回転 寿司 原価。 回転寿司で原価率の高いネタ一覧!お得に食べる方法について|雑学集onWEB〜面白い情報や役に立つ情報〜

回転寿司 原価率が高いネタと低いネタの上位3つは何?

回転 寿司 原価

そんな回転寿司でも 昨今、「コスパ」が重要視されています。 メニューの中でも原価の低いネタ・高いネタは気になると思います。 そんな中、注目され話題となっているニュースが100円回転寿司の原価です。 その内容は、原価率が高いネタ、低いネタが気になるところを1皿100円の 100円回転寿司の相場の原価を割り出すというものです。 この記事では、100円回転寿司の原価についてと、それについての評判をまと めます。 100円回転寿司といえば、東京や大阪、池袋といった店舗やランキングといった ものも気になってくると思います。 その一つ一つをいまから見ていきます。 Contents• 100円回転寿司 原価・・・その内容やランキングは? 100円回転寿司の原価についてニュースとなり、話題を生んでいます。 そのニュースとは、回転寿司店のメニューの中で原価率が低い・高い品が気になって いるなか1皿100円のメニューの回転寿司の原価を割り出すというものです。 数ある寿司の中でも、生ものの原価は高くウニは1皿100円のうち約85円、マグロは同75円 イクラは同70円が原価でランキングトップ3を飾っています。 それに続いてカツオやキングサーモン、タイ、ハマチの原価が也買う65円ほどのようです。 そんな一方で、子供に人気な玉子は15円、エビ(ボイル)、ツナマヨ、カッパ巻きなどは20円程度といった比較的安いものです。 回転寿司は客層が家族連れが多いので、原価が高いウニやマグロ、イクラといった生ものが 苦手なので、子供達が原価の安いネタを食べることで、商売が成り立つようです。 ウニやマグロ、イクラなどの鮮度が命の食材は原価が高いのは分かるのですが意外にも 「エビ」 の原価は安いようです。 これについては、『お店がバラせない「儲け」の秘密』(宝島社刊)の監修者で、調達業務研究家の坂口孝則さんと、ある回転寿司店の店長さんが次のようにコメントしています。 「高級食材イメージのあるエビですが、1皿100円で提供されるエビの多くはバナメイエビという 品種を使っており、冷凍でもボイルすることで味の質を担保しています」 ・坂口孝則さんのコメント 「生モノは店舗でカットするなど手間やコストがかかるものも少なくないが、 ボイルエビは解凍して、ロボットが作ったシャリに乗せるだけ。 職人でなくアルバイトでも調理できるため人件費削減に繋がっている」 ・回転寿司店の店長さんのコメント ヤフーニュースより どうやら、同じ生ものでも手間やコストがかかるものと、かからないものに分かれて いて、その分原価が安くなることもあるようです。 100円回転寿司 原価に対する世間の印象は? この、100円回転寿司の原価に対して、ネット上では様々な意見が飛び交って いる様子です。 その中でも、比較的支持されているのは 「原価なんて気にせず、自分の好きなもの食べたら良い。 」といった意見です。 外食をするときもコスパを気にする人が多く、コスパの良さを売りにしている 店舗も多いと思います。 ですが、コスパばかり気にしていては楽しめないとして、100円回転寿司の原価 に対して不満の声が多くありました。 中には、久しぶりに回転寿司で寿司を食べたら味がまずくて、食べれない代物だった という意見もありました。 そのコメントをいくつか見ていきたいと思います。 サイゼリアや鳥貴族など、原価率が高い店はコスパが高い印象。 ただ、単品毎の原価率を気にして外食したくないなぁ。 食ってみて、ねだんよりも旨いぞ!と思えるかどうかが全てだと思う。 原価率で判断するのは、舌ではなく能書きで味わうのとおんなじような感じで、食という本能的行為を楽しめていないんじゃないかと、私は思う。 原価が高いからといって 子供にウニを勧めない方がいい。 味が悪く嫌いになりそう。 食べたいものをお腹いっぱい食べるのが 最大のコスパ。 消費者にとってお金を払う以上、コスパは大事。 ただ、そのコスパを計算するときに店側の原価は本来、関係ない。 客にとってどれだけの価値を感じて、それに対してどの程度の比率の対価を支払うのかで見極められるはず。 比較可能な複数の店から特定の1店を選んで入店した後は、全て100円の均一価格で商品が並んでいるなら、 そのとき食べたいものを食べるのが最もコスパが良いことになる。 昨日、久しぶりに回転ずし行って、ウニがオススメになってたので食べてみたら、一貫だし、しかも小さいし、味は不味くて食えない代物だった。 スーパーの寿司の方が旨いと思う。 TVでも、やたらと原価とかコスパとか言う番組があるけど、100円の回転寿司とか、安いファミレスとかで、 原価気にしながら食べると、楽しくないし、おいしくないと思うけどな。 銭、銭言うなら、外食しなければ、コスパいいよ。 ヤフーコメントより などといった、意見が目立ちました。 100円回転寿司 原価 東京や大阪、名古屋でのオススメの店舗は? このように、世間的には原価なんて気にせず、好きなものを食べたらいいと いった意見が目立ちます。 なのでここでは、東京や大阪、池袋といった都市での回転寿司の店舗 を紹介したいと思います。 東京では、、 などがあります。 大阪では、、、 などがあります。 池袋では、」、、 などがあります。 このように外食をする際は、コスパを気にするこも大事だと思います。 ですが食事は食べている人達が楽しんでこそのものだとも言えます。 食事をする際は、コスパのことも考えつつ、ご家族で楽しんでお食事をするのが一番なのでは ないのかと思います。 森昌子 年明け残業という話題がニュースになっています。 Jリーグ観客数 課題という話題がニュースになっています。 ピン芸人のマツモトクラブさんが11月28日に、都内で行われた「ひとり芸日本一」を決める 『R-1ぐ 吉野屋 鳥貴族 明暗というニュースが話題となっています。 フリーアナウンサーの宇賀なつみさんが毎日RPG感覚ということでニュースとなり話題を呼んでいます。 くまモン 聖火リレー NGというニュースがネット上で話題になっています。

次の

回転寿司ではどのネタがコスパが高い?原価率などを専門家が暴露

回転 寿司 原価

日本に回転ずしが誕生したのは、東京タワーが完成した1958年。 大阪の「廻る元禄寿司」が草分けとされる。 特許が切れるまで元禄寿司の独壇場だったが、1978年に特許切れすると、回転ずしはチェーン店から個人経営まで、全国津々浦々、爆発的に広まった。 「バブル崩壊から平成不況という苦しい時期も含めて、外食産業の中で、売り上げを伸ばしているジャンルは唯一、回転ずし業界だけ。 だから、最強の外食産業と呼ばれているんです」(外食業界紙記者) 「安くてうまい店だけが生き残る」というシンプルで苛烈な競争を経て、回転ずしは独自の文化を築いてきたという。 その1つが、徹底した「原価主義」だ。 「一般的な飲食業の原価率は15~30%です。 そんな中で、回転ずし業界は40~50%と驚異の原価率の高さを示しています。 1皿100円だとしたら、仕入値が平均50円だということ。 この数字はほかの業界ではまず不可能です」(前出・外食業界紙記者) 調達・購買業務コンサルタントの坂口孝則さんがその秘密を明かして言う。 「人件費の安さと廃棄率の低さが大きな理由です。 近頃は『ハイブリッドレーン』と呼ばれる、通常のレーン以外にタッチパネルで注文したネタを直接客に届けるシステムを採用する店舗も増えていますが、これは無駄になるすしを減らせるうえ、席まで運ぶためのホールスタッフの人員も削減できるのです」 人件費を下げる、無駄な出費を抑えるといった企業努力が実を結び、高い原価率ながら利益を出せているわけだ。 「原価率50%と言っても、すべてのネタが50%でないところがミソです」と語るのは、回転ずしチェーンの仕入れ担当者だ。 「回転ずしの客単価は約1000円。 その中でいかに原価率が高いネタを食べて満足度を上げてもらい、低いネタも注文して儲けを出させてもらえるか。 そのバランスが重要なんです」 それなら原価率が高い=お得なネタをおなかいっぱい食べたい! というのが消費者の心理というもの。 前出の仕入れ担当者がしぶしぶ明かす。 それぞれ売価100円に対して、85円、75円、70円ぐらいでしょうね。 それに続くのが、ハマチ、カツオ、サーモン、タイなどのグループで65円ぐらいです。 このあたりは平均の原価よりはるかに高い」 ちなみに、ここでいう原価には一貫あたり20gのシャリ5円も含まれる。 詳しいネタ原価率ランキングは別掲の表をぜひ参考にしていただきたい。 別のチェーンの商品担当者はこう話す。 冷凍サーモンは原価60円で出せても、生サーモンは80円することもある。 「大手チェーンでたまに『大トロ一貫100円』というキャンペーンがありますが、これは文字通りの出血大サービス。 ズワイガニやフグのフェアも赤字覚悟です」(前出・仕入れ担当者) とはいえ、大トロが100円で出せるのは、スケールメリットがあり、仕入価格を抑えられるからにほかならない。 「大手であればあるほど、入荷する量が多い。 「ボイルエビやコーンサラダ、ツナサラダ、タマゴなど、子供に人気のものは原価が20円以下。

次の

回転寿司屋のいくらの原価

回転 寿司 原価

ワダケンと申します。 つい最近、回転寿司(全皿100円のやつ)に行ったんですね。 回転寿司であれば、高級感漂う寿司を100円というお手頃な値段で食べれるわけで、私のような庶民は大変重宝しているわけなのですが・・・ 回転寿司で食べれる寿司の原価ってどれぐらいなんでしょうか?? 100円という均一な値段で「鯵」「鯛」「いくら」「はまち」などの寿司屋でもお馴染みなネタで売られている一方で 「コーンマヨ」「ミートボール」「ソーセージ」といった、これぞ100円寿司と言えるネタもあります いじきたない私は「ツナ」「コンビーフ」「オクラ納豆」といった寿司を「損した気分になる」のを嫌ってどうしても食べられません! オクラ納豆とか絶対おいしいのに・・・ どなたか教えていただけたら幸いです。 一応… 寿司屋さんに初めて来たお客様が注文が出来ない、しにくいなどを解消する為にどうすれば良いか? と試行錯誤された結果だったと思います。 上記の件はだからなに?は無しで 笑 回転数も乾きにくく出来るだけ早くなど試行錯誤されてます。 ちなみに100円寿司では有りませんでしたが、安い軍艦や巻物はだいたい30%高いハマチやマグロは60%の原価でした。 廃棄に関してですが、昼くらいに乾いた魚は握り直しか巻物や軍艦にしてました。 夜出た廃棄は玉子などは巻物になり、色が悪くなる物で巻物にも成らない物は破棄 使用したシャリも破棄でした。 プリンは普通にデパートでも100円で3個売ってるやん 笑 次の日にも勿論使います。 揚げ物はうちでは破棄でした。 チェーンだったので原価は高い方だと思います。 (色々あるみたいですおもにピンハネ 笑 ) コーンやツナなどは水抜きしてマヨネーズつけるだけなのでうちでは30%でしたが仕入れ値がほぼデパートの売り値と同じだったので、 ピンハネ無ければもっと原価安いと思われます。 取り入れている所は有りますか? コンビニが原価販売で半額などしない理由等も同じではないでしょうか? 細かい事がまだまだ有りそうですけどわかりません 笑 コンビニはFC店から安売りや値引き出来ないかと話題になったらしいですが 笑 また、寿司屋で鮮度が悪いもしくは古いからやすく売り、 もし食中毒になれば営業停止です安易な売り上げ気にしたらお店がつぶれます。 それなら設置場所、コスト、設備、維持費が安いもので良くありませんか? 同じ事言って申し訳ないですが 笑 半額寿司有るんですね?勉強になりました。 安い所は10円寿司も有るらしいですね個人経営で食べる分だけ稼げば良いと夫婦2人でされてる様です 笑 結構きちんとしてるみたいに昔テレビに出てましたけど 笑 実際やるなら人件費など問題が有ると思いますが、お客様に言われたら、同じ金額なら1カンづつ変えるのはやってました 笑 うちはそうでしたが、その場でさばく寿司屋さんは美味しいですよ! 朝上がった物を出してました。 鮮魚以外は工場で作って冷凍して来ます。 どうも味は落ちますね 泣 ちなみに、鯛やカンパチなど、マルモノ 内蔵や頭など全てついたままの状態 は仕入れ値と実際にネタとして出す場合の値段がかわります。 これは調理して、ネタとして使える部分のみを取るために、値段が上がるのです。 例 解りやすくいきます。 とします これを元の鯛の重さで割ります 300? なので、10? 取った場合、この鯛だと一枚26. 7円になるということです。 長文&解りづらくてすみませんでした。

次の