アマゾン セラー 登録。 セラーセントラルAmazon出品者アカウント登録方法を解説!

Amazonビジネス

アマゾン セラー 登録

メルカリの審査と同じと思っておけばいいニャロね。 はい、その通りですね。 審査と言っても堅苦しい審査ではありません。 メルカリで初めて出品をする際に本人確認書類の提出が必要なことと一緒になります。 ただし、以下にも書いてありますがAmazonの場合、海外法人でもあるため言葉が分かりずらいんです。 でも、大丈夫です。 この記事ですべて解説していきますので迷うことはありません。 Amazon出品用アカウントの審査に必要な書類は2つ! ここからが本題です。 上記のメールの中にあるURLを開くと以下の画像のようなアップロードする画面が表示されます。 画像が見ずらいので、Amazonに初回出品前に必要な審査書類2つとは何か?セラーセントラルでアップロードする時に書かれている一部の内容をそのままお伝えすると・・ 1:国民ID(身分証明書)の証明書類 1部 ・政府発行の国民IDの両面をスキャンしたカラーコピーを1つのファイルに統合し提出してください。 【提出条件の一部を抜粋】 2:銀行取引明細書 1部 ・口座番号および金額は隠し、文書のその他の部分が見えるようにしてください。 ・銀行口座明細書に記載されている住所は、Amazonアカウントに登録されている住所と一致している必要があります。 ・銀行明細書は過去90日間に発行されたものを送信してください。 【提出条件の一部を抜粋】 (引用:Amazonメール) はい、何を言っているかわからないところが多いと思います。 僕はこの段階で徹底的にネットで調べ、国民IDとはマイナンバー(通知カード)のことで、銀行取引明細とは、通帳ということがわかり、すぐにスキャンしてアップロードして送信したわけです。 はい、 ネット上ではそのように書かれておりますが実際は違います! では、上記で抜粋した提出条件の一部の内容と一緒に、正確な提出書類をお伝えしていきます。 国民ID(身分証明書)の証明書類 = 免許証・パスポート 国民ID(身分証明書)の証明書類とは、 運転免許証またはパスポートです。 もう一度言いますが、 マイナンバーではありませんよ。 笑 実際、僕がマイナンバーをアップロードして送信して翌日にAmazonから届いたメールがこちらです。 画像が見にくいかもしれませんので、どのような内容が書かれていたかと言うと・・ 恐れ入りますが、マイナンバーカードは受け付けていないため、ご提出いただいた身分証明書を確認できませんでした。 30日以内に、政府発行による有効な写真付き身分証明書を、セラーセントラルの「検証」セクションの指示に従ってご提出いただきますようお願いいたします。 この書類には、以下の情報が明記されている必要があります。 内容が両面にわたる場合は、書類の両面のコピーをご提出いただきますようお願いいたします。 — 氏名 — 生年月日 — 有効期限 — 所持人自署(該当する場合) — 発行国または国籍 例: 運転免許証、パスポートなど、政府が発行する写真付きの身分証明書 (引用:Amazonメール) はい、しっかりと マイナンバーは受け付けていませんと記載されており、しかも運転免許証やパスポートという記載がされております。 提出条件の補足 1:口座番号および金額は隠し、文書のその他の部分が見えるようにしてください。 通帳の表面・1ページ目・通帳記入したページ(直近の取引約90日間分)。 この3つをスキャンし口座番号と取引の金額(残高)が記載されている箇所をペイントなどの画像編集ソフトで塗りつぶし、上記の免許と同様に1つに統合します。 2:銀行口座明細書に記載されている住所は、Amazonアカウントに登録されている住所と一致している必要があります。 通帳に住所は記載されておりませんので、特に何もする必要はありません。 3:銀行明細書は過去90日間に発行されたものを送信してください。 直近の取引がしっかりされているか確認の為に通帳記入していただき、過去90日間分をスキャンします。 僕は、通帳記入をしない派なので慌てて銀行へ行き通帳記入を5年ぶりにしました。 笑 以上となります。 ネットでスキャンでも写真でも大丈夫と書かれておりますが、スマホで写メした画像が受領されるかは分かりません。 一度試してみるのも良いかもしれませんが一番確実なのはスキャンすることです。 もし、スキャナーがご自宅に無い場合はコンビニの複合機でスキャンしたり、スキャンできるスマホアプリをインストールして行いましょう。 Amazon新規出品前の審査に通らない!理由と対策 まずは考えられる理由をサクッと挙げてみましょう。 はじめまして。 現在、セラーセントラル小口出品で登録を始めた段階でアカウント出品前審査をまだしていない段階です。 商品登録は出来るとのお話でしたが実際にカタログから商品登録に入りJANコード入力してコンディションを選択し、この商品を出品するボタンをクリックしても次の画面に進みません。 いろんな商品で試してみましたが ダメでした。 制限を確認すると PS3ソフト 中古『現在、この商品は出品いただけません。 出品の申請も受け付けておりません。 』 バンダイ スターウォーズプラモ 新品 『このコンディションでは出品できません。 』 アカウント出品前審査メールが来る前は登録出来たのですが、これは審査が終われば出品できるようになるのでしょうか? アカウント情報を見ると、出品ステータスは休止になっていて、アクティブにクリックしなおしても休止に戻ってしまいます。 始めての事なので何がなんだか分かりません。 セラーセントラルに問い合わせようと思いましたが、小口はメールのみの問い合わせと記載がありましたので面倒です。 何か対処法、もしくはご存知な事があれば是非サポートお願いします。

次の

セラーセントラルに登録直後アカウント一時停止になり解除不可

アマゾン セラー 登録

事業者様(法人・個人事業主)にお勧めの大口出品サービスでは、月々4,900円の登録料と、商品の成約時に課金される販売手数料、およびカテゴリー成約料のみで販売することができます。 月間50個以上の商品の販売を見込む場合、または出品許可が必要な商品カテゴリーでの販売をご希望される場合は、大口出品サービスがお勧めです。 小口出品サービスの場合、月間登録料はなく、商品の成約時に100円の基本成約料のほか、販売手数料とカテゴリー成約料がかかります。 ただし、本・ミュージック・ビデオ・DVD以外のカテゴリーの出品商品数が200万商品を超えた場合に、超過分に対して翌月に1商品ごとに0. 05円の手数料がかかります。 (在庫数ではなく出品している商品の数です。 例えばA商品を100個出品した場合1と数えます。 ) カテゴリーごとの販売手数料、およびカテゴリー成約料については、をご確認ください。 Amazonマーケットプレイスのお取引において問題が生じ、購入者と出品者の間で解決できない場合、当サイトにて購入者の代金を30万円を限度として保証するシステムです。 商品が配送中の事故や紛失、または配送後の盗難などで購入者の手元に届かなかったことが判明した場合、出品者は購入者への補償責任を問われません。 Amazon. jpでは、購入者に対し、注文に問題があった場合にはまず最初に出品者に直接連絡を取って解決するようお願いしています。 それでも問題が解決されなかった場合、購入者はAmazonマーケットプレイス保証クレームを申請することになります。 Amazonマーケットプレイス保証クレームが申請されると、Amazon. jpは出品者に連絡し、注文と発送手順に関する基本的な情報の提供を求めます。 その後、提供された情報を元にAmazonマーケットプレイス保証クレームが適用されるかどうかを判断します。 商品ラベルを貼りつけることで、出品者様の商品として判別ができます。 また、商品に対してSKUなどの識別子、およびそのバーコードを付随させることができます。 ラベルには、商品を識別するバーコードや、商品の概要、コンディションなど、FBAで必要な情報が表示されますので、商品または商品のパッケージに、ラベル全体が見えるように貼り付けてください。 また、Amazonに商品を納入する際には、すべての商品にラベルが規定どおりの方法で貼りつけてある必要があります。 また、商品がシュリンクラップや保護ケースに入っている場合は、それらを外さずにバーコードがスキャンできる状態であることをご確認ください。 なお、ラベルは商品に既存のバーコードを覆うように貼りつけてください。 セラーセントラルの納品手続きページから、ステータスを確認できます。 納品通知を行うと、ステータスは輸送中と表示されます。 Amazon フルフィルメントセンターで受領して商品をスキャンした後、当該納品設定は受領済みとして納品記録に移動します。 なお、問い合わせ番号で配送状況が確認でき、受領から3日経ってもステータスが受領済みとならない場合、ステータスについてテクニカルサポートにお問い合せください。 お問い合わせの際は、配送業者から受領したトラッキング番号や、その他納品に関連する情報をすべて記載してください。 納品の受け入れが遅延する主な原因は以下のとおりです。 配送ラベルの質が低い、または、間違いがある場合(商品数が過多もしくは不足している場合は、Amazon で調査をすることとなります) 梱包が不十分、または販売前に何らかの準備が必要とされる場合(十分梱包されていない商品、破損がある商品その他) 納品不備が発見された場合には、出品者に返送いたします。

次の

【総まとめ】初心者でも分かるamazonセラーアプリの使い方

アマゾン セラー 登録

ITを軸にしたテックカンパニーとしてさらに発展するために、開発職が働きやすい環境の提供に力を入れています。 その一例が、開発職向け備品購買支援制度「サポートTech12」です。 技術者支援のためのサポートTech12ですが、運用していくうちに課題も出てきました。 ガバナンスを効かせるには、購入データを集約し検証、見直しする機会が必要です。 こうした課題解決に資する手段として、サポートTech12の購入フローにAmazonビジネスを組み込む発想が生まれました。 新しい購入フローでは、個人購入に代わり会社がAmazonビジネスでまとめて購入するように変更しました。 品物は各事業所へ配送し、総務担当者から申請者本人に渡す流れです。 開発職は購入・経費精算する手間が省けるため、制度を使いやすくなり、導入後1カ月の利用件数は前月比1. 5 倍と大幅な増加を見せました。 購入窓口と配送先を集約するため送料を削減できる点もメリットですね。 個人事業主のお客様は、「確定申告書B」、「開業届出書」、過去2年以内の「所得税青色申告決算書」、過去2年以内の「青色申告承認申請書」、いずれか一つの書類を登録サイトからアップロードしてください。 提出書類とアカウント登録情報の住所・名前(もしくは屋号)は一致しなれければならないため、引っ越しなどで書類情報と登録内容が違う場合は「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」も上記書類と併せて提出が必要になります。 注:税務署の印鑑付き。 ただし、e-Tax 国税電子申告・納税システム で青色申告書を提出した場合、受信通知を含めたコピーをご提出ください。 「確定申告書A」、「白色申告決算書」のご提出は受け付けておりません。

次の