わたし の 幸せ な 結婚 ネタバレ。 私の幸せな結婚|原作小説2巻序章ネタバレ!あらすじ考察まとめ

わたしの幸せな結婚|2話ネタバレ!清霞に毒を盛られているのではと言われ…

わたし の 幸せ な 結婚 ネタバレ

《第2巻「1章〜3章」の内容をざっくりと!》 清霞の家に来て以来、美世は毎晩のように悪夢にうなされていました。 清霞を心配させまいと悪夢にうなされている事実を隠す美世。 美世の悪夢を承知で美世から打ち明けてくれるのを待ち続ける清霞。 しだいに美世と清霞は、すれ違うようになってしまいます。 そんななか、ふたりに栗色の髪の彼『鶴木新』という人物が接近します。 鶴木新の本当の名前は薄刃新。 美世の従兄(いとこ) でした。 鶴木新の正体を突き止めた清霞は、美世とともに鶴木家(薄刃家)へ。 そして薄刃家で、従兄の薄刃新・祖父の薄刃義浪と対面します。 ここで美世と清霞は『美世が異能を持っていた』という事実を知ることに。 さらに『美世は薄刃家に戻るべき』と話が展開していき戦いが勃発します。 では、薄刃家で明かされた美世の異能のネタバレと感想を書いていきます。 《ネタバレの内容をざっくりと解説!》 美世の悪夢の原因は、美世自身が自分の異能の力を制御できないために起こっていたことでした。 薄刃家の異能は代々隠されてきたものであるため、薄刃の知識を持たない清霞は美世の悪夢を解決してやることができません。 薄刃義浪から、美世は薄刃家に戻るべき、と言われてしまうんですよね…。 薄刃家を訪ねたのは、美世と清霞がすれ違いの大喧嘩をした翌日だったために…、タイミングが最悪でした。 美世は『薄刃家に戻りたくない』と言えばいいものを『どちらでも構わない』みたいに言って、こじらせちゃうし。 清霞は美世の『どちらでも構わない』の言葉を聞いてショック受けてるし。 (違うでしょ。 それは美世の本音じゃないって、気づけコラ!) とまぁ、ふたりがすれ違ったまま話が展開してしまうんです。 《ネタバレの内容をざっくりと解説!》 美世の異能は『夢見の力』で、代々薄刃家の女性にだけ発現する能力でした。 人の夢(眠り)の中で万能の力を発揮し、薄刃家のなかでも格別強力だといいます。 人の眠りのなかに入り込み精神を操作できるだけでなく、過去・現在・未来を見通すことも可能。 つまり帝の天啓(未来予知)を脅かす力もあるのです。 異能があるという事実だけでも驚きなのに…そんな超強力なものだったとは! とはいえ、帝の天啓を脅かすほどの力なので、今後、帝から命を狙われる可能性も出てくるのかな?と想像しちゃいます…! 今まで異能を持たないと信じて生きてきたので、美世にとっては現実味がない話ですよね…。 今ひとつピンときていない美世の隣で、瞠目する清霞がたまらんです。 《ネタバレの内容をざっくりと解説!》 美世の異能は、実は母親の澄美によって封じられていたのです。 そもそも夢見の異能者は薄刃家のなかでもめったに誕生しない貴重な存在。 澄美は、幼い頃から過度な期待や重圧のなかで日々を過ごしていました。 美世に異能が発現すれば、澄美と同じように辛い思いをすることになる、さらに斎森家にも良いように利用されてしまう。 そのため澄美は美世の異能を封じ、美世には異能がないように装ったのです。 封印の鍵となっていたものが斎森の敷地内にあるはずだ、と義浪は告げます。 さらに、封印の術者である澄美が亡くなり、美世が斎森家を離れたことで、封印が弱まり消失したのだろうと話します。 自分には異能がない、清霞に相応しくない、と思い続けていた美世にとっては衝撃の事実…!(ですよね) 美世は、最初から異能が発現していれば、もっと違う人生もあったかもしれない、と澄美に怒りを覚えてしまうんですが(その気持ちも分かる!) しかし、美世が最初から異能を持っていたら斎森家からは出されないでしょうし、清霞と会うことも無かったでしょうからね。 (いやはや) ちなみに個人的な推察ですが、封印の鍵となっていたものは斎森家に植えられていた桜の木、ではないかと思います。 美世の夢にもよく登場していました。 美世と清霞は、原作小説第1巻のラストで、火事で焼け落ちた斎森家を訪れるんですが、焼け落ちた桜の木に触れた瞬間に美世の頭に鋭い痛みが走るシーンがあるんですよね。 おそらくコレが封印の解放(消失)のサインかと…。 第2巻のこの章でようやく、あのシーンの伏線が回収されたのかなと思います。 《ネタバレの内容をざっくりと解説!》 見鬼の才とは、異形(鬼や霊、式など)を見ることができる能力です。 通常、異能者が持つ異能は、異形を対象とし、異形を討伐するために使います。 そのため見鬼の才とセットで発現します。 一方、 薄刃家の異能は、人間を対象とし、人間を相手に使います。 人心に干渉する特殊な力は、相手が異能者であっても例外なく効果を発揮します。 実は薄刃家には、異能を悪用せんとする異能者に対してその暴走を止める役割があり、したがって薄刃家の異能は異能者を討伐するための力だったのです。 そのため、薄刃家には見鬼の才を持たない異能者が生まれることも普通にあり、美世は見鬼の才を持つことが無かったのです。 薄刃家の人間が全員、見鬼の才を持たないという訳では無いようですが。 少なくとも美世は見鬼の才を持たず、薄刃家の異能者では普通にあることなので何ら不自然ではない、と新から明かされます。 薄刃家は代々『夢見の異能者』を一族が命懸けで守ってきました。 薄刃新もまた、薄刃家の役目『夢見の異能者である美世を守ること』に自分の役目を見出し果たそうとします。 恋心とはちょっと違う動機なのですが、新は『美世の伴侶は自分』と主張!(そもそも薄刃の血を他家に出すことを良しとしない、というのもある。 ) ひとりの女性をめぐり、イケメン2人が戦うという萌えな展開に…。

次の

わたしの幸せな結婚ネタバレ1話から最終回結末まとめ!異能のない美世は久堂家へ嫁入りへ

わたし の 幸せ な 結婚 ネタバレ

わたしの幸せな結婚13話「それぞれの思惑」ネタバレ 香耶を呼び出して、信じがたいものを見たと今の美世の姿を見るように伝えた辰石。 香耶はすぐさま式を使い、美世のもとへと飛ばしました。 思えば香耶は子供の頃からずっと、あれ(美世)とは同じになってはいけないと言われてきました。 当時はどうして?と思っていた香耶。 しかし母からは、あれは斎森の娘なんかではないと美世は言われていたのです。 美世は無能。 香耶は失敗してはダメ、美世のようにはなるなとずっと怖い顔で母からは言い聞かされてきたのでした。 自分は上にたち、美世は自分の下。 美世が持っているものは自分も持っていなければならず、常に美世以上でなければいけないのだとずっと言われていたのです。 しかし式を送り見ている今の美世の姿を、香耶は信じることができません。 なぜなら美世はきれいな着物をきて身なりを整え、ゆり江と談笑しているのです。 あれが姉なわけがない…そう思っていると、美世のもとへ1人の男性がやってきました。 男性はもちろん清霞です。 屋敷ですれ違った際に、清霞の容姿を美しいと思っていた香耶。 あれが美世が嫁いだ久堂家の清霞だったのかとハッとします。 同時に、美世と清霞は仲睦まじい様子で微笑み合い、恋人のようだと思ってしまいます。 どうして!?と悔しさを抑えられない香耶。 自分の方が優秀なのになぜ?自分の方が美しいのに! そう思った香耶は、もう落ち目である斎森家の女主人でいて満足しているだけではダメだと思い始めました。 決して美世とは同じになってはいけない。 母親の言葉を思いだした香耶は帰宅するなり父親に自分と美世を取り替えてくれと言い出しました。 久堂家の嫁は美世ではなく自分がふさわしい、突然そう言われて斎森は理解ができません。 そして美世の事はもう忘れなさいと斎森はいうのでした。 何度言っても取り合ってもらえず、いつも言うことを聞いてくれる父親さえも聞いてくれないことに香耶はさらに苛立ちます。 すると幸次がやってきました。 幸次を見るやいなや、美世と婚約したくないかと言いかける香耶 もちろん幸次は呆れたように、理解ができないと言い放ちます。 しかし香耶も負けじと、自分の方が久堂家の妻にふさわしいのだから美世と立場を取り替えるのはどうかと平然とした表情で言うのでした。 斎森の許しがなければ無理だと幸次にまで言われてしまい、香耶は家の外に出ていってしまいました。 誰も味方になってくれない。 でも、辰石の当主なら協力してくれるだろう。 そう思い、香耶は何かを企みます。 一方で何も知らない美世たち。 徹夜で泊まり込みをしている清霞を心配し、差し入れを持って屯所まできていたのでした。 入り口で、久堂の婚約者であることを話した美世。 そして清霞が来ると、差し入れを持ってきたと嬉しそうに美世はにこにこしています。 そんな姿に照れてしまったのか、清霞はぶっきらぼうに「助かる」と伝えました。 清霞が恥ずかしがっている姿には美世も気付き、微笑んでしまいます。 すると美世を心配した清霞は、お守りは持っているかと美世に尋ねました。 ちゃんとあると美世が告げている間に、清霞は呼び出しされてしまいます。 お守りを持っているなら良いと清霞は伝えるとまた仕事に戻ることに。 しかし別れ際、美世を優しい声で呼ぶと頭をぽんぽんとしてくれました。 美世は大照れですが、ゆり江もそんな二人の姿を見てにっこりです。 しかし何か黙ってしまう美世。 ゆり江がどうしたのかと聞くと、美世はいつも持っていたお守りを家に置いてきてしまったようだと告白しました。 今日の着物にあわせて小物を変えた時にうっかり入れ替えずにきてしまったようです。 清霞とは、お守りは必ず持ち歩くと約束していたのに忘れるなんてと美世は自分をせめてしまい、うつむいてしまいます。 お守りにはどんな効力があるかはわからないものの、清霞がしきりに持っているかどうかを聞いてきたため何か意味があるのだろうとは考えていた美世。 さらにお守りがないとこれまでは自分を守ってくれている清霞の気配が薄くなったように感じ手落ち着かないのでした。 後もう少しで帰宅、その時突然大きな車がやってきました。 美世はいきなり腕を掴まれ、そのまま車に引きずり込まれそうになります。 ゆり江が叫びますが、美世は目隠しをされたまま車に乗せられてしまうのでした。 >>わたしの幸せな結婚14話ネタバレへ これまでのネタバレ一覧• 公式の漫画アプリと動画配信サービスでお得に漫画を読んでみよう! 無料トライアル登録時に 600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 今すぐ無料で読むことができる。 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 今すぐ無料で読むことができる。 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 無料で読める。 会員登録無料。 半額クーポンがもらえなくもらえて「わたしの幸せな結婚」がお得に読める。 じっくり試し読み3000作品以上。 会員登録無料。 Tポイントが使える&貯まる。 50%クーポンがもらえるため「わたしの幸せな結婚」がお得に読める。 会員登録無料。 PayPayでも購入が可能。 無料漫画や割引セールなどが随時行われていて漫画がお得に読めることも。 ガンガンONLINEと併せて、ぜひお試しください。 わたしの幸せな結婚13話感想まとめ 美世が清霞と仲良くしているのを香耶がついに知ってしまいましたね。 恋人同志のようだと美世と清霞の中を疑いますが、本当に美世は清霞を見つめている時が女性の目で、清霞も優しそうに美世を見つめ返していました。 ここに入る隙はないですよね。 それでも香耶はなんとか入り込もうとしています。 しまいには幸次にまで無理な提案をしていました。 これには幸次もちょっとドン引きになっていましたね。 せっかく清霞の恥ずかしがっているようなシーンも見れたのですが、帰宅直前に美世が何者かにさらわれてしまうというアクシデントが起きて13話が終了しています。 はたして美世をこんな目にあわせるよう仕向けたのは誰なのか… 香耶あたりなのかな?と思いますが、どうでしょうか? わたしの幸せな結婚13話のネタバレを紹介しました。 美世と清霞、ラブラブな姿を香耶覗き見してイライラ• 清霞は美世にお守りを持っているかとしきりに聞いていた• お守りを忘れてきた美世。 帰りに何者かに連れ去られ… 相変わらず清霞の不意打ちな恥ずかしそうな顔とか笑顔にハッとしてしまいますね。 やわらかい色使いが美しい異能モノ!ぜひ漫画の方もお楽しみください! 最新話をどこよりも早く読むのならガンガンONLINEがおすすめ!アプリのダウンロードは無料です。

次の

わたしの幸せな結婚 1~5巻~異能が無いので使用人同然に扱われ清霞に嫁げと言われ久堂家を追い出されてしまう美世 のネタバレ・感想・無料試し読み!

わたし の 幸せ な 結婚 ネタバレ

『わたしの幸せな結婚』前話 10 話のあらすじは・・・ 香耶と出会った後、美世は部屋にこもってしまいます。 事情を聞いた清霞は悩んでいることはそのうち気にせずともよくなると慰めますが、美世はその後一週間も姿を見せなくなりました。 そんな美世の元に訪ねてきたのは唯一の味方だった花でした。 離れたくないのだと泣く美世に清霞はいい方ですねと花は清霞のはからいでやって来たことを教えます。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 久堂が花を呼んだ? 「旦那さまが花を呼んだ? どうして……」 困惑する美世に、花は久堂が美世を心配していたと言う。 そして花を知っているという事は、つまり久堂は美世の全てを調べ尽くし知り尽くしているという事だ。 ただでさえ非能力者である自身を無価値だと卑下しているのだ。 久堂が真実を知ったらきっとそんな無価値な自分を捨てるに違いない。 しかし自分が知っている旦那様は全く違った……。 花は勇気を出して欲しいと言う。 そう、久堂は待っているのだ。 「ありがとう、花」 自分の頭を撫でる花の手は、あの頃と変わらずに温かい。 全てを久堂に打ち明けると言う…。 全てを受け入れた久堂 「旦那さまっ!」 新聞を読んでいた久堂に美世は声をかける。 そしてずっと言えなかった事、自分には異能がないのだという事を打ち明ける。 そのせいで学校も小学校までしか通えず、実家ではずっと使用人状態であった。 教養も器量もない。 見た目も自信がない。 ……なのに、追い出されたくなくて黙っていた。 もし久堂がタヒねと言うのなら自分はタヒぬ。 出ていけと行ってもいい。 せめてもの詫びとして髪留めを贈る。 それも不要なら捨てても構わない。 これが話さなければいけない事の全て。 どうか判断を聞かせて欲しい……。 彼も美世に出ていかれては困る。 もう少ししたら正式に婚約しようと思っているのだから。 思わず顔が熱くなる。 美世は久堂が許してくれるなら、ずっとここに居たいと言う。 しかし、許すも何も久堂自体が美世にここにいて欲しいと言う。 美世は思った。 今まで人生でいい事など一つも無かった。 何のために生まれてきたのかも分からない。 しかし、しかしだ…。 その要望通り、彼の髪の毛を結ってあげる事に。 それは久堂の美しい髪によく似合う。 大事に使わせて貰う……そう言われ、美世は嬉し恥ずかしだ。 美世は花に「本当に本当にありがとう」と礼を述べる。 もし花に会えなかったら、花の言葉が無かったら、今もなお部屋に閉じこもったままだろう…。 花も美世に会えて本当に良かったと言う。 久堂は五道に見張りはいないかと問う。 どうやらおらず、今日の事は知られてはいないだろうと…。 車で去っていく花を見て少し悲し気な顔をする美世。 しかし久堂はそんな顔をしなくても、これからはいつでも誰にでも会えるんだと…。 改めて久堂に頭を下げる美世。 その顔は確かな喜びに満ちており、そこにはこれまでの悲しい雰囲気は微塵もなかった…。 香耶はおじに文句を言う。 美世は久堂の家に居座っているし、幸次は美世の味方をするし……。 しかし、その屋敷で素敵な殿方を見かけたと言う。 他でもない、久堂清霞の事だ。 おじは、彼が斎森家を尋ねたのは知っている。 恐らく美世のような娘を寄越された事に対する文句か何かか? 迷惑料でも請求したに違いない。 しかしやるべきことは一つ。 美世が久堂家を追い出されたなら、彼女を保護して辰石の嫁として迎える。 そうすれば……全てがあるべき場所に収まる。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の