ヤンデレ モバマス ss。 モバマス R18ss:Apollonのヴァイス、ヤンデレ研究所

PさんがプロデューサーをするSS

ヤンデレ モバマス ss

全商品はブランドコピーN品で業界で一番よい品質です。 ブランドコピー通販は主にルイヴィトンコピー商品、グッチコピー商品、シャネルコピー商品。 ブランドコピーバッグ、財布、ネクタイ、シューズ、サングラス、帽子、ベルト、マフラー、傘、生地コピー、アクセサリーなどを販売しております。 ロレックスブランドコピー、オメガブランドコピー、IWCブランドコピー、ウブロブランドコピー、ブルガリブランドコピーなどの腕時計も取り扱っております。 営業時間 ご注文はオンラインにて年中無休、24時間受付けております。 ブランドスーパーコピー 765プロ• 876プロ• 961プロ• モバマス• グリマス• ユニット別リンク.

次の

凛「飲むとヤンデレになる薬?」ちひろ「イエス!」 : モバマス SS

ヤンデレ モバマス ss

瑞樹「今の正気を失ったプロデューサー君なら、きっと簡単に堕ちるはず」 瑞樹「当然ね。 どう?プロデューサー君、堪らないでしょう?」ウッフン P「・・・」 瑞樹「ほらほらどうしたの?我慢する必要なんてないのよ?」 P「川島さん」 瑞樹「いやだわ。 私と君の仲でしょう?『瑞樹』、って呼んで頂戴な」 P「何か辛い事があったなら相談に乗ります。 俺に不満があったなら謝ります。 ですから、こんな事は止めましょう」 瑞樹「えっ」 めげずに書くよ!どうせもうすぐ終わりだしね! 凛「ねぇ、プロデューサー」 P「な、何でございますでありおりはべりいまそかり?」 凛「あはは。 変なプロデューサー。 別に怒ってるんじゃないんだから、楽にしてよ」 P「お、おう」 凛「まぁいいや。 それでさ、私、プロデューサーに言っておきたい事があったんだよね」 P「はははっ。 いいぞ、何でもご覧(震え声)」 凛「昨日さ、プロデューサー。 私に酷い事言ったんだよ。 色目使ってるとか何とかさ」 P「え、えぇっと、その、覚えがないと言いますか、あの」 凛「は?何それ?あんな事言って、覚えてないで済ますの?」 P「待て待て、決してそんなつもりでは」 凛「これはお仕置きがいるね」 P「議論の余地はなしですかそうですか!」 のあ「・・・待っていたわ。 たとえ望まぬものでも・・・・・・この想いは、止められはしないから」 真奈美「遅かったじゃないか。 こちらから向かおうかと何度も悩まされたぞ?」 輝子「フヒッ。 P、わ、私はもう、親友じゃ満足、できないかも」 晶葉「全く。 君たちには精巧に作ったPロボをくれてやると言っているのに」 菜々「だーめです!そんな事よりプロデューサーさん、菜々と結婚すれば一気にウサミン星の王様ですよーっ!」 P「こ、これは・・・」 ちひろ「それはまぁ、こういう事ですよ」カランッ P「たっ、大量の、空き瓶・・・!?」 あい「全員、まんまとちひろさんに担がれたのさ。 あのな、皆で決めた事とは言え、やっぱりこういう事で決めるのは間違って」 蘭子「・・・・・・」スチャッ P「待て。 俺が悪かった。 済みません。 プロデューサーの目障りになりたくないですから)」スッ P「アイドルがリストカットなんかするんじゃない。 大丈夫だ、ちょっと緊張してるだけだから」 蘭子「門出はいつの日か?(結婚式はいつにしましょう?今から楽しみです!)」 P「あぁ、そうだな・・・」 ちひろ(面白くないですねぇ。 総選挙と日時が近いのが災いしましたか) ちひろ(公平に争える舞台を利用して、プロデューサーさんの争奪戦代わりにするとは) ちひろ(仕方ない。 ここは一つ波紋を起こすとしましょう!) マストレ「待たせたな。 今日はどういったご用向きかな?」 ちひろ「どうも、マストレさんにベテトレさん、トレーナーさんにルキトレちゃんも!まぁこれを見て下さいよ」 ベテトレ「スタミナドリンクか?少し瓶の外見が違うようだが」 ちひろ「その通り!これはスタドリを基にした、全く新しいドリンクなんです!」 ルキトレ「で、何であたし達を呼んだんですか?」 ちひろ「試してもらおうにも、この時期はみんな忙しいんですよ・・・」ヨヨヨ マストレ(自分で試せば良かろうに) マストレ「じゃあ一つ、もらおうか」 ルキトレ「あたしもーっ!」 トレーナー「どうぞ、姉さん」 ベテトレ「さて。

次の

アイマスSSまとめ:モバP「森久保乃々がヤンデレになった」

ヤンデレ モバマス ss

vip2ch. 昨日の机の下 森久保「もうむーりぃー……プロデューサーさんの、お、おたんこなすぅー……」 まゆ「今、プロデューサーさんが……何て?」ニュッ 森久保「んぴゃぁ!」 まゆ「まゆですよぉ。 それで、さっき、プロデューサーさんの悪口が、聞こえたような……」 森久保「ま、まゆさん……いえ、それは、そ、その……ち、違うんです」 森久保「えっと、最近、プロデューサーさんが、もりくぼのことを、いぢめてきて、それで……」 まゆ「そうねぇ……最近、とても仲が良いものねぇ……」 まゆ「プロデューサーさんと、あんなにお話できて、羨ましいですねぇ……」ハイライトオフ 森久保「ま、まゆさん……?」 森久保「プロデューサーさんは、もりくぼなんかよりも、まゆさんとお話していればいいのにって、思うんですけど……」 まゆ「……乃々ちゃんは、プロデューサーさんのこと、嫌い?」 森久保「嫌い……では、ないです。 でも、あんなにグイグイ来られるのは、むりです。 まあ森久保絡みなのは合ってるんですが」 P「最近ものすごく積極的なので、その、本当に手を出しそうで、我慢するの、むーりぃー」 ちひろ「乃々ちゃんの口調うつってますよ。 あとその悩み、もう5回くらい聞きました」 P「……あと、もう一つ悩みができまして」 ちひろ「なんでしょうか?」 まゆ「プロデューサーさん、まゆと籍入れてくれないなんて、むーりぃー……」チラッ P「まゆが森久保の真似をし始めて、収拾がつかなくなりました」 森久保「まゆさん、その……それは、ダメです……」 P「そうだぞまゆ、ダメだぞ。 森久保からも言ってやってくれ」 森久保「あと2年、待って欲しいんですけど……」 まゆ「あら……乃々ちゃん。 2年待っても、プロデューサーの運命の相手は、まゆに変わりありませんよぉ?」 P「そうじゃないぞまゆ。 いや、その言葉は男からしたら嬉しいけどな?」 森久保「いえ……もりくぼが先にトップアイドルになって、プロデューサーさんに相応しい相手に、なります」 P「アイドルにやる気を持ってくれて嬉しいぞ森久保。 でもちょっとなんだか怖いぞ?」 森久保「……あ、あの、プロデューサーさん、その、お願いがあるんですが……いいですか……?」ジー P「?……お、おう……」 森久保「もりくぼのことも、ちゃんと、『のの』って、呼んで欲しいんですけど……」ジー P「」 森久保「呼んでくれませんか……そうですか……もりくぼ、いぢけます。 いぢけくぼになります……」プイッ P「えーっと、もりk……じゃない。

次の