ポケモン go 対戦 ハイパー リーグ。 【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第3弾

【ポケモンGO】スーパー&ハイパーリーグで大活躍可能! ガマゲロゲの使い道を考察

ポケモン go 対戦 ハイパー リーグ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! シンオウ地方イベントはどうだったかな? お兄さんはとりあえず色違いヒポポタスを1匹ゲット!! リオルとフカマルについては…… 聞かないでおくれ。 まあ、しばらくはコツコツと7kmタマゴを割り続けるよ! それはさておき、現在開催中のGOバトルリーグ「 ハイパーリーグ」のプレシーズンは楽しんでいるだろうか? これまで2回に渡ってオススメパーティをご紹介してきたが、今回は第3弾! とりあえず戦える態勢を整えたい人は、ぜひ参考にしてくれよな! ・まずは何体かだけでも育てよう お兄さんはハイパーリーグのプレシーズンを何回か戦ってみて、いくつか感じたことがある。 それは「 スーパーリーグより出てくるポケモンの種類が少なくね?」ということ。 スーパーリーグと比べて「うぉッ! それ!? 」と驚くようなポケモンが少ないような気がするのだ。 どういうことかと言うと、おそらくコレは「ハイパーリーグの育成まで手が回っていないトレーナーが多い」という証拠ではなかろうか? つまりは「 何体か育てればとりあえずは戦える。 あとは腕次第」となるハズ。 なので「何したらいいかわからない……(絶望)」というトレーナーもまずは目先の何体かだけを育ててみよう。 きっと、それで、大丈夫、なハズ。 スーパーリーグのプレシーズンは「260戦ほどしました~」と穏やか表情で語っていたAさんだが、いやおかしいだろ! 1日何キロ歩いてんだ!! 底なしのスタミナかよ! それはどうでもいいとして、第1回の「」第2回の「」に続き、今回もAさんにオススメパーティを教えてもらった。 ・メガニウム 「スーパーリーグでメチャメチャ強いメガニウムは、 ハイパーでもかなり強力です。 本当にメガニウムはステータスが優秀で、それはハイパーリーグになっても変わりません。 1体くさタイプを育てるなら、迷わずメガニウムをオススメします。 あとはやはり、ニョロボンやラグラージ対策ですね。 わざも回転の早さもステータスも言うことはありません。 メガニウムのベスト個体値は100%なので近い個体値がいれば迷わず育てましょう。 ステータスも優秀ですし、ギラティナの攻撃をほぼ無力化するフェアリータイプなので、対面になって負けることはありません。 むしろギラティナには余裕勝ちです。 抱え落ちのリスクは高いです。 とはいえ、その他のポケモン、例えばラグラージなどには強くないので運用には気をつけたいところ。 ピクシーもベスト個体値は100%なので、ほしのすなが少なくて済むキラを育てるといいでしょう」 ・ラグラージ 「スーパーリーグで大活躍のラグラージは、ハイパーリーグでも みずタイプのエース格として活躍できます。 じしんはレジスチルに刺さり、またギラティナにもかなりダメージを与えられます。 みずタイプを1体育てるなら、ハイドロカノンを覚えたラグラージがオススメです」 スーパーリーグと比べた場合、ハイパーリーグは ほしのすなもアメも大量にかかるため、手広くポケモンを育てるのは難しい。 とはいえ、最低限のポケモンを育てないと戦えないこともまた事実。 なので、 これまでご紹介した9体くらいは頑張って何とかしたいところだ。 というわけで、ほしのすな獲得とアメ確保にも全力を出しつつ、ハイパーリーグ用のポケモンもコツコツ育てていこう。 とりあえずお兄さんは不足してるレジスチルのアメを200個くらい集めるよ……! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第3弾

ポケモン go 対戦 ハイパー リーグ

ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ あまえるを覚えるフェアリータイプやハガネール以外のポケモンに対して比較的安定して戦えるギラティナを先頭に配置したパーティ。 レジスチルはフェアリー対策 1体目のギラティナが不利なフェアリータイプに対して有利なレジスチルを採用。 また、3体目は相手の控えにいるラグラージやレジスチル対策としてニョロボンを採用している。 相性によって控えと交代 基本の動きは初手のギラティナで有利な状況を作りつつ、苦手なポケモンが来たらそれぞれレジスチルとニョロボンで対応する。 ギラティナとニョロボンはあまえるを覚えるポケモンに弱いため注意が必要。 ギラティナを軸にしたパーティ3 ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭にしたパーティ 初手のギラティナは技の種類と耐久で様々なポケモンと対等に戦うことができる。 ギラティナは ハガネールとあまえるを覚えたポケモンには不利なのでアーマードミュウツーと交代しよう。 レジスチルはフィニッシャー レジスチルはギラティナが苦手なあまえるを覚えたポケモンに強い。 ラスターカノンもきあいだまも等倍以上の相手にはHPの半分は削れることが多いため、フィニッシャーとしての役割が向いている。 アーマードミュウツーも幅広く活躍 アーマードミュウツーも等倍以上の相手にはかなりのダメージを与えられるサイコブレイクを主な技として戦う。 このパーティは様々なポケモンに広く戦える3匹で構成されているため、 何を使えば良いのか迷った時におすすめ。 レジスチルのラスターカノンには注意しよう。 ラグラージは汎用性が高い ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンが強力。 またレジスチルに対しても有利に戦えるのも魅力。 アーマードミュウツーは等倍同士に強い アーマードミュウツーは耐久性能が高く、ゲージ技の種類も豊富なためゲージ技を読まれにくい。 ゴースト技構成のギラティナやあくタイプの相手との相性は良くないが、 等倍同士の場面などで大いに力を発揮するぞ。 ギラティナはレジスチルとの相性がいい 初手のレジスチルが不利なラグラージ、ニョロボン、ほのおタイプなどに有利に戦えるギラティナを2体目に配置。 初手の不利な対面を返すことが主な役割。 技は相手のシールドを剥がすために、ゲージを貯める速度の早いシャドークローを採用している。 メガニウムは汎用性が高い 3体目のメガニウムは幅広く戦えるポケモン。 みずタイプにはもちろん、レジスチルに対して効果抜群のじしんや耐久力の高さが強みとなっている。 弱点を突かれるほのお、かくとう、じめんタイプには不利だが弱点を突かれなければほとんどポケモンに対応可能。 タイプ相性を覚えて ラスターカノンときあいだまどちらを打つか瞬時に判断できるかが重要。 ピクシーはギラティナ対策 対ギラティナ対策がメイン。 はがねタイプとどくタイプ以外には対等以上に戦うことができる。 ゲージの貯まる速度が遅いためシールドを使うタイミングに注意。 ラグラージははがね対策 ピクシーの不利なはがね対策がメイン。 ゲージ技のハイドロカノンとじしんの両方を今ひとつで受けられるポケモンが少なく、有利な状況を作りやすい。 初手のギャラドスはメルメタルなどのはがねタイプとあまえるを覚えるフェアリータイプ以外には対等に戦える。 交代しても不利になりにくい 1体目のギャラドスを交代をしても不利になることが少なく、不利な相手が少ないギャラドスは交代することが少ないため立ち回りが安定する。 レジスチル・ラグラージは相性がいい レジスチルとラグラージは相性補完が良い。 初手のギャラドスで1体目を倒す・シールドを消費させられるため、 残りの2匹で有利なポケモンを当てられる可能性が高く安定して戦える。 解放技はハイドロポンプを採用し、少ないエネルギーで発動できるかみくだと使い分けて発動しよう。 バクフーンはレジスチル対策 レジスチルなどのはがねタイプ対策としてバクフーンを採用。 通常技はひのこではなく、 ゲージを貯める効率のいいシャドークローを採用している。 メガニウムはじしんを覚える メガニウムはみずタイプの対策以外に、じしんを覚えるため、でんきタイプやはがねタイプに対しても有利に戦える。 バクフーンが倒されてた後でもレジスチルに対して攻めることができる。 技構成はギラティナの弱点をつけるドラゴンテール、かみくだくを採用しているぞ。 リザードンはレジスチル対策 ハイパーリーグの環境で使用されるレジスチルなどのはがねタイプに対して強く出れるリザードンを採用。 はがねタイプのメルメタルはいわなだれを覚えるため、リザードンの弱点をつかれる可能性があるので注意しよう。 フシギバナはみずポケモン対策 ハイパーリーグで使われやすいニョロボン・ラグラージ・スイクン・カメックスなど水ポケモンの対策として有効だ。 フシギバナは弱点がほのお・こおり・ひこう・エスパーの4つのため、れいとうビームなどのこおり技に特に気をつけよう。 ニョロボンを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ニョロボンを先頭に配置したパーティ 初手のニョロボンはみずタイプだがゲージ技はこおりタイプとかくとうタイプの技を採用。 環境に多いレジスチルにかくとう技、ギラティナにこおり技で効果抜群を取れる。 アローラベトベトンはギラティナ対策 ギラティナ対策がメイン。 また、ニョロボンが苦手なフェアリータイプとくさタイプにも有利に戦える。 そのため ニョロボンと3匹目のジュカインとの相性の補完が良い。 ジュカインはみず対策 アローラベトベトンがラグラージやニョロボンなどのみずタイプに負けてしまうため、そのカバーする役割。 また、アップデートによりタネマシンガンの上方修正が来たため、 以前より早くゲージ技を打てるようになった。 シュバルゴを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 シュバルゴを先頭に配置したパーティ 先日強化されたドリルライナー、クレセリアやアーマードミュウツーなどのエスパータイプの弱点をつけるメガホーンと優秀な技構成のポケモン。 また、弱点がほのおタイプのみとなっている点も魅力だ。 2匹目にクレセリアを採用 2匹目のクレセリアもくさむすびの習得と、ムーンフォースの強化により、 シーズン2から使用者が増えているポケモン。 また、シュバルゴで出し負けた際の交代先として優秀。 ラグラージははがね対策 クレセリアが苦手なはがねタイプの対策として採用。 高火力で必要なエネルギーの少ないハイドロカノンはもちろん、じしんも等倍以上で当てれば相手の半分以上のHPを削れる高火力技となっている。 ポケモンGOの他の攻略記事.

次の

【ポケモンGO】ピクシーのハイパーリーグ最適技と対策ポケモン:「あまえる」で相手をゴリ押し!|ポケらく

ポケモン go 対戦 ハイパー リーグ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もGOバトルリーグに励んでいるかな? お兄さんはランク9までは意外とアッサリ上がったんだけど、 そこから10戦したら2勝8敗でド凹みしてるところだよ。 みなさん……お強い! それはさておき、現在GOバトルリーグはスーパーリーグのプレシーズン中だが、もう間もなく「ハイパーリーグ」のプレシーズンが2週間に渡り開催される。 今回は来るべき開幕に向けて、トレーナーバトルの鬼オススメの「 ハイパーリーグ用のバトルバーティ」をお知らせしたい。 ズバリ、必見だ。 ・育てないと戦えない まずはお兄さんがGOバトルリーグを体験して感じたことを率直に述べさせていただきたい。 たった一言で表すならば「 勝つためには育てなきゃ話にならない」ということだ。 CP1500近くのポケモンを適当に3体選んでも、1度勝つことはできても勝ち続けることは不可能に近い。 それはハイパーリーグでも当然同じハズ。 現在のところ、お兄さんはハイパーリーグ用のポケモンに一切手を付けていないが「 ちゃんと育てなきゃやべえな……」とはヒシヒシと感じている。 そこで泣きついたのが「」ことAさんだ。 PVPは必ず録画し、 負けたら必ず見返して反省してから次の戦いに挑むというトレーナーバトルの鬼。 ストイックの方向性がおかしいだろ! エース級のピッチャーか!! それはどうでもいいとして、鬼に話を聞いたところ「スーパーリーグ」と「ハイパーリーグ」では、やや雰囲気が違うらしい。 活躍できるポケモンの種類などはさして変わらないとのことだが、簡単に言うと スーパーリーグよりは熱心なトレーナーが少ないという。 「スーパーリーグとハイパーリーグでは トレーナーの熱意が違う気がします。 とりあえずスーパーリーグの流れでプレイしているトレーナーが多いんじゃないでしょうか。 ハイパーリーグの戦いを申し込むと断られることもちょいちょいありますね。 もしかしたらCPが2500まで上がる分、育成コストもかかりますし、 ややハードルが高いのかもしれません。 また、ハイパーリーグで活躍するポケモンには伝説のポケモンが入ってきます。 伝説のポケモンのわざの解放はアメが100個かかりますし、そういう意味では課金しているか無課金かの違いが出てくるかと思います」 なる……ほど。 鬼によれば今回ご紹介するパーティを1つ作って、 とりあえず様子見するのも大アリだとか。 ただハイパーリーグにはハイパーリーグの面白さがあるとのことなので、それに目覚めたら複数のポケモンを育ててみてもいいハズだ。 ・ガチパを紹介 今回ご紹介するパーティはズバリ「ガチパ」である。 鬼は「おそらく勝率が1番高いパーティで、 1つしかパーティ作らないならこれがオススメです。 何が来てもある程度広く受けられる組み合わせにしました」と教えてくれた。 以下でご紹介しよう ・ギラティナ(アナザーフォルム) 「ギラティナは ハイパーリーグ版のマリルリだと思って下さい。 シャドークローはゲージがどんどん貯まるので回転も早いです。 スペシャルアタックそのものの威力は高くないんですが、 とにかくギラティナは回転で勝負。 シャドークローとドラゴンクローでゴリ押しできます。 ステータスの良さを目指すなら(能力の)下げ交換する必要がありますが、わざわざ下げる必要もないほど、そのまま育てても強いです。 元々のCPが1900くらいはあるので、そこまでほしのすなはかかりません。 ハイパーリーグでまず育てるべきポケモンの筆頭格です」 ・レジスチル 「スーパーリーグで強いレジスチルはハイパーリーグでも強いです。 元々のステータスもそうですし、やはり はがねタイプは耐性が多いので使い勝手がいいですね。 これもスーパーリーグと同じです。 難点は CP2500まで育てるのにかなりのアメがかかることですね。 特にスペシャルアタックの解放に必要なアメ100は大きい……。 レジスチルのアメを大量に持っている人っておそらくあまりいないので、そこは難易度が高いですね。 レジスチルの ベスト個体値は100ですが、あまりパーフェクトにこだわる必要はないと思います。 キラ交換したレジスチルを育てるといいのではないでしょうか」 ・カビゴン 「カビゴンはHPがメチャメチャ高く耐久性が抜群です。 ただハイパーリーグでの役割は ギラティナ対策としてですね。 ノーマルタイプのカビゴンはゴーストわざに2重耐性を持っているので、ギラティナのシャドークローを無効化するといっても過言ではありません。 もし自分がギラティナを使っている場合、カビゴンが出てきたらすぐに交代した方がいいでしょう。 ただし、スペシャルアタックはどれも決め手に欠けます。 ハイパーリーグにそこまで興味がない場合でも、報酬のポケモンが欲しいトレーナーは、まずこの3体を育てておくといいハズだ。 下げ交換はあくまで1日200体以上捕まえるガチ勢のやり込み要素にすぎず、 それよりも立ち回りの方が遥かに大切です」と話してくれた。 なので何が何でも下げ交換する必要はないようだ。 もう1つ、鬼から「みなさんにぜひとも伝えたいメッセージ」を預かった。 それは「 負けを恐れないで欲しいです。 負けないと強くなれないので、たくさん負けて、たくさん強くなって、たくさん勝ってください」というものである。 勝つと嬉しいPVPだが、負けると相当悔しいこともまた事実。 だがしかし、負けても別に死にはしないし、ただ悔しいだけである。 負けることを恐れてプレイしないのが1番もったいない。 とにかく負けを恐れずに毎日ガンガンGOバトルリーグに挑もう。 涙の数だけ強くなれるよ……! やや話は逸れたが、今回ご紹介した3体だけでも育成しておけば、ハイパーリーグが開幕しても「手も足も出ない状態」にはならないハズだ。 あとは立ち向かう勇気……! もう1度言おう、 涙の数だけ強くなれるよ……!! それではトレーナー諸君の健闘を祈る! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の