火口のふたり あらすじ キャスト。 大胆過ぎて劇場NG…『火口のふたり』初公開シーン満載の幻の予告編

映画「火口のふたり」ネタバレあらすじと感想/欲望を求め合うエロティックドラマ

火口のふたり あらすじ キャスト

十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。 新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。 そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。 蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。 「今夜だけ、あの頃に戻ってみない? 」 直子の婚約者が戻るまでの五日間。 直木賞作家・白石一文による同名小説を映画化。 結婚前に昔の恋人と再会し、抑えきれない衝動の深みにはまっていく危ういふたりを描いている本作は、未来を見据えて選んだ結婚と、本当に好きな人との恋愛、どちらが正しい選択なのか?という究極の問いを観る者へ投げかける。 主演は、『アルキメデスの大戦』の柄本佑と、『彼女の人生は間違いじゃない』の瀧内公美。 監督は、『ヴァイブレータ』『大鹿村騒動記』『共喰い』などでキネマ旬報脚本賞に5度輝き、『身も心も』『この国の空』では脚本・監督を務めた荒井晴彦。

次の

映画『火口のふたり』作品情報(予告編・あらすじ・キャスト)

火口のふたり あらすじ キャスト

直木賞作家である白石一文原作の「火口のふたり」(河出文庫刊)が映画化。 監督は日本を代表する脚本家・荒井晴彦。 主演は『素敵なダイナマイトスキャンダル』などの柄本佑と、『彼女の人生は間違いじゃない』の瀧内公美。 あらすじ 東日本大震災から7年後。 何もかも失った永原賢治(柄本佑)は、ある日、旧友である佐藤直子(瀧内公美)の結婚式に出席するため、地元・秋田へ帰省する。 久しぶりの再会を果たした永原と直子だったが、直子の言葉をきっかけに、ふたりはふたたび体を重ねあうようになる。 直木賞作家、初の映画化 2009年に「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞を、さらに2010年には「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞した白石一文。 「火口のふたり」では、数年ぶりの再会をきっかけに、抑えきれない欲望をそのままぶつけ合う男女の姿が描かれた。 本作が初の映画化。 主演を務めたのは、実力派俳優の 柄本佑。 『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18年)や『きみの鳥はうたえる』(18年)など、スクリーンの中で鮮烈な印象を残し続けてきた。 また、佐藤直子役には 瀧内公美が抜擢された。 昨年、廣木隆一監督作品『彼女の人生は間違いじゃない』(17年)で主人公を演じ、数々の賞を受賞。 監督は、脚本家としても活躍を続ける荒井晴彦。 『身も心も』(97年)、『この国の空』(15年)に続く、3本目の監督作品となる。 キャスト&スタッフからコメントが到着 永原賢治役・柄本佑 荒井晴彦脚本作品に出ることは僕の夢でした。 今回のお話をいただいた時、小躍りしました。 なんたって脚本だけでなく監督も荒井さんなんですから。 ホンはなんともチャーミングで「大人」なホンでした。 5歳の時から僕を知ってくれている荒井監督。 今まで仕事したどの監督よりも付き合いの長い監督です。 どんな映画になっているのか。 出ている自分を見る不安はありますが、いち映画ファンとして出来上がりが楽しみです。 佐藤直子役・瀧内公美 最初に脚本を読んだ時の感想は、絡みのシーンが多い、他愛のないことをずっと喋っている。 面白いけれど、私に出来るのかなぁと思いました。 現場に入り柄本さんとお芝居をすると、賢治と直子として他愛のないことを話す、食べる、身体を合わせる、寝る。 そんな二人の日常を積み重ねていくうち、ああ生きるってこういう事なのかなと、自然と身体が動き、賢ちゃんを真っ直ぐ見て、聞いて、素直に直子として生きたように思えます。 良い緊張感と幸福感が現場に漂い、荒井さんと柄本さんの何気ない会話の端々に、この映画にとっての大切な何かがあるような気がして、さりげなく聞いているのが毎日の愉しみでした。 まだ仕上がりは見ていませんが、綺麗に撮っていただきましたので、実物より綺麗な私を見て欲しいです(笑)。 お楽しみに。 荒井晴彦監督 東日本大震災と原発事故の翌年、白石一文の「火口のふたり」が刊行される。 意表をつくカタストロフィーだが、まだ、あれから2年もたっていない時だ、あるかもと思わせられた。 白石さんに原作をもらいに行った時、福岡を秋田に変えていいですかとお願いした。 白石さんはアライさんじゃ仕方が無いですねと言ってくれた。 その時から4年、震災から7年もたってしまった。 直子の結婚式に出るために故郷へ帰った賢治は直子に「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」と言われる。 「賢ちゃんが相手の人とうまくいかなくなるのは分かってたし、だったら、私、待ってればよかったかなって。 ヘンな嫉妬なんてしないで、もっとちゃんと自分の身体の言い分を聞いてあげた方がよかったのかもしれないって」と直子は言う。 何があろうと「自分の身体の言い分」を聞いてあげようという映画です。 原作者・白石一文 『赫い髪の女』や『遠雷』の頃から荒井晴彦さんの脚本に魅せられてきた者のひとりとして、その荒井さんから映画化の話をいただき、一も二もなくすべてをお任せすることにした。 しかも今回は自らメガホンを握って下さるという。 原作者としてこれに優る光栄はない。 「火口のふたり」はあの大震災から時を経ずに一気呵成で書き上げた小説で、私としてはめずらしいほど生命力にあふれた作品だ。 人のいのちの光が最も輝く瞬間をどうしても描きたかったのだろう。 『火口のふたり』は2019年、全国にて公開。 《text:cinemacafe. net》.

次の

火口のふたりのロケ地はどこ?キャストの目撃情報から徹底リサーチ!

火口のふたり あらすじ キャスト

柄本佑・瀧内公美、出演者はふたりだけ!昔の恋人との何気ない会話が懐かしい、。。 ふたりの身体の言い分とは?R18 SEXシーン多し レバニラ食べながら 二人きりの最後の夜。 2001年、黒木和雄監督の『美しい夏キリシマ』の主人公康夫役を演じ、数々の映画新人賞を受賞。 以後、様々な映画で鮮烈な印象を残し続け第一線で活躍。 佐藤直子役 瀧内公美 1989年生まれ、富山県出身。 2012年、本格的に女優としての活動を開始。 2015年には白石和彌監督『日本で一番悪い奴ら』にて、打算的な若手婦警役を好演。 2017年、廣木隆一監督『彼女の人生は間違いじゃない』の主人公 金沢みゆき役を演じ、第27回日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞、2017年度全国映連賞女優賞を受賞。 第42回報知映画賞主演女優賞ノミネート、第72回毎日映画コンクール主演女優賞ノミネート、など高い評価を得る。 2019年1月19日 土 よりNHK『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』 全8回 に出演。 2月8日 金 公開のオムニバス映画『21世紀の女の子』では、竹内里紗監督作品『Mirror』で主演を務める。 火口のふたり~あらすじ 東日本大震災から7年目の夏、プー太郎の永原賢治( 柄本佑)がボーっと釣りをしてると、田舎の父から電話( 柄本佑の父、 柄本明が声だけ出演)があり、佐藤直子( 瀧内公美)が結婚するから故郷の秋田に、結婚式に出るため戻って来い!と言われます。 離婚した後退職、再就職したものの会社が倒産してただなんとなく生きている賢治には時間だけはいくらでも有ったので、結婚式よりもずいぶん前に帰省し誰もいない家で寝ていました。 佐藤直子というのは昔の恋人で実は いとこ同士でした。 寝ている賢治の家のチャイムが鳴り響きます。 帰省したのを聞きつけた直子が早速現れます。 久しぶりの再開でした。 直子は結婚後に旦那さんと住む新居用に、テレビとブルーレイレコーダーを買うのを付き合ってくれと賢治に頼み買い物に行きます。 そして帰りに直子の実家に寄ります。 そこで引越し準備で片付けていたアルバムを二人で見ます。 二人とも生まれたままの姿で楽しそうに、そして幸せそうに映るモノクロの写真たち。 誰にでもある あの頃がどんどん甦ってきます。 どこにでもいる青春真っ只中の二人の男女。 しかし結婚を控える直子に対し距離を置いて帰ろうとする賢治に、直子は言います。 「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」 一日だけの約束で今を あの頃に戻した二人でしたが、次の日賢治が血相を変えて直子の実家にやってきます。 スイッチが入った賢治にはもう直子の身体の事しか頭にありません。 二人の身体の言い分はお互いを欲している。 ホテルに着くと部屋のドアが閉まった瞬間に始めてしまったり、欲望のままに残された時間を精一杯愛し合う二人。 そして朝起きると直子は一人先にチェックアウトしてました。 ホテル代は払っといたから、ちゃんと結婚式には来てね!という置手紙をおいて。 ところが賢治は次の日、直子の結婚式が延期になったと言う事実を知らされます。 どういうことなのか直子に電話をして直子の家に行く賢治でしたが、ものすごい事実を伝えられます。 直子によると、結婚相手の自衛隊のエリートが仕事の都合で結婚式を延期したいと言ってきた。 でも数ヶ月も前から予定を空けて式の日取りを決めているのに、その式を延期する仕事ってなんなの?と問いただす直子に、自衛隊員は極秘事項だから言えないと言い張ります。 どうしても納得のいかない直子は、彼に内緒で24のクロエばりに彼のパソコンのパスワードを当てて、中身を開きメールを確認すると、そこには 数日で富士山が噴火するから、結婚相手の自衛隊員に避難誘導、防災、事後処理などのリーダーになるよう任命されているメールを見つけます。 ええええええ~という展開ですが、それを結婚相手に問いただしたところ、人のPCを勝手に見るなんてありえない!今度やったら婚約解消だ~と言ったそうで、直子も明らかに彼に対する気持ちが離れていった感じです。 ラスト富士山が爆発する映像ではなく、子供が書いたような噴火の絵に爆音が鳴り響いて終わります。 荒井監督の原作者白石さんとのインタビュー記事に書いてありましたが、 日本が終ってしまいそうな時に、「身体の言い分」に身を委ねる二人がアナーキーでいいなと思いました。 世間的な価値観や倫理じゃなくて、身体がしたい事をさせてあげようという。 という言葉が大きな意味でなんか頭の中にピンときました。 自然災害というけれども、それは自然の側からすればただの自然であって人間にはどうすることも出来ない。 この先世界がどうなるかは分からないのだから、人間はこの二人のように欲に任せて人間らしく自然に生きる。 (犯罪はだめですが^^汗) そういうのもありかなと思いました。 地元吉祥寺で昨日時間があってみたのですが、半数以上は女性でした。 二人だけでストーリーを観客に分からせないといけないので、序盤は物語を分かりやすくするために二人の会話でお互いの関係性などを伝えるのは許容範囲でしょうか。 ただ中盤からは二人のピロートークや食事中の会話、全てが心に染み入ってきます。 特に佐藤直子役の 瀧内公美 さん。 初めて見たのですが、この女優さんとてもいい演技でした。 ちょっとこれから応援しようかな。 特にジーンと印象深かったシーンが、物語終盤のほうのピロートークで賢治が直子にビルの隙間や、バスの中で行為をしたり少しアブノーマルなのを快くいつでも受け入れてた直子に、直子もそういうの好きなんだろ的な事を言ったら、直子がじっと胸にためてたものをゆっくり吐き出すように 賢ちゃんの事が好きだったからだよ・・ という吐き出す言葉は観客も予想はついてたけど、観客も終盤になると自衛隊じゃなくて賢治と直子に幸せになってもらいたいと、感情移入完了してしまってるので普通の言葉だけど、わたしはここでノックアウトでした。。。 ラストの富士山がな~^^汗 映画全編で裸祭りみたいな感じでしたが、AVではなくいやらしさもあまり無かったです。 SEXシーンもリアリティーがそれほど無かったというかただそれっぽくしてる感じでしたし。 ただ狭い館内に直子のあえぎ声がこだますると、つい周りの観客を気にしてもじもじしてる自分が。。 中盤あたりで直子が賢治に、 そういえば賢治の結婚式の後に死んだ賢治のお母さんが、本当は直子ちゃんと一緒になってほしかった!って言ってた。 と言います。 すると母さんがいとことの結婚をタブー視してなかったことを知って悔しがって もっと早く行ってくれよ~と言う賢治を見ると、本当は直子のことが大好きなのだけど、いとことの付き合いに後ろめたさを感じていて多分直子から離れていったのかなと感じました。 後結構笑えるポイントありました。 バスの中で普通絶対ばれるやろ~ってとこで、直子の声が結構大きくもれてしまい賢治が周りを見渡すシーンなんかは柄本家ならではのコミカルシーンです。 部屋に入ったとたん始める二人が、ちゃんと脱いでからベッド行けば?と思うのだけど賢治もズボンが脱げてない状態でやろうとするから、なんか運動会の競技みたいになってて自分としては ツボでした。 でも本人たちは必死なので、そこが更にこっけいさを生んでいました 笑 最後にやはりいろんな方のコメント読むと、ラストの富士山爆発に話題が集まってるようです。 富士山噴火は批判覚悟のインパクト戦術?良くも悪くも超インパクトありましたし^^とりあえず劇場で意外とあっという間に時間が過ぎてラストどんなかな?というところで富士山噴火だったので、正直時間おくまで心の整理がつきませんでした^^ でも二人の会話は何か自分の若い頃と重ね合わせてみたりで楽しかったです。 正直もう一回みたいと思いました。 何なら続編作って婚約者の自衛隊員が富士山噴火から二人を救って死んでいく。

次の