化粧 水 おすすめ 30 代。 30代におすすめの化粧水人気ランキング18選|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

40代向け化粧水31選|人気ランキング・ブランド・プチプラなどアラフォーおすすめ化粧水

化粧 水 おすすめ 30 代

30代は化粧水の成分にも注目しましょう 30代の肌は20代の頃と比べると肌悩みが増えてくるので、そろそろスキンケアを変えてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 そのようなときには小じわやシミなどの 肌悩みに応じて化粧品の成分に注目しながら化粧水を選ぶのがおすすめ。 自分の肌に合った化粧水を選ぶのが美肌への近道です。 30代の化粧水の選び方 若い頃は何もしなくても綺麗な肌を維持できている方も多いですが、30代となると小じわやくすみ、ハリ感など肌悩みが増えてくる方がぐっと増えてきます。 30代の化粧水選びは質の良さと長く使い続けられる化粧水にこだわって選びましょう。 質の良い化粧水で選ぶ 質の良い化粧水と一口に言ってもどれを使ったらいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 基本的にデパコスの化粧水は、価格の安いプチプラのものよりも質の良い成分が使われている場合がほとんどです。 エイジングケアに特化したブランドや、口コミサイトなどで人気の化粧水を選んでみるのもおすすめです。 長く使い続けられる価格の化粧水を選ぶ 化粧水は適量を手にとって、たっぷりと使うのがポイントです。 せっかく高い化粧水を使っていても、勿体ないからと少量を使っていては効果も半減してしまいます。 お財布と相談しながら、 無理をせず長く使い続けられる価格帯の化粧水を選びましょう。 肌タイプで化粧水を選ぶ 普通肌 乾燥肌 脂性肌 混合肌 敏感肌 目的に合わせて化粧水を選ぶ 美白 エイジングケア ニキビケア 保湿ケア 30代におすすめしたい化粧水の人気ランキング 1位 4品をお試しすることができます クレイウォッシュ・ローション・美容液・クリームのミニサイズの4品がセットになっています。 気になっている方はトライアルセットから試してみてみるといいでしょう。 しっとりとみずみずしい肌へ 「保湿型ビタミンC」がしっとりとみずみずしい肌感触へと導いてくれます。 肌が乾燥しやすい方や冬の乾燥しやすい季節の肌に。 シンプルステップ b. glen ビーグレン のスキンケアはシンプルステップが特徴。 30代の家事や育児で忙しい方や簡単にスキンケアを完了したい方にも。 公式サイトからの購入がお得です! b. glen ビーグレン 乾燥・保湿ケアトライアルセットは公式サイトからの購入が断然お得です。 365日間返金保障・日本全国送料無料なのでb. glen ビーグレン のスキンケアを気軽に試すことが可能。 また 購入金額に応じてポイントが貯まり、次回のショッピング時に使用することができます。 使った人の口コミ 5つの無添加 無添加化粧品でお馴染のファンケル FANCL の製品は 肌の負担となる添加物は使用していません。 防腐剤・香料・合成色素・石油系海面活性剤・紫外線吸収剤フリーと、 肌への優しさにこだわってつくられています。 インナードライ肌に 肌の内と外からWでアプローチしてくれる2種類の保湿成分が配合。 肌の内側の乾燥が気になる インナードライ肌に最適です。 毛穴ケアにも 毛穴が気になる肌にアプローチしてくれる成分が配合されています。 小鼻まわりの毛穴が気になる方にも。 公式サイトで購入できます! 公式サイトでははじめての方は送料無料で購入することができます。 化粧水・乳液・美容液・クリーム・下地などの過程がオールインワン化粧品だと1つで済みます。 オールインワン化粧品はどうしても疲れてしまったときだけに使用したり、旅行などの持ち歩きにも便利。 スキンケアにあまり時間をかけることができないとお悩みの30代の女性にはオールインワン化粧品をおすすめします。 おすすめの人気オールインワン化粧品 美白オールインワンジェル【シミトリー】 30代は美人で居続けられるかの重要な時期です 30代はスキンケアに力を入れている方とそうではない方との違いがはっきりと分かれてくる重要な時期です。 自分の肌質に合ったスキンケア類で毎日丁寧にお手入れをすると、そのあとの40代、50代で差が出てきます。 保湿やエイジンケア成分にこだわった化粧水選びで美人度に磨きをかけましょう。 ランキング1位はb. glen ビーグレン 乾燥・保湿ケア 30代女性におすすめの化粧品ランキング1位に輝いたのはb. glen ビーグレン 乾燥・保湿ケアでした。 薬学博士が開発し、 肌の奥まで成分を浸透させるQuSome キューソーム という技術が使われているのが1位の理由です。 17時間もの間保湿をキープさせることができるのも嬉しい特徴。 化粧水だけでなく保湿対策に必要な化粧品がセットになっているのもポイント! 洗顔や美容クリームなどはしっかりと使いましょう 成分にこだわった化粧水をたっぷりと使うのはもちろんですが、 美容クリームなど他のスキンケアアイテムも忘れずにしっかりと使いましょう。 夜のスキンケアで一番重要なのはクレンジングと洗顔です。 1日の汚れやファンデーションをしっかりと落とすことが重要です。 そのあとは化粧水で水分を補給し、そのあとは 美容液や乳液、クリームなどを忘れずに適量をしっかりと使い、化粧水を入れ込んだ肌に蓋をしましょう。

次の

化粧水おすすめ40選

化粧 水 おすすめ 30 代

安くても効果あり!安くていい化粧品を一挙まとめてみました。 ベスコス受賞のドラッグストア化粧水から30代・40代・50代・年代別おすすめ化粧水とプチプラ美白化粧水まで。 これを読んだらドラッグストアへ行ってみましょう。 ・驚きなのが500mlという大容量ながら、¥1,000でお釣りが来るコスパ力。 500ml ¥650 【読者の口コミ】 「安いのでたっぷり使ってパック、毎日のやめられない習慣に!」(主婦・34歳) 「量を気にせず、顔に体に全身うるうる 」(営業・26歳 ) 「コットンパックを毎日できるのはこの化粧水が世にあるおかげ! 」(広報・33歳 ) 「お風呂上がりに、全身に浴びるように使っています 」(専門職・27歳) 「季節の変わり目も、肌が揺らぎにくくなった! 」(医療関連・29歳) 「安くてガンガン使える。 ローションパックに最適 」(IT関連・28歳 ) 「ハトムギの肌あれ・ニキビ鎮静効果に期待。 たっぷり使える 」(営業・26歳 ) 「全身にパシャパシャ使えるお守り化粧水 」(商社・28歳 ) ドクターシーラボ|VC100エッセンスローションEX 【このアイテムのおすすめポイント】 ・2018年間賢者 ベストコスメ 化粧水 ランキング 2位。 ・美白有効成分配合の確かな効果に期待! ・シミ・ソバカスを防ぎながら肌あれもケア。 200ml ¥1,400(編集部調べ) 【読者の口コミ】 「保湿力が高くもちもちするし、美白効果もなかなか」(専門職・25歳) 「美白と保湿、欲しい2大機能が1本に! 」(派遣・32歳) 全薬工業|アルージェ モイスチャー ミストローション(Iさっぱり、IIしっとり) 【このアイテムのおすすめポイント】 ・皮膚病薬の研究に取り組んできた医薬品メーカー発のブランド。 ・うるおい成分天然セラミド(ビオセラミド)を超微細な「ナノ粒子」に。 角質層のすみずみまでとけ込むように浸透し、肌をうるおいで満たし続ける。 ・乱れがちな角質層をベールのように包み、乾燥や刺激から守る。 ・香料、着色料、鉱物油、旧表示指定成分、界面活性剤、アルコール(エチルアルコール)、パラベン不使用。 150ml ¥2,300 ちふれ|化粧水 ノンアルコールタイプ 【このアイテムのおすすめポイント】 ・繊細な肌をやさしくつつみ込み、しっとりやわらかく保つ。 ・保湿成分としてヒアルロン酸、トレハロースを配合。 ・肌をみずみずしくしっとりと保つ。 ・香料、着色料、アルコール不使用。 180ml ¥600 天使の美肌工房|天使の美肌水 (レギュラーサイズ)しっとりタイプ 【このアイテムのおすすめポイント】 ・赤ちゃんから大人まで顔・全身に使える化粧水。 ・尿素が肌のうるおいを保ち、グリセリンが肌の保湿力を高める。 ・尿素には角質を柔らかくして保湿効果する効果など。 ・NMF 天然保湿因子)主要成分の一つで水分をかかえ込む性質があり、角質層の水分をキープ。 ・防腐剤、アルコール、香料、着色料無添加。 310ml ¥680 30代におすすめのドラッグストア化粧水 オルビス|アクアフォース ローション 【このアイテムのおすすめポイント】 ・美的2018年間ベストコスメ読者編プチプラ化粧水ランキング3位に選出。 ・角層の水分量にアプローチ。 200ml ¥3,000 資生堂|ベネフィーク マルチコンディショニング ローション(医薬部外品) 【このアイテムのおすすめポイント】 ・穏やかな感触で鎮静したい人に。 ・肌あれ防止成分と、鎮静に働く植物エキスを贅沢に配合。 ・スーッとするのが苦手な人にも使いやすいマイルドな清涼感。 145ml ¥3,500(編集部調べ) 40代・50代にはこちら!コスパ抜群の安くていいドラッグストアの化粧水 ちふれ|濃厚 化粧水 【このアイテムのおすすめポイント】 ・加齢とともに増える乾燥による小じわを目立たなくしてくれるエイジングケア化粧水。 ・保湿成分のシャクヤク根エキス、ヒアルロン酸を配合。 ・とろりと濃厚なテクスチャーで、べたつくことなくしっとり感を与え、やわらか肌に導いてくれます。 ・特に40代以上の方に人気のライン。 ・ノンアルコールタイプ。 180ml ¥800/詰替用 180ml ¥700 アスタリフト|ホワイト ブライトローション[医薬部外品] 【このアイテムのおすすめポイント】 ・真皮に発生するくすみの原因、アクリルアルデヒドに着目した美白化粧水。 ・ナノ化することで、メラニンを抑制する効果が2倍にアップ。 10 本以上リピー」(営業・36歳) 「肌の調子がくずれがちな海外出張でこれがあれば安心 」(商社・37歳) POLA|B.Aローション 医薬部外品 【このアイテムのポイント】 ・キメのすみずみまでふっくら。 ・美容液と感じる程の濃密な感触。 肌と一体化するようになじみ、ふっくらと柔らかな肌に整う。 120ml ¥20,000 50代でもあります!ドラッグストアの優秀化粧水 プチプラ美白化粧水で夏の日焼け肌をケア 雪澄|薬用美白水 (医薬部外品) 【このアイテムのおすすめポイント】 ・薬用美白成分のプラセンタエキスとハトムギエキスを配合した大容量化粧水。 ・無着色・鉱物油フリー・界面活性剤フリー。 ・引き締め効果があり、プレ化粧水としても使える。 500ml ¥900(編集部調べ) 肌ラボ|白潤薬用美白化粧水(医薬部外品) 【このアイテムのポイント】 ・美白も保湿もキメケアも。 ・和漢ハトムギを新配合。 美白ケアと潤いケアだけでなく、肌のキメまでケアできる化粧水。 170ml ¥740(編集部調べ) ロート製薬 |メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水(医薬部外品) 【このアイテムのポイント】 ・高浸透ビタミンC誘導体配合の美白化粧水。 170ml ¥1,100(編集部調べ) マツモトキヨシ|ブランホワイト クリアローション(医薬部外品) 【このアイテムのポイント】 ・シミやそばかすが目立ちやすい肌のメカニズムに着目した美白ふきとり化粧水。 ・ターンオーバーが乱れて厚くなった古い角質をやさしく除去し、明るくやわらかな肌に整える。 ・手に取りやすい価格もポイント! 160ml ¥2,700 ちふれ|美白化粧水 Wしっとりタイプ(医薬部外品) 【このアイテムのポイント】 ・アルブチンと安定型ビタミンC誘導体の2つの美白成分が、メラニンの生成をしっかりとおさえ、シミ・そばかす予防効果を発揮してくれる薬用美白化粧水。 ・保湿成分としてヒアルロン酸とトレハロースも配合。 ・紫外線やエアコンによる乾燥を防止。 ・なめらかになじむテクスチャーで、しっとり潤う肌に! 180ml ¥1,150/詰替用 180ml ¥1,050 ちふれ|美白化粧水 W(医薬部外品) 【このアイテムのポイント】 ・美白成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体によるダブルのアプローチで、メラニンの生成をおさえシミ・ソバカスを防ぐ薬用美白化粧水。 ・さわやかにうるおってベタつかず、みずみずしい肌にととのえる。 180ml ¥1,100/詰替用 180ml ¥1,000 ちふれ|美白化粧水 VC[医薬部外品] 【このアイテムのポイント】 ・美白も肌あれもケアしたいという人におすすめの薬用美白化粧水。 ・美白成分である安定型ビタミンC誘導体が、メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを予防。 ・ヒアルロン酸、トレハロース、油溶甘草エキスの3つの保湿成分が、紫外線やエアコンによる乾燥を防いでくれる。 ・肌あれ防止成分であるグリチルリチン酸2Kが、日焼け、雪焼け後のほてりをやさしく鎮静。 ・なじみのよいテクスチャーで、しっとりやわらか肌にととのえてくれる。 ・特に20代30代の方に人気 180ml ¥800/詰替用 180ml ¥700 *価格はすべて税抜きです。

次の

40代向け化粧水31選|人気ランキング・ブランド・プチプラなどアラフォーおすすめ化粧水

化粧 水 おすすめ 30 代

20代の肌の特徴 肌の特徴は20代前半と後半で異なり、それによってお悩みも異なる傾向があります。 まずは20代全体で多い肌の悩みをチェックしましょう。 乾燥やニキビが気になる人が多い 10代のころはニキビに悩む人が多い一方で、20代になると肌の乾燥が気になり始める人が増えてきます。 20代には多くの人が社会人になり、毎日メイクをするようになったり、仕事の忙しさなどで食生活や生活習慣の乱れが目立つようになると考えられます。 特に20代で肌の乾燥を感じる原因として、睡眠や食生活の乱れが大きく影響するといわれています。 また、毛穴の黒ずみや開き、10代に引き続きニキビが気になるなど、さまざまな肌の悩みが出てきます。 20代前半で皮脂の分泌量がピークに 10代から20代にかけて悩む人が多いニキビの原因として、皮脂の分泌量があげられます。 皮脂は思春期に入ると分泌量が増え始め、20代前半にピークを迎えます。 その後は皮脂の分泌量が次第に減少していきます。 つまり、20代前半まではニキビができやすい肌環境と考えられます。 特におでこや鼻といったTゾーンは皮脂腺が多いため、ニキビや毛穴のつまり、毛穴につまっている角栓の表面が酸化して黒いポツポツに見えるイチゴ鼻などが気になりやすい傾向があります。 同時に、20代ではフェイスラインにもニキビができやすくなる方が増えてきます。 フェイスラインなどにできるニキビは、肌の乾燥などが原因として考えられます。 つまり、20代の肌は• 20代前半は皮脂が多くニキビや毛穴の悩みが多い• 生活の変化によって肌悩みが増える といった特徴があります。 では、このような肌の特徴がある20代は、どのような化粧水を選ぶとよいのでしょうか。 20代前半と後半に分け、それぞれにおすすめの化粧水を解説します。 20代前半の化粧水の選び方 まずは、皮脂の分泌量がピークを迎える20代前半に化粧水でとり入れたい成分を解説します。 皮脂の過剰分泌をおさえるビタミンC誘導体 ビタミンCは、美白ケアの成分としてご存知の方も多いかもしれません。 たしかにビタミンCは日焼けによるシミやソバカスへのアプローチも可能な成分です。 しかし、それだけではありません。 ビタミンCには、皮脂の分泌バランスを整える作用もあるといわれています。 皮脂の過剰分泌が抑えられれば、ニキビや毛穴の黒ずみなどにアプローチすることができるでしょう。 なお、ビタミンCは化粧品では「ビタミンC誘導体」として配合されていることがほとんどです。 ビタミンCは非常にもろいうえに、そのまま肌につけても浸透しにくい性質があります。 その面を改良したのがビタミンC誘導体です。 そのビタミンC誘導体にも種類があります。 化粧水の成分表示で記載されている以下のものなどがビタミンC誘導体にあたります。 リン酸型ビタミンC• アスコルビン酸グルコシド• アスコルビルエチル• アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS) など ビタミンC誘導体は、美白と皮脂分泌の両面でアプローチできる成分です。 20代前半から積極的にケアにとり入れていきましょう。 20代後半の化粧水の選び方 次は、20代後半に化粧水でとり入れたい成分と選び方のポイントを解説します。 ヒアルロン酸などの保湿成分を肌に与える 20代後半以降は、皮脂の分泌量が減少して乾燥しやすい肌に傾いていきます。 そのため、早くから「保湿」を重視した化粧水選びを心がけることをおすすめします。 保湿効果を期待できる成分で化粧水に含まれるものとして、以下の成分などがあげられます。 ヒアルロン酸• コラーゲン• エラスチン• グリセリン など また、高い保湿力を持つ成分として「セラミド」があげられます。 セラミドは本来、油に溶ける脂溶性です。 そのため、化粧水でとり入れてもよいのですが、美容液や乳液、クリームで補うのもよいでしょう。 将来のシミ予防に効果的な成分もおすすめ 20代後半を過ぎ、30代になると、肌悩みとして「シミ」をあげる人が多くなります。 そのため、20代のうちからシミ対策も意識しておくと、5年後、10年後に差が出てくるかもしれません。 シミの対策に効果的な成分として、以下の成分があげられます。 アルブチン• プラセンタ• ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、20代前半にもおすすめの成分としてご紹介しました。 20代前半におすすめする理由は皮脂のコントロールでしたが、20代後半からはシミへのアプローチとしてもビタミンC誘導体をとり入れるのがおすすめです。 なお、ビタミンC誘導体の皮脂を抑える作用により、肌が乾燥しがちになる可能性が考えられます。 化粧水でビタミンC誘導体をとり入れる場合は、乳液やクリームでセラミドなどの保湿成分をとり入れることをおすすめします。 20代前半に使いたいおすすめ化粧水ベスト5 ビタミンC誘導体配合の化粧水は、最近ではちまたに多く出回っています。 そこで、自分に合った化粧水を選ぶ基準として、20代前半に特におすすめの化粧水をご紹介します。 エリクシールルフレ|エリクシールルフレ バランシングウォーター(資生堂) 販売価格(編集部調べ):2,700円 税込み 内容量:168ml 使ってみた感想 べたつかず、どちらかというとしっとりとした肌に仕上げてくれる化粧水です。 とろみのあるテクスチャで、肌にとても馴染ませやすく、スルスルッと浸透する感じがします。 スッキリ爽やかな香りで、快適なスキンケアを楽しむことができますよ。 化粧水は正しい使い方でうるおいキープ 自分の年代や肌の状態に合った化粧水を選んだら、正しく使うことも意識してみましょう。 たとえば、化粧水をつけるときこのようなことをしていませんか。 肌がペチペチと音を立てるほど強い力でパッティングしている• コットンでこするようになじませている• 手を洗わずに化粧水をつけている このようなケアは、かえって肌を傷める間違ったケアと言えるでしょう。 化粧水をつけるとき、手でつける方とコットンでつける方がいると思います。 今回は、化粧水を手でつける場合とコットンでつける場合のそれぞれについて、化粧水を効果的に使用するポイントを解説します。 化粧水を手でつける場合 化粧水を手でつけると、手の体温で化粧水が温められ、化粧水がなじみやすくなります。 一方で、手を清潔にして化粧水をつけないと、手の菌を顔につけてしまうことにもなります。 化粧水を手でつける場合、適量の化粧水を押し込むように肌につける「ハンドプレス」がおすすめです。 化粧水を手のひらに取ったら、両手を合わせて化粧水を温め、手のひらを顔に置いて化粧水をなじませます。 強い力でこすったりしないようにしてください。 化粧水をコットンでつける場合 化粧水をコットンでつけると、手よりも清潔につけやすいほか、手より凹凸が少ないためまんべんなく化粧水をなじませやすくなります。 コットンを使用するときには、肌に吸いつくような感触になるまで化粧水を浸透させて使用します。 多すぎたり少なすぎたりすると、肌へのダメージになる場合があるので使用する量には注意してください。 また、コットンでパッティングする際、顔をポンポンと叩くようなイメージを持っている方が多いかもしれませんが、前述したように肌へのダメージになってしまいます。 軽く押し当てるようなイメージで化粧水をなじませるとよいでしょう。 なお、コットンを使う場合も手でつける場合も、化粧水をつけた後には乳液やクリームを使用しましょう。 ベタつきが気になる場合でも、油分や油性の美容成分を補うことができるため、化粧水だけでスキンケアを終えないようにしてください。 20代は食生活の乱れにも注意 先ほど「20代の肌の特徴」でも述べましたが、20代の肌の悩みには食生活の乱れが関係する場合が多く見られます。 そのため、肌の乾燥やニキビ、肌荒れなどを感じる場合は、化粧水などのスキンケアとあわせて食生活に目を向けてみるのもおすすめです。 食事でとる栄養は、肌の細胞や天然保湿成分はもちろん、文字通り「身体を作る」ための材料となります。 そのため、栄養のバランスが偏ると肌にも影響が出るのです。 肌を健康に保つのに必要な栄養素として、以下のものがあげられます。 タンパク質• 必須脂肪酸• ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE) 加工食品だけに頼らず、魚や野菜などをバランスよくとり、栄養をしっかりとることを心がけましょう。 また、睡眠不足や洗顔方法の間違いなども肌荒れに影響します。 生活習慣が肌に与える影響についてはでも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。 まとめ 化粧水を選ぶとき、成分で選ぶのはとても大切です。 30代・40代と年齢を重ねていっても美しい肌を目指すためには、美容成分に着目した化粧品選びが欠かせません。 皮脂が多く感じる場合や、将来のシミ対策を考える場合は、ビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。 また、乾燥肌の自覚がある場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合された化粧水がよいでしょう。 今回紹介したおすすめ化粧水も参考に、美肌へ積極的にアプローチしてみましょう。

次の