薬物 疑惑 芸能人 リスト。 超大物芸能人12人に薬物疑惑!極秘リストを大公開!これマジでヤバいだろ・・・・・・・・

薬物疑惑の芸能人リスト実名で逮捕秒読みは誰?【2020最新】画像付きで紹介!

薬物 疑惑 芸能人 リスト

2019年11月は「薬物逮捕ラッシュ」 さらに11月6日には田代まさしが覚醒剤使用の疑いで「5度目の逮捕」。 8月24日に田代が宿泊した宮城県塩釜市のホテルが「客が変なものを忘れていった」と警察に通報したことから捜査が進められていた。 田代の逮捕と同じ11月6日、スポーツ界でも元五輪日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏が「大麻を営利目的でアメリカから密輸した」として逮捕。 ワイドショーでは2010年バンクーバー五輪の際に世間を騒がせた「腰パン騒動」での「『反省してまーす』会見」が再び取り上げられた。 そして最大の衝撃となったのが11月16日に報じられた女優・沢尻エリカの逮捕だ。 同15日、合成麻薬MDMAを所持していたとして目黒区碑文谷の自宅で逮捕された彼女。 泉里香と共演する「Indeed」のCMが放送中止となったほか、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では斎藤道三の娘「濃姫」役で収録を進めていたもののすべて撮り直し。 急遽、川口春奈が代役を務めることとなった。 「このリストはキー局スタッフら共有されていて『キャスティングの危険性』が判断できるようになっている。 あくまでも『業界内のウワサ』『周囲の告発』をまとめたデータであって全部を鵜呑みにしてはいけませんが、番組打ち切りや取り直しなどの被害を避けたいテレビ業界にとって非常に重宝する資料なんです」 芸能メディアで飛び交う「疑惑のイニシャル」 新たに作られたリストについて聞く前に、これまでの「薬物疑惑報道」をおさらいしたい。 3月28日の日刊ゲンダイでも「歌姫H」や「奇行で知られる俳優K」の疑惑を報じている。 また4月2日発売の「週刊アサヒ芸能」では「捜査員が密かに追う『薬物芸能人』リスト」と芸能人の薬物疑惑を特集。 「多分野でマルチに活躍する性格俳優H」「女性に人気の個性派俳優Y」「現場をドタキャンするなど奇行が目立つベテラン俳優S」「司会もこなすマルチタレントのN」と多くのイニシャルが並んでいる。 11月13日の東京スポーツでも「薬物逮捕秒読み! 「感情の起伏が激しくハイテンションなことの多い大物歌手A」、「とにかく交友関係が怪しい人気モデルB」、「超売れっ子でマルチな才能を持つお笑い芸人C」と3人の疑惑を綴っているのだ。 「『大物ミュージシャンK』は『最警戒人物』」 再び前出のテレビ関係者。 音楽番組のプロデューサーも『数字が取れて使いたいけど絶対に使えないんだ』とボヤいていました」 さらに同関係者は 「これまで週刊誌でウワサされていた芸能人以外の名前も記されている」と明かす。 「全員のキャスティングを控えればテレビ業界が崩壊」 「とりわけ驚いたところだと『90年代にミリオンセラーを連発したボーカリスト』『元オリンピック代表の女性タレント』『誰もが知るフリー女子アナウンサー』『CDデビューしていた過去を持つ超大物女優』『クイズ番組の常連であるインテリ男性タレント』『かつて小学生に大人気だった芸人』『コントに定評のあるお笑いコンビのツッコミ』。 こうした「沢尻の次」リスクのある芸能人が40人程度列挙されているのですが、私の周囲では『全員のキャスティングを控えればテレビ業界が崩壊する』と専らの話題です」 同関係者 徹底的な薬物排除がテレビ界の急務となっている。 川本みゆき その後の【「薬物疑惑芸能人リスト」に実名掲載された「沢尻の次」40人! 】 2020年2月14日追記 2020年2月を迎えたいまも「芸能界の薬物汚染」は改善される兆しをみせない。 2月13日には歌手の槇原敬之が「2018年4月に覚醒剤を所持、同3月に危険ドラッグを所持していた」という覚醒剤取締法などの疑いで警視庁に逮捕。 1999年以来、21年ぶりの二度目の逮捕に至った。 槇原は2019年10月にスタートしていた「デビュー30周年プロジェクト」の真っ最中。 松本人志が作詞を務め、槇原と浜田雅功が歌った2004年の名曲「チキンライス」の「2020 ver. 」などが収められ、3月4日に発売が予定されていたセルフカバーアルバム「Bespoke」は発売中止を余儀なくされる見込みだ。 薬物の誘惑を断ち切れず、自らの輝かしいキャリアに再び泥を塗ってしまった。 2019年11月26日に配信された本記事「『薬物疑惑芸能人リスト』に実名掲載された『沢尻の次』40人! 」では、約40人の「薬物使用リスク」のある芸能人として「90年代にミリオンセラーを連発したボーカリスト」がテレビ関係者から挙げられたが、この条件は槇原に合致する。 さらに「過去に薬物逮捕歴がある」との指摘が付されていれば証言の信憑性が増したのだが、あまりに個人の特定が容易となるため、あえて証言しなかったことも考えられる。 逮捕を経た芸能人が「薬物脱却」を目指す動きも。 昨年11月に逮捕された沢尻エリカには2月6日の判決公判で「懲役1年6カ月、執行猶予3年」となる判決が下った。 公判で沢尻は「芸能界復帰は考えられない」と語り、手書きの謝罪文で「犯した罪の重さを自覚し反省していき、全力で更生に向けて努力することが自分のできる唯一の償いと考えております」と綴っている。 さらにその後の【「薬物疑惑芸能人リスト」に実名掲載された「沢尻の次」40人! 】 2020年5月4日追記 目立った逮捕者は新たに出ていないものの、芸能関係者の薬物疑惑を巡る「報道合戦」は続いている。 4月18日、文春オンラインは「エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発『毎週末のように一緒に吸っていた』」と題した記事を掲載。 エイベックスの元社員である女性が同社会長である松浦勝人氏の「大麻使用」や自身が薬物の使用を松浦氏に勧められたと告発している。 気になるのが同記事の掲載日。 松浦氏と浜崎あゆみの「禁断の関係」を描いたドラマ「M 愛すべき人がいて」 テレビ朝日系 の初回放送の日だったのだ。 「この報道が事実ならドラマ『M』の放送継続自体が危ぶまれるような大スキャンダル。 もっとも松浦氏サイドは淡々と反論していて慌てている様子もない。

次の

【次に捕まる芸能人2020】逮捕間近の最新36名薬物疑惑!女優俳優アイドル芸人

薬物 疑惑 芸能人 リスト

次に逮捕の可能性…関東連合OBが経営するバーで薬物摂取か? 昨年、一部マスコミに覚醒剤で逮捕される次の芸能人と報道された高身長・超人気渋め俳優Xに再び違法薬物使用の噂が飛び交っている。 今回は覚醒剤ではなく大麻だ。 Xはモデルから芸能活動をスタートしたが、ドラマを始め数々の映画・ドラマ・CMに出演する演技派俳優だ。 「多くの奇行を繰り返し、一部マスコミに逮捕間近と書かれたことで覚醒剤などのクスリから離れていましたが、最近また違法薬物を始めたのか、怪しい交友関係やおかしな行動を取っている姿が多く目撃されるようになりました」(実話誌記者) 多くの女優と噂があるX。 交際中も問題を起こしたことでも知られる。 「Xは六本木のクラブや飲食店を中心とした界隈で遊んでいたことで有名ですが、一部マスコミの薬物報道が原因で出禁になった店も多く、遊びにくくなったのか、最近は恵比寿周辺に移動しました」(前出実話誌記者) Xが訪れる店は決まっているという。 恵比寿にある個室があるバーに撮影などが無い日は入り浸っているというのだ。 しかも、その飲食店にも大きな問題がある。 「一階が普通の飲食店で、二階が会員制バーになっている。 その店で大麻など違法薬物をやっていると噂されて、捜査当局も興味を持っています」(前出実話誌記者) 一度その飲食店に入店すると、友人は当然のことマネージャーなども連絡が取れずに、撮影が中止になったことが何度もあったという。 また、撮影に現れても時間に遅れ、ボーっとする時間も長く、撮影が始まっても呂律が回らずに意味不明な言動で撮影現場のスタッフを混乱させるほか、いきなりスタジオで横たわり熟睡するなど、今までのXとは違うおかしな行動を見せているという。 その行動については、過去一部マスコミで報じられ芸能界を干された時期もあり違法薬物を辞めたのか、復活しファンの前に元気な姿で現れた。 過去の芸能人逮捕のニュースは何度も繰り返しイニシャルで報道され、実際に逮捕に至ったケースは数多い。 Xの違法薬物摂取の噂はもう何度目であろうか。

次の

【2020年最新】芸能人で薬物疑惑報道があるのは誰?俳優女優・タレントアイドルを一覧でまとめ

薬物 疑惑 芸能人 リスト

・自ら歌うだけではなく、作詞作曲も手掛ける希代のヒットメーカー。 ・時代を代表するような名曲も生み出し、あるミュージシャンに提供した楽曲は、ミリオンになったこともある。 ・Xは現在も音楽活動を続けており、最近も某芸能人に楽曲を提供している。 ・薬の使用歴は20年以上。 性行為時の激しい快楽にふけるために使っている。 ・Xの親友も覚醒剤で逮捕されている。 ・Xが出したゴミの中からは、薬物使用の証拠に加え、SMグッズも押収されている。 ・逮捕、起訴された暁には、Xの性癖もあらわになる衝撃的な公判が待っているかも。 情報引用元: 追記:2020年2月13日、槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されました。 日本レコード大賞受賞の大物歌手M 日本レコード大賞も受賞したM。 ・バラードやダンス系ミュージックに定評がある。 ・XはNHKの紅白歌合戦に出場経験がある。 ・X本人にも薬物疑惑が掛かっていますが、マトリが行動確認などを行って狙っているのは主に旦那のZの方。 ・Zは元々チーマー上がりで六本木界隈の遊び人として有名で、その頃から仲間と一緒に違法薬物をやっていた。 ・実際に数人の仲間は大麻やコカインなどで最近も警視庁組対五課に逮捕されている。 ・XもZも夫婦揃って時期は違うがアメリカに留学経験あり。 ・2019年惜しまれつつ亡くなったロック界の大御所に可愛がられていた。 ・X自身も野外フェスや六本木のクラブなどでの奇行が多数目撃されている。 ・この夫婦とその周辺者からの違法薬物の噂は絶えない。 ・X自身は子供がいて、2人目の出産直後は夜の街で目撃情報なども無し。 ・だが実際は目立たない六本木のクラブなどで遊び歩いていた。 情報引用元: ・元々女優として芸能活動を始め、数々のヒット曲を出し、何度も紅白に出場。 ・女優としても数多くの映画やドラマなどに出演。 ・好感度が高いタレントとしてCMにも起用されている。 ・Xの出すアルバムはオリコンチャートでも常にベスト10にランクイン。 ・歌手として女優としても多くの賞を受賞するなど評価は高い。 ・Xの薬物使用疑惑は結構前から。 ・Xは体調が不良のときが結構多く、撮影をドタキャンすることも多い。 ・肌荒れなどがひどいときもあり、薬物の噂が絶えない。 ・独特の声、化粧も独特、性格は元々喜怒哀楽があり、感情の起伏が激しい。 ・かつては結婚していたが、躁鬱状態がひどく家庭内不和が噂され、離婚。 ・コカイン疑惑問題で芸能界を半ば引退したイケメン俳優Nとも一時親密な時期があった。 ・Xは芸能界の交友関係に違法薬物の噂が絶えない人間が多い。 情報引用元: 超人気バンドのボーカルK 第一線で活躍を続ける超人気バンドのボーカルK。

次の