中瀬 み あら。 ISMS認証取得組織詳細

中清 吉祥寺 (なかせい)

中瀬 み あら

位置 地名の由来 地名の由来については定説はなく、以下の諸説がある『深谷の地名』 柴崎伊勢三・安部利平著、深谷郷土文化保存会、平成7年。 血洗島の生まれであるが『龍門雑誌』に以下のような言い伝えを書いている。 それによれば「恐ろしげなるこの村名のかげには幾多の伝説や口碑とが伝わっている。 しかしそれは赤城の山霊が他の山霊と戦って片腕をひしがれ、その傷口をこの地で洗ったという」。 八幡太郎義家の家臣が、戦いで切り落とされた片腕を洗ったところからその名がついた。 「血洗」 けっせん は当て字で、アイヌ語の「ケシ、ケセン、ケッセン」 岸、末端、しものはずれ、尻などの意 など、東北・北海道に気仙(ケセン)沼・厚岸(あつケシ)などと共通する同意語ではないか。 その地が利根川の洪水による氾濫原であることから、もとは「地洗」(ちあらい)、「地荒」(ちあら)だったのが、「地」の字がいつの間にか「血」となった。 歴史 江戸期は岡部藩安部摂津守の知行地。 明治23年に八基 やつもと 村になる。 昭和29年に豊里村になる。 昭和48年に深谷市と合併した。 渋沢栄一のふるさと深谷市血洗島 江戸時代、深谷はの宿場町として栄えた。天保年間 1830~1844 のことであるが、旅籠の総数は大小合わせて80軒を越えたといわれている。幕府直轄の天領であった。 生誕の地である当時の血洗島村は、このから北へ約1里半 6km のところにあり、さらに村の北1.

次の

みすず監査法人

中瀬 み あら

位置 地名の由来 地名の由来については定説はなく、以下の諸説がある『深谷の地名』 柴崎伊勢三・安部利平著、深谷郷土文化保存会、平成7年。 血洗島の生まれであるが『龍門雑誌』に以下のような言い伝えを書いている。 それによれば「恐ろしげなるこの村名のかげには幾多の伝説や口碑とが伝わっている。 しかしそれは赤城の山霊が他の山霊と戦って片腕をひしがれ、その傷口をこの地で洗ったという」。 八幡太郎義家の家臣が、戦いで切り落とされた片腕を洗ったところからその名がついた。 「血洗」 けっせん は当て字で、アイヌ語の「ケシ、ケセン、ケッセン」 岸、末端、しものはずれ、尻などの意 など、東北・北海道に気仙(ケセン)沼・厚岸(あつケシ)などと共通する同意語ではないか。 その地が利根川の洪水による氾濫原であることから、もとは「地洗」(ちあらい)、「地荒」(ちあら)だったのが、「地」の字がいつの間にか「血」となった。 歴史 江戸期は岡部藩安部摂津守の知行地。 明治23年に八基 やつもと 村になる。 昭和29年に豊里村になる。 昭和48年に深谷市と合併した。 渋沢栄一のふるさと深谷市血洗島 江戸時代、深谷はの宿場町として栄えた。天保年間 1830~1844 のことであるが、旅籠の総数は大小合わせて80軒を越えたといわれている。幕府直轄の天領であった。 生誕の地である当時の血洗島村は、このから北へ約1里半 6km のところにあり、さらに村の北1.

次の

静岡県磐田市の郵便番号一覧、住所・地名の読み方

中瀬 み あら

日本の綿織業発祥の地「三河」で、創業以来、六十年にわたりお客様にご満足いただける商品づくりを追求してまいりました。 当社の前身である中瀬織布合資会社は産声をあげ、先代から受け継いだ伝統を重んじながら、熟練技術者の経験とノウハウは、現在の当社の礎となる貴重な財産となっています。 常に時代の変化に適応し、最新の織機が勢い良く音を立てる工場は、産地最大級の規模。 ナカモリは自社の工場で一貫して製造を行っています。 新しい素材と柔軟なアイデアを融合させた独自の開発、糸づくりから製織・縫製・最終製品販売まで行えるトータルな対応力と、機械ではできない作業工程は熟練スタッフの「人の手」による品質管理を徹底しています。 そんな想いから、「ナカモリの製品をもっと世界中へ発信したい。 」 海外への進出は、ブランド価値を高めるための戦略の一つでもあります。 ものづくりへの情熱やこだわり、企業としての歴史、そして、長年勤続しているスタッフ、そこから生まれる豊かな人間味…。 そういった現場にあふれるストーリー性が、ナカモリの良さだと思っています。 お客様に心をこめたものづくりに取り組んでおります。

次の