次 亜 塩素 酸 ナトリウム。 次亜塩素酸ナトリウムの人体やペットの影響は?安全策も含めて解説!|ペットライフを充実するメディア

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いを徹底比較!厚生労働省の見解は?

次 亜 塩素 酸 ナトリウム

新型コロナウイルス感染症予防として、トイレでは、ドアノブ、手すり、スイッチ、ふた、便座、洗浄レバー・ボタン、トイレットペーパーホルダー、蛇口等、手に触れる部分を消毒するなどして、衛生を保つことが必要です。 このときの消毒としてよく登場するのは、「消毒用アルコール」と「次亜塩素酸ナトリウム」です。 ですが、消毒用アルコールが不足しているため、厚生労働省は酒造メーカーがつくるアルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決めたようです。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために必要なアルコール消毒液は、供給が追いつかず、各地の医療機関や高齢者施設から対策を求める声が出ています。 これを受けて厚生労働省は、やむをえない場合にかぎり、酒造メーカーがつくるアルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決め、全国の医療機関などに通知しました。 出典: 医療機関や高齢者等の施設でさえ消毒用アルコールが不足しているのですから、一般の家庭が入手するのは困難です。 その場合、トイレのドアノブなど身近な物の消毒には、もう一つの「次亜塩素酸ナトリウム」を活用することが考えられます。 また、「次亜塩素酸水」という名称もよく聞きます。 「次亜塩素酸ナトリウム」「次亜塩素酸水」は名称がとても似ているので、混同しがちです。 本記事では、 「次亜塩素酸ナトリウム」の使い方と「次亜塩素酸水」がどういったものなのかについて、伊与亨氏(北里大学 医療衛生学部 公衆衛生学研究室)に話を聞きました。 以下、その内容をご紹介します。 消毒用アルコールと燃料用アルコールは全く異なる! 加藤 本題に入る前に、アルコールについても一つお聞きしたいことがあります。 消毒用アルコールが不足している状況ですが、その代わりに燃料用アルコールを使っても大丈夫でしょうか? 伊与 消毒用アルコールの主成分は「エタノール」です。 一方、燃料用アルコールの主成分は「メタノール」です。 「エ」タノールと「メ」タノールは一字違いで、さほど違いが無いように感じますが、それは全く違います。 メタノールを手指消毒に用いると皮膚から吸収され、その吸収量によっては中毒を起こします。 燃料用アルコールを消毒用アルコールの代替品として、絶対に使用しないで下さい。 塩素系漂白剤の主成分は「次亜塩素酸ナトリウム」 加藤 そうですよね。 名前が紛らわしいですが 「燃料用アルコール(主成分:メタノール)」を消毒用に使っては絶対ダメですね。 では、本題の「次亜塩素酸ナトリウム」についてお聞きします。 厚生労働省および経済産業省からは、参考として作り方(下図)が紹介されています。 塩素系漂白剤で作る「0. 05%の次亜塩素酸ナトリウム液」とは、どういったものなのかを教えてください。 作成:厚生労働省・経済産業省 伊与 「塩素系漂白剤」の主成分は「次亜塩素酸ナトリウム」です。 厚生労働省や経済産業省がイラスト等で説明している「0. 05%の次亜塩素酸ナトリウム液」の原料となる 塩素系漂白剤は、非常にアルカリ性の強い、酸化力のある溶液です。 溶液のまま置いておくと、気散して強い塩素臭がすることにも注意して下さい。 目に入ったら大変ですし、直接触れると皮膚に炎症を起こします。 そのため、 塩素系漂白剤を薄めるときは、十分な換気を行ったうえで、直接手に触れないよう、家事用手袋をすることが必要です。 もちろん目に入らないように注意してください。 また、金属や布を腐食させてしまう効果があり、高濃度に長期間残留するとステンレスも腐食します。 さらに、 塩素系漂白剤を酸性溶液と混ぜ、混ざった溶液が強酸性になると、塩素ガスが発生して大変危険です。 市販されている塩素系漂白剤に書かれている注意事項をしっかりと読んで下さい。 加藤 塩素系漂白剤って、とても危険なのですね。 伊与 このように、 人間にとって危ない物質は、ウイルスや細菌などの微生物にとっても危ない物質です。 そのため、塩素系漂白剤を相当薄めた溶液でも、新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルスなどのウイルスの他、細菌も殺すことができます。 05%の次亜塩素酸ナトリウム液」とは、100mLに、有効塩素50 mgを含む消毒液(500ppm)であり、塩素系漂白剤を40倍~100倍に水道水で薄めて作ります。 ちなみに、水の衛生を保つため、水道水には100mLあたり0. 01mg以上の有効塩素を含んでいます。 塩素系漂白剤は、洗濯や台所用品として販売されていますので、比較的入手しやすく、利用しやすいです。 塩素漂白剤を薄めてつくったものは、毎回使い切る? 加藤 ハイターなどの塩素漂白剤を薄めた場合、有効塩素濃度が徐々に低下すると聞いたことがあります。 だからといって、毎回作って使い切るのは大変です。 何日くらいであれば作り置きしてもよいですか? 伊与 今回の場合、「消毒力がある=酸化力のある不安定な物質」を意味します。 消毒成分である有効塩素濃度は、時間経過とともに徐々に低下します。 作り置きして何日程度で使い切れば良いかということは、消毒液の有効塩素濃度を測定しなければ判断できません。 一般のご家庭では、有効塩素濃度を測定できないため、それは難しいですね。 大雑把な目安としては、数日間で使い、残ったら捨てるという考え方で良いのではないでしょうか。 ただし、 冷暗所での保管が必要です。 加藤 塩素系漂白剤を薄めて作った「0. 05%の次亜塩素酸ナトリウム液」をスプレーノズルの付いた容器に入れ、噴霧して使用しても良いでしょうか? 伊与 塩素系漂白剤を販売しているメーカーでは、塩素系漂白剤はスプレー容器に移し替えてはいけない、たとえ、塩素系漂白剤を希釈した場合でも、スプレー容器に移し替えて、使用してはいけないと厳重に注意をしています。 この注意事項に従うと、「0. 05%の次亜塩素酸ナトリウム液」は、スプレー容器に入れてはいけないことになります。 個人的には、0. 05%濃度の消毒液の危険性と使い勝手のバランスを考えたいところです。 1Lのペットボトルに入れたままでは使い勝手も悪く、蓋の開閉によってこぼす可能性もあります。 そこで、「0. 05%の次亜塩素酸ナトリウム液」をスプレーノズルの付いた容器に入れて使用したい場合は、スプレーノズルの吐出孔にティッシュペーパーやトイレットペーパーを近づけて噴霧し、ティッシュペーパーやトイレットペーパーを湿らせてからものを拭くなど、スプレー蒸気を直接吸わないような使い方をしてはいかがでしょうか。 このように注意すれば、次亜塩素酸ナトリウムの蒸気を吸ったりする確率は限りなくゼロになり、スプレーによるウイルスや細菌などの飛散リスクも低下できます。 次亜塩素酸水というのは、次亜塩素酸ナトリウム溶液と同じ? 加藤 つづいて「次亜塩素酸水」について教えてください。 これは「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と同じものなのでしょうか? 伊与 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム溶液の 成分主成分は同じです。 いずれも、有効塩素は、次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンの形で存在します。 次亜塩素酸水とは、化学的な物質名でなく、塩化物イオンを電気分解して有効塩素を作る装置から得られた水を「次亜塩素酸水」と称しています。 次亜塩素酸水として販売されている商品には、pHが中性から弱酸性の次亜塩素酸水があります。 一方、 次亜塩素酸ナトリウム溶液のpHはアルカリ性です。 アルカリ性の溶液だと手荒れを起こしますが、中性から弱酸性にした次亜塩素酸水であれば手荒れも少ないでしょう。 一般的な化学的な知見からは、そのように推察できます。 ただし、では、次亜塩素酸水を手指消毒に活用することについての有効性が確認されていないという判断のようです。 なお、この政府答弁書では、アルコール消毒液の不足に対応するため、「石けんやハンドソープを使った丁寧な手洗いの励行」によるウイルス除去を推奨しています。 加藤 ありがとうございました。 今回、教えて頂いたことをまとめると、以下のようになります。 05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)」の使い方のまとめ 1.塩素系漂白剤を薄めるときの主な注意事項 ・十分な換気を行う ・直接手に触れないよう、家事用手袋をする ・目に入らないように注意 ・金属や布を腐食させてしまうので気をつける ・塩素系漂白剤を酸性溶液と混ぜると、塩素ガスが発生するので危険 2.使用時に蒸気を吸ったり、目に入らないように注意する 3.ドアノブなどの身近な物への消毒後は水拭きする 4.冷暗所に保管しながら数日間で使い、残ったら捨てるということを目安とする.

次の

消毒用アルコール不足 次亜塩素酸ナトリウムの使い方 次亜塩素酸水とは異なるのか?(加藤篤)

次 亜 塩素 酸 ナトリウム

とても優れた除菌力を持つ『次亜塩素酸』。 近年では店頭やネットなどで『次亜塩素酸』と書かれた製品をよく見かけるようになってきました。 しかしこの『次亜塩素酸』製品を詳しく見てみると、『次亜塩素酸水』と説明されている製品や『次亜塩素酸ナトリウム』と説明されている製品があることに気が付きます。 名前も用途も似ているこれらの製品ですが、どこが違うのでしょうか? また、このふたつを間違って使用すると危険な場合もあるようです。 そのため、それぞれの特性を知ることは安心・安全な除菌作業をおこなう上でとても重要なことになります。 今回は、この『次亜塩素酸水』と『次亜塩素酸ナトリウム』の特性やその違いについてご紹介いたします。 次亜塩素酸水とは 次亜塩素酸水についてWikipediaには、「塩酸または演歌ナトリウム水溶液を電気分解することにより得られる、次亜塩素酸(HClO)を主成分とする水溶液である。 」と記載されています。 原材料や製造方法などの厳しい基準を満たしたものは、厚生労働省により食品添加物(殺菌料)として認可されています。 また、次亜塩素酸水は水溶液のpH(水溶液の性質をあらわすもの)が2. 2~7. 0前後(酸性~弱酸性・中性)となっています。 ちなみに中性に近いものほど人体に安全、離れれば離れるほど人体に危険とされています。 ここでは以下に、次亜塩素酸水のメリット・デメリットや利用方法について説明します。 次亜塩素酸水のメリット 次亜塩素酸水は殺菌消毒効果にとても優れており、あらゆる微生物を不活性化します。 さらに、消臭効果にもとても優れており、臭いの原因となる物質を匂わない物質に変化させることができます。 臭いは基本的に無臭です。 反応時に少し塩素臭がしますが、すぐに消えます。 希釈せずに原液のまま使用することもできるので、薄めるための水が必要なく手軽に使うことができます。 さらに次亜塩素酸水は、急性毒性・反復投与毒性・遺伝毒性・皮膚累積刺激性試験・眼刺激性試験などの結果、異常がないことが確認されており、皮膚についたり口に入ったりしても問題ないとされています。 次亜塩素酸水のデメリット 次亜塩素酸水は反応速度がとても速いため、汚れたままの状態で使用するとその汚れと反応して水になってしまい除菌効果が薄くなってしまいます。 そのため、あらかじめ汚れを取り除いて綺麗に掃除してから仕上げの除菌として次亜塩素酸水を使用することがのぞましいでしょう。 加えて次亜塩素酸水は保存期間が短く、数か月で効果が薄くなったり効果がなくなったりするため、長期保存することができません。 次亜塩素酸水の利用方法 噴霧などによる空間除菌・消臭をすることができます。 また、布製品の除菌・消臭やうがい・手洗いなど、直接肌が触れてもいいような使い方ができます。 次亜塩素酸ナトリウムとは 次亜塩素酸ナトリウムについて、Wikipediaには「次亜塩素酸のナトリウム塩である。 化学式はNaClO。 水溶液はアルカリ性を示す。 」と記載されています。 また、次亜塩素酸ナトリウムは水溶液のpHが12. 5~13. 5(強アルカリ性)となっています。 ここでは以下に、次亜塩素酸ナトリウムのメリット・デメリットや利用方法について説明します。 次亜塩素酸ナトリウムのメリット 次亜塩素酸ナトリウムは比較的低価格な製品が多く、通販だけでなくドラッグストアなどでも販売されているため入手しやすくなっています。 高濃度のものならば次亜塩素酸水と比べると安定していて長期保存することができます。 さらに漂白効果にとても優れており、 殺菌消毒効果もあります。 次亜塩素酸ナトリウムのデメリット 次亜塩素酸ナトリウムの大きな特徴として、強烈な塩素臭が発生することがあげられます。 さらに、次亜塩素酸ナトリウムは使用用途により決められた割合で希釈しなければならないため、薄めるための水が必要になります。 加えて、強アルカリ性であるため、直接肌に触れると肌表面のタンパク質を溶かしてしまい手荒れなどの問題が起こってしまいます。 また、酸性物質と混ぜると有毒な塩素ガスが発生してしまいます。 そのため、取り扱いには細心の注意が必要となります。 次亜塩素酸ナトリウムの利用方法 衣類のしみ抜き・漂白やカビ取りなど、直接肌に触れないような使い方をします。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとは? ここまでは、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムについて説明してきました。 これまでの説明から、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの主な違いは水溶液のpHが異なることによる特性の違いだと言えるのではないでしょうか。 そのため、安全性や取り扱い時における注意点なども違うものになってきます。 ここでは以下に、その違いを理解していないがために起きてしまう可能性のある危険について説明します。 スプレーによる噴射 次亜塩素酸水は人・ペットや環境にも安全なものなので、スプレーなどで噴射して空間除菌や消臭をおこなうことができます。 しかし、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性のため、加湿器などで噴霧したりスプレーなどで噴射したりすると、人体に悪影響を与えてしまいとても危険です。 人やペットへの利用 次亜塩素酸ナトリウムは皮膚や粘膜に対して非常に強い刺激を与えてしまうため、直接触れることのないよう注意しなければいけません。 そのため、次亜塩素酸水と勘違いして次亜塩素酸ナトリウムを人やペットに直接使用してしまうと非常に危険なのです。 洗剤を混ぜることによる事故 強アルカリ性である次亜塩素酸ナトリウムを酸性洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスが発生してしまいます。 次亜塩素酸水と比べて、次亜塩素酸ナトリウムの取り扱いには細心の注意が必要になります。 違いを理解して安心・安全な除菌生活を! 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いについてご理解いただけましたでしょうか? これらの違いを理解することは、安心・安全な除菌作業をするのにとても役に立つことでしょう。 使用時の問題点に注意しながら次亜塩素酸を賢く活用し、どうぞ快適な除菌生活をお送りください。 Wikipedia Wikipedia 備える.

次の

次亜塩素酸ナトリウムの消毒効果は?作り方と一緒にご紹介!

次 亜 塩素 酸 ナトリウム

亜塩素酸ナトリウム:化学式NaClO2 次亜塩素酸ナトリウム:化学式NaClO 亜塩素酸ナトリウムの方が殺菌力があるようです。 それを毒性が強いとみるかどうかかと。 次亜塩素酸ナトリウムは、比較的安全で安価なので食品衛生に多く用いられているようです。 いっぽう、市販の「ウイルス・細菌を除去・除菌する」製品(スプレー)などは、メインの成分となる安定化二酸化塩素を亜塩素酸ナトリウムから生成しているようです。 (主成分表示による) 使い方には気を付けた方がいいかもしれません。 似たような名前が多く、ややこしいですねよね。 基本はいずれも毒物(殺菌力があるもの)なので、配合や使い方で様々な検証が重ねられているようです。 安定化二酸化塩素という言葉も出てきましたが、これは「二酸化塩素」を発生する薬品の総称で、話題のクレベリン 大幸薬品 などが該当すると思います。 大幸薬品では安定化二酸化塩素の安全性と効果を色々と研究していて、クレベリンは、もともとインフルエンザ対策で注目を受けていたようです。 私も化学工場で、色々な化学製品の製造や販売してますので、質問に回答しますが、用途についてコメントの返信をお願いします。 使い道を間違えたら、毒ガスが出る、 事案が出てきたのでね。 私が書いた説明で、間違いが有れば訂正します。 化学式も入れます。 亜塩素酸と次亜塩素酸は、別物ですからね。 コメントが不明カ所有れば、補足します。 理解出来ない内容にになりましたら、 お許し願います。 次亜塩素酸ナトリウムは、液体で販売され、衣料品や台所での漂白剤や殺菌に使われてます。 亜塩素酸ナトリウムは、固体か粉体で 販売されて漂白や殺菌に使われます。 今回の質問の背景には、亜塩素酸ナトリウムが含まれたタブレットを、水に溶かして、次亜塩素酸水を作る事にありますね。 しかしながら、適正な濃度の次亜塩素酸水が出来るかは判りません。 ご注意下さいね。 タブレットを水で溶かす時に、違う材料を添加しないで下さいね。 異なる反応が起きて、ガス中毒を起こした事例が出てきたからね。 一例では、他の回答者の中に有る、 二酸化塩素のガスは、腐食性が高い為 ガラス以外の金属や樹脂までも、ボロボロに腐食させます。 水に溶かし混んで希釈して担体に染みこせて、ガスを通さない包装材料に密封して、 週末の間放置したら、何重にも包んだ、ビニール袋が全て劣化破損しました。 人が居ない屋外で自然分解させようと思いましたが、草や樹木、土まて 死滅しました。 濃度は不明ですけど、 臭気がないほど薄めたのに、二酸化塩素が分解しながら、草原を破壊しました。 Wikipediaにも、記載してありますよ。 クレベリンのこともそこに記載しましたが、空中除菌できない商品ですのでね。 細かい部分は、割愛しました。 とりあえず、終わります。 またね。 ! 安全性 次亜塩素酸ナトリウムや二酸化塩素の中に含まれている「塩素」は、強力な酸化力を持つ化学物質です。 その強い酸化力があるからこそ消毒剤としての効果を発揮することができるのですが、人体にも毒性や刺激性があり、塩素ガスを吸ったり、高濃度の塩素系薬品を飲んだりすると健康被害を起こします。 次亜塩素酸ナトリウムは塩素に近い化学特性を持っているため、消毒や漂白の効果は高いものの、人体や金属に対する影響力が強く、蒸気を吸うことで頭痛や吐き気を感じることがあります。 一方、二酸化塩素は体内にも存在する成分なので安全性が高く、人体や金属へもほとんど影響しないといわれています。 二酸化塩素は「有害な副産物」ができない 次亜塩素酸ナトリウムを消毒剤として使用すると、薬品のなかのナトリウムが有機物と反応し、フルオロホルム、クロロジフルオロメタン、クロロホルムなど、「トリハロメタン」と呼ばれる有害な化合物を作ることがあります。 なかでもクロロホルムは発ガン性や催奇性、肝障害や腎障害を引き起こすリスクが高い「有害な副産物」です。 一方、二酸化塩素はナトリウムを含んでいないため、有機物と反応してトリハロメタンを生成することがありません。 薬品自体の安全性が高いだけではなく、有害な副産物ができないという点からも、次亜塩素酸ナトリウムよりも安全といえます。 二酸化塩素と安定化二酸化塩素は別物 安定化二酸化塩素は二酸化塩素ではない 次亜塩素酸ナトリウムよりも安全性が高く、消毒剤としても優れた二酸化塩素ですが、二酸化塩素は多少の熱や光で分解されてしまう不安定なガスであるため、そのままの状態で保存することが難しいという問題があります。 そのため、一般的には水に溶け込ませた「二酸化塩素水溶液」として運搬・保存するのですが、二酸化塩素水溶液は少しの衝撃や紫外線に敏感に反応してガスを放出・分解するため、二酸化塩素の濃度を維持することができません。 一方、安定化二酸化塩素は、保存性が悪いという二酸化塩素の欠点を補うために、物性的に安定な状態を保ちつつ、徐々に二酸化塩素を放出するように安定化した薬剤のことです。 例えば、亜塩素酸塩という薬品に酸を加えて反応させる二酸化塩素を発生させることができます。 「安定化二酸化塩素」は、この反応がゆっくりと起こるように調節された混合物であり、二酸化塩素そのものではありません。 二酸化塩素製品を購入するときは注意が必要 空間除菌などの消毒を目的として販売されている二酸化塩素製品には、二酸化塩素水溶液に加工を行い、二酸化塩素ガスの放出と分解を抑制した製品と、安定化二酸化塩素を使った製品の2通りがあります。 二酸化塩素を保存・発生させる仕組みは製品によって異なりますが、安定化二酸化塩素製品のなかには「二酸化塩素が発生するのは最初だけ」という商品も存在します。 二酸化塩素製品、とくに安定化二酸化塩素を使った製品を購入するときは、効果の持続性などに注意して製品を選ぶ必要があります。 まとめ 二酸化塩素は、アメリカ環境保護庁、アメリカ食品薬品局、世界保健機構(WHO)において安全性、殺菌消毒性能、脱臭性能、防腐等の効果が認められている、安心・安全な消毒剤です。 しかし、二酸化塩素製品は品質や効果にばらつきがあるため、利用する時は「どの製品を選ぶか」がより重要となります。 空間除菌を目的に、二酸化塩素製品をオフィスなどに置くときは、成分や効果をしっかり確認し、使用法を守って使いましょう。

次の