インスタ アクション が ブロック と は。 【インスタ】アクションブロックが解除されない・治らない時の対処法

インスタ「ブロックされています」不具合の解決策!いいね・コメントできない時の対処法

インスタ アクション が ブロック と は

制限をうけてしまうと、普通に画像を見る事はできますが、「いいね」等のアクションが一時的にできなくなってしまいます。 「いいねが出来なくなる」といった、同じトラブルとして「アクションがブロックされています。 」等は、なぜ発生してしまうのでしょうか? 「機能の一時停止」「アクションがブロックされています。 」が起こる原因 「機能の一時停止」「アクションがブロックされています。 1日の「いいね」回数が多すぎる。 1日の「フォロー」回数が多い• アカウント解説してから間もない。 インスタは基本的にTwitterのような「リツイート」機能がありません。 一部、リポスト等の専用アプリを使えば、画像をシェアする事はできる一方で、Twitterのようにワンタッチでリツイートはできないので面倒です。 なので、 Twitterのような拡散がされにくいという特徴があります。 「拡散」でフォロワーを増やすのは難しいので、いろんなユーザーの画像を「いいね」したり、相手をフォローしたりして、「相手に興味を持ってもらって自分をフォローしてもらう」というやり方が一般的。 結果、Twitter等と比べると、自分から積極的に「いいね」&「フォロー」をしなくてはいけない事も、インスタならでは特徴。 特にインスタを始めたての頃は、フォロワーを増やすのに、連続して多くの「いいね」&「フォロー」をやってしまいがち…。 ですが、そんな行為が、インスタ側から見ると 「スパム的ないいね」に見えてしまうのも事実です。 ですので、アカウント開設後で、フォロワーも少ないはずなのに「いいね」や「フォロー」の連投があって、その数が あまりにも多い時には、「機能の一時停止」としてインスタ側が制限をかけてるというわけです。 ちなみに、「いいね」や「フォロー」の回数以外にも、1日の「フォロー」解除」の数が多い時も制限をかけられてしまうみたい。 24時間 待つ• 「いいね」した理由を送信する 一番簡単なのは「解除されるまで待つ」ということ。 基本的には24時間経過した後で解除されます。 (一部、24時間以上の制限がかかる例もあります) もし「こんなに待てない!」という時には、インスタ側に問題がない事を報告する事で 早めに解除する事もできます。 iPhoneで「機能の一時停止」のポップアップ表示が出た時に、「OK」ではなくて「問題を報告」を選択。 報告内容では、 人間が操作していて、ロボット的な操作ではない。 ちゃんと、いいなと思った写真に「いいね」をつけたり、フォローしたい相手をフォローしているだけ。 …のように、自分がスパムではない事をアピールするようにしてみて下さい。 いちど報告したとしても、制限解除後に同じようなペースで「いいね」や「フォロー」をしていると、もう一度 制限がかかってしまう可能性も高いです。 自分の「フォロワー」も増えてくる迄は、 「いいね」や「フォロー」のペース(回数)を見直してみて、減らすようにした方が無難と言えそうです。

次の

Instagramでアクションがブロックされる事案が急増【そのままだと凍結する可能性大】

インスタ アクション が ブロック と は

「アクションがブロックされています」といった表記が頻繁に出るようになり、中には コメントができない、投稿できない、いいねできない、フォローできない現象が発生しているようです。 アクションがブロックされている場合は、以下のようなメッセージが出てきます。 ブロックされています アクションがブロックされています。 後ほどもう一度実行してください。 We restrict certain content and actions to protect our community. Tell us if you think we made a mistake. instagram. 公式から不具合修正に関する情報が出るまで、まだしばらくかかりそうですね。 そこで、今回は上記のような不具合が起きた場合の対処法をご紹介します。 短時間に「フォロー」「いいね」を大量に行った• 投稿内容に問題があると判断された• コメントに問題があると判断された 【詳しくはInstagramのコミュニティガイドラインをご覧ください】 上記にもあてはまらず、問題がないのにエラーメッセージが出てしまう場合は、Instagram側から誤って制限をかけられていることも考えられます。 その場合は、 メッセージが出た際に 「Tell us」または「問題を報告」を押して、運営にエラーが起きていることを報告してください。 解除までに少し時間がかかりますが、これでエラーメッセージが出なくなることもあります。 また、「iOS版インスタアプリだけのエラーではないか?」といった声も多いようですが、「複数あるアカウントのうち、ひとつのアカウントだけにエラーが起きた」という環境の方もいるので、iOS版アプリだけが原因というわけではないようです。 インスタ不具合の根本的な原因については、まだ詳しくはわかっていません。 原因がわからないことには対策のしようがないので、ここはグッと堪えて、運営からの対応やアップデートの配信を待つしかないでしょう。 インスタで相手にブロックされている場合の確認方法 いいねとコメントもできない状態で、さらにブロックされていますと表示が出ると、本当に相手からブロックされているのではないか?と不安になりますよね。 相手にブロックされていると、相手の投稿へのいいねはもちろん、メールの送信やコメントもできなくなります。 今回の不具合でも、相手へのアクションを制限されるといったエラーが発生しているため、不具合のせいなのか本当にブロックされてしまったのか判断が難しいですよね…。 一番良いのは元に戻ってから確認することですが、それでも不安な方は過去記事で 「 インスタでブロックをされたらどうなるか確認する方法」を取り上げていますのでこちらをご覧ください。

次の

インスタ「ブロックされています」不具合の解決策!いいね・コメントできない時の対処法

インスタ アクション が ブロック と は

Instagramで「アクションがブロックされています」エラーの詳細や対処法 今回は Instagram の不具合の1つである「 アクションがブロックされています」という表示について解説をしていきます。 最近、インスタアプリで「 ブロックされています」と表示され、いいねやフォローができなくなるユーザーが増えています。 このエラー、いったい何なのでしょうか!? アクションブロックの詳細 この表示は2018年から少数確認されていました。 そして2019年7月頃より急激に表示が増え、 多くのユーザーがインスタの機能を使うことができなくなったと各種SNSでも話題になりました。 上記のポップアップが出たらフォローやいいねといった様々なアクションができなくなってしまいます。 この アクションブロック現象は全世界で確認されています。 ポップアップにも英語表記があり、そのことが伺いしれます。 アクションブロックになると何ができないのか? では、アクションブロックが出た場合は何ができないのか? インスタでアクションと呼ばれるものは、主に以下のようなことです。 ・フォロー ・アンフォロー ・いいね ポップアップが表示されてしまった場合は、上記のアクションができないものだと考えてください。 アクションブロックの種類 実はこのポップアップ、表示に種類があります。 1つ目は以下のような日付が指定されているものです。 ざっくり説明すると「この日までアクションできませんよ」という表示です。 基本的にはその日の夕方に解除されることが多いですが、稀に表示の日付より1~2日後に解除されるという報告もあります。 2つ目は日付指定がないものです。 アクションブロックがいつ解除されるかわからないのですが、多くの場合は1~2日後に解除される傾向です。 アクションブロックが出た場合の対処法 まずは「問題を報告」 このポップアップが出た場合は、まず ポップアップ内にある「問題を報告」をタップをしてインスタグラム側に「間違いですよ!」といった意思表示をしてください。 即解除されるわけではないですが、期間が短くなる可能性があります。 ブラウザ版インスタを使ってみる ポップアップはアプリだけで発生している可能性があります。 アプリだけの問題である場合はブラウザでの投稿が可能なので、一度試してみる価値はあります。 (もちろん、投稿ができない場合もあります) 解除されるのを待つ 上記のようなことを試しても、投稿ができない場合は解除を待つ必要があります。 instagramは閲覧のみにして、 しばらくは「フォロー」「いいね」「投稿」などのアクションは控えるようにしましょう。 無理にアクションを起こすと、スパムアカウントと認識されアカウントの凍結や削除などの危険性も出てくるので要注意です。 ストーリーズは投稿可能 実は、 アクションブロック中でもストーリーズの投稿は可能です。 通常の投稿ができない場合は、ストーリーズでいろんな情報を訴求していきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? アクションブロックの表示が出ると、一瞬ドキッとしてしまいますよね。 ですが、 アクションブロックは全世界の一般ユーザー間でも発生している事象で、インスタグラム側も認識しているものです。 まずは落ち着いて、今回ご紹介した対応を行い、改善しない場合はアクションを控えるようにしましょう。 おすすめ記事• Categoly• 最新記事•

次の