選挙 バイト。 東京都:集まれ!みんなの選挙アルバイト/バイト求人情報<新着&オススメ案件>(バイトあれこれ)|t

選挙バイトの志望動機は?服装や募集方法・仕事の種類も解説

選挙 バイト

選挙バイトは何だかカタそうだし、難しそうだと思っていませんか? 実は、思っているよりも単純な作業が多いことが特徴です。 選挙という響きから、自分とは関係のない別世界だと感じている人が多いかもしれませんが、ひそかに「報酬が高い」「レアバイト」「官公庁系の仕事なので安心」などといわれていて、人気の求人です。 今回は、そんな選挙バイトの具体的な仕事内容と報酬、気になる服装や髪色、ネイルなどの勤務時のエチケットについてご紹介します。 選挙バイトは基本的に短期単発! そのほとんどが誰にでもできる仕事 選挙バイトは、その名の通り選挙に関連する仕事ですので、短期単発で働くのが基本です。 募集=選挙がある時期や、具体的な職種とその仕事内容、報酬について見てみましょう。 選挙は4種類で、衆議院議員と参議院議員の選挙、地方の首長・議員の選挙、特別の選挙です。 特別の選挙とは、任期途中の死亡や辞職による場合などが該当します。 このように、選挙はその都度人員を募集して行われます。 投票日は日曜日で、投票所は公共施設などです。 投票日までのバイトは、世論調査と期日前投票の受付の2種類で、こちらは約2週間の短期アルバイトです。 投票日のバイトは会場設営や受付、開票作業、出口調査、データ入力をはじめとする事務全般の4種類で、基本的には投票日のみですが、前日に準備をする場合もあります。 報酬は日給制が多く、ほかの単発バイトと比較して金額が高いことに加えて、短期でも約2週間集中して勤務することで、「ガッツリ稼ぎたい」という人に向いているといえます。 また交通費別途支給ということも魅力のひとつです。 【短期の選挙バイト】投票日までのバイト2種類 投票日までの短期バイトには、世論調査と期日前投票の2種類があります。 選挙のどれくらい前からはじまって、具体的にどのような業務をするのか、それぞれ見てみましょう。 新聞社による募集が多く、用意されたリストと質問票にもとづいて電話でヒアリングをします。 新聞社を名乗るとはいえ、支持政党はデリケートな問題なので、回答してもらえないこともあると理解しておきましょう。 期間は投票日の前日までの約2週間で、その間、公民館などの公共施設で投票の受付をします。 期間中は毎日勤務するのか、自分の都合のいい日を選べるのかは案件によって違いますので、よく確認しましょう。 【単発の選挙バイト】投票日のバイト4種類 投票日の単発バイトには、会場設営や受付、開票作業、出口調査、データ入力の4種類があります。 当日の仕事は基本的に1日がかりで、長時間になることも多いです。 具体的な業務をそれぞれ見てみましょう。 会場設営では、投票所となる公共施設などに投票箱や記入台、机、椅子、文房具などを配置します。 投票の受付は、有権者の受付と案内、投票用紙の交付が主な業務です。 投票時間は午前7:00~午後20:00となっています。 また、無記入や候補者氏名以外のことが書かれている無効票、候補者の氏名ではなくニックネームなどが書かれている疑問票などを精査し、候補者別に投票用紙を一定の数で束にまとめます。 調査方法には、アンケート用紙に加えて、最近ではタブレットなどの端末を使って有権者自身に回答してもらい、その結果を送信するという方法もあります。 端末は持ち込みまたは貸与ですので、どちらなのか確認しましょう。 放送局などに待機し、各選挙区から上がってくる情報を入力します。 開票がはじまると、集計が進むにつれて発表される得票数を入力します。 作業は簡単ですが、選挙の開票速報の元になるデータを取り扱う大事な仕事です。 投票日の仕事をする場合、業務によっては自分の投票が難しいこともあるでしょう。 そのような場合には、期日前投票をすることを忘れないようにしてください。 選挙バイトの応募や面接、バイト当日の服装などは? 選挙バイトの見つけ方や応募、服装などのエチケットについてはあまり知られていないでしょう。 どこでどのようにして求人を見つけるのか、求人募集の特徴、面接時と勤務当日の服装などについてお伝えします。 派遣会社に登録をし、選挙バイトの実績を積んでいけば、求人情報が公開される前に声をかけてもらえるようになるかもしれません。 世論調査や出口調査などでは、有権者から回答してもらえないこともあるため、途中でくじけず責任をもって最後までできるかどうか、面接で確認をされることがあります。 面接時の服装は、特にかしこまる必要はありません。 服装に特に指定がない場合には、いつも通りで問題ありませんが、「業務による」など、不明確な場合にはしっかりと確認をしておきましょう。 データ入力など人前に出ない仕事の場合、あまり決まりはありません。 なかなか経験できない選挙バイト! 高額を稼げる優良案件 基本的に、選挙バイトは数年に一度しかやってこない好条件のレアバイトです。 簡単な作業が多いわりに、高時給、短期単発でサクッと仕事してガッツリ稼げるとなれば、条件が合えば誰もが飛びつきたいところでしょう。 知る人ぞ知る人気バイトですから、募集がはじまるとすぐに人員の枠が埋まってしまう可能性が高いといえます。 テレビやネットなどで選挙のニュースを見かけたら、まずは選挙バイトの募集をチェック。

次の

【18歳選挙権解禁で高校生バイトも募集】実はおいしい・・・!?選挙バイトとは

選挙 バイト

目次 18歳以上の日本人全てに参加する権利がある選挙。 2017年10月にあった衆議院選挙の他、参議院選挙、都議会議員選挙、また地方の町議会議員を決める選挙まで、全国各地、毎年どこかで開催されています。 特に衆議院選挙や参議院選挙などの全国区で行われる選挙は、投票に行きやすいように投票場所が大多数設置されるので、 選挙バイトもその分大量に募集されます。 でも選挙バイトは認知度が低いために、 「選挙バイトってそもそも何するの?」 「給料いいの?」 「楽ってホント?」 などなど疑問は尽きません。 そんな疑問を解消するために、選挙バイトのあれこれをまとめました。 選挙バイトが人気な理由4選 選挙バイトは知る人ぞ知る超人気バイト。 人気な理由をご紹介します。 首都圏では時給1,000円以上で、日給制だと10,000円超えの求人もたくさん見られます。 時給が良いには理由があります。 選挙バイトの時給が良いのは、 選挙が公的なバイトであるからです。 もちろん、残業代が支払われないなんてことはありません。 労働時間が8時間を超える人には、それ以降時給が高くなります。 しかも今回行われる選挙に限っては急な出来事で、しかも総選挙なので、 選挙運営側は普通の選挙よりも時給を高く設定して急いで多くの人を集めようとしていると考えられます。 交通費も規定内で支給されます。 投票会場は複数箇所に設けられるため、遠くの投票所の勤務の可能性は低く、近所の投票所でバイトできる可能性が高いです。 仕事内容が楽で簡単 行ったことがある人はわかると思いますが、選挙会場はとても静かな場所。 投票は、紙に〇をつけて選挙箱にいれるという、とても簡単な作業。 よって選挙バイトスタッフに課される仕事も簡単なものばかり。 単純作業ばかりで頭を使うこともなく、力仕事もありません。 また 事前研修やマニュアルがしっかりあるため、未経験者でも心配なし!。 待遇が良い 選挙バイトは 待遇が良いことで評判が良いです。 これまた選挙会場はとても静かな場所。 よってコンサートバイトでありがちな社員から怒られたり、理不尽な要求をされることはありません。 また お弁当支給の求人も多く、とにかく稼ぎたい人には向いているといえます。 服装も派手すぎるものは禁止ですが、スーツという指定はなく、 服装自由の求人が多いです。 変わった人がほとんどいない 選挙バイトは公的なイベントバイトであるため、短期バイトによくいる「この人ちょっと(いろんな意味で)やばそう... 」ってな人がほとんどいません。 信じがたいですが選挙バイトで知り合って、連絡を交換したのち、その人と付き合ったという選挙バイト経験者もいました(笑) 選挙バイトの仕事内容 選挙バイトと一言でいっても仕事内容は様々です。 しかし どれも簡単な作業なので、未経験の人でも安心です。 ・世論調査 選挙前にするコールセンターでのお仕事。 他の業務より時給が高い。 マニュアルがあるので、初心者でも可能。 ・会場設営 机を並べたり、投票箱を置いたりするので、さほど力はいらない。 他の業務と兼任することが多い。 ・投票受付 主に投票者の確認、受付、投票用紙の配布をする。 単純作業なので初心者におすすめ。 ・出口調査 投票用紙の開票、候補者ごとの分類、無効票の選別をする。 ・開票 選挙前にするコールセンターでのお仕事。 他の業務より時給が高い。 マニュアルがあるので初心者でも可能。 ・期日前投票 主に会場設営と投票受付をする。 勤務日・勤務時間を選べるところが多いし、 土日勤務が難しい人に向いている。 ただし、求人数は少なめ。 日給:13,400円 一見、長丁場な印象を受けますが、 1日中参加できなくてもOK。 夜休憩の前に帰る人や、夜からから参加する人もいます。 2時間~募集している求人もありました。 運営側も選挙会場でミスが起こらないように、休憩時間をこまめに入れたり、短時間で雇ったりと工夫しているようです。 選挙バイト参加までの流れ 選挙バイトに応募する方法は大きく分けて、以下の2パターンあります。 なんと、選挙バイトは神バイトとのこと! 座っているだけで2食&お菓子が貰えて日給1万円OVERは確かに神バイトとしか言いようがないでしょう。 ただ、2017年10月22日の衆議院選挙の日は台風が直撃した影響もあり、交通の便は悪かったようです。 いくつかの投票所は投票終了の20時を待たずに閉鎖したところもあるとか。 投票に使われる用紙は「ユポ紙」と言って、千切っても紙粉が飛び散らない高級な紙を使用しているそうです。 数千枚扱っても指を切ったりしないのは凄い…!そのうえホワイトバイトであるとのこと。 むしろやらない理由を探す方が難しいのでは? 学校や公民館の備品のパイプ椅子に長時間座るお仕事ですから、たしかにおしりが疲れてしまいそう。 座布団持参した方が良いというのはとても良い情報ですね。 などなど…選挙バイトはとにかくたくさん稼げて、毎週でもやりたい!という人が多い模様です。 さらに食事も付いてくるそうなので、暇さえあれば優先して入りたいバイトですね。 ただし、こういう声もある模様。 かなり稼げるけれど、ずっと座りっぱなしなのは腰に来そうですね。 お仕事自体は楽ですが、人によっては座りっぱなしなのがかなり辛くなりそうです。 以上全てを総括しても、選挙バイトに関するツイートはほとんど良いものばかり。 編集部が意図的に良い感想を集めたのではなく、本当にこういった感想ばかりでした。 良くない感想と言えば 「拘束時間が長い」「座りっぱなしがキツい」「暇」などなど。 と言っても、普通のバイトよりは遥かに楽なこと間違いなし。 超おすすめです、選挙バイト…! まとめ 以上、選挙バイトのあれこれをまとめました。 選挙バイトを一言でいうと 「楽にがっつり稼げるバイト」。 よって求人はすぐに埋まってしまいます。 バイト未経験者でも簡単にできる仕事ばかりなので、 予定がない人は即応募すべきです。 むしろバイトのために予定を空けてでも選挙バイトをした方が良いと言えるほどおすすめします!• その他の特集.

次の

東京都・選挙のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

選挙 バイト

夜8時から、すべての票を開票、集計して終わりです。 日給5,000円~8000円です。 拘束時間が短いので時給換算すると高額です。 お弁当がつくこともあります。 募集時期は選挙の1~2か月前です。 選挙があると知ったらすぐ動きましょう。 開票のバイト探しに役立つサイト バイトル 選挙のバイトを探すときは、まずはバイトルで探すといいですよ。 日本で一番大きいサイトだから、選挙関係の求人もいろいろと出ています。 フリーワードで『開票』や『選挙』で検索してみて下さい。 もし見つからなかったら、ブックマークしてこまめにチェックしてください。 1時間ごとに更新されるので、ちょくちょく見ていると見つかると思いますよ。 開票のバイトの体験談(Kさん・女性) どこでアルバイトをしましたか? 千葉市内の高校で 働いた期間は? 1日だけ 仕事の内容は? 待ち合わせ場所に集まってから会場に向かいます。 荷物を置いてから開票作業開始です。 まず、投票箱を会場内に入れます。 仕分けに使う箱と輪ゴムが渡されるので、投票箱を開けてから投票用紙を仕分けしていく仕事です。 最後は投票用紙が落ちていないかどうかをチェックして仕事が終了になります。 働いた場所、時給・日給は? 千葉市内日給6000円 どこで求人を見つけましたか? アルバイト求人サイト どんな形態で働きましたか? 派遣 なぜ選挙の開票のアルバイトをしようと思いましたか? たまたま1日だけの仕事を探していたところ、選挙関連の仕事の求人を見つけました。 歩いてすぐのところがあるとわかったので、早速派遣会社に応募したところ即採用となり、数日後に書類一式が届きました。 その時は派遣会社も人が足りなかったのかなと思いました。 楽しかったこと、やってよかったと思ったことは? 候補者が結構集中していたなというのを実感することができるようになりました。 それと同時に白票や無効票もかなりありました。 その中でも面白いことを書いてくれる人もいるなと思いました。 開票作業ならではのことなので、はたから見たら面白いなと思いました。 また、仕事が終わって お弁当やパンなどの差し入れがありいただいていきました。 こういうこともあるんだなと思い、また仕事をしたいなという気持ちになりました。 辛かったこと、大変だったことは? 仕事自体が夜ということもあり、昼の仕事をしてから仕事をするということをしていました。 なので、夜中まで仕事をしている状態だということで眠くなってしまったことがありました。 あと、帰りは歩いて帰るということもあって街灯が役に立たないくらい真っ暗だったので、懐中電灯を持ってくればよかったなと思いました。 自転車ではないので明かりが無く、余計に懐中電灯は持ってくればよかったなと思いました。 選挙の開票のバイトをする上でのコツ・あるといいもの 選挙の少し前に、スマホやPCで「選挙 求人」で検索をしてみると結構見つかります。 私の場合はたまたま1日だけの仕事を探していたということもあって新着を中心に見ていたということもあってすぐに見つけることができました。 アルバイトの感想 なかなかめったにない仕事だなと思いました。 結構派遣での求人が多く、 アルバイト情報サイトに載っている数は少ないので、もしあったらすぐに応募したほうがいいと思います。 派遣で探してみるというのも一つの手なのではないかなと思いました。 それと開票作業の仕事は意外にも人を多く必要としていることが多くて、結構高齢の人が応募してくるということが多かったです。 その分、若い人が少ないという感じでした。 なので、若い人でもこういう仕事をしたらいいのになと思いました。

次の