空 から 降る 一 億 の 星 日本 相関 図。 韓国ドラマ「空から降る一億の星」ノーカット字幕版|韓流|TBS CS[TBSチャンネル]

空から降る一億の星

空 から 降る 一 億 の 星 日本 相関 図

日本では平均視聴率 22. その数年後ですが『空から降る一億の星』は韓国でも放送されていて、日本ドラマファンを中心に大きな人気と得ていました。 『空から降る一億の星』の韓国でのリメイクが決まったのはそれからまた 10年も経ってから。 韓国では期待の声と共に、すでに知られ過ぎている作品をリメイクすることが心配という声も上がっていました。 原作の人気が高かった分、韓国版になった時に、評価が分かれる可能性があるということですね。 そんな心配の声がある中、ドラマ制作は進められ、 2018年 10月から放送がスタートしました。 これはどう見ても成功とは言えない結果…大人気だった作品のリメイクなのになぜこんなことが起きてしまったのでしょうか。 一生懸命作った作品の低視聴率が続いていることに関して、内部ではどんな話し合いが行われているのでしょうか。 まず聞いたことは、やっぱりあまりにも有名な作品なので、心配はあったということ。 視聴者の期待値が高いので、それに答えなきゃいけないという負担があったそうです。 でも台本の完成度が高かったし、出演者の演技力も確かだったので、ここまで視聴率が落ちるとは思わなかったんだとか。 制作側としても低視聴率は考えていなかったということなんですかね…。 確かに『空から降る一億の星』は、ドラマを見ている人の間では、評価が低くないので、作品自体は面白いということは間違いないと思います。 これについてもう少し詳しく取材すべく、韓国でドラマのマーケティングに関わっている人に話を聞いてみました。 その方は、意外なお話をしてくれました。 「問題はソ・イングク。 原作で木村拓哉が演じていた役をするには、演技が軽すぎて、深い傷を負っている謎めいた人間には見えないんです。 」 ズバリ主演俳優の名前が出てくるなんてびっくりですね。 き、厳しいな…と思っていたら、より厳しいご意見が続きました。 「韓国の視聴者はそもそも暗い雰囲気のドラマはあまり好まない傾向です。 『空から』は確かに名作ですが、終始一貫、沈んでるんですよね。 それでも魅力的な主演がいれば、かならず見てくれます。 例えば、同じく日本のドラマをリメイクした『その冬、風が引く』も、全体の雰囲気は暗いけど、チョ・インソンとソン・ヘギョという魅力的な俳優がいたから、視聴率が悪くなったんです。 」 厳しすぎる!! そんな主演俳優にだけ責任があるなんて言わないでほしいと思っていたら、その方は、「ドラマの主演には、重い責任があるんです」ときっぱり語りました。 制作側ではソ・イングクがそこまで不評な様子ではなかったんですけどね。 マーケティングかかわる方から見ると、また目線が違うんだなというのを感じました。 最終回までまだ話が残っている韓国版の『空から降る一億の星』。 今、厳しい状況が続いているのですが、それを巻き返すことは出来るのでしょうか。 原作のファンとして、韓国版も多くの方々に見てほしいという思いで、最後まで見届けてみたいと思います。

次の

韓国版『空から降る一億の星』が視聴率で大苦戦、理由を関係者が語る

空 から 降る 一 億 の 星 日本 相関 図

空から降る一億の星-韓国ドラマ-あらすじ-最終回まで感想あり-初回視聴率3. 木村拓哉さん・深津絵里さん!そして、明石家さんまが主演をつとめて韓国内でも話題の作品です。 このドラマの概要は..。 そしてユ・ジンガンは、優しい女の人に成長して..。 広告のデザイナーの仕事に就いて、日々、頑張っていました。 そんな中、ジンガンのお兄さんユ・ジングクは..。 殺人課の刑事さんで、既に勤務27年!という老練者の刑事です。 ところが、性格はお調子者で..。 遊び大好きなユ・ジングク! でも刑事になlりたての頃は、人一倍、頑張り屋さんだったのです。 だが、たった1度、この時に犯した大失敗が発端で〜ユ・ジングクの障害が狂い始めて..。 その時、妹ユ・ジンガンも、核心を見せないキム・ムヨンと出会ったことがきっかけで、兄同様に人生が大きく変化して行くのだが...。 愛をゲームと思いこんでいて、性格は冷淡です。 しかも殺人の容疑者です。 彼女はジングクの妹です。 そして温かく優しい性格です。 ジンガンのお兄さんキム・ムヨンとも絡みがあります。 そして、幼少期には保育園でキム・ムヨンと過ごした経験があります。 そして、陶芸専攻の修士課程を終了後、留学が目前。

次の

『空から降る一億の星』の感想は?SNSの口コミ・評価・評判まとめ!

空 から 降る 一 億 の 星 日本 相関 図

2020. 394% 最高視聴率第16回4. 原作の日本版ドラマはイ・ボヨンの役を松雪泰子。 ホ・ユルの役を芦田愛菜が演じている。 ピアニスト。 七歳の双子の子供たちの母親。 コ・ボギョル ヒョンジン役(倉科カナ) スジンの妹 新米記者 スジンを慕う。 膜新聞社に入社した新人記者として無零怒児童失踪事件を取材しながらヘナの正体を知ることになる。 1 キム・ユナ — To You No. 2 Perter Han — Next To You No. 3 ハ・ドンギュン- Go With Me No. 4 ソヌ・ジョンア — Journey No. 「なぜ知り合ったばかりの子にそこまでする?」とちょっと疑問を抱きつつも、次から次へとピンチがやってくるので引きつけられて見てしまいました。 このドラマのテーマは母性だと思いますが、テーマに特に関心がなかったとしても、サスペンスを見ているようなドキドキ感が味わえます。 この作品には様々な母親たちが登場します。 その中でもスジンの養母ヨンシンが強い母性愛の持ち主だとするなら、お腹を痛めて産んだ子をゴミ袋に入れて捨てるヘナの母ジャヨンが正反対の存在なのだと思います。 ただ、母親でいることというのはすごいプレッシャーのかかることで、ジャヨンのような母親はひどい、と一言で片付けられない面もあるのではないかと感じました。 ジャヨン役はコ・ソンヒが演じていますが、「スパイ」のユンジン役の印象が強かったので、虐待するような母親役にはなかなか見えませんでした。 主演のイ・ボヨンは、このドラマの中でほとんど笑いません。 イ・ボヨンは「いとしのソヨン」「神様がくれた14日間」でも笑顔が少ない役柄を演じていました。 次は「君の声が聞こえる」のへソン役のような愛嬌のあるキャラクターを見てみたいです。 また、もはや演技がうまくて当たり前といった感のある韓国ドラマの子役ですが、ヘナ役を演じたホ・ユルには演技のうまさというより静かな迫力のようなものを感じました。 この作品は2010年に日本で放送されたドラマのリメーク版ですが、登場人物やストーリー展開に日本版とは異なる部分もあります。 日本版を見た方には見比べる楽しみがあると思いますし、見ていない方にもとても見ごたえのあるドラマだと思います。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の