頂けますと幸いです。 「◯◯して頂けますと、幸いです」を英語のビジネスメールで言うと?

「◯◯して頂けますと、幸いです」を英語のビジネスメールで言うと?

頂けますと幸いです

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の

幸いですの意味と類語と使い方、ビジネスメールで使える例文16個

頂けますと幸いです

記事の目次• 返信をするようリマインドしたい時 返事が返ってこない時に使える催促フレーズをご紹介します! I would like to remind you that I still have not received your response about the below email. 下記のメールに対しまして、まだお返事が頂けていないことをご連絡申し上げます。 (下記のメールに関しまして、まだお返事が頂けていないことをご連絡申し上げます。 お返事をお待ちしていることを、念のためご連絡申し上げます。 先ほどの英語フレーズに比べて、もう少し柔らかい印象になるのがコチラ。 取引先と友好的な関係を築きたい時に便利なビジネスフレーズです。 I would be grateful if you could let us have your answer concerning this matter. この件に関してのご回答を頂けますと幸いです。 We look forward to your response to our email sent on March 21. 3月21日にお送りしたメールに対してのご返事を、お待ちしております。 こんな言い方で催促もできますね! I look forward to hearing from you soon. (もうすぐお返事が頂けることを楽しみにしております。 ) I have been waiting to hear from you. (お返事をお待ちしております。 ) I am still expecting your response regarding this issue. この件に関してのお返事を、引き続きお待ちしております。 I would appreciate if you could response to my below email. 以下のメールにご返信頂けますと幸いです。 これを使うことで「幸いです」のニュアンスを出すことができます! 早めに欲しい時は、こんな言い方でも! I would appreciate if you could response to my email at your earliest convenience. (ご都合がつき次第、メールにご返信頂けますと幸いです。 スポンサーリンク 状況確認をしたい時 返事が来ない相手に対して、今の状態がどうなっているのかをチェックしつつ催促したい時に便利な英語表現をご紹介します! I was wondering if you had received my email sent last week. 先週お送りしたメールをお受け取り頂けましたでしょうか? 「きっと見ているはず」と思っていても、あえてメールを見ているかどうかの確認をするのがビジネスパーソンのやり方!ちゃんと読んでもらえたかどうかの状況をチェックしつつ、遠回しに返信を催促できる丁寧フレーズです。 see below こんな言い方も! I wonder if the email I sent on October 1 ever reached you. (10月1日にお送りしたメールは届いておりますでしょうか?) もっとストレートに確認するならこちら! Did you get my last message sent on February 15? (2月15日にお送りしたメールを受信頂けましたでしょうか?) Could you please confirm that you have received my email sent on November 11? ビジネスシーンで欠かせないワードです!これを使うことで、実際にメールを受け取っているかをチェックすることができます。 そろそろ確定事項を頂けないかと思い、ご連絡しております。 そのため以前は不明確な内容であったものに対して、しっかりとした確定事項を聞き出したい時にピッタリの催促フレーズになります! 「お答え」に置き換えてもいいですね。 I was wondering if you could now give us your answer concerning this matter. (この件に関してのお答えをそろそろ頂けないかと思い、ご連絡しております。 ) Please let us know the current status regarding the below email. 以下の件に関しまして、現状をお伝え頂けますでしょうか。 前回送ったメールに被せる形で使えば、返信をするように催促をすることが可能!「お返事をお待ちしております」という一言がなくても、状況報告をお願いすることで相手から返信を期待できますよね。 同じフォーマットで、いつメールの返事をもらえるかを聞くことも! Please let us know when we can receive a response regarding the below email. (以下の件に関しまして、いつ頃ご返信を頂けるかお伝えくださいますでしょうか。 ) Could you please let me know if you have any updates on this matter? スポンサーリンク 早急に返事が欲しい時 至急対応をして欲しい時や、すぐ返事が欲しい緊急時に使える催促フレーズを見ていきましょう! Your early reply will be greatly appreciated. お早めにご返事頂けますと幸いです。 あえてこの形を使うことで、ビジネスライクな英語表現が可能です! こんな言い方でもOK! Your prompt reply is highly appreciated. (お早めにご返事頂けますと幸いです。 ) 緊急性を出したいならこちら!少し強い命令口調のような英語になります。 Your prompt reply is urgently requested. (お早めのご返事をお願い申し上げます。 ) We are in a big hurry for the below issue. 以下の件について、至急にお願い申し上げます。 必死である様子が伝わりますね! I would appreciate your immediate attention to this matter. この件に関しまして、迅速にご対応頂けますと幸いです。 つまりこの件に早急に向き合って欲しいというシチュエーションで使える催促フレーズなのです! こんな英語表現でも! I would appreciate if you could take this issue on your urgent consideration. (この件に関しまして、至急ご対応頂けますと幸いです。 ) I would be grateful if you get back to us as soon as possible. 至急ご返信頂けますと幸いです。 おわりに いかがでしたか? 丁寧に接しなければいけないビジネスシーンで催促をするのは難しいことですが、やり取りとしては一定のパターンをマスターすれば簡単に対応が可能になります。 今回ご紹介したフレーズは、どれもすぐに使えるものばかり!キレイな表現を使いつつも、確実に自分の要求を英語で伝えられるようにしましょう!.

次の

「幸いです」は敬語?より丁寧な表現とは

頂けますと幸いです

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の