カークランド ペーパータオル。 コストコファンおすすめ「カークランド キッチンペーパー」徹底解説!人気の理由を大検証♪使い方も公開!

コストコで人気のペーパータオル「カークランド&バウンティー」を比較!大きさや使い心地、キッチンペーパーとの違いなど

カークランド ペーパータオル

見出し• 商品情報• 商品名:カークランド キッチンペーパー(キッチンタオル)• 品番:0580517• 価格:2,498円(税込) 2019. 12月現在• 内容量:12ロール• シート寸法:279mmx177mm 2枚重ね 160カット• 原産国名:アメリカ• 取扱上の注意:水に溶けにくい為、水洗トイレに流さないでください。 輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社 人気の理由「カークランド キッチンペーパー」 1. 個包装で衛生的&収納しやすい&シェア買いしやすい! 2. デザインがステキ! 3. 日本メーカーのキッチンペーパーよりもサイズが大きい! 4. 日本メーカーのキッチンペーパーよりも厚みがある! 5. 楽天・amazon価格よりも安く購入できる! 6. キッチン用途はもちろん、水を含ませても破れにくく掃除にも使える! コストコの「カークランド キッチンペーパー(キッチンタオル)」。 ざっと挙げただけでもたくさんの人気の理由が出てきます。 「一度使えばなかなか日本メーカーのキッチンペーパーに逆戻りできない!」と言わしめるほどの良品なんですよね。 でっかいキッチンペーパーが12ロール、それはそれは大きな袋に入っております。 そこから取り出すと上の写真の通り。 一つひとつ個包装されたキッチンペーパーが入っています。 個包装の魅力は、まずは衛生的に保管できること。 日本メーカーのキッチンペーパーは2つないしは4つで一袋に入っていて個包装されていないものがほとんど。 しかし、コストコのキッチンペーパーだと一つひとつのサイズも大きいですし使い切るのに時間もかかるので個包装で保管できた方が断然安心です。 あとは、 個包装のため保管がしやすくなります。 キッチンの棚に直すにしても大袋のままではスペースが足りず直しにくいです。 その点、個包装されていれば、詰めて保管しやすいです。 隙間にも詰め込めます 笑。 さらに、 コストコファンの方がよくするのはシェア買い。 家族や友人の方と分けっこする時に個包装されていなければホコリが付いたり汚れがついたり、衛生的に心配になります。 しかし個包装されていればそういった心配がなくなり、とっても分けやすいです。 デザイン・柄 コストコの「カークランド キッチンペーパー」の個包装を破ると、あら素敵。 思いがけず嬉しい気持ちに。 ただの白いキッチンペーパーかと思いきや、デザインが入っています。 それも単調な柄ではなくとってもオシャレ。 カジュアルなデザインとうよりは、少し高級感のあるラグジュアリーなデザインですよね。 海外っぽいデザインと言うか、とってもステキだと思いました。 サイズ コストコの「カークランド キッチンペーパー」。 はじめて購入された方はその大きさに驚くハズです。 日本メーカーのキッチンペーパーとは一回り、いや、二回りほど大きいサイズです。 直径は、 14. 5cm(上の写真)、楕円形だったので別の角度からも測ってみました。 5cm(下の写真)。 5cm~14. 5cmの直径があります。 この時点でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、 日本メーカーの商品に合わせたサイズのキッチンペーパーホルダーでは収まらない可能性があります。 特に冷蔵庫につけるタイプのホルダーだとコストコのキッチンペーパーが大きすぎて付けられないということもあるかもです。 購入前に一度確認してみてくださいね。 次に、キッチンペーパー自体のサイズを測ってみました。 とっても大判のキッチンペーパーです。 実は、このサイズは2シート分でして。 上記のキッチンペーパーの半分サイズが1シートになっています(下の写真)。 こちら(下の写真)が1シートになります。 サイズは、パッケージの表記上は 27. 9cmx17. 7cm。 日本メーカーのキッチンペーパーだと正方形で1シートであることが多いので正方形の半分のサイズになるのは驚きでした。 でも考えてみれば、正方形の半分のサイズでカットできた方が、余分なシートを使わなくても済みますし経済的ですよね。 使い勝手も良さそうです。 日本メーカー商品との比較 今回はセブンイレブンで購入したキッチンペーパーと比較してみたいと思います。 実感値としてこれまでトコ子が使ってきた日本メーカーの一般的なキッチンペーパーサイズです。 長さはもちろん、全体的なサイズがでかいっす!!上からも直径の差をと思って撮影してみたのですが(下の写真)、一目瞭然です。 セブンイレブンのキッチンペーパーがコストコのキッチンペーパーの陰になって暗く写っているいるほどです。 キッチンペーパーをカットしてみました(下の写真)。 左がコストコ、右が日本メーカーのキッチンペーパーです。 重ねて置いてみました(下の写真)。 一回り以上大きいですよね。 倍ほどの大きさがあります。 日本メーカーのキッチンペーパーと比べてもしっかりと厚みがあります。 写真の通り、 2枚重ねになっているんです。 これが厚みの正体。 その分、水分や油分をしっかりと吸ってくれそうです。 ただ、触った感触はふんわりというよりは、ガッシリと硬めの印象です。 日本メーカーのキッチンペーパーの方がやわらかいかもな、と思いました。 とはいえ、ふんわりしすぎて、食材などに毛羽立ちを残してしまうよりはしっかりと紙繊維が固まっている方が安心ではあります。 使い心地は以下でさらに詳しくお伝えしていきますね。 値段比較 お値段ですが、 コストコの「カークランド キッチンペーパー」は12ロール入りで2,498円(税込)になります。 1ロールあたり208円(税込)です。 おぉ、結構な値段ですね。 値段の変動はあるのですが、2017年11月現在はこのお値段でした。 日本メーカーのキッチンペーパーが4ロールで150円くらい。 1本37. 5円ほどです。 ということは、 コストコの「カークランド キッチンペーパー」1本で日本メーカーのキッチンペーパーが5本も買えるということになります!!! もちろん、お値段が高い分、1ロールの長さ・厚みは十分にあり、品質も高いと思いますが、値段の差分の価値があるかどうか!これは人それぞれだと思います。 ちなみに、 楽天やamazonにも「カークランド キッチンペーパー」は売られています。 調べてみたところだいたい送料無料で3500円(税込)で売られていました。 コストコで購入すれば2,498円(税込)なので、同商品で値段比較すると、コストコで購入するのが断然安く買えると思います。 「バウンティ」との違い 実はコストコには、今回紹介している「カークランド キッチペーパー」と人気を二分するもう一つのキッチンペーパーがあるんです。 それが、「」になります。 バウンティの方はカラーの柄が入っているのが特長で、お値段も「カークランド キッチンペーパー」よりは少々高くなっています。 左が「カークランド キッチンペーパー」で右が「」です。 触ってみた感触の違いは、バウンティの方が柔らかめでした。 カークランドの方は硬めなのに対して、バウンティはふんわり。 高級感があるのはバウンティですね。 サイズは「カークランド キッチンペーパー」の方が大き目です。 立て幅はほぼ同じで横幅が長めです。 使ってみた違いは、 油分を吸う力は「カークランド キッチンペーパー」の方が強いように思いました。 触った感触はバウンティの方が柔らかかったのでてっきり油分もバウンティが上かと思っていたのですが意外でした。 しかし 吸水性はというと、「」が一段上でした。 濡れたコップやお皿を拭き上げたのですが、一度で水分を吸い上げてくれるのはバウンティが上だなと思いました。 あとは、強度ですが。 拭き掃除に使ってみたところ、こちらも「」の方が破れにくく感じました。 お値段が「カークランド キッチンペーパー」よりも高い分だけの価値はあるなぁと思いました。 収納 トコ子家では昔ニトリで購入したキッチンペーパーホルダーを使っています。 直径ぎりぎりで収まっています!はぁ、よかった。 冷蔵庫に取り付けるホルダーだともしかすると収まりきらない可能性がありますね。 実際に試してみましたのでお伝えしてきます! 紙ナプキン代わりとして お皿に「カークランド キッチンペーパー」1シートを半分に折って敷いてその上にお菓子(上の写真)&ドーナツ(下の写真)を。 単なる白いペーパーではなく、素敵な柄が入っているので、見た目がマルです。 このままお客様用のお菓子を出しても大丈夫。 紙ナプキン代わりとして十分活躍してくれます。 揚げ物の油切りとして コストコの「カークランド キッチンペーパー」の王道の使い方ですよね。 2シート(正方形)を半分に折って使いました。 キッチンペーパーの触り心地がやや硬めに感じていたので、吸油性はどうなんだろうと心配していました。 が、心配無用でした。 下の写真をご覧ください。 しっかり油を吸ってくれています!! 揚げて時間が経ってではなく、わりとすぐに撮影しました。 ちゃんと鶏のフライがあったところの油が吸い取られています。 この吸油性には正直驚きました。 想像以上に油を吸い取ってくれたので、余計な油を摂取せずに済んで健康的です。 さすが人気の高いコストコの日用品だなと思いました。 日本メーカーのキッチンペーパーの2枚、いや、3、4枚分はある吸油力だと思います! 油分の多いおかずの油切りとして この謎のおかずはですね、豆苗の肉巻きでございます 笑。 ザ・節約料理なんですけど、むっちゃおいしいんですよ。 ポン酢をかけるとたまりませんよ~、という話はさておき。 こちらも油分の多いおかずなので「カークランド キッチンペーパー」をお皿に敷いてみました。 しっかり油も吸い取ってくれましたし、時間が経っても、特に毛羽立ちもなく、食材に繊維が付くなんてこともありませんでした。 優秀です。 野菜の水切りとして 水洗いしたキャベツの千切りの水切りとして「カークランド キッチンペーパー」を使用しました。 しっかりと吸水してくれるので、何枚もキッチンペーパーを使わなくとも水切りできました。 こちらも日本メーカーの一般的なキッチンペーパーの3、4枚分の吸水力はあると思います!お値段は日本メーカーのものよりは高めですがそれだけの価値はあると実感しました。 食器の拭き上げとして コストコの「カークランド キッチンペーパー」は、お皿やコップの拭き上げにも使えます。 こちらも日本メーカーの一般的なキッチンペーパーの何枚分もの吸水力があるので、拭き上げに最適です。 ただ、紙質がちょっと硬めではあるので、キュッキュと何度か拭かないと水分がすっきり吸い取れません。 コップを1つ拭いている間に紙がやわらかくなるので、だんだんと拭き上げやすくはなります。 あと良いなと思ったのは、キッチンペーパーの紙繊維がお皿やコップに残ったりしなかったところ。 口に入るものなので、繊維は残したくないですよね。 その点、スッキリと拭きあがりましたので安心しました。 拭き掃除アイテムとして コストコの「カークランド キッチンペーパー」がコストコファンの厚い支持を集める理由は、 強度の高さにもあります。 キッチン用途だけでなく、掃除用途にも使えるんです。 ぞうきんのように水分を含ませて絞っても破れたりはしません。 なのでこのまま 机を拭いたり(下の写真)もできます。 あとは 床掃除にも使えます。 キッチンの床掃除にも使えるのですが、 使い慣れた方は、お皿やコップの水分拭き上げに使ったのちに、最後に床拭きとして「キッチンペーパー」を使っています。 余すことなく、ですね。 まとめ いかがでしたか。 コストコファンもおすすめする「カークランド キッチンペーパー」でした。 魅力をたっぷりとお伝えいたしました。 吸水性・吸油性に優れているので、使い勝手は抜群です。 一度使うとやめられない、というのにも納得です。 丈夫なので掃除用途としても使えて、主婦の味方!といったところ。 上級者の方は、お風呂壁のカビキラーをシュッとした後の湿布としても使っているようです。 そんな風に使っても溶けたり破れたりがないのは素晴らしいですね。 これからも人気のコストコ「カークランド キッチンペーパー」を愛用していきたいと思います。 おすすめですよ。 カテゴリー• 609• 111• 228• 493• 194.

次の

☆送料無料(地域別)☆ KIRKLAND カークランド ペーパータオル 2枚重ね 160カット x 12ロール キッチンペーパー ロールタオル コストコ :KIRKLAND:価格ベースYahoo!店

カークランド ペーパータオル

コストコ【カークランド 】ペーパータオル 12本入りで2,648円。 (2020年6月現在。 1家族1パック限定でした) 1本あたり220円です。 普通のペーパータオルは4本入りで200円しないのでちょっと割高に感じるかも。 けど、大きさが大きいからこんなものでしょう。 1本1本小包装になってるので、分けやすいです。 1本27. 9メールるあるってことかな? 実際に使ってみた。 「タオル」や「布巾」代わりに使ってみました。 それからキッチン周り、コンロ周辺のベタつきを拭いて ポイッ。 楽ーー!!! めっちゃ楽ーーー!!.

次の

【徹底比較】ペーパータオルのおすすめ人気ランキング21選

カークランド ペーパータオル

キッチンペーパー、カークランドはコストコオリジナルのブランドで、 カークランドの方は無地ですが、 バウンティの方は柄が入っているそうです。 私は無地のほうが好きなので、カークランドしか使ったことがありません。 どちらも使いやすいのですが、困ったことが。 どちらも1ロールが大きい上に大容量なので、 収納場所をとるんですよね。。。 そこで、 どれか1つにして、収納場所をコンパクトにしたいと考えました。 どちらにするか? キッチンペーパーは食品用なので、台ふきやぞうきんとして使っても衛生的に問題ないと思いますが、ショップタオルはもともとカー用品(車の掃除用)なので、そちらを食品用として使うのはやめておいたほうがよさそう・・・ と考えた私は、• コストはどうか• キッチンペーパーを台ふきやぞうきんとして使っても問題ないか という観点で検討することにしました。 ショップタオルとキッチンペーパー、どちらが単価が安い? まずは、コストコで購入したときのお値段。 単価は、 キッチンペーパーの方が約3分の1。 ショップタオルを1枚使うなら、 キッチンペーパーは3枚使える! という結果になりました。 使いごこちは? ただ、1枚の大きさを比べてみると… 青いのがショップタオル、白いのがキッチンペーパー。 ショップタオルの方が1. 5倍ほど大きいです。 厚さも、 ショップタオルの方がしっかりしてます。 ショップタオルはどちらかというと布地に近い感じで、 丈夫です。 洗って何度も使えます。 (私はめんどくさいのでほとんど洗うことなく使い捨てですが 笑 ) でも、 キッチンペーパーも簡単には破けません! 洗ったレタスを包んで、水分を拭いても全くビクともしません。 ただ、正直、キッチンペーパーでテーブルの上を拭こうとすると2枚必要になります。 ガスコンロの周りを掃除するときも、2〜3枚必要でした。 それになんとなく、キッチンペーパーの方が吸水性がよすぎて、キッチンペーパーでびしょびしょのところを拭くと、ショップタオルの場合はなんとなく浸みてくるのが早い気がします。 まぁ、それは枚数を多く使えばいい話ですが。 キッチンペーパーだけでいいんじゃない?!• 単価は、 キッチンペーパー はショップタオルの 3分の1• 大きさは ショップタオルが1. 5倍 (きくじろう比)• 厚さは ショップタオルの方が上• 掃除のとき、 ショップタオルは1枚 で済むところ、 キッチンペーパーは2〜3枚必要 ということで、個人的な結論は以下。 収納場所に悩まない家は、 使い分けOK•

次の