープン当日の様子が放送されていた。 当時、佐野は弟子に譲ったはずの藤沢時代の店舗が閉店してしまった事や、大病を患って思う様にラーメンが作れないスランプに陥っていた様子、そして本人自身の再起を図る為毎日飲み続けていたを止める様子が放送されていた。 NHK [ ]• 『』(2014年1月11日) 「ラーメン対決」の回に100人側キャプテンとして出演。 映画 [ ]• (主演) 初めての映画出演。 (主演) CM [ ]• () 著書 [ ]• 『佐野実、魂のラーメン道』 2001年10月、竹書房、• 『オレが唸ったラーメン一杯—ガチンコオヤジ佐野実』 2005年4月、講談社• 『佐野実のラーメン革命— 麺は男、スープは女』 2009年9月、朝日新聞出版 脚注 [ ] []• 『佐野実、魂のラーメン道』64ページより。 『佐野実、魂のラーメン道』62-63ページより。 2014年4月12日. 2014年4月13日閲覧。 『湯気のむこうの伝説—ラーメン偉人伝』153ページより。 『佐野実、魂のラーメン道』39-46ページ「閉店する店には理由がある! 」の章• 藤沢時代の店舗で店主を務めていた弟子は、閉店から3年後の2007年末に藤沢市内で別のラーメン店を開店している。 『オレが唸ったラーメン一杯—ガチンコオヤジ佐野実』008ページ• メンバーは「柳麺 ちゃぶ屋」「ラァメン家69'N ROLL ONE」「らぁ麺 胡心房」「ラーメン道 Due Italian」「白河手打ち中華 一番いちばん」「支那そば 天下ご麺」「町田汁場 しおラーメン進化」「麺屋 維新」「気むづかし家」「九州ラーメン火の国」「支那そば家 毎度」などの店主たちである。 その中でも「ガチンコラーメン道III」の3期生であった(支那そば 天下ご麺)・(ラーメン道 Due Italian)もいた。 [ ]• 『湯気のむこうの伝説—ラーメン偉人伝』164-165ページより。 livedoorNEWS 2014年7月2日. 2014年7月3日閲覧。 『佐野実、魂のラーメン道』26ページ• 『佐野実、魂のラーメン道』131-160ページ「第4章 これが俺のラーメンだ! 」より。 『佐野実、魂のラーメン道』99-100ページ• 「ラーメンの鬼」佐野実の厳選ブログ 2011年9月24日. 2014年4月12日閲覧。 「ラーメンの鬼」佐野実の厳選ブログ 2008年11月25日. 2014年4月12日閲覧。 『佐野実、魂のラーメン道』110ページ• 『佐野実、魂のラーメン道』112-114ページ• 『湯気のむこうの伝説—ラーメン偉人伝』146ページより。 『湯気のむこうの伝説—ラーメン偉人伝』161-162ページより。 」の章• 『湯気のむこうの伝説—ラーメン偉人伝』157ページより。 TVでた蔵. 2014年7月27日閲覧。 参考図書 [ ]• 『湯気のむこうの伝説—ラーメン偉人伝』 垣東充生著、新宿書房、2000年 (145-171ページ『第6話・佐野実』より。 ) 関連項目 [ ]• - から発売されている「チャルメラ」に期間限定で佐野実シリーズが発売されていた。 - 佐野ので知られる。 内に自らプロデュースのラーメン店「鬼そば藤谷」を営業している。 - 佐野が敬愛した、東池袋大勝軒店主である。 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の