叶えたい未来もなくて。 【未来の記憶を遡る】的確に願いを叶えていくノートの作り方。

夢を叶えたいなら、それに見合う自分になろう

叶えたい未来もなくて

未来を見てすすむ人と過去を見てすすむ人 自分が何をするか決めるとき、どうやって決めてきたのか、友人たちに話を聞いていたら、ある傾向が見えてきた。 人には、未来を見ながらすすむ人と、過去を見ながらすすむ人がいるのではないか。 未来を見ながらすすむ人は、自分の将来やこれから起こることを楽しみにしたり、目標を決めたり、ああなりたいと憧れをもったりして、それを原動力に前にすすむことができる。 過去を見ながらすすむ人は、自分が今までしてきたことを積み上げて、そこから材料をあつめて、これからすることを決めて前へすすむことができる。 「未来型」の友人は、人生のシナリオを自分で書くように、「これからこうなるといいな」という希望に向けて努力する。 もうそうなることが決まっているかのようにすすみ、決めたことを確実にやりとげていく。 一方わたしは「過去型」で、自分でシナリオを書くようにすすめたことは一度もなく、未来は「何があるかわからない」と、自分で決めることではないように思っている。 そのかわり、自分のしてきたことを歴史の絵巻物のように書ける。 過去があるから地続きに現在の自分があるという思いがつよい。 ふと思い出すのは、いつか見たフィギュアスケートの演技前の選手の姿だ。 羽生結弦選手は「金メダル(得点)が目標です」と言い「未来」を見て奮い立たせているように見えたし、浅田真央選手は「練習は、してきました」と言い「過去」の自分のしてきたことを自信にしているように見えた。 目標達成のゴールは同じでも、タイプがちがうんだなと思った。 そのちがいを比べたいけど「未来型」の思考はわたしの中にはほとんどないので、「過去型」のわたしの経験を書いてみる。 洋菓子店で会社員として働いていたとき、「将来自分のお店をもちたい」と未来を見据え夢をもって働く人が多い中、わたしは特にやりたいことがなく、社内のあらゆる問題点を見つけて解決して回り、足りない部分を補っていたら、あっという間に10年がすぎた。 その最中は、自分の仕事の役割が何なのかよくわからなかった。 悪い方向から言うと「自分のやりたいことをしていない」「あれこれやってしまい専門の技術がない」「目標や目的がない」まま時間がすぎて、さて今後どうしたものかと途方に暮れた。 でも、時間をたくさん使った分「してきたこと」はたくさんある。 それがただの作業だとしても、振り返るとその中に多くの価値があった。 たとえば、お菓子のレシピとつくり方をデータに残す作業をするとき、はじめて見る人でもわかるように、つくる人の気持ち(火の加減や止めどころの不安)や時間(どんな順番でやればいいのか)を想像しながらわかりやすく簡潔に書くのは、「言葉で伝える」かなりいい訓練になっていたなと思う。 それから、常に商品をつくる職人さん、販売員さん、お客さんの全部の視点からものを見て、つくる人の効率や表現したいこと、買う人の需要や気持ち、届ける人の方法や仕組みをいつも考えていた。 それは、会社の売り上げのためだったけど、ものをつくって届ける経験は身についていて、届けるものがチョコレートから文章や何か別のものに変わっても、その経験はどこでも役に立つ。 当時、社内では「いちいち考えすぎだよ」「余計な仕事を増やしている」と言われていた、自分だけが気にして手をかけていたことが、今は大きな価値になっていると思える。 「やりたいこと」じゃなくても、自分の好きなやり方でやることはできる。 目の前の仕事にちゃんと向き合って自分のやり方でやっていたなら、あとから振り返ったときに「わたしはこれをしてきたよ」と言える。 「将来はこれをしたい」と言える「未来型」に対して、「過去型」の人は、それが見えないことで焦ってしまう。 でも、まだ何もしていない20代には「積み上げてきた材料」がないのでしかたがない。 「過去型」の人は、20代はとにかく目の前のことにちゃんと向き合うことで「できること」を積み上げていく時期だから、「やりたいこと」がなくても大丈夫だと言いたい。 逆に言うと「やりたいことではないから」と、時間をつぶすように仕事をしていると、材料はあつまらないと思う。 30代になったときに、自分のしてきたことをあつめて目の前に並べ、「さて、これで何ができるかな」「誰と組んだらいいかな」「どこに行ったら役に立てるかな」と考え、改めて「やりたいこと」が見えるといい。 と、これも「過去型」のわたしがしてきたことを振り返って書いているのだから、何歳になっても積み上げては振り返って、それを並べ替えたり組み合わせたりしながら先にすすんでいくのだろうと思う。 夢は未来だけではなく、過去の中にもあるんだよという話。 それはほんとうにそう。 ただ、「誰かがうまくいっていることと自分がうまくいかないことは関係ない」「他人のことが気になるなら見なければいい」。 そんな言葉を目にすると(むしろわたしも言いがちだけど)、「気になっちゃう」に対して「気にしなければいい」という答えは、やさしくないよなーと思ってもいた。 では、他人と比較しないためには具体的にどうすればいいんだろう、と考えてみた。

次の

世界は夢組と叶え組でできている

叶えたい未来もなくて

たとえば、三日前にテレビを見ていて「これやってみたい」と思ったこと、SNSで見て「行きたいな」と思ったお店を、あなたは全て覚えているでしょうか? おそらく、そのほとんどについては「やりたい」「行きたい」と思ったことそのものを忘れてしまっているはずです。 叶えたいことややりたいことは、意識しないとどんどんどこかへ流れて消えていってしまいます。 反対に、きちんと意識さえすれば、脳は無意識のうちにその実現に必要な情報を収集し、実現するためのルートを探し始めます。 願いごとがあるなら紙に書いて貼っておくとよい、というのは、この仕組みが働くと実現の確率が格段に上がるためなのです。 三日という短いスパンでも、この効力は充分発揮されます。 新しい日記帳か、スケジュール帳 新鮮な気持ちでスタートするため、新しいものを用意しましょう。 すでに通常の日記をつけている人は、それとは分けてくださいね。 自分自身が書き込みやすくてテンションが上がるものであれば、どんな日記帳・スケジュール帳でもOKです。 書き込みやすさでは、無地か薄めに印刷された方眼がおすすめですよ。 ペン 書きやすいペンを用意しましょう!3色〜4色のボールペンがおすすめです。 「未来日記」「実際の出来事」「気付きやメモ」といった内容ごとに色を分けて書き込めます。 具体的な書き方や、ちょっとしたコツを7つご紹介していきます。 (1)完了形で書く まだ起きていない未来のことではありますが、あくまでも「起きたらいいな」ではなく、 「起きたこと」として書くのがポイントです。 普通の日記と同じように、• 今日はこんなことがあった• (2)三日後の「あったらいいな」を書いていく 三日後の欄をひらいて、その日に「やりたいこと」「起きたらいいなと思うこと」を何でも書き込んでいきましょう。 近い未来なので想像しやすく、したいことが明確に浮かびやすいのが「三日後」の良いところ。 あくまでも日記を意識して、細かいスケジューリングをするのではなく、「こんなことがありました」と概要を書いていきましょう。 (3)妄想をフル回転させる 未来日記を書くときは、妄想をフル回転させましょう! 「どうやって叶えるの?」とか「どうしてこうなるの?」とか、詳しい手段や難しいことは一切考えなくてOKです! 最初は「何を書こうかな……」と戸惑ってしまうかもしれませんし、「こんなこと書いたら照れくさいな」と遠慮してしまうかもしれません。 でも、そんな気持ちも脱ぎ捨てましょう! とくにやりたいことが浮かばないなら、「仕事も通勤も全てうまくいって、幸せな気持ちで眠りにつけた!」という内容でもいいのです。 それも立派な理想の一日ではないでしょうか? 慣れてきたら自然と、• 「合コンで素敵な人と出会った。 しかもうまく行きそう!」• 「友達と久しぶりの飲み会、すごく盛り上がった!」• 「仕事でクライアントに褒められちゃった。 「今日の欄に書いたこと、全然当たらなかった……」なんて落ち込む必要はありません。 また、自分を責める必要もありません。 (そもそも、未来日記に書いたことが100%叶うなら、それはもう予言者の領域ではありませんか!) もう一つ、未来日記の特徴に 「叶うまでにタイムラグが発生することも多い」というものがあります。 一年後に読み返してみたら「あれっ?そういえばこれ、叶ってるじゃん!」と驚くことも多いのです。 ポイントは「どうやって叶えるの?」という手段ではなく、• 臨時収入や収入アップなら金額まで• 旅行なら場所まで• 新たな出会いなら、相手の特徴まで といった、 夢のディテールを掘り下げることです。 具体的に思い浮かべることで、脳の中の「夢を叶える機能」が活性化され、さらに実現しやすくなります。 (6)気軽に書く 日記帳ならお風呂上がりの気分が良いときに、鼻歌を歌いながら書く。 スケジュール帳なら、持ち歩いてスキマ時間ができたときに、暇つぶしのつもりで書く。 「三日後・未来日記」は、そんなふうに気軽な気持ちで書くのがベスト! リラックスした状態で素敵な未来を予測することは、ポジティブシンキングをぐんぐん育て、心のゆとりにも繋がっていきます。 自分のワクワクに正直になれるのが、未来日記の良いところ。 ホメオスタシスや、他の脳の仕組みを利用してポジティブに人生を変化させる方法については、こちらの記事にも詳しく書かれています。 思い込みの力って想像以上に凄い!思い込みをポジティブに活かす方法|女性の美学 叶えたい理想を未来日記に書き込むだけで、その理想が実現しやすくなります。 これは一見スピリチュアルな理論にも見えますが、そうではなく、脳の生理的な機能を利用しているのですね。 (2)頭の中を整理できる 三日後に何をしたいか、どんな一日を送りたいかを改めて考えることにより、頭の中の整理もできます。 目の前のことに追われていると、日々が過ぎるのが早いもの。 あっというまに5歳、10歳、20歳……と年を重ねてしまい、「あれもしたかった、これもしたかった」と後悔するのではもったいないですよね。 毎日「三日後にはこうなっていたい」「こんなことをしたい」とこまめに考えることで、 自分の夢や目標をその都度再認識でき、今クリアすべき課題の確認もできます。 未来日記をつけるようになってから人間関係がスムーズになった、と語る人は多いのですが、これも「誰とどんな関係を築いていきたいか」をしっかり考えて自覚できるようになったことが大きな理由かもしれません。 (3)自信がつく 三日後・未来日記をつけ続けていると、驚くほど日記の理想どおりに運ぶ日がちょこちょこと訪れます。 それに気づくと、 「自分の未来を自分で選んでいる」という感覚を生々しく実感することができます。 仕事や家事に追われ忙しく過ごしていると、なんとなく「自分の力ではどうにもならない人生の渦のようなもの」に飲まれている気がして、虚しくなってしまうこともありますよね。 でも未来日記をつけていると、「こうしたい」と人生の舵を自分で切る感覚が当たり前になります。 その全てがすぐには実現しなくても、自分の道をしっかり自分で選択している感覚は、大きな自信に繋がるのです。 (4)ポジティブになれる 気軽に楽しくつけられる「三日後・未来日記」は、ちょうどいい気分転換になります。 書いているだけでワクワクしたり、嬉しくてニヤニヤしてしまったり…… その繰り返しは、前向きな心のクセを自然と培っていきます。 いつも心に引っかかっている不満も、「解決した」という内容の日記を書くことで、いったん外に追い出して客観視することができます。 たとえば、毎朝職場に行くのが憂うつで仕方ない、でもモヤモヤする原因が何なのかよく分からない、という状態のとき。 未来日記に何気なく 心を支配していたモヤモヤの原因がAさんとの関係性にあったということに気がつけば、関係を修復する方法を考えるなり、Aさんとできるだけ接触を避けるなり、なんらかの手段も講じやすくなりますね。 楽しいこと・ワクワクする気持ちはもっと膨らませることができ、ストレスやイライラする重荷は肩から少し降ろすことができる。 未来日記には、そんな効能があるのです。 でもまずは「三日後」のことから、真剣に、でも楽しく空想する習慣を始めてみませんか? 妄想も、フル回転させることができるなら一種の才能です。 ポジティブなエネルギーを自分の中から引き出せる未来日記、ぜひ試してみてくださいね!.

次の

未来日記の書き方は?三日後の日記を書いて夢を叶える7つのコツ | 女性の美学

叶えたい未来もなくて

詳細につきましてはページ下部をご確認ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー やりたいことがない人はどうしたらいいの? そもそもやりたいことってなに? 夢や目標はもてない自分はそのままでも、「わたしは叶え組だからやりたいことがなくていい」と考えを止めずに、考え続けたら、見えた景色があった。 やりたいことがない「叶え組」のサクちゃんこと桜林直子さんが、軽やかな筆致で「考え方の型」を綴ったエッセイ集『世界は夢組と叶え組でできている』が、今年の3月にダイヤモンド社より発売されました。 本書の刊行を記念して、哲学者・宮野真生子さんとの魂の往復書簡『急に具合が悪くなる』、同時期に刊行された『ダイエット幻想ーやせること、愛されること』が話題の人類学者・磯野真穂さんをゲストにお迎えし、トークイベントを開催します。 磯野さんは開設した自身のHPのブログの1本目のポストで()、2冊の本の刊行を経たのちの心境としてこんなことを書かれていました。 私の魂は枯渇してしまったんじゃないか。 自分の言葉を使えば、私は去年一回死んでしまった。 そんな感じがぴったり来る。 桜林さんからはイベントに向けて、以下のようにコメントをいただいております。 10代や20代の「未来へ羽ばたく」的な「未来」ではなく、閉じていく未来について、飛行機でいうと離陸ではなく着陸の話というか、まだ見ぬ宝を探したり集めるのではなく、自分の引き出しの断捨離と整理整頓することで「やりたいこと」や「やること」を決めるような話、ここにきて生き直すようなタイミングだからできる話ができるといいです。 「やりたいことがない」、「やりたいことがなくなった」ふたりが、「また始める」ためにしていることや考えていることについてお話します。 ぜひご参加ください! 【出演者プロフィール】 桜林直子(さくらばやし・なおこ) 株式会社サクアバウト代表。 製菓専門学校卒業後、都内洋菓子店にて菓子製造以外のすべての業務に携わる。 12年の会社員生活を経て、2011年に独立し「SAC about cookies」を開店。 現在は自店の運営のほか、店舗や企業のアドバイザーも務める。 2020年3月に初の著書『世界は夢組と叶え組でできている』(ダイヤモンド社)発売。 2017年「セブンルール」 カンテレ・フジテレビ系列 出演。 磯野真穂(いその・まほ) 独立人類学者。 専門は文化人類学・医療人類学。 博士(文学)国際医療福祉大学大学院准教授を経て2020年より独立。 ・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。 ・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。 録画での視聴はできませんのでご注意ください。 ・視聴は登録制です。 1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。 ご注意ください。 ・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。 ご了承ください。 【書籍つきチケットのご案内】 桜林直子さん著『世界は夢組と叶え組でできている』の著者サイン本を、本イベントの配信チケットとセットで販売いたします。 お届けまで一週間ほどお時間をいただく場合がございますのでご注意ください。 【キャンセルにつきまして】 ・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。 何卒ご了承ください。

次の