喪中 お 年賀。 喪中期間のお歳暮やお年賀のマナーとは?

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー|終活ねっと

喪中 お 年賀

この記事の目次• 忌服期間について 忌服期間は何日間? 明治7年に太政官布告の服忌令が出されて、忌中と喪中の期間が細かく定められました。 しかし、それは現代の実情にはそぐわないこともあり、一般的には仏教に従って、 忌の期間は四十九日、服の期間は1年とされています。 服忌令による忌服期間(明治7年太政官布告) 死亡した人 忌 服 父母 50日 13ヶ月 養父母 30日 150日 夫 30日 13ヶ月 妻 20日 90日 嫡子 20日 90日 養子 10日 30日 兄弟姉妹 20日 90日 異父母兄弟姉妹 10日 30日 祖父母 30日 150日 曾祖父母 20日 90日 孫 10日 30日 おじ、おば 20日 90日 いとこ 3日 7日 おい、めい 3日 7日 忌服期間にしてはいけないこと 昔は、忌中は家のなかでも喪服を着て過ごし、外出は許可されていませんでした。 現在では、忌服期間でも日常生活では喪服を脱ぎますが、 結婚式の出席や 神社の参拝は控えるのが普通です。 また、 年始回りや 年賀状も控えます。 忌引き 葬儀への出席と喪に服するために会社や学校を休むことを 忌引きと言います。 忌引き期間 官公庁服務規程による忌引き期間は次のようになっています。 配偶者 夫・妻 10日間 血族 (血がつながっている親族) 父母 7日間 子ども 5日間 祖父母、兄弟姉妹 3日間 おじ、おば、孫 1日間 姻族 (婚姻による親族) 配偶者の父母 3日間 配偶者の祖父母、兄弟姉妹 1日間 一周忌など法要は忌引きになるのか? 一周忌法要があるときに、会社や学校を忌引きとして休むことができるのでしょうか? 会社や小学校の規定次第にはなりますが、ほとんどの場合、 忌引き扱いになることはないでしょう。 忌引き扱いになるのは、葬儀の際だけで、それ以外の法要は忌引きにならないことがほとんどです。 もし、法要で会社を休む場合には、有給休暇を申請しましょう。 また、法要は、葬儀とは異なり、日程の調整ができ、土日に行われることがほとんどなので、サービス業以外の会社、学校は、休暇は必要ないでしょう。 忌中と喪中 四十九日忌までが 忌中で、この時期は、結婚式などの慶事への出席は見合わせます。 そして、一周忌までが 喪中で、お正月の年賀状、おせち料理、新年会などの祝い事は控えます。 神道では、死を穢れと考えるため、初詣やしめ飾りなども行いません。 なお、喪中に神社へ初詣をしてはいけませんが、寺への初詣はしても構いません。 喪中期間中は、遺族はお祝いごとや遊興の行事を控えています。 そのため、お中元、お歳暮などのやり取りやお祝いごとへのお誘いなどには配慮が必要です。 付き合いの深さなどによって、判断しましょう。 喪中欠礼(年賀欠礼)状、喪中はがき 配偶者、子ども、自分と配偶者の親、祖父母、兄弟姉妹など近親者が亡くなって1年以内の喪中に新年を迎える時には、年賀状は控える旨の 喪中欠礼状(喪中はがき)を出します。 通常、欠礼状を出す範囲は、2親等までの親族か故人と同居していた祖父母の場合です。 2親等とは父母、配偶者の父母、子、兄弟姉妹、孫、配偶者の兄弟姉妹です。 しかし、世帯が別ならば、2親等の間柄でも欠礼としないことが多くなっています。 喪中欠礼状は、相手が年賀状を用意する前の12月初旬までには届くようにしましょう。 ただし、仕事関係者への年賀状は、喪中であっても、通常通り出す人が増えています。 欠礼状は、一種の通知なので、文面は簡潔に書きます。 ただし、誰が亡くなったかわかるように、故人の名前と続柄を記しておきます。 亡くなったのが、妻の父親のときは、欠礼状を連名にするケースが多いですが、その場合でも文面は夫主体になります。 なお、「年末年始のごあいさつを…」という文面をよく見かけますが、年末のごあいさつであるお歳暮は祝い事ではないので、喪中に行っても構いません。 「年始のごあいさつを…」が正式であることを覚えておきましょう。 欠礼状は、年賀状を出せないお知らせなので、毎年年賀状をやりとりしている方に出しましょう。 欠礼状の本来の目的から考えると、喪中であることを知っている方にも出すのが正式です。 喪中欠礼状の文例 喪中欠礼状の文例3 今年六月に父が他界致しましたので新年のご挨拶を申しあげるべきところ、喪中につきご遠慮させていただきます。 なお時節柄一層のご自愛の程お祈り申しあげます。 受け取った側も相手方に年賀状を送らないようにします。 近い親戚に場合は、「知っているだろう」と喪中欠礼状が省略される場合もありますので、うっかりして例年通り出さないように注意しましょう。 寒中見舞いは喪中の人にも出すことができますので、喪中の相手には年賀状の代わりに寒中見舞い(目上の人にはお伺い)を出します。 喪中に年賀状をもらった場合 喪中に年賀状をもらった場合には、次のように返信します このたびは年始状を頂戴いたしましてありがとうございます。 実は昨年の十一月に父が他界いたしまして、私ども服喪中でございますために年賀のごあいさつを失礼いたしました。 皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげます。 通知を受け取っていたのに、うっかり出してしまった場合も同様です。 喪中はがきへの返事 すでに弔問を済ませている場合には、改めて返信する必要はありません。 ただし、さみしい年末年始を迎えていることを考え、相手を気遣う手紙などを出すと丁寧です。 喪中欠礼状をいただいたお宅へ喪中欠礼状を出してもいい? 喪中はがきをいただいたお宅へこちらからも喪中はがき送っても構いません。 先方へのお悔やみの言葉も一筆添えると丁寧です。 もし喪中欠礼状で初めて不幸を知った時は… 最近は、広い範囲には知らせずに葬儀を行うケースが増えていて、喪中欠礼状で初めて不幸を知ることがあります。 もし、親しい相手で、「不幸を知っていたらお参りに行ったのに…」という間柄なら お悔やみの手紙を出すとよいでしょう。 あいさつをいただいたお礼とお悔やみの言葉を添えて、ご不幸を知らずにいた失礼を詫びる手紙を出します。 手紙だけでは気持ちがすまないなら、香典や線香、供花などの供物を贈れば、より丁寧です。 不幸から日が経っているときは、現金ではなく、品物のほうが相手の負担になりません。 また、年が明けて、松の内(一般に1月7日まで)を過ぎたら寒中見舞いを兼ねて手紙を出して、寂しい年始を迎えた遺族を慰めるのも気持ちを届けるにはよい方法です。 喪中の方へのお中元やお歳暮 お中元、お歳暮はお祝いごとではありませんので 先方が喪中でも贈っても差し支えありません。 ただし、紅白の水引はかけずに、白無地の奉書紙か白の短冊を使って、お中元、お歳暮の表書きにします。 喪中の上司への年賀の挨拶 お世話になっている上司が喪中のときに、年賀の挨拶に行くのは失礼にあたるのでしょうか? このケースでは、 先方はお祝いごとを控えている期間なので、控えたほうがよいでしょう。 喪中の方への結婚式の招待状 本来、喪中の期間には結婚式やパーティなどの晴れやかなことは控えます。 しかし、四十九日忌が過ぎていて、友人の気持ちの整理がついているようなら、誘ってもよいでしょう。 親しくしている間柄であれば、正式な招待状を出す前に、電話やメールなどで一度確認します。

次の

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー|終活ねっと

喪中 お 年賀

次に、喪中期間の正月の手土産の渡し方を解説していきます。 正月の手土産とは、新年の挨拶のために、日頃お世話になっているお礼の気持ちを込めてお相手に贈る品物の事です。 これを お年賀と呼びます。 お年賀は郵送するのではなく、 直接三が日までに持っていくのが決まりです。 では、喪中期間中にお年賀は渡しても良いのでしょうか。 以下で詳しく見ていきましょう。 喪中期間にお年賀は渡してもいいの? 一般的に、 喪中期間中はお年賀を渡すのは避けるべきです。 もともとお年賀の文化は、正月の神様(歳神様)のお供え物から始まったと言われています。 歳神様とは日本古来の宗教・神道の神様です。 神道では「死とは穢(けが)れ」とされており、喪中の考えもこの神道が元になっています。 そのため、新年を慶ぶという意味のお年賀は、喪中の間は控えた方が良いとされています。 喪中期間のお年賀 喪中期間中のお年賀は避けた方が良いと説明しましたが、実は渡し方を工夫すれば、 喪中でもお年賀を渡す事は出来ます。 その方法について以下で説明していきます。 表書きは「ご挨拶」とする 喪中の場合、本来なら松の内(1月7日)が過ぎてから訪問するのが一般的です。 ですが、都合により正月~松の内でないと訪問出来ない場合があります。 その時は、 お年賀ではなく「ご挨拶」としてお渡しするようにしましょう。 のしをかけずに手土産として渡す お年賀に のしをかけず、手土産として渡すという方法もあります。 喪中期間中は、 紅白の水引ののしは避けるべきだとされています。 よって、手土産を持参する場合は、短冊に「寒中見舞い」と書き、のし代わりにする方が多いです。 また、白無地に「寒中見舞い」と書いたのしをつけるのも良いでしょう。 さらに、喪中の手土産にするなら、 華やかなパッケージの物は選ばないようにしましょう。 お相手の方が好みそうな、控えめな色合いの物を選ぶのがベストです。 実家に帰省した際の年始の挨拶について 喪中期間中でも、 実家(義実家)に帰省するのは問題ありません。 しかし、年始の挨拶については気をつける点があります。 それは おめでたい言葉を避ける事です。 「明けましておめでとうございます」という言葉は避け、「今年もよろしくお願いします」「昨年はありがとうございました」とだけ挨拶しましょう。 お年賀は喪中期間は贈るのを避けるべきだと説明しましたが、お歳暮の場合は贈ってもいいのでしょうか。 喪中期間にお歳暮は渡してもいいの? 迷われる方が非常に多いのですが、実は お歳暮を喪中期間中に贈ってもまったく問題ありません。 何故ならお歳暮は、年の暮れに日頃の感謝を込めて贈られる物です。 よって、 お祝い事には当てはまらないので、喪中でも大丈夫なのです。 お歳暮だけでなく、お中元も感謝とお礼を込めた贈り物です。 なので、喪中だからといって贈るのを控える必要はありません。 そして、 お相手の方が喪中の場合もお歳暮を贈っても構いません。 しかし、忌中の場合は気分を害される方もいるかもしれませんので、避けた方が良いでしょう。 お歳暮を贈るのなら、 忌明け(仏教で49日後、神道で50日後)を過ぎてからにしましょう。 お歳暮の渡し方 お歳暮は喪中でも贈っても構いません。 しかし、使うのしについて注意があります。 お歳暮には通常、無地のしか紅白の水引ののしをかけるものです。 しかしこれは、どちらもお祝いのためののしなので、喪中には向きません。 そのため、喪中の際には のし紙に無地の奉書紙か白い短冊を使いましょう。 どののしを使ったらいいかわからない場合は、 包装を頼む際、店員さんに喪中である事をお伝えすれば対応していただけます。 喪中訪問のマナー・手土産について 最後に、お相手の方が喪中の場合の、訪問のマナーと手土産についての解説をいたします。 喪中訪問とは? まず、喪中訪問についてです。 そもそも、喪中の方のお宅に訪問するのは大丈夫なのでしょうか。 新年挨拶に訪問することも 多くの方々は喪中期間に、お正月に新年のあいさつに訪問するのを避ける傾向にあります。 しかし、実は 事情によっては訪問してもいい場合があります。 喪中と似た言葉に「忌中」というものがあります。 忌中は、亡くなった方の 命日から49日間(神道なら50日間)を指します。 この間のお宅訪問は 命日から間もないですので、避けた方が良いでしょう。 しかし、忌中からだいぶ過ぎており、お相手の方が普段の生活に戻られている場合は、訪問しても差し支えないでしょう。 つまり、もし年明けと重なった場合は、 新年の挨拶として訪問することも可能になってきます。 もちろん、お正月のお祝いはいけませんが、「お線香をあげに来ました」「久しぶりに顔を見に来ました」という理由なら、まったく問題ありません。 正月三が日には訪問しない 原則なら、 喪中の新年の挨拶は避けるべきです。 特に正月三が日は厳かに過ごしているでしょうから、お相手の迷惑になります。 しかし近年は、喪中に祝い事を避けるという考えが薄れつつあります。 どうしてもこの時期にしか訪問できない、というケースもあります。 その場合、 事前に確認を取ってお相手が了承すれば、訪問しても構わないでしょう。 喪中訪問する際の挨拶について 喪中訪問する場合には注意点があります。 それは上記でも挙げた、 新年の挨拶を控える事です。 「明けましておめでとうございます」という挨拶は避けましょう。 その代わりに、「今年もよろしくお願いします」「昨年はお世話になりました」という挨拶を使うようにします。 また、 新年に関する話題も出さないようにしましょう。 喪中訪問する際の手土産について 喪中訪問する場合、先で説明したお年賀を持参します。 ただし、 お年賀ののしを「ご挨拶」に変えたり、寒中見舞いに変えてから贈るようにします。 ちなみに、手土産の金額はだいたい 3000円程度を目安にします。 品物は凝ったものではなく、ちょっとつまめるお菓子やコーヒーなどが一般的です。 喪中期間の正月の手土産の渡し方まとめ• 喪中とは、故人が亡くなって一年間を喪に服す期間の事である。 この間はめでたい行事を避ける必要がある。 お年賀とは、新年の挨拶のためにお相手に贈る品物の事である。 直接三が日までに持っていくのが決まりである。 一般的に、喪中期間中はお年賀を渡すのは避けるべきである。 本来は正月にお相手の家に出向くのは避けるべきである。 しかし、どうしても伺う場合は手土産のお年賀を「ご挨拶」に変えて渡すようにする。 また、手土産にのしをかけずに渡す。 その場合は、短冊に「寒中見舞い」と書いてのし代わりにする。 または、白無地に「寒中見舞い」と書いたのしをかける。 喪中期間中に実家(義実家)に出向く場合は、年始の挨拶に気を付ける。 「明けましておめでとうございます」は避け、「今年もよろしくお願いします」「昨年はありがとうございました」とだけ挨拶する。 お歳暮は、喪中期間に贈ってもまったく問題ない。 ただし忌中は避けた方が良い。 お歳暮は贈っても良いが、喪中の際には無地の奉書紙か白い短冊を使うようにする。 無地のしや紅白の水引は、お祝いのためのものなので使わない。 お正月に喪中訪問することは、忌中でないなら問題ない。 ただし、お祝いでの訪問は避けるようにする。 原則、喪中での訪問(特に三が日)は避けるべきである。 しかし、どうしてもという場合は、お相手の了承を取って訪問をするように。 喪中訪問の場合、新年の挨拶に注意する。 「明けましておめでとうございます」を避け、「今年もよろしくお願いします」「昨年はお世話になりました」と言うように。 喪中訪問の際の手土産は、お年賀を持っていく。 ただし、のしを「ご挨拶」に替えるか、「寒中見舞い」に変える。 近年では喪中の見方も変わり、喪中のお正月をそこまで厳しく捉えていない方も増えています。 そのため、喪中の際にお宅に訪問するのも構わないという方もいらっしゃいます。 しかし、その考えはお宅によっては異なる事もありますので、お相手の方とよく相談して決めるのが良いでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 以下の記事では喪中のマナーについてご紹介しています。 気になる方は是非ご覧ください。

次の

喪中とは?期間と範囲は?|仏事まめ百科|お役立ち記事|メモリアルアートの大野屋

喪中 お 年賀

テンプレートについて テンプレート 著作権は放棄していません。 当サイトの喪中はがき・寒中見舞いテンプレートは個人・企業・団体を問わず、誰でも自由に無料で使うことができます。 ご自分のパソコンやスマホなどにテンプレートをダウンロードしてお使いください。 当ウェブサイト上から入手されたテンプレートおよび情報により発生したあらゆる損害に関して一切の責任を負いません。 自己責任でご利用ください。 加工 喪中はがき・寒中見舞いテンプレートに文字、ご自分で作成したイラスト、またはご自分で撮影した写真などを組み合わせてオリジナルのはがきを作成できます。 Andanteの姉妹サイトにあるイラストは自由に組み合わせて加工してもかまいません。 Andante以外のサイトのイラストや写真などを組み合わせる場合、そのテンプレートサイトや素材サイトの規約に沿ってご利用ください。 はがきは300dpiのサイズで作成しています。 テンプレートとしての 再配布・転売・無断転載は禁止(転載する場合はサムネイルのみ可、当サイトへのリンク必須)• テンプレート以外の画像や文章などの 再配布・転載の禁止 リンク 当サイトへのリンクは自由です。 バナーが必要な方は下にあるのをダウンロードしてお持ち帰りください。 Copyright c 2010 All Rights Reserved. Template by.

次の