背中 痒い。 背中が痒い原因とかゆみを抑える対処法!病気の可能性は?

背中がかゆい時が突然ある!チクチクしたりするときの対処法は?

背中 痒い

あせも 背中によく汗をかいていませんか?ぶつぶつしてしまう原因でもっとも可能性が高いのがあせもです。 その原因と対処法について見ていきましょう。 原因 あせもは 黄色ブドウ球菌という細菌が増殖することで免疫反応を起こし炎症が起きます。 黄色ブドウ球菌はヒトの汗を好みます。 汗をかいたまま放置していると黄色ブドウ球菌が増殖してしまい、皮膚の表面に赤いぶつぶつができます。 対処法 できてしまったあせもには ステロイド剤を塗布すると効果的です。 ステロイド剤は副作用のある薬ですので、自己判断で使用せず皮膚科で相談してから使用しましょう。 予防策として、普段から汗が背中に残らないようにします。 吸水性の良い肌着を着用し、汗を放置せずこまめに拭き取るようにしましょう。 汗を拭く時に強くこするとかゆみを生じますので、刺激を与えないように押さえるように拭き取りましょう。 あせもの対策法についてはこちらで詳しくお伝えしています。 あまり聞きなれない名称かもしれませんが、比較的若い人に発症する病気でもあります。 原因 マラセチア毛包炎は背中ニキビとも言われます。 10代ぐらいには顔によくできるニキビですが、背中にできることもあります。 背中にできるニキビは顔にできるニキビとは少し違います。 顔にできるニキビの原因の多くはアクネ菌ですが、背中にできるニキビの原因の多くは マラセチア菌というカビの一種です。 そのため、マラセチア毛包炎と呼ばれています。 マラセチア菌は頭皮湿疹の原因菌として知られています。 マラセチア菌は常に体の表面にいる常在菌で、皮脂を食べます。 何らかの原因で背中に皮脂が増えると増殖し、その分解物により皮膚が炎症を起こすのです。 対処法 マラセチア菌は湿気を好むため、夏場の汗をよくかく時期に発症しやすいです。 汗をかいた時、顔や首・手などはタオルでふき取りますが、背中まではできないことが多いですね。 汗をかいたあとはできるだけシャワーを浴びて清潔にするなど、マラセチア菌が好む環境を作らないようにしましょう。 また、油分の多い食事はできるだけ減らすように心がけましょう。 マラセチア毛包炎でかゆみが出ることもあります。 この場合は乾燥が原因となります。 皮脂が原因になるからといって、ゴシゴシとこすって落とそうとしたり、タオルや下着でこすれてしまうなど、皮膚の角質を壊すとかゆみが出ます。 乾燥すると毛穴は固くなり、さらに皮脂が溜まりやすくなり、悪循環を繰り返してしまいます。 あくまでも、肌をケアするという気持ちを忘れず、肌に刺激を与えずに清潔にしましょう。 粉瘤(ふんりゅう) 背中にぶつぶつができてしまう原因は粉瘤かもしれません。 粉瘤とはいったいどういうものなのか見ていきましょう。 原因 粉瘤は皮膚の表面にできた袋に本来排出されるべき老廃物などが溜まってシコリとなったものです。 シコリ部分が炎症を起こさない限り痛みはありませんが、老廃物が溜まっているため、 非常に臭いがキツイと言われています。 中の老廃物を排出できたとしても、袋がなくならない限りまた老廃物が溜まってできてしまいます。 まれにかなり大きく拡大し、ガンとなった例もありますので、早めに処置をする方が良いでしょう。 対処法 粉瘤の原因となっている袋を自分で切除することはできません。 袋ごと除去するには、病院で切開手術を行う必要があります。 シコリが小さいほど切開時の傷は小さくすみますので、大きくなる前に皮膚科で相談しましょう。 背中のぶつぶつが粉瘤かどうか判断するには、そのシコリをよく観察する必要があります。 粉瘤の場合、そのシコリの中央部に 「へそ」と呼ばれる黒い入口があります。 そして中身は老廃物の塊であり、おできやニキビのような皮脂ではありませんので硬いです。 背中のぶつぶつが粉瘤だとわかったら、早めに皮膚科に相談しましょう。 また、粉瘤には独特な臭いがあるので注意しなければなりません。 原因 毛孔性苔癬は、毛穴に古い角質が詰まってできたものです。 背中や二の腕・太ももなどにできることが多いです。 健康上の問題はありませんが、ぶつぶつとした見た目が気になるところです。 原因は解明されておらず、遺伝によるものという見方が一般的です。 対処法 健康上の問題はありませんが、治療をする場合はサリチル酸と言われる薬液で溜まった古い角質を溶かす治療を行うのが一般的です。 乾燥すると悪化する傾向にあるため、肌に合った保湿剤を使用することも効果的です。 気になっても、中の古い角質を無理に絞り出したりすると、大きな跡が残ることがありますので、自分で治療をすることはやめ、必ず皮膚科で相談しましょう。 強い刺激を与えず、きちんと保湿を行うことで改善されることもありますので、軽度で見た目も気にならないようであれば、自宅でケアをしてみてもよいでしょう。 まとめ 背中にできるぶつぶつの原因は、あせも・マラセチア毛包炎・粉瘤・毛孔性苔癬が考えられます。 背中は普段自分でじっくり見ることができない場所ですので、自分では判断しにくいものです。 できれば家族などに確認してもらうと良いですね。 あせもや マラセチア毛包炎は汗が原因となりますので、よく背中に汗が残っている方は、まず汗対策を行いましょう。 粉瘤は大きくなると切開手術も大変ですので、触ってみて硬さを感じる場合や臭いがキツイ場合は早めに皮膚科で相談しましょう。 毛孔性苔癬は、健康上問題はありませんが、見た目が気になる場合は対処法がありますので皮膚科で相談しましょう。 いずれも致命的な疾患につながる可能性は少ないのですが、背中のぶつぶつは気になり始めるとついつい見えないまま掻いてしまったりし、別の炎症を起こすこともあります。 普段からできる対策はしておき、できてしまったら早めに皮膚科で相談しましょう。

次の

背中の痒みの原因と対策!危険な病気が隠されてるらしい | ネタコミFIT!

背中 痒い

背中が痒い場合の対処法と解消法! 、手が痒い、お腹が痒い、足が痒い。 痒みというのは、体のいたるところで起こるものですが、その中でも 背中が痒い時というのはいつもに増してつらいものではないでしょうか。 なぜなら、背中はお腹や頭のように簡単に掻くことができないからです。 近くに家族や恋人がいれば、「ちょっと背中を掻いてもらえる?」と頼むこともできますが、一人暮らしであればそれは叶いません。 痒いのに手が届かないイライラというのは、誰しも一度は経験したことがあると思いますが、本当に苦痛です。 もちろん、家族や恋人がそばにいたとしても、外出中に背中をボリボリと掻いてもらうのは難しいですが・・。 今回はそんな、背中の痒みについて調べてみました。 なぜ 背中が痒くなるのか、その 原因や対処法をご紹介したいと思います。 背中が痒くなる原因は? 何だか背中が痒いな・・と思うことが増えてきたと思うのは、大抵、秋から冬に掛けてではないでしょうか? 背中の痒みに季節が関係あるの?と思うかも知れませんが、それがあるのです。 寒くなるにつれ、空気が乾燥していきますが、この乾燥こそが背中の痒みの原因と言われています。 冬は顔や手が乾燥しやすくなることから、マスクやクリームが手放せないという方は多いと思いますが、顔や手と同様に背中も周りの空気によって乾燥しやすくなっています。 また、「私は湿度の高い夏も背中が痒くなる」という方がいらっしゃると思います。 夏は気温が高いため汗をかきやすく、汗による雑菌の繁殖などから痒みを引き起こすこともありますが、実は汗をかいて乾いた後というのは皮膚表面の水分も一緒に蒸発してしまうため、以外と乾燥しています。 そのため、夏だからといって肌は乾燥しないわけではなく、夏であっても冬と同じように乾燥による背中の痒みが起こる場合もあるのです。 背中のかゆみがあり湿疹やブツブツが出る場合の原因は? 普段、自分の背中を見る機会というのはなかなかないと思いますが、痒みを感じてガリガリと掻いていたら、ふと指先にニキビのようなものがあたったように感じたり、鏡越しに背中を見てみたら赤くブツブツとした湿疹ができていた、なんてことはありますよね。 このような場合、考えられるのはシャンプーやボディーソープなどの洗い残し。 しっかりと流してるつもりです、背中にはくぼみがあるため、そこに洗い残しが付着し、雑菌が繁殖して痒みとともに湿疹を発症させてしまう場合があります。 また、実は背中は顔と同じくらい皮脂腺が多く分布しており、ニキビなどができやすいところなのです。 人の皮膚には、常在菌といって誰にでも住みついている菌がいます。 常在菌は通常は何も悪さをしないのですが、増えすぎるとニキビや湿疹などの原因となってしまいます。 特にマラセチア菌などは皮脂をエサにしているので、皮脂が多いところで増殖しやすいと言えます。 背中のかゆみが伴う病気は?内臓疾患の可能性は? 背中の痒みの主な原因は乾燥と言われていますが、その他に「病気が起因する」場合もあります。 中でも、糖尿病や肝硬変など、気が付かないうちに病状が進行していることが多い病気は、痒みが初期症状として現れるケースも少なくありません。 また、リンパ性白血病や多発性硬化症などでも、初期症状として背中の痒みが起こる場合があります。 そのため、背中の保湿やケアをしているにも関わらず痒みが続く場合や、背中の痒みの他に発熱など気になる症状がある場合には、内臓疾患の可能性もあるため早めに病院を受診するようにしましょう。 背中が痒い時にやってはいけない事! 背中に限らず痒いところがあると、つい爪でガリガリと掻いてしまいますよね。 でも、掻いている時は気持ちよくても、掻き終わるとヒリヒリした痛みを感じたり、前よりももっと痒みが増したりと、掻かなければよかったと後悔することも少なくありません。 実は、痒みに対して掻くという対処法としてはよいとは言えません。 爪や指先で掻いてしまうことで、背中に傷がつき、そこに雑菌が繁殖する可能性があります。 なお、一人でも背中が掻ける孫の手も、力加減が難しく皮膚を傷付けてしまう場合があるため、使うのは控えた方がよいでしょう。 また、痒いところを温める方がいらっしゃいますが、これは返って逆効果になります。 温めると血管が拡張するため、血流がよくなって余計に痒みがひどくなります。 そのため、 痒い時は冷やす方が痒みを止めるよい方法と言えます。 背中のかゆみを抑えるための対処法 背中の痒みを抑えるためには、次の方法を試してみましょう。 また、血管が拡張されると痒みが増しますので、 ぬるま湯にさっと浸かる程度にしておきましょう。 また、ナイロン製のタオルなどで洗うのも肌を傷つけやすいことから、 背中が痒くて湿疹がある時は手で洗うようにしましょう。 自然乾燥させると、水分が蒸発する時に肌に必要な潤いが逃げやすくなってしまいます。 背中のかゆみに効果的な市販薬! 乾燥に気を付けたり、保湿を行っても改善しない背中の痒みには、市販薬を使ってみるのもおすすめです。 ここでは、背中の痒みに効果的な市販薬をご紹介したいと思います。 新レスタミンコーワ軟膏 ステロイドが入っていないため、ステロイドは避けたいという方でも安心して使えます。 ジフェンヒドラミン塩酸塩が、痒みや炎症の元となっているヒスタミンの働きを抑えてくれます。 参考URL: ポリベビー ステロイド不使用のため、赤ちゃんの肌でも安心して使うことができます。 参考URL: メンソレータムAPソフト 背中の痒みを抑える治療効果に加え、保湿力もプラスされています。 参考URL: 背中が痒い原因とかゆみを抑える対処法!病気の可能性は?のまとめ 背中の痒みがあると、夜も満足に眠れなかったり、仕事や勉強に集中できなかったりと、生活の質を低下させてしまいます。 そのため、背中に痒みを感じたら、早めに対処を行い、痒みの程度や範囲をできるだけ最小に留めるようにするのがよいでしょう。 なお、背中の痒みがなかなか改善しない時は、皮膚科を受診して適切な治療を受けるだけではなく、発熱や倦怠感など気になる症状がある場合は内科など、一見皮膚とは関係ない診療科を受診することも検討してみましょう。 スキンケアの関連記事.

次の

背中の痒みの原因と対策!危険な病気が隠されてるらしい | ネタコミFIT!

背中 痒い

背中のかゆみって 背中ニキビの原因になります。 背中がすごくかゆい事ってありませんか? そのときってどうしますか? 痒いまま耐える人なんてあまりいないですよね。 手が届かない所だったら近くにいる友達や家族、 恋人にかいてもらったり、 孫の手でガリガリかいた経験ありませんか? 背中のかゆみを解消する為の ガリガリとかく行為が 実は背中ニキビの原因になってる可能性があります。 ゴシゴシと強くこすってしまったら皮膚が痛んで バイ菌が入ったり、ニキビが出来ていたら潰れてしまいます。 背中ってなぜ痒くなってしまうんでしょうか? 綺麗に背中を洗っていると思っていても・・・。 背中を洗うときって何を使っていますか? タオルや泡立ちのいいゴシゴシナイロンタオル、背中用のブラシなど いろんなものがありますよね。 そのタオルやブラシ、清潔ですか? と聞かれて自信を持ってイエスと答えられる人ってあまりいないと思います。 お風呂の菌やカビは 背中ニキビの原因になります。 人にはマラセチア菌といって誰にでもいる常駐菌がいます。 このマラセチア菌は皮脂腺から出る皮脂を栄養とするので 皮脂の分泌が多い背中にたくさん潜んでいるんです。 背中や体を清潔に保っていると思っていても タオルやブラシが原因で マラセチア菌をもっと増やしている可能性もあります。 菌が増えすぎてしまうと肌が敏感に反応してしまい 赤いブツブツがたくさん出来てしまいます。 これが俗に言う背中ニキビの一種。 本来はナイロンタオルやブラシで洗うのって 肌にはあまりよくないことなんです。 背中は力加減が難しく、洗いづらい場所・・・。 力を入れすぎたことで皮膚の表面を傷つけたり、 乾燥しないように分泌されている皮脂が 落ちすぎたりすると背中ニキビが出来やすくなってしまいます。 肌には皮脂の量をコントロールしてくれる働きがあるので 皮脂が足りなさ過ぎてしまうと逆に大量に放出しようとします。 必要以上の皮脂は毛穴のつまりや脂っぽい肌を作るきっかけになりますので ニキビが出来やすい環境となってしまうのです。 また、皮脂が足りないと乾燥しやすくなります。 これが痒みの原因になってしまうのです。 皮脂のコントロールって目には見えないので難しいですよね。 脂っぽいな、少し痒いなと感じたらそのときは既に健康な肌ではありません・・・ 背中を清潔に保ちつつ、かゆみを軽減していくには? タオルやブラシを使わずに 背中を綺麗に保つには? かゆみを抑えるには? それは手を使って洗うんです。 石鹸を泡立てて手でマッサージをしながら洗うことで 開いた毛穴の汚れや不要な皮脂だけを落とせるので 肌に刺激を与えずに洗うことが出来ます。 また、余計な力を入らずにすむので 肌を傷つけることがありません。 肌に刺激が少ないので、かゆみも抑える事ができるんです。 「でも、手にも雑菌がたくさんいるんじゃない?」と思いますよね。 確かにその通りです。 手にも菌はたくさんいます。 でも、石鹸を使って洗った手で肌を触って荒れたことってありますか? 手にいる菌ってその程度のものなので タオルやブラシより断然綺麗なんですよ。 わざわざ買う必要もないし、肌にとってすごくいいので 今日からでも試してみてください。 ゴシゴシ洗いは肌を痛めるだけ。 泡で優しく洗うだけで汚れはキレイに落ちますし、 かゆみも徐々に抑える事ができます。 背中ニキビが気になる場合は入浴後の保湿を忘れずに 背中ニキビやブツブツを治すには 入浴後の保湿で簡単に治ります。 肌を優しく手で洗ったからといってそのままにはしないでください。 皮脂の量や肌の水分量が極端に少ないお風呂上りは乾燥してしまいます。 乾燥してる状態は皮脂の分泌量が増え、 背中ニキビが一気に増えていきます。 乾燥は肌にいいことは何一つありません。 背中のかゆみや背中ニキビ、 背中のブツブツ、二の腕やデコルテのニキビを治すには 入浴後の保湿が必須です。 背中ニキビが出来やすい人、 かゆみがひどい人、 体にシミやニキビ跡がある人、 敏感肌の人は無添加の保湿クリームが効果絶大です。 Copyright C 2020 All Rights Reserved. 背中ニキビを治す方法。 しかも病院や強い薬にたよる事なく、自宅で綺麗に治る方法を公開します。 いつの間にか出来ていた背中のニキビやニキビ跡。 症状は人によって様々ですが、進行が進むと赤黒いシミのようなニキビ跡になったり、デコボコのクレーターニキビに発展する事もあるのが背中や肩、胸のデコルテニキビ。 背中や肩の後ろなどは通常見えにくい場所なのでニキビの初期段階では気づきにくいので、初期の対応が遅れる場合がほとんどです。 気づいた時は既にニキビが炎症を起こしていて、赤く腫れあがりブツブツの量が多かったり、シミのようなニキビ跡になってる場合がほとんど。 このような状態になると海やプールに行く際、水着になるのが本当に恥ずかしかったりします。 これは女性だけでなく、男性だって同じ。 恋人や友人に「うわ。。 この人の背中汚い・・・・」なんて思われると最悪です。 また、結婚式などの背中の開いたドレスを着る場合も背中にブツブツのニキビがあるとかなりイメージダウンにつながります。 このように、顔ではなく、背中や肩、胸にあるニキビは相手に「汚い」というイメージを持たせる事になります。 こうなったら最悪ですよね。 実は背中ニキビに悩んでる人はかなり多く、顔にはニキビはほとんど出来ないのに、背中や肩などの体ニキビが凄いという人がかなり多いのです。 背中ニキビは病院や皮膚科に行かなくても綺麗に治ります。 そのためには正しいケア方法をキチンと実践する事が大切で、間違った方法で治療すると逆に悪化する事になります。 自宅で短期間に背中や体のニキビを治したいという人は正しいケア方法で短期的に治す方法を当サイトで学んでください。

次の