エスニック。 エスニックファッション&アジアンファッション|マーライ【公式ショップ】

笑えるエスニックジョークまとめ

エスニック

------------------------------------------------------------------------------------------------------ ヨーロッパの首脳が乗った飛行機がエンジントラブルをおこした。 「みなさん、いらない荷物を捨ててください」 という機長の放送で、 みんな捨てられるものは全部捨てた。 けれど飛行機の高度は まだまだ落ちていく。 捨てるものはもうない…。 するとドイツの首相が立ちあがり、 「ドイツの栄光のために!」 と叫ぶと、パラシュートをつけて飛び降りた。 しかしまだ飛行機の高度は落ちていく。 次にフランスの首相が立ちあがり、 「フランスの名誉のために!」 と叫んで、パラシュートをつけて飛び降りた。 でもまだ飛行機の高度は落ちていく。 ついにイギリスの首相が立ちあがると、 「イギリスの未来のために!」 と叫んで、アイルランドの首相を突き落とした。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ----------------------------------------------------------------------------------------------------- イエスは罪を犯した女に石を投げる人々に向かってこういった。 「この中で、今まで一度も、心の中ですら 姦淫の罪を犯したことのない者のみ石を投げるがよい」 人々がもし、アメリカ人だったら: 「私は誇りを持って武器を取る!」と石をぶつける。 ついでに心の中というプライベートな 問題に踏み込もうとしたイエスを告訴する。 フランス人だったら: 心の中の姦淫という罪なき甘美を責めるイエスに 猛烈に石を投げ始める。 ドイツ人だったら: 辺りが一瞬、しーんと静まり返る。 そして「でも法律だから。 」という誰かの独り言に目を覚まし、 やっぱり石を投げる。 イギリス人だったら: 一同、こりゃ一本取られたとばかりにファーッファッファと大笑いする。 そして石を投げる。 イタリア人だったら: 絶妙なとんちで騎士のごとく女を救い、 そのハートをつかもうとしたイエスの手練手管に感心する。 そもそも、最初から何が罪だったのかよくわかっていない。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------------------------------------- アル中のスコットランド人が尻のポケットにウィスキーの瓶を入れて 車道を千鳥足。 当然のごとく、車にはねられ道端までとばされた。 幸い命に別状はなかったものの尻のあたりが、 なにやらぬれている模様。 その男、手で触ってみて、 「ああ神様、どうかこれが血でありますように」 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ブラジル人(別に何人でもいい)とアメリカ人が飛行機に乗り合わせた。 エアポケットに入ったとたん4つあるエンジンの一つが停止した。 アナウンス「乗客のみなさま、ご安心を。 エンジンは故障いたしましたが墜落の危険はありません。 ただし到着時間が1時間遅れるのをご承知下さい。 」 しばらくして2つ目が停止した。 「墜落の危険はありませんが、到着時間が2時間遅れます。 」 そして3つ目が停止した。 「墜落の危険はありませんが、到着時間が3時間遅れます。 」 アメリカ人「おいおい、どうなるんだよ!この飛行機は。 後一つでオワリじゃないか。 」 ブラジル人「ああ、困ったよ。 4つとも止まったら4時間も遅れてしまう。 」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 神様が世界中歩き回って、「十戒」を売ろうとしていた。 最初に会ったのがフランス人 神「十戒はいらんかね。 なかなかいいこと書いてあるぞ」 フランス人「なんて書いてあるんだ?」 神「汝、姦淫するなかれ」 フランス人「そんなものいらないわい」 次に会ったのがドイツ人に、神様「いらんか、十戒?」 ドイツ人「なにが買いてあるんだ?」 神「汝、殺すなかれ」 ドイツ人「いらん。 逝け」 日本人にも会った神様、 「十戒欲しくないっすか?神は一人だーと書いてあるんすが」 日本人「? よけいなお世話だ」 で、世界中走り回って、誰にも相手にされなかった神様が、 最後に会ったのがユダヤ人。 疲れ果てた神様「どーだ、十戒、もってけ」 ユダヤ人「それいくら?」 神様「タダでやるわい」 ユダヤ人「なら、二枚くれ」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ アメリカのレストランにて食事中の場面;アメリカ人のカップルが 彼 「ねぇ、ハニー おまえ ! ちょっと蜂蜜とってくれないか?」 彼女「ええ、いいわ。 はいどうぞ!」 それを見ていた別のアメリカ人のカップル、 彼 「おっ、ハニーにハニー 蜂蜜 か!なかなかシャレているねぇ。 ボクたちもやってみようか。 」 「ねぇ、シュガー おまえ ! ちょっと砂糖とってくれないか?」 彼女「ええ、いいわ。 はいどうぞ!」 それを見ていたポーランド人のカップル、 彼 「ハニーにハニー 蜂蜜 、シュガーにシュガー 砂糖 か! いいねぇ。 オレたちもやるか。 おい、ピッグ! ちょっとポークとってくれ。 」 彼女「ええ~? ンもう~!!(怒 」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ あるユダヤ人商人が臨終の床にあって言った。 「愛する我が妻は居るか。 」 「ええ、ここに居るわ。 」 「愛する息子は居るのか。 」 「ここに居るよ、父さん。 」 「・・・娘は。 」 「ここに居るわ。 お父さん。 」 その瞬間、老いた商人はがばりと起きあがって叫んだ。 「なんだって!?それじゃ一体誰が店番をやってるんだ!」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ブッシュ大統領の100人の部下の中にたった一人イスラム過激派が いるが、大統領はそれが誰か知らない。 シラク大統領の100人の愛妾の中にたった一人エイズ感染者が いるが、大統領はそれが誰か知らない。 小泉首相の100人の部下の中にたった一人不況脱出策を知る者が いるが、首相はそれが誰か知らない。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ アメリカ人「日本は男尊女卑なんだろ?」 日本人「そんなことはないさ」 アメリカ人「嘘だよ、日本じゃ夫は王様みたいな扱いだって聞いたぜ」 日本人「ああ、もちろん日本じゃ夫は王様だよ」 アメリカ人「ほら見ろ」 日本人「ただし、日本は立憲君主制だけどね」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 課題「世界で一番速く走れる選手を用意してください」 日本「最新のトレーニング技術を駆使しよう」 北朝鮮「我が国以外全て滅ぼせばいい」 韓国「一番速い選手を韓国人認定すればいい」 アメリカ「世界で最高の施設と技術を用意し それでもだめなら最高の選手にグリーンカードを発行し それでもだめなら競技のルールを変え それでもだめなら選手を持つ国は大量破壊兵器を 備蓄している疑いがある」 旧東ドイツ「このビタミン剤を飲みなさい。 」 イラク「試合で負けたら拷問する」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 豪華客船が沈没して、多国籍の人々が、救命ボートに、乗りました しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと 沈んでしまいます そこで、人々は アメリカ人に対しては、 「あなたはここでヒーローになれる」 と言いました、アメリカ人は、ガッツポーズをして海に飛び込みました 次にイギリス人に対して 「あなたは紳士だ」 と言いました、イギリス人は、うなずいて海に飛び込みました ドイツ人に対しては 「あなたは、飛び込まなくてはならない、それがルールだ」 と言いました、ドイツ人は納得して海に飛び込みました 日本人に対しては 「あなた、飛び込まなくていいんですか? ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」 と言われました、すると日本人は、左右を見渡すと慌てて海に飛び込みました 中国人に対しては 「海に美味しそうな魚がいっぱい泳いでますよ」 と言いました、中国人は、上着を脱いで網代わりにして海に飛び込みました 韓国人に対して言おうとした時、ある一人がそれを止めました 「何故止めるのですか?」 「やめておけ、後で服が濡れたと謝罪と賠償を要求される」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 大国であるが故に、イングランド人は、アイルランド人を馬鹿にし、 大国であるが故に、フランス人は、ベルギー人を鼻で笑い、 大国であるが故に、ドイツ人は、ポーランド人をコケにする。 大国であるのだが、ロシア人は、ロシア人をネタにしてしまう。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------.

次の

笑えるエスニックジョークまとめ

エスニック

エスニック料理とは、本来「」の意味であり、各民族独自の料理がこれに該当する。 しかし一般には、特定の民族や国に伝わる料理を総称することばとして用いられている。 具体的にはタイ、ベトナム、カンボジア、インドネシアなどの東南アジアや、アフリカ、さらにはブラジルなどの中南米の料理をさすことが多い。 これらは1980年代中ごろからニューヨーク、東京、パリなどの都市のレストランで流行の先端を行く料理として紹介、提供されるようになり、脚光を浴びるようになった。 エスニック料理の代表ともいえる東南アジアの料理の特徴としては、使用される調味料があげられる。 第一に、魚やエビを発酵させてうま味を引き出した魚醤 ぎょしょう (魚醤油 うおじょうゆ )や蝦醤 かしょう がある。 魚醤はタイではナンプラー、べトナムではヌクマム(ニョクマン)、カンボジアではタクトレイとよばれている。 日本料理でいえば、秋田の「しょっつる」、石川の「いしる」が魚醤に近く、タイではカピとよばれる蝦醤は塩辛に近い。 第二にトウガラシがあげられる。 乾燥したものを使用する日本とは異なり、生を使用する。 第三にココナッツミルクがあげられる。 これは料理にもデザートにも使用される。 またハーブやスパイスも特徴的で、ほとんど生のまま使用する。 ショウガやニンニク、香菜(シャンツァイ、パクチー、コエンドロなどともいう)、レモングラス、バイ・マックルー(コブミカンの葉で柑橘 かんきつ 類特有の強い香りをもつ)などで独特の味、香りを加える。 さらにこれらのうま味、辛味、甘味に加え、柑橘類の絞り汁やタマリンド(マメ科の植物)の熟した果肉に水を加えて絞った甘酸っぱい液を使って酸味を加える。 代表的な料理に、タイのトムヤムクン(エビを使った酸味と辛味のきいたスープ)、ベトナムのゴイクン(生春巻)、インドネシアのナシ・ゴレン(炒飯 チャーハン )などがある。

次の

笑えるエスニックジョークまとめ

エスニック

------------------------------------------------------------------------------------------------------ ヨーロッパの首脳が乗った飛行機がエンジントラブルをおこした。 「みなさん、いらない荷物を捨ててください」 という機長の放送で、 みんな捨てられるものは全部捨てた。 けれど飛行機の高度は まだまだ落ちていく。 捨てるものはもうない…。 するとドイツの首相が立ちあがり、 「ドイツの栄光のために!」 と叫ぶと、パラシュートをつけて飛び降りた。 しかしまだ飛行機の高度は落ちていく。 次にフランスの首相が立ちあがり、 「フランスの名誉のために!」 と叫んで、パラシュートをつけて飛び降りた。 でもまだ飛行機の高度は落ちていく。 ついにイギリスの首相が立ちあがると、 「イギリスの未来のために!」 と叫んで、アイルランドの首相を突き落とした。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ----------------------------------------------------------------------------------------------------- イエスは罪を犯した女に石を投げる人々に向かってこういった。 「この中で、今まで一度も、心の中ですら 姦淫の罪を犯したことのない者のみ石を投げるがよい」 人々がもし、アメリカ人だったら: 「私は誇りを持って武器を取る!」と石をぶつける。 ついでに心の中というプライベートな 問題に踏み込もうとしたイエスを告訴する。 フランス人だったら: 心の中の姦淫という罪なき甘美を責めるイエスに 猛烈に石を投げ始める。 ドイツ人だったら: 辺りが一瞬、しーんと静まり返る。 そして「でも法律だから。 」という誰かの独り言に目を覚まし、 やっぱり石を投げる。 イギリス人だったら: 一同、こりゃ一本取られたとばかりにファーッファッファと大笑いする。 そして石を投げる。 イタリア人だったら: 絶妙なとんちで騎士のごとく女を救い、 そのハートをつかもうとしたイエスの手練手管に感心する。 そもそも、最初から何が罪だったのかよくわかっていない。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------------------------------------- アル中のスコットランド人が尻のポケットにウィスキーの瓶を入れて 車道を千鳥足。 当然のごとく、車にはねられ道端までとばされた。 幸い命に別状はなかったものの尻のあたりが、 なにやらぬれている模様。 その男、手で触ってみて、 「ああ神様、どうかこれが血でありますように」 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ブラジル人(別に何人でもいい)とアメリカ人が飛行機に乗り合わせた。 エアポケットに入ったとたん4つあるエンジンの一つが停止した。 アナウンス「乗客のみなさま、ご安心を。 エンジンは故障いたしましたが墜落の危険はありません。 ただし到着時間が1時間遅れるのをご承知下さい。 」 しばらくして2つ目が停止した。 「墜落の危険はありませんが、到着時間が2時間遅れます。 」 そして3つ目が停止した。 「墜落の危険はありませんが、到着時間が3時間遅れます。 」 アメリカ人「おいおい、どうなるんだよ!この飛行機は。 後一つでオワリじゃないか。 」 ブラジル人「ああ、困ったよ。 4つとも止まったら4時間も遅れてしまう。 」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 神様が世界中歩き回って、「十戒」を売ろうとしていた。 最初に会ったのがフランス人 神「十戒はいらんかね。 なかなかいいこと書いてあるぞ」 フランス人「なんて書いてあるんだ?」 神「汝、姦淫するなかれ」 フランス人「そんなものいらないわい」 次に会ったのがドイツ人に、神様「いらんか、十戒?」 ドイツ人「なにが買いてあるんだ?」 神「汝、殺すなかれ」 ドイツ人「いらん。 逝け」 日本人にも会った神様、 「十戒欲しくないっすか?神は一人だーと書いてあるんすが」 日本人「? よけいなお世話だ」 で、世界中走り回って、誰にも相手にされなかった神様が、 最後に会ったのがユダヤ人。 疲れ果てた神様「どーだ、十戒、もってけ」 ユダヤ人「それいくら?」 神様「タダでやるわい」 ユダヤ人「なら、二枚くれ」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ アメリカのレストランにて食事中の場面;アメリカ人のカップルが 彼 「ねぇ、ハニー おまえ ! ちょっと蜂蜜とってくれないか?」 彼女「ええ、いいわ。 はいどうぞ!」 それを見ていた別のアメリカ人のカップル、 彼 「おっ、ハニーにハニー 蜂蜜 か!なかなかシャレているねぇ。 ボクたちもやってみようか。 」 「ねぇ、シュガー おまえ ! ちょっと砂糖とってくれないか?」 彼女「ええ、いいわ。 はいどうぞ!」 それを見ていたポーランド人のカップル、 彼 「ハニーにハニー 蜂蜜 、シュガーにシュガー 砂糖 か! いいねぇ。 オレたちもやるか。 おい、ピッグ! ちょっとポークとってくれ。 」 彼女「ええ~? ンもう~!!(怒 」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ あるユダヤ人商人が臨終の床にあって言った。 「愛する我が妻は居るか。 」 「ええ、ここに居るわ。 」 「愛する息子は居るのか。 」 「ここに居るよ、父さん。 」 「・・・娘は。 」 「ここに居るわ。 お父さん。 」 その瞬間、老いた商人はがばりと起きあがって叫んだ。 「なんだって!?それじゃ一体誰が店番をやってるんだ!」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ブッシュ大統領の100人の部下の中にたった一人イスラム過激派が いるが、大統領はそれが誰か知らない。 シラク大統領の100人の愛妾の中にたった一人エイズ感染者が いるが、大統領はそれが誰か知らない。 小泉首相の100人の部下の中にたった一人不況脱出策を知る者が いるが、首相はそれが誰か知らない。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ アメリカ人「日本は男尊女卑なんだろ?」 日本人「そんなことはないさ」 アメリカ人「嘘だよ、日本じゃ夫は王様みたいな扱いだって聞いたぜ」 日本人「ああ、もちろん日本じゃ夫は王様だよ」 アメリカ人「ほら見ろ」 日本人「ただし、日本は立憲君主制だけどね」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 課題「世界で一番速く走れる選手を用意してください」 日本「最新のトレーニング技術を駆使しよう」 北朝鮮「我が国以外全て滅ぼせばいい」 韓国「一番速い選手を韓国人認定すればいい」 アメリカ「世界で最高の施設と技術を用意し それでもだめなら最高の選手にグリーンカードを発行し それでもだめなら競技のルールを変え それでもだめなら選手を持つ国は大量破壊兵器を 備蓄している疑いがある」 旧東ドイツ「このビタミン剤を飲みなさい。 」 イラク「試合で負けたら拷問する」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 豪華客船が沈没して、多国籍の人々が、救命ボートに、乗りました しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと 沈んでしまいます そこで、人々は アメリカ人に対しては、 「あなたはここでヒーローになれる」 と言いました、アメリカ人は、ガッツポーズをして海に飛び込みました 次にイギリス人に対して 「あなたは紳士だ」 と言いました、イギリス人は、うなずいて海に飛び込みました ドイツ人に対しては 「あなたは、飛び込まなくてはならない、それがルールだ」 と言いました、ドイツ人は納得して海に飛び込みました 日本人に対しては 「あなた、飛び込まなくていいんですか? ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」 と言われました、すると日本人は、左右を見渡すと慌てて海に飛び込みました 中国人に対しては 「海に美味しそうな魚がいっぱい泳いでますよ」 と言いました、中国人は、上着を脱いで網代わりにして海に飛び込みました 韓国人に対して言おうとした時、ある一人がそれを止めました 「何故止めるのですか?」 「やめておけ、後で服が濡れたと謝罪と賠償を要求される」 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ ------------------------------------------------------------------------------------------------------ 大国であるが故に、イングランド人は、アイルランド人を馬鹿にし、 大国であるが故に、フランス人は、ベルギー人を鼻で笑い、 大国であるが故に、ドイツ人は、ポーランド人をコケにする。 大国であるのだが、ロシア人は、ロシア人をネタにしてしまう。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------.

次の