ピアニッシモ フラン。 ピアニッシモファミリー

コンビニで番号バラバラ|タバコの呼び方を覚えるにはココを見ろ!

ピアニッシモ フラン

概要 [ ] もともとは社製造時代からで販売されていた製品で、JTによるRJRの海外部門買収を機に2004年6月からピアニッシモブランドを独立させ、2005年5月1日よりJTの取り扱い銘柄(国内生産)となった。 それ以降、ペティル、フランの追加や他のJTメンソール銘柄のピアニッシモへの統合が行われている。 社の同様、女性向けのタバコである。 製品一覧 [ ] 現行販売製品(日本たばこ産業製造・販売) [ ] 製品名 発売年月日 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考 ピアニッシモ・アリア・メンソール 6月1日 480円 20本 1mg 0. 1mg 全国 2006年3月よりD-spec、2012年1月中旬に「ピアニッシモ・ワン」から変更 (くせの無いメンソール) ピアニッシモ・ペティル・メンソール・ワン 480円 20本 1mg 0. 1mg 全国 D-spec製品、2009年5月上旬まで「ピアニッシモ・ペシェ・メンソール・ワン」 () ピアニッシモ・フラン・メンソール・ワン 240円 10本 1mg 0. 1mg 全国 D-spec製品(フレーバー) ピアニッシモ・プレシア・メンソール 480円 20本 1mg 0. 1mg 全国 D-spec製品、2012年1月中旬に「ピアニッシモ・スーパースリム・メンソール・ワン」から変更(強めのメンソール) ピアニッシモ・プレシア・ディアス・メンソール 480円 20本 5mg 0. 3mg 全国 D-spec製品(強いメンソール感としっかりとした吸い応え)タール・ニコチン値の変更がされている。 ピアニッシモ・アイシーン・グラシア 480円 20本 5mg 0. 4mg 全国 D-spec製品、2012年1月中旬に「ピアニッシモ・アイシーン・メンソール」から変更 (強めのメンソール) ピアニッシモ・アイシーン・クリスタ 480円 20本 1mg 0. 1mg 全国 D-spec製品、2012年1月中旬に「ピアニッシモ・アイシーン・メンソール・ワン」から変更(強めのメンソール) ピアニッシモ・ルーシア・メンソール 480円 20本 5mg 0. 3mg 全国 D-spec製品 (フレーバー) 販売終了製品 (日本たばこ産業製造・販売) [ ] 製品名 発売年月日 廃止年月 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考 ピアニッシモ・ライト 2004年6月1日 2006年8月 320円 20本 6mg 0. 5mg 全国 2006年3月よりD-spec ピアニッシモ・ウルトラライト 2011年5月 440円 20本 3mg 0. 2mg 全国 より ピアニッシモ・ヴィヴ・メンソール 5月 450円 20本 6mg 0. 5mg 全国 D-spec製品、キングサイズ。 統合後初のアイシーンを冠した製品 ピアニッシモ・ヴィヴ・メンソールの事実上の後継 脚注 [ ]• (それに先立ち、アイシーンは上旬頃に化されている)• またつぶして吸うことで、つぶさずに吸った時に比べ、口の中に残るたばこの後味がすっきりとなり、口の中に残るたばこのにおいが気にならないという特徴がある。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - ログインが必要.

次の

ピアニッシモ (たばこ)

ピアニッシモ フラン

10本入りのタバコの値段・メリット 10本入りタバコとは タバコは基本的には20本入りのパッケージで販売されています。 (最近は19本入りなど、20本以外のタバコもありますが、それらは特殊な銘柄と言えます。 ) つまり、 普通のタバコの半分という単位で販売されているのが、10本入りタバコということになります。 値段も半分 本数が半分ということは 値段も半分なのか? 結論を言うと、正にその通りです。 2019年現在、10本入りのタバコは 250円で販売されています。 普通のタバコが450円~500円なので、丁度半分程度の価格ですね。 銘柄については後ほど詳しく触れますが 女性向けタバコのピアニッシモやバージニアというシリーズにも10本入りタバコがあります。 これらは同シリーズの20本入りが480円なので、価格は半分の240円ということになっています。 10本入りタバコのメリット 10本入りタバコの購入メリットを考えると、下記の 3点考えられましたので見ていきます。 また、10本入りということは初めて試してみるという場合にもメリットがありますよね。 20本入りのタバコはポケットに入れておくと結構邪魔になります。 タバコだけでポケットの容量を埋めてしまうので、携帯や鍵なんかと一緒に持ち歩くとかさばりますね。 これが10本入りだと半分のサイズですから、印象はかなり違います。 フリスクとか目薬が1個ポケットに入ってるくらいの感覚ですかね。 喫煙者の方はそんな経験がありませんか? 10本入りだとこの点は堅実に吸う事ができそうですよね。 コンビニで売られている10本入りタバコの特色を紹介 ここでは、10本入りのタバコの銘柄を紹介していきます。 コンビニで普通に売られている10本入りタバコに限定して挙げていきます。 ここで挙げるタバコのうち、ホープ、ピースは 250円、ピアニッシモ、バージニアは 240円で販売されています。 実はこれ以外にも10本入りタバコは存在しますが、普通コンビニでは売られていません。 ホープ ホープはタールが強めなタバコ ショートホープという呼び名で知られるホープは 10本入りタバコであると同時に、 タールが強いのも特徴の一つです。 ホープは 14㎎と普通のタバコの中でも強めな方です。 ライト(9㎎) スーパーライト(6㎎) と弱めなラインナップでもそこそこ強めなタールになっています。 ホープのフィルターの特徴 現在主流となっているタバコのフィルターが チャコールフィルターというものです。 これは、活性炭入りのフィルターで、ニコチンやタールを吸着するための仕組みです。 この吸着作用によってタバコの雑味が抑えられているそうです。 ホープは フィルターがチャコールフィルターでは ありません。 なので、 タバコ本来の味わいを楽しみたいという方には向いたタバコと言えます。 ホープは男性向け 以上2点を踏まえて、ホープは 男性向けのタバコと言えるでしょう。 イメージですが、 おじさんが吸っている印象があります。 ピース 通向けのショートピース 10本入りという事よりも、 両 切りタバコという事の方がピースの特徴としては大きいかもしれません。 ピースは両切りタバコと言って、 フィルターのないタバコです。 また、タールが 28㎎と異常に高いので、肺に入れない人も多いようです。 口腔喫煙、つまりふかして楽しむ吸い方ですね。 ショートピースは フィルターなしの煙を口の中で味わう 一般的なタバコとは少し趣の異なる通向けのタバコと言えますね。 ショートピースについては、でも詳しくご紹介しています。 こちらも是非ご覧ください! 自然な甘い香りが特徴 ショートピースは、バージニア産と国産葉のブレンドでバニラの風味が付いています。 違和感のない自然で 独特な甘い香りが特徴です。 この香りをじっくり味わう、というのが通好みなんですね。 『両切りタバコ』、『高タール』、『独特の香り』 ショートピースは紙巻きタバコの中でも、個性の強い一品と言えます。 ショートピースを置いてないお店では予約するか、交渉してみる 通向けのタバコということで、タバコ専門店ではない コンビニでは取扱いが少ないのが現状です。 ピースのファンなのになかなか見つからないという方は コンビニで予約注文をする手がありますよ。 予約についてはに詳しく書いていますので是非ご覧ください! ピアニッシモアロマティックフラン フランの特徴は『香り』 女性向けタバコとして発売されているピアニッシモシリーズでは、タバコのニオイ対策が施されています。 それが、日本たばこの 【Less Smoke Smell】という技術です。 従来のタバコと比べて、タバコの臭気が抑えられていて、同時に煙が少ないというのもセールスポイントです。 【Less Smoke Smell】はメビウスモードシリーズや、ウィンストンキャスターでも使われている技術ですが フラン独自の特徴としては、 ラズベリーの香りが付いているということが挙げられます。 フランは女性向け 1㎎とタールが低く、【Less Smoke Smell】でニオイも対策されている。 また、ラズベリーの香りつき、とかなり 女性を意識して作られているタバコですね。 タバコをがっつり楽しみたい方には向きませんが 「タバコ臭は苦手だけど、メンソールでスッキリしたい!」 「お洒落にタバコを吸いたい!」 という方に好まれるタバコとなっています。 女性向けタバコですが、稀に男性が買われるのも見かけますよ。 バージニアエスデュオメンソール 外国たばこ唯一の10本入りタバコ バージニアエスデュオメンソール。 バージニアエスシリーズなので、そこは略して 『デュオ』と呼ばれます。 デュオもフランと同様に 女性向けタバコとなっています。 外国タバコで唯一の10本入りタバコです。 また、画像を見ていただいた通り、パッケージの色が二種類あります。 タバコ感は少ないということですが、その分 メンソールが強く感じられるようです。 同じ10本入りで女性向けのフランとの比較でも、メンソールの強さが目立ちます。 フランの方はラズベリーの香りと相まって柔らかめにまとまった味なのに対して、デュオは メンソールがガツンとくる味ということです。 以上ご紹介してきましたが、まとめると 【男性向け】ホープ 【通向け】 ピース 【女性向け】フラン、デュオ ということになります。 コンビニのタバコについては、以下のコンテンツもご紹介しています。 当サイトでは、コンビニのATMについても以下のコンテンツもご紹介しています。 少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください! 当サイトでは、コンビニの新商品についても以下のコンテンツもご紹介しています。 当サイトでは、コンビニの切手についても以下のコンテンツをご紹介しています。 少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!.

次の

ピアニッシモフランうめえ

ピアニッシモ フラン

10本入りのタバコの値段・メリット 10本入りタバコとは タバコは基本的には20本入りのパッケージで販売されています。 (最近は19本入りなど、20本以外のタバコもありますが、それらは特殊な銘柄と言えます。 ) つまり、 普通のタバコの半分という単位で販売されているのが、10本入りタバコということになります。 値段も半分 本数が半分ということは 値段も半分なのか? 結論を言うと、正にその通りです。 2019年現在、10本入りのタバコは 250円で販売されています。 普通のタバコが450円~500円なので、丁度半分程度の価格ですね。 銘柄については後ほど詳しく触れますが 女性向けタバコのピアニッシモやバージニアというシリーズにも10本入りタバコがあります。 これらは同シリーズの20本入りが480円なので、価格は半分の240円ということになっています。 10本入りタバコのメリット 10本入りタバコの購入メリットを考えると、下記の 3点考えられましたので見ていきます。 また、10本入りということは初めて試してみるという場合にもメリットがありますよね。 20本入りのタバコはポケットに入れておくと結構邪魔になります。 タバコだけでポケットの容量を埋めてしまうので、携帯や鍵なんかと一緒に持ち歩くとかさばりますね。 これが10本入りだと半分のサイズですから、印象はかなり違います。 フリスクとか目薬が1個ポケットに入ってるくらいの感覚ですかね。 喫煙者の方はそんな経験がありませんか? 10本入りだとこの点は堅実に吸う事ができそうですよね。 コンビニで売られている10本入りタバコの特色を紹介 ここでは、10本入りのタバコの銘柄を紹介していきます。 コンビニで普通に売られている10本入りタバコに限定して挙げていきます。 ここで挙げるタバコのうち、ホープ、ピースは 250円、ピアニッシモ、バージニアは 240円で販売されています。 実はこれ以外にも10本入りタバコは存在しますが、普通コンビニでは売られていません。 ホープ ホープはタールが強めなタバコ ショートホープという呼び名で知られるホープは 10本入りタバコであると同時に、 タールが強いのも特徴の一つです。 ホープは 14㎎と普通のタバコの中でも強めな方です。 ライト(9㎎) スーパーライト(6㎎) と弱めなラインナップでもそこそこ強めなタールになっています。 ホープのフィルターの特徴 現在主流となっているタバコのフィルターが チャコールフィルターというものです。 これは、活性炭入りのフィルターで、ニコチンやタールを吸着するための仕組みです。 この吸着作用によってタバコの雑味が抑えられているそうです。 ホープは フィルターがチャコールフィルターでは ありません。 なので、 タバコ本来の味わいを楽しみたいという方には向いたタバコと言えます。 ホープは男性向け 以上2点を踏まえて、ホープは 男性向けのタバコと言えるでしょう。 イメージですが、 おじさんが吸っている印象があります。 ピース 通向けのショートピース 10本入りという事よりも、 両 切りタバコという事の方がピースの特徴としては大きいかもしれません。 ピースは両切りタバコと言って、 フィルターのないタバコです。 また、タールが 28㎎と異常に高いので、肺に入れない人も多いようです。 口腔喫煙、つまりふかして楽しむ吸い方ですね。 ショートピースは フィルターなしの煙を口の中で味わう 一般的なタバコとは少し趣の異なる通向けのタバコと言えますね。 ショートピースについては、でも詳しくご紹介しています。 こちらも是非ご覧ください! 自然な甘い香りが特徴 ショートピースは、バージニア産と国産葉のブレンドでバニラの風味が付いています。 違和感のない自然で 独特な甘い香りが特徴です。 この香りをじっくり味わう、というのが通好みなんですね。 『両切りタバコ』、『高タール』、『独特の香り』 ショートピースは紙巻きタバコの中でも、個性の強い一品と言えます。 ショートピースを置いてないお店では予約するか、交渉してみる 通向けのタバコということで、タバコ専門店ではない コンビニでは取扱いが少ないのが現状です。 ピースのファンなのになかなか見つからないという方は コンビニで予約注文をする手がありますよ。 予約についてはに詳しく書いていますので是非ご覧ください! ピアニッシモアロマティックフラン フランの特徴は『香り』 女性向けタバコとして発売されているピアニッシモシリーズでは、タバコのニオイ対策が施されています。 それが、日本たばこの 【Less Smoke Smell】という技術です。 従来のタバコと比べて、タバコの臭気が抑えられていて、同時に煙が少ないというのもセールスポイントです。 【Less Smoke Smell】はメビウスモードシリーズや、ウィンストンキャスターでも使われている技術ですが フラン独自の特徴としては、 ラズベリーの香りが付いているということが挙げられます。 フランは女性向け 1㎎とタールが低く、【Less Smoke Smell】でニオイも対策されている。 また、ラズベリーの香りつき、とかなり 女性を意識して作られているタバコですね。 タバコをがっつり楽しみたい方には向きませんが 「タバコ臭は苦手だけど、メンソールでスッキリしたい!」 「お洒落にタバコを吸いたい!」 という方に好まれるタバコとなっています。 女性向けタバコですが、稀に男性が買われるのも見かけますよ。 バージニアエスデュオメンソール 外国たばこ唯一の10本入りタバコ バージニアエスデュオメンソール。 バージニアエスシリーズなので、そこは略して 『デュオ』と呼ばれます。 デュオもフランと同様に 女性向けタバコとなっています。 外国タバコで唯一の10本入りタバコです。 また、画像を見ていただいた通り、パッケージの色が二種類あります。 タバコ感は少ないということですが、その分 メンソールが強く感じられるようです。 同じ10本入りで女性向けのフランとの比較でも、メンソールの強さが目立ちます。 フランの方はラズベリーの香りと相まって柔らかめにまとまった味なのに対して、デュオは メンソールがガツンとくる味ということです。 以上ご紹介してきましたが、まとめると 【男性向け】ホープ 【通向け】 ピース 【女性向け】フラン、デュオ ということになります。 コンビニのタバコについては、以下のコンテンツもご紹介しています。 当サイトでは、コンビニのATMについても以下のコンテンツもご紹介しています。 少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください! 当サイトでは、コンビニの新商品についても以下のコンテンツもご紹介しています。 当サイトでは、コンビニの切手についても以下のコンテンツをご紹介しています。 少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!.

次の